職務経歴書の志望動機はいらない?書き方のポイントと考え方

職務経歴書の志望動機の考え方

転職をするときに、かならず書かなければいけないのが職務経歴書です。職務経歴書のなかには、志望動機欄があります。じつはここが、転職を成功させるうえでの最重要ポイントのひとつです。

書類審査、そして面接を突破していくうえで、適切な志望動機はとても大きな力になります。

ここでは、職務経歴書のなかの志望動機欄の書き方を説明します。応募書類を書くまえに、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書の「志望動機」をしっかり書かなければいけない理由

書類審査を突破するための第一歩

書類選考や面接を行うのは採用担当者です。この採用担当者に興味をもってもらうためには、志望動機がしっかりと書かれた職務経歴書を作ることが大切です。

応募書類のなかには、職務経歴書のほかに履歴書もふくまれています。

ですが採用担当者が履歴書を読むことはありません。履歴書は人事のファイルにストックされ、職務経歴書だけが人事担当者に回されるからです。

採用担当者が興味をもつような職務経歴書でなければ、最初の書類選考さえパスすることはできないでしょう。丁寧で熱意あふれる職務経歴書を作ることは、転職を成功させるうえでの第一歩なのです。

面接を有利に進めるために必須

面接を行うまえにも、人事担当者は求職者の職務経歴書をチェックします。面接でかならず訊かなければいけないのが、求職者の志望動機だからです。

職務経歴書のなかで志望動機が明確に書かれていれば、人事担当者はそれについて質問をしてくるでしょう。よく考えた志望動機を書くことで、自分が尋ねてほしいポイントへ質問を誘導することができます。

面接を有利に進めるうえで、職務経歴書の志望動機をしっかりと作ることは欠かせない作業です。

転職コンサルタントに興味をもってもらう

職務経歴書のなかの志望動機をしっかり書くことで、転職コンサルタントに強い興味をもってもらうこともできます。

企業に対して、求職者の推薦文を書くのが転職コンサルタントです。いい推薦文を作ってもらうためには、まずは転職コンサルタントの心を動かすような、説得力のある志望動機を転職希望者自身が書かなければいけません。

転職コンサルタントは、同時に何人もの求職者を担当します。自分を強く推してもらうには、忙しいなかでもしっかりと関心をもってもらえるような志望動機を用意することが大切です。

ステップ

STEP 1:いままでの経験に基づいた仕事への「願望」を見つける

志望動機の作り方のさいしょのステップは、いままでの仕事を振り返ることです。

転職を考え始めるまえに、現在の仕事に対する不満がかならずあったはずです。そのなかから、「将来はこうありたい」「次はこんな仕事にチャレンジしたい」という願望が生まれているのではないでしょうか。それを見つけて、メモしてください。これがあなたの志望動機の出発点になります。

たとえば、現在は大手食品メーカーで営業職に就いているとしましょう。顧客との関係も良好で、毎月かなりの好成績をあげているとします。

それなのに転職を考えるのですから、その企業に何か不満があるはずです。それは何かをはっきりさせましょう。

「いまの企業ではキャリアアップがなかなかできない」「マネジメントの仕事もしてみたいが、いまの会社では無理だ」などの不満が次第に生まれてきたのかもしれません。

こうした不満が土台になって、こうありたいという願望があなたのなかで膨らんでいるはずです。「営業戦略を立てられるポジションで仕事がしたい」「マネジメントをやってみたい」などの思いが、将来の仕事に対してもっているのではないでしょうか。これこそが、あなたが転職を通して実現したいと思っている「願望」です。

キャリアプランの考え方 転職面接で採用を勝ち取るキャリアプランの考え方とは?答え方の例も紹介

「願望」が明らかになったら、ステップ2へ進みましょう。

STEP 2:転職先の会社で、「願望」が「実現できる」理由を考える

その企業へ入社することで、自分の「願望」が「実現できる」理由を考えてみましょう。あなたがその会社を選ぶには理由があったはずです。志望動機のなかでは、この理由を、あなた自身の「願望」と結びつけることが大切です。

たとえば、「上級職で、営業戦略をたてる」仕事がしたいとあなたが希望しているとします。そんなときに、募集要項に「課長候補になれる人材」と書いている企業をみつけ、転職に大いに興味をもつようになったとします。これが、あなたが自分の「願望」をその会社で「実現できる」と考え、転職を決断した理由です。

求職者の願望と企業の需要が一致するとわかれば、なぜ応募してきたのかということを採用担当者はすなおに納得してくれます。そのためにも、志望動機を考えるときには、自分の仕事への願望とその企業の事情とを結びつけることが不可欠です。

「いまの会社はなかなかキャリアアップができないシステムだが、営業戦略に関われるような仕事をしたいと考えていた。御社でならば、経験を生かしながら希望の仕事ができると思った」などの流れで、志望動機を組立てましょう。

STEP 3:あなたの入社が企業に与える「メリット」を考える

最後に、あなたが入社することで、企業がどんな利益を手にできるだろうかということを考えます。

ここは志望動機のなかでも重要なポイントです。いままでの実績をよく見直し、必要以上に謙虚にならずに、企業側のメリットを考えてみてください。

たとえば、かつてあなたは営業で好成績をあげ、1ヶ月で10社の新規契約の獲得に成功した実績があるとします。それに対し、新規顧客がなかなかとれず、事業拡大がうまくいかないという問題を応募先の企業が抱えているとしましょう。

こうしたケースでは、あなたの実績が、その企業の課題解決に役立つであろうことを志望動機のなかでアピールしてください。

「前職での営業の実績から、新規顧客の獲得と事業拡大に向けて御社の戦力になれると考えています」というひと言を、志望動機のな最後に含めるといいでしょう。

ステップ1と2では、求職者側が望むことを明らかにしたにすぎません。これでは不十分です。ステップ3で、あなたを採用することによる、会社にとってのメリットを書き加えます。こうした流れで作成すれば、採用担当者が、あなたの志望動機に興味をもってくれる確率が高くなるはずです。

職務経歴書の志望動機の文章を作るときのコツ

自分の強みは堂々とアピール

志望動機を書くときに、必要以上に謙遜することはやめましょう。採用担当者の目にとまるためには、強みをしっかりと文書中でアピールすることが大切です。

特筆できるような実績も強みもありませんと訴える転職者は、じつはめずらしくありません。自己分析が不十分で、自分の能力に自信がない人は意外と多いのです。

ですが転職できるのは、ずば抜けて優れた人材だとは限りません。会社が求めている人材は多様です。実績が会社の需要と合致すれば、その求職者は採用される可能性が十分にあります。

いままでの仕事のなかには、積み上げてきた能力や実績はだれにでもかならずあるものです。自分の仕事をよく見直し、「これまでの経験で培った○○が、御社の△△事業のお役に立てます」と、自信をもって文中で断言してください。

会社が求めている人材像を調査する

企業に貢献できるとアピールするには、その会社がどのような人材を求めているのかをしっかりと調べる必要があります。ただたんに、技術職を募集している会社だなという程度の理解ではだめです。

募集要項はもちろんですが、企業のホームページやあらゆる媒体から情報を集めましょう。求められる人材像が具体的になればなるほど、自分の強みを踏まえた説得力のある志望動機を作ることができます。

たとえばあるプロジェクトを立ち上げたばかりの会社であれば、そこではどのような技術分野の人材が求められているのかまでを調べ上げてください。自分の職歴や能力が合致すれば、志望動機のなかでそれを堂々とアピールできます。

逆にこうした調査を進めるうちに、自分のスキルではその採用基準に達しないだろうとわかる場合もあります。

まずムリだとわかったら、ここでターゲット企業を考え直してもいいでしょう。あるいは自分の職歴をさらに掘り下げ、別のスキルを強調した志望動機で企業にアピールすることを考えてもいいかもしれません。

就きたい職務とポジションを明確に書く

どの部署のどんな職で働きたいのか、就きたいポジションは何かを、はっきりと明記するようにしましょう。とくに中途採用を目指す転職者の場合、これはとても大切です。

会社全体への憧れや社長の企業理念への同感があってもかまいませんが、それだけでは志望動機としてはまったく不十分です。こんな漠然とした志望動機を読んでも、採用担当者はその求職者に興味をもってくれないでしょう。

熱意を伝えるには、仕事にどのように携わりたいかを具体的にアピールすることがとても大切です。すでに職歴とスキルをもっている転職者こそ、このことはしっかりと覚えておくようにしましょう。

その企業で戦力になるイメージを具体的に書く

志望動機はできるだけ具体的に書きましょう。採用担当者や面接官が、その求職者が実際に働いている姿をイメージできるように文章を作ることを心掛けてください。

自分のスキル、経験などを活かし、どの部署でどのようなポジションで働けるかまで書くことが大切です。ここまで具体性のある志望動機を提出すれば、採用後にどれだけの戦力になる人物かが採用担当者にもはっきりとわかります。

社員としてのイメージをもってもらえれば、採用へ向けて大きく前進できることはまちがいありません。

ただし具体性に書くことにこだわりすぎて、希望以外の部門にはまったく興味がないという印象を与えないことも必要です。

自分の強みが生かせる職種についてアピールすることは大切ですが、ほかの事業部でもがんばりたいという一文も忘れずに加えるべきでしょう。

長すぎたり短すぎたりする志望動機はダメ

志望動機は200文字から300文字ほどでまとめるようにしましょう。ぱっと見たときに文意がスムーズに理解できるのが、だいたいこれくらいの文章量だからです。

長すぎたり短すぎたりする志望動機は、採用担当者の興味を引きません。

採用担当者は多忙で、ほかの業務の傍ら、何十人もの求職者からの志望動機に短時間で目を通さなければいけません。一読しただけで内容がスムーズに記憶できる文章のほうが、採用担当者にとっては強く印象に残ります。

適切な文字数でしっかりとしたアピールができるように、文章をしっかりと練り上げましょう。採用担当者の興味を引くことができれば、書類審査をパスできる可能性は高くなります。

その企業の特性や理念に共感していることを書く

志望動機のなかでは、応募先企業の特性や経営理念をよく理解し、それらに共感していることを付け加えておきましょう。これらは会社の本質で、社員の働きやすさややり甲斐に大いに関係するものだからです。

スキルのある人がそれを活かせるポジションに就いたとしても、それだけで働きやすさを感じられるとは限りません。企業内の気風や特性が合わない人は、ストレスを感じて、仕事の効率が低下したり離職したりすることもあります。

求められているスキルや経験をアピールすることは大切ですが、特性や理念など、本質的な部分でその企業に魅力を感じていることも書くようにしましょう。

これをひと言付け加えることで、そこで長く働ける人材であると面接官に印象づけることもできます。

職務経歴書の志望動機を作るときの注意点とNG例

志望動機で大切なことは、企業の求める人材像に、自分がどれだけ近いかをアピールすることです。ここが不明瞭な文書では採用担当者に興味はもってもらえず、書類審査で落とされることになるでしょう。

これを書くときには、スキルをただ並べただけにならないように注意しなければいけません。経験やスキルを列挙するだけでは、ただの自己満足の文書だと思われるだけです。

志望動機は思いつきで書けるものではありません。企業が必要としているスキルや経験を調べ上げるための時間が必要です。十分に調査ができたら、その条件を自分が満たしていることをアピールできる、客観的で具体的な文書を作りましょう。

強みを強調しすぎて自慢話になっている志望動機

志望動機を書くときに、スキルや経験の優れた点を強調しすぎるのはよくありません。自分の能力を自慢しているような印象を、相手に与える可能性があるからです。

強みをしっかり書くことはもちろん必要なことです。ただあまり強い言葉を使うと、転職活動ではマイナスになることもあります。極端に謙遜する必要はありませんが、ビジネスパーソンらしい常識的な言葉や表現を使うように気をつけましょう。

希望する給与や待遇などが強調された志望動機

志望動機のなかで、転職後に望む給与額や待遇などを強調することは避けるべきです。興味のある事柄ではあるでしょうが、志望動機はそれらを相手に伝えるところではありません。

志望動機で書く内容は、希望する職種や仕事などに絞ってください。給与や待遇については触れないほうが、文書を読む採用担当者にいい印象を与えることができます。

もちろん転職者にとって、給与や残業などの待遇面が気になることは当然です。どうしても譲歩できない条件があるときは、志望動機には書かず、面接のときなどに担当者に口頭でそれを伝えるといいでしょう。

企業の「ファン」であることをアピールする志望動機

会社に好意と理解を示すことは必要です。ですが、「ファン」であることが志望動機の中心では、書類審査通過すらむずかしいでしょう。どんなに愛着をもってもらっても、それだけでは企業にとっては雇用するメリットがないからです。

たとえば、「御社の○○という製品は私も愛用しています。この販売や同様の商品開発業務に関わりたいです」と志望動機に書いたとします。

採用担当者からみれば、その求職者が○○の販売業務で戦力となるかどうかは、これだけではまったくわからないのです。

志望動機に書くべきことは、会社にとって自分がどんな風に戦力となり得るかということです。どのような部門でどんな業績をあげられるのかを、業績やスキルを交えながらできるだけ具体的に書くようにしましょう。

ありふれた言葉ばかりの志望動機

どの企業に対しても使えそうな、一般的な志望動機を書くことは避けましょう。採用担当者からみると、なぜ自社に応募してきたのかという理由がわかりにくいからです。

「社員を大切にする姿勢に感銘を受け、こちらへの転職を決心しました」「創立以来の御社の経営理念に共感し、ここで働きたいと思いました」などの言葉はお勧めできません。これらは、どの企業に対しても使える当たりさわりのない表現だからです。

採用担当者が知りたいのは、多くのなかから自社を選んだ理由です。その企業だけにあてはまる事がらを挙げながら、具体的な理由を志望動機に書きましょう。

入社してからスキルを学びたいと書かれた志望動機

転職者の場合、入社後にスキルを身につけたいと志望動機に書くことはマイナスです。いまもっているスキルの範囲で、会社にどんなメリットを与えられるのかをアピールするようにしましょう。

企業が中途採用を行うのは、ある程度の経験や力量があり、即戦力となる人材が見つかると考えるからです。

新卒ならともかく、転職者に対してさらになにかを学ばせるのは、手間と費用のムダだと考える採用担当者もいるでしょう。

「入社後に必要なスキルを学ぶつもりです」というひと言は、中途採用者をめざす人が志望動機のなかで使うべき言葉ではありません。

向上心は感じられますが、これは採用担当者が興味を失ってしまう表現であることをよく覚えておきましょう。

地元で働きたい気持ちを強調した志望動機

志望動機のなかで、「地元愛」を主要な理由として挙げることはやめましょう。

採用者が地元に特別な愛着をもってくれるのは、企業にとってもちろん悪いことではありません。ただしそれだけでは、応募者がどんな戦力になってくれるか採用担当者には判断できないのです。

志望動機は、あくまで自分の経験やスキルに基づいた理由をしっかりと挙げることが大切です。地元愛は、軽く付け加える程度にとどめましょう。

待遇面への期待ばかりが強調された志望動機

よりよい待遇を求めて転職をするのはごくあたり前のことです。ですが、志望動機のなかでそれをあからさまに書くことはやめましょう。

企業が募集をするのは、事業にとってメリットのある、役立つ人材がほしいからです。自分の待遇にばかり関心があり、会社に対する献身の感じられない志望動機に対して、採用担当者がいい印象をもつわけがありません。

「長期休暇がとりやすく、プライベートを大切にできる会社だと思いました」「貴社に魅力を感じたのは、残業が少ないからです」などの正直すぎるフレーズは、志望動機のなかでは厳禁です。

待遇面への期待にはあまり触れず、企業に対して自分が与えられるメリットを中心に志望動機を作りましょう。

将来のキャリアアップを強調しすぎた志望動機

就職後にキャリアアップしたいという意思を、志望動機の中心にすることは避けましょう。

企業が中途採用者に対して求めているのは、入社後すぐにでも戦力となれる能力です。将来のキャリアアップの可能性にまでは、企業は大した関心をもっていません。

志望動機で強調するのは、あくまでも現時点でのスキルや能力だということを忘れないようにしましょう。将来のスキルアップについては、軽く触れる程度にとどめるほうが無難です。

企業全体のことばかりで、職種について触れていない志望動機

会社全体のことを取り上げて、大きな話題から志望動機を作る人がたくさんいます。しかし転職者の志望動機としてはこれはNGです。

志望動機の文章を作るときには、具体的な職種や仕事の内容に言及しながら、なぜ応募を決めたのかを説明しなければいけません。

「御社の業績のすばらしさに魅力を感じました」「社会への貢献度の高さに惹かれました」だけでは、求職者がその職種を選んで応募した理由が採用担当者にわからないのです。

短い文章で作る志望動機のなかに、必要以上のフレーズを含める余裕はありません。会社全体についての大きな話は避け、職種に関する事がらに話題を絞るようにしましょう。

理由がはっきりしない志望動機

なぜその企業を選んでいるのかが、はっきりわからない志望動機を書く人もいます。もちろんこれはNGです。

志望動機が不明瞭になる原因として2つの理由が考えられます。

ひとつ目は、転職者自身が十分な自己分析をしていないことです。どのスキルを活かせばいいのかがわかっていないので、こうした求職者は、具体的な職種を挙げて志望動機を作ることができません。

二つ目に考えられる理由は、企業に対する調査が不十分なことです。具体的な志望動機を作るには、どんな会社なのか、どんな部門があり、どんなプロジェクトを行っているのかがわかっていなければいけません。この調査が進んでいないために、あいまいな志望動機を作ってしまう人もいます。

書類審査を通過できる志望動機を書くには、じつはかなりの準備期間が必要です。明確な志望動機を書くためにも、自己分析と、さらにターゲット企業への十分な調査を早めに終えておくようにしましょう。

まとめ

職務経歴書のなかでもとくに重要な、志望動機の書き方について説明をしてきました。

数々のポイントがありましたが、なかでもとくに大切なのは、企業にとってのメリットをわかりやすくアピールするということです。そのためには、ターゲット企業が求める人材像を正確に理解しておかなければいけません。

丁寧な下調べを通じて、会社の事業内容と自分の強みを結びつけた志望動機を作りましょう。

こうした志望動機を読めば、どんな採用担当者でもその求職者に対して好印象をもってくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。