Webディレクターになりたい人必見!Webディレクターに必要とされるスキルを徹底解説

webディレクターに必要なスキル

Webディレクターには、広く多彩なスキルが求められます。

資格をもっていなくてもWebディレクターとして就職することはできます。しかしノースキルでは、Webディレクターとしてやっていくのは無理です。

Webディレクターとは、多くのスタッフを指揮してサイト作成プロジェクトの監督をする仕事です。適切な指示をだすために、ある程度の専門的知識は当然必要になります。またクライアントと話し合いをする必要もあることから、コミュニケーション力もWebディレクターには求められます。

資格を取る必要はありませんが、この職種でキャリアを積むには、こうしたいくつかの欠かせないスキルがあることを覚えておきましょう。

今回は、Webディレクターに求められるスキルについてご説明します。Webディレクターとして成長していきたい人、将来はWebディレクターをめざしたい人などには、このコラムの情報が大いに参考になるはずです。

Webディレクターに必要なスキルとは?

Webディレクターに必要なスキル①Web関連のスキル

WebディレクターにとってはWeb関連のスキルは欠かせません。特に次のようなスキルはWebディレクターにとって基本的なものです。

  • HTML
  • CSS
  • Windows Office(Word、Excel、PowerPoint)

また次のようなスキルについても、ある程度の知識をもっておくことは必要です。

  • Webデザイン
  • Webマーケティング

Webディレクターにとって、これらのスキルはプロフェッショナルレベルでなくてもかまいません。ただこれらのスキルをもっていると、Webデザイナーやプログラマに適切な指示をだすことができます。

スタッフから信頼を得、より質の高い仕事を達成させるために、これらのスキルはWebディレクターにとって大切なものです。

Web関連のスキルを身につけるには、スクールに通って習うのが近道でしょう。基礎的な部分をスクールで学び、あとは独学で知識を深めていくことも可能です。

また最近はオンラインで学べるものもあります。仕事をスムーズに運ぶうえで欠かせないものなので、Web関連のスキルはできるだけたくさん学ぶことが大切です。

webディレクターにおすすめの資格 Webディレクターに有利な資格とは?Webディレクターなら取得したいおすすめ資格一覧

Webディレクターに必要なスキル②高いコミュニケーション能力

コミュニケーションは、Webディレクターの仕事のなかの大きな部分を占めています。

エンジニア、デザイナー、ライターなどのスタッフに、さまざまな適切な指示をだすのがWebディレクターの役目です。納品までには、クライアントとも何度もサイト構成について話し合います。

コミュニケーションに始まり、コミュニケーションに終わるのがWebディレクターの仕事だといってもいいでしょう。

たとえばデザイナーがある位置にバナーを置きたいといえば、その理由を聞いたうえで、Webディレクターはクライアントに意見を求めます。

デザイナーの意見にたしかな根拠があれば、クライアントが納得できるように説得に努めるのもWebディレクターの仕事です。

スタッフやクライアントと話し合いを繰り返しながら、よりよい選択をWebディレクターは見つけていかなければいけません。

Webディレクターのコミュニケーション力は、出来上がるサイトの質やクライアントの満足度を左右するほど大切なスキルです。

Webディレクターに必要なスキル③リーダーシップ

現場の監督役であるWebディレクターには、リーダーシップも当然必要となります。

デザイナーやプログラマなどのスタッフは、それぞれ専門性の高い仕事を別々にしています。彼らをまとめあげるには、つねに目標をはっきりさせ、それに向けて正しく進めるように指示をしたり、ときには叱咤激励もできるリーダーシップが必要です。

Webディレクターのリーダーシップを支えるのは、各スタッフの業務に対する理解力です。作業の苦労をわかったうえで指示をだしてくれるWebディレクターには、スタッフもすなおに従いますし、よりよい仕事のために奮起するようになります。

スタッフが積極的に協力してくれる体制を作り上げるためにも、Webディレクターにとってリーダーシップは欠かせないスキルです。

Webディレクターに必要なスキル④Webデザインのスキル

Webディレクターは、Webデザインについてもひと通りのスキルをもっておくことが必要です。

たとえばサイトのイメージを決定づけるのは、配色やロゴの配置などです。これをチェックするためにも、PhotoshopとIllustratorなどのグラフィックソフトについては、ある程度高いスキルをもっておくことがWebディレクターにも求められます。

Webデザインの知識は、デザイナーに的確な指示を出すうえでも必要です。業務に理解のないWebディレクターが相手では、Webデザイナーも話が通じないと感じてやる気がでません。

プロレベルの知識をもつ必要はありませんが、Webデザインのひと通りのスキルや最新ソフトについての基礎的知識はWebディレクターももっておくべきでしょう。

デザイナーと円滑なコミュニケーションをとることで、話し合いの成果をサイト作りへフィードバックしていけるようになります。Webデザインのスキルは、Webディレクターにとってとても重要なものです。

Webディレクターに必要なスキル⑤プログラミングのスキル

Webディレクターには、基礎的なプログラミングスキルも欠かせません。エンジニアレベルの知識までは求められませんが、よく使われるプログラミング言語くらいはWebディレクターも理解できることが大切です。

とくにHTML、CSS、JavaScriptといったフロントエンド言語については、Webディレクターにも一定以上のスキルが求められます。

フロントについてはWebデザイナーが担当することも多いからです。サイトの構成や出来栄えについてWebデザイナーと話し合うときに、フロントエンド言語についての深い知識がWebディレクターに必要になります。

PHPやJava、あるいはRuby、Perlといったバックエンド言語に関しては、Webディレクターはそれほど高いスキルはなくても大丈夫です。今のところ、バックについてはおもにエンジニアに一任されることが多いからです。

しかしどちらの言語も理解できるほうが、Webディレクターとして幅広い仕事ができることは間違いありません。

コミュニケーションをより円滑にし、プロジェクトを速やかに進行させたければ、Webディレクターでもプログラミング言語をマルチに理解できるだけのスキルを身につけるべきでしょう。

Webディレクターに必要なスキル⑥プロジェクトのマネジメントスキル

Webディレクターは、プロジェクト全体のの監督者です。無事にサイトを完成させるためにも、プロジェクトをマネジメントできる高いスキルがWebディレクターには求められます。

企画から納品まで、サイト制作プロジェクトに一貫して関わる唯一の存在がWebディレクターです。クライアントの要望とすり合わせを行いながら、予算や制作期間を設定し、必要なスタッフの人選までもWebディレクターが行います。

プロジェクトの進捗管理もWebディレクターの仕事です。途中で進行に遅れの気配がみえたら、予定に修正を加えたりして、早めのスケジュール調整もWebディレクターが責任をもって行わなければいけません。

適切に判断し、その都度迅速な指示を出せるマネジメント能力はWebディレクターにとってとても重要なものです。

Webディレクターに必要なスキル⑦予算管理スキル

Webディレクターの予算管理スキルは、プロジェクトがうまくいくかどうかを左右する大切な要素です。

予算管理の最初のステップは、費用に関する緻密な見積もりです。

見積もりを出すために、プロジェクト完成までにどれだけの工数が必要か、そのために何人のスタッフを揃えるべきか、それぞれ何時間の作業が必要なのかなどをWebディレクターは細かく考えなければいけません。

こうした見積もりが正確であれば、予算の心配はなくなり、プロジェクトはスムーズに進行します。

しかしWebディレクターが甘い見通しで予算を組んでしまうと、問題はすぐに発生します。思っていたよりも作業時間が長くなるだけでも、予算の計画は崩れてしまうからです。

予算を調節するために、Webディレクターは作業を急ぐようにスタッフに命じなければいけなくなるでしょう。

ストレスの少ない快適な職場環境を用意するためにも、Webディレクターの予算管理スキルはとても重要だといえます。限られた予算のなかでやり遂げられるよう、Webディレクターは緻密な予算管理をしなければいけません。

簡単に身につくものではありませんが、経験を積みながら、Webディレクターは予算管理スキルを磨いていく必要があります。

Webディレクターに必要なスキル⑧Webサイトの運用スキル

出来上がったサイトはクライアントが運用する場合もありますが、制作会社が引き続き運用を任されることも実際は少なくありません。

こういうケースに備えて、サイト制作の知識だけでなく、Webディレクターはサイト運用や更新のためのスキルも身につけておく必要があります。

サイトの運用でおもに必要なのは、基本的なSEO対策やSNS活用法、リスティング広告の出し方などのスキルです。

またセキュリティまで任される場合のために、クロスサイトスクリプティングなどの攻撃に対応できるように、Webディレクターはサイトの安全対策に関するスキルも身につけておくことが大切です。

Webディレクターに必要なスキル⑨Webマーケティングのスキル

サイトの運用に関わるケースが多いことから、WebマーケティングについてもWebディレクターは知識を持つことが大切です。

こうしたジャンルでは新しいテクニックが短期間で現れるため、Webディレクターはマーケティングについては常に勉強しておく必要があります。

とくに重要なのは広告の出し方です。Web広告には、リスティング広告、ディプレイ広告、動画広告、リターゲティング広告などの種類があります。またSNSを通じてエンドユーザーまで広告を届ける方法も最近は注目されています。

広めたい情報にとって、どの種類の広告が最適なのかをWebディレクターは見極めなければいけません。コスト面も考慮したうえで、最良のやり方を選べるマーケティングスキルがWebディレクターには求められます。

Webディレクターに必要なスキル⑩アクセス解析のスキル

サイト運用をするケースが多いことから、Webディレクターにとってはアクセス解析のスキルを身につけることもとても重要です。最低でもPV、直帰率、サイト滞在時間などの解析法は学んでおくべきでしょう。

代表的なアクセス解析ツールはGoogle アナリティクスです。そのほかにもAdobe AnalyticsやVisionalist(ビジョナリスト)が使いこなせれば、Webディレクターとしてよりよい仕事ができるようになります。

ただこれらのツールを使いこなし、的確な解析結果を見つけるのは簡単なことではありません。経験を積み重ねながら、ユーザーの動きを読み取る解析力をWebディレクターは磨いていくことが大切です。

Webディレクターに必要なスキル11:問題解決スキル

問題がおきたときに、自分から積極的に問題を解決できるスキルをもつことはWebディレクターにとってとても大切です。

プロジェクトが始まると、さまざまな問題が実際には発生します。これらを分析して原因を突き止め、最適な解決法を指示することもWebディレクターの役目です。

たとえば「完成したサイトのデザインが古くさかった」「サイトのデザインにクライアントが満足しなかった」「納期に間に合いそうもない」などの問題が、プロジェクト完成までに持ち上がる可能性があります。

しかしどんなに難しい問題だったとしても、しっかり分析して、Webディレクターは解決策を見つけなければいけません。デザイナーやプログラマなどのスタッフに責任を押し付けず、問題解決に進んで取り組むのがWebディレクターのあるべき姿です。

Webディレクターに必要なスキル12:プレゼンテーション能力

Webディレクターにとって、プレゼンテーションの能力を磨くことは欠かせません。話術を工夫したり、プレゼンのコツを学んだりする努力をWebディレクターはつねに続けることが大切です。

サイト作成の企画書を仕上げたら、Webディレクターはクライアントに対してそれに基づいたプレゼンを行います。またプロジェクトを始めるまえに、企画について説明するプレゼンを、社内のさまざまな部署でもWebディレクターは行う必要があります。

プレゼンテーション能力とは、サイトのコンセプトやコンテンツの内容について、限られた時間内でわかりやすく説明できるスキルのことです。これがうまくできれば、クライアントや関係者に企画を承諾してもらうことができます。

印象に残るいいプレゼンができなければ、クライアントはそのWebディレクターに仕事を任せようとはしないでしょう。プロジェクトがスタートにたどり着けるかどうかは、Webディレクターのプレゼン能力にかかっているともいえます。

Webディレクターに必要なスキル13:統計に基づいてデータを活用できるスキル

Webディレクターなら、統計ツールについてある程度のスキルをもっておくことも大切です。とはいえ、高度な知識までは必要ありません。Exelの分析ツールが使えれば十分でしょう。

サイトを運用するうえでWebディレクターがめざすのは、訪問数アップ、そして売り上げアップです。そのためには、アクセス解析ツールでデータを集めるだけでは不十分です。

解析によって手に入れたデータを過去の統計に落とし込み、サイトと顧客ユーザーの状況を明らかにしなければいけません。

統計上のデータがでてくれば、それに基づいてさらなる売り上げアップにつながる改善策をWebディレクターは見つけることができるようになります。また次の企画書にこうした統計データを盛り込むことも可能です。

Webディレクターに必要なスキル14:情報収集のスキル

あらゆる手段を使って、最新のトレンドに関する情報を収集できるようにWebディレクターはつねに気をつけておかなければいけません。

そうして日々見聞きする知識のなかから、マーケティングに活かせる情報を見つけることもWebディレクターの仕事だからです。

新聞や雑誌はもちろんですが、TechcrunchCnet Japanといったネット上のニュースサイト、またTwitterなどのSNSから旬の情報を集めることはいまやWebディレクターにとっての常識だといえるでしょう。

Googleアラートにキーワードを登録して、自分にとって興味のあるニュースだけを効率よくピックアップしているWebディレクターもいるはずです。

Web業界は流行の変化が激しく、1年もたたないうちに情報は古くなってしまいます。つねに新鮮な情報を効率よく集められるスキルは、Webディレクターにとっていつも必要なものです。

Webディレクターに必要なスキル15:マスメディアでPRできるスキル

ときにはWebディレクターには、テレビ、新聞、雑誌、ラジオといったマスメディアでプロモーションを行わなければいけない場合もあります。

そのためプレスリリースの作成法や、各種マスメディアの記者への対応などについても基本的なスキルをもっておく必要があります。

Webディレクターがマスメディアに連絡を取るのは、情報をできるだけ広い世代へ向けて拡散させたいときです。幅広いマスメディアを使うことで、ふだんネットを使わない世代に対しても情報を広めることができます。

サイト内で広告を出すケースがほとんどですが、いざという時のために、Webディレクターもひと通りのマスメディア対策を身につけておくべきでしょう。

Webディレクターに必要なスキル16:ライティングとキャッチコピーのスキル

Webディレクターは、サイト内のコンテンツやキャッチコピーなどを監修する仕事も行います。そのため高い文章力もまたWebディレクターには絶対に必要です。

サイトに掲載するコンテンツは、通常はライターが執筆します。しかしそのために必要な資料は、Webディレクターが作成してライターに渡すことが多いです。

出来上がったコンテンツをチェックするのもWebディレクターの役目です。Webディレクターには、ライター同様のライティングスキルが求められるといっていいでしょう。

リスティング広告などのキャッチコピーを考えるのも、たいていはWebディレクターです。クライアントあるいはユーザなどからヒアリングを行い、できるだけ訴求力の高いコピーをWebディレクターは考えます。

ライティングスキルを磨き、コピーの書き方を学ぶことはWebディレクターには欠かせません。

Webディレクターに必要なスキル17:企画をつくるスキル

クライアントから依頼を受けたら、Webディレクターはサイト作成に関する企画をつくります。限られた予算と時間の枠のなかで、いかにクライアントを満足させるプロジェクトを考案できるかがWebディレクターの腕の見せ所です。

よい企画を出すことは、Webディレクターにとって基本的なスキルだといえます。

クライアントのほとんどは、サイトに関しては専門的な知識をもっていません。そのためクライアント側の要望を重視しながらも、全体のコンセプト、サイトデザイン、広告の位置などについてWebディレクターが主導的にプランを組みます。

これらを企画書のなかに上手に盛り込むことによって、クライアントをスムーズに納得させることも可能です。

ただし企画力はすぐに身につくものではありません。相手のニーズを察知する力に加え、Webに関する広い知識もいい企画をだすためには必要です。経験を積みながら日々企画力を磨いていくことが、Webディレクターの仕事のひとつだともいえます。

Webディレクターに必要なスキル18:ドキュメントの作成スキル

プロジェクトの企画から終了までのあいだに、Webディレクターは大量のドキュメントを作成することになります。そのため多様なドキュメントをつくるスキルはWebディレクターにとって不可欠です。

何人もの関係者で共有する大切な資料なので、いずれのドキュメントも丁寧かつ正確につくれるスキルがなくてはいけません。

依頼から受注までに、ヒアリングシート、企画書、見積書、プレゼンテーションスライド、要件定義書などをWebディレクターは作成します。

プロジェクトが開始したら、ワイヤーフレーム、サイトマップ、マッピング表、スケジュール進捗管理表、議事録などをつくります。

詳細で細部まで丁寧なドキュメントを作るためにも、Officeソフトを使いこなせるスキルはWebディレクターなら身につけておくべきでしょう。

とくにPowerpointはワイヤーフレームの作成にも役立ちます。加えてCacooなどのツールの使い方も覚えておけば、作業がよりスムーズに進むようになります。

Webディレクターに必要なスキル19:最新のインターネットビジネスに関する知識

Web業界にいる以上、最新のインターネットビジネスに関する知識はWebディレクターももっておく必要があります。こうした知見をもつことで、Webディレクターとして企画の幅を広げることもできるからです。

インターネットビジネスのモデルは少しずつ変化しています。とくにソーシャルメディアやスマートフォンの普及、またクラウドの登場などで、インターネットビジネス市場はさらに複雑な構造になりました。

これらを複合的に使うことで、より高い利益をだすビジネスモデルが今後は生まれてくるでしょう。

Webディレクターなら、こうした最新情報にも欠かさず目を通しておくべきです。

Webディレクターに必要なスキル20:デバイスに関する知識

Webディレクターにとって、デバイスに関する知識は欠かせないものです。最近ではスマートフォンやタブレットを使ってWebサイトを閲覧する人が増えました。

それぞれのデバイスの特性と、それらを使うユーザーの特性を理解したうえで、ふさわしいサイトを作れる能力がWebディレクターには求められます。

具体的には、Webディレクターなら各種デバイスの通信速度と処理速度は最低でも知っておかなければいけません。またそれぞれのデバイスの画面に合わせたサイトデザインを考える力も、Webディレクターには必要です。

Webディレクターに必要なスキル21:著作権に関する法的知識

著作権のような知的財産権について、Webディレクターは十分な知識をもっておく必要があります。サイトのなかには、こうした権利を侵害しかねないものがあるのが現状です。

法的に問題があるとGoogle側に判断されれば、このようなグレーなサイトはすぐに処罰を受けてしまうでしょう。

著作権に関するトラブルは、コンテンツ内の引用文、写真や動画に関して頻発しています。出典を明らかにせずに他人の文章を引用したり、著作権のある写真や動画を無許可で掲載したりすることがこうしたトラブルの原因です。

法的に問題のないサイトを作成するために、著作権を侵害しない引用、写真や動画の掲載法についてWebディレクターは熟知しておくべきです。近年整備が進んでいるクリエイティブ・コモン・ライセンスについても、十分に勉強しておくことが必要でしょう。

また知的財産権以外にも、薬事法や保険業法についてはひと通りの知識をWebディレクターは得ておかなければいけません。

Googleはとくにアップデートの際に、これらの法的問題についてチェックすることがよくあるからです。

こうした法に抵触する可能性のある文言がサイトにまぎれこまないように、Webディレクターは十分に注意する必要があります。

健全なサイト運営を続けるために、Webディレクターは関連する法律についてはつねに新しい知識を得ておかなくてはいけません。とくに知的財産権、また薬事法保険業法などは、Webディレクターにとっては必須の知識だといえます。

Webディレクターに必要なスキル22:経営戦略を理解できるスキル

Webディレクターは、クライアントの経営戦略を的確に見抜く能力をもたなければいけません。それに沿った企画をたてることで、クライアントが満足できるサイトを作れるようになります。

クライアントがサイト作成を依頼するのは経営戦略をもっているからです。自社の売り上げを伸ばしたい、ブランドイメージを向上させたいなどが代表的なものでしょう。

Webディレクターの役目は、こうした経営戦略をよく理解し、そのために必要なコンテンツやサイトデザインを具体的に考えることです。

どんなにいいアイデアがあるとしても、それがクライアントの経営戦略に合わなければ採用されません。経営者であるクライアントの意図をすばやく理解できるスキルやセンスは、Webディレクターにかならず求められるものです。

まとめ

Webディレクターとは、膨大で幅広いスキルや知識をもたなければいけない職種です。しかもWeb業界は変化が速いため、いつも新しい知識を得ていなければいけません。

プロジェクトの中心になる立場上、Webディレクターには高い能力と強い責任感が求められるともいえます。

しかしここで挙げたすべてのスキルと知識を、一気に身につけることはどんなWebディレクターにとってもムリです。経験を積み、試行錯誤をしながら、少しずつ学んでいけばいいと考えてください。

Webディレクターとして就職や転職を目指すのであれば、Web関連のスキル、デザインやプログラミングのスキル、企画をだすスキル、コミュニケーションスキル、マネジメントスキルなどをまずは集中的に磨いておくといいでしょう。

あとは熱意と努力次第で、Webディレクターとしての成長の道はかならず拓けます。

webディレクターにおすすめの資格 Webディレクターに有利な資格とは?Webディレクターなら取得したいおすすめ資格一覧 未経験でwebディレクターになる方法 Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。