Webディレクターに向いている人の特徴とは?Webディレクターの適性を徹底解剖

webディレクターに向いている人

Web業界やメディア関連の仕事をしているうちに、Webディレクターへのキャリアチェンジを考える人はたくさんいます。たとえばWebデザイナーや、紙媒体の広告業界で働いてきた人などが、Webディレクターとして転職することはめずらしくありません。

Webディレクターをめざす人のために、今回はこの職種に向いている人、反対に向いていない人についてスキルや資質などの面から説明をします。今後のキャリアを考えるうえで、このコラムをぜひ参考にしてみてください。

Webディレクターに向いている人の特徴・性格とは?

Webディレクターに向いている人①冷静かつ客観的に判断ができる人

プロジェクトの責任者であるWebディレクターには、どんなときでも冷静に判断できる能力が欠かせません。またクライアントとの話し合いの場では、相手の要求に流されない客観的な判断力も求められます。

Webディレクターの仕事はクライアントの依頼を受け、その企業戦略に合わせたサイトをつくることです。しかしクライアントからの要求をそっくり受け入れることで、その目的が達成されるわけではありません。

経験や知識から客観的に判断し、ときにはクライアントに異議を唱えることもWebディレクターには必要です。

クライアントのなかにはWebに関して素人の方もたくさんいます。クライアントの言いなりにコンテンツやテクニックを盛り込んでも、結局は望んだようなサイトができないことのほうが多いのです。

経営戦略に適切に沿ったサイトをつくりあげるには、プロフェッショナルであるWebディレクターから冷静な提案をしていかなければいけません。

また予算がオーバーしそうな場合にも、クライアントからの要望を断ったり、代替案で納得してもらうよう説得する必要があります。

責任者であるWebディレクターは、たとえクライアントを前にしていても、常に冷静さと客観性をもつことが大切です。それがクライアントを含め、関係者全員が満足できるサイトづくりにつながります。

Webディレクターに向いている人②クライアントやユーザー目線で物事を見ることができる人

客観的に判断できるスキルを磨くには、自分以外の立場から物事を見るように心がけることが大切です。Webディレクターの場合は、顧客であるクライアント、そしてユーザー目線でサイトを眺める能力をもつことが大切になります。

クライアントの目的や戦略をヒアリングし、その実現のためにふさわしいサイト作成プロジェクトを提案するのがWebディレクターの役割です。

最新のテクニックを詰め込んだだけのサイトにはクライアントは満足しません。Web専門家としての立場を離れ、クライアント目線で必要なコンテンツを揃える姿勢がWebディレクターには必要です。

またWebディレクターには、つねにユーザー目線でサイトのメリットとデメリットを考えられる能力も求められます。売り上げを伸ばすためには、サイトを訪問するユーザー数を増やさなければいけません。

たとえ難易度の高い技術が必要だとしても、ユーザーが使いやすいサイト制作をめざすのがあるべきWebディレクターの姿です。

クライアントやユーザーの位置からもプロジェクトについて考えられる人は、Webディレクターとして大いに成長できる可能性があります。

Webディレクターに向いている人③リーダーシップのある人

サイト制作はチームで行われます。プロジェクトがスタートすると、現場スタッフをまとめあげるのがWebディレクターのおもな役割です。プロジェクトの司令塔ともいうべき立場なので、Webディレクターには強いリーダーシップが求められます。

リーダーシップとは、スタッフから信用され、いざというときに頼られるスキルだと言いかえることもできます。問題がおきたときに解決策をみつけてくれたり、技術者が理解を得られるように関係者に働きかけてくれたりする人のもとでなら、スタッフは意欲的に作業に取り組むものです。

強いリーダーシップのあるWebディレクターが担当すれば、いいサイトが仕上がる可能性は高くなります。

ただ指示をだすだけだったり、技術的な課題に無関心なWebディレクターは、現場でリーダーシップを発揮することはけっしてできません。

こうしたWebディレクターのもとでは、プロジェクトは思うように進まないですし、スタッフもモチベーションを維持できないまま仕事をすることになるでしょう。

Webディレクターに向いている人④コミュニケーションスキルが高い

Webディレクターの仕事はコミュニケーションの連続です。高いコミュニケーション能力は、この職種に就く人にとって欠かせないスキルだといえます。

企画段階ではクライアント、プロジェクト開始後は現場スタッフや自社の関係者などと、Webディレクターは緊密な話し合いを続けなければいけません。

プロジェクト進行中にスタッフから問題点を指摘されれば、それをクライアントに説明し、その結果を現場にフィードバックさせるのもWebディレクターの役割です。

コミュニケーションスキルの高いWebディレクターがいれば、デザイナーやプログラマとの意見調節もはかどるため、課題は早めに解決されます。

プロジェクトをスムーズに進行させ、よいサイトを仕上げるためにも、高いコミュニケーション能力はWebディレクターにたいしてかならず求められる資質です。

Webディレクターに向いている人⑤マネジメントができる人

Webディレクターには、プロジェクトとスタッフ管理の両方の面で高いマネジメント能力をもつことが求められます。

プロジェクトはスケジュールにしたがって進行させ、決められた日までにサイトを完成させなければいけません。このすべてのプロセスを監督するのがWebディレクターです。

Webディレクターは進捗を細かくチェックし、遅れがでそうなときは早めに対策を講じるなどのマネジメントを日々行います。

適切なマネジメントができていれば、企画で決めた予算や日程を変更することなく、プロジェクトを完成させることも十分に可能です。

予定外の作業を強いられることがないので、スタッフも快適に作業をすることができます。ストレスの少ない環境をスタッフに提供し、よいサイトを納期までに仕上げるには、Webディレクターのマネジメントスキルは欠かせません。

Webディレクターに向いている人⑥情報収集能力の高い人

Webディレクターには、幅広いジャンルに関して情報をもっていることが求められます。クライアントによって作成するサイトのコンテンツは変わるため、いろいろな種類の情報に日ごろからWebディレクターは触れておくことが大切です。

ふだんから情報収集をしている人とそうでない人とでは、企画力や提案力に大きな差ができてしまいます。クライアントや現場スタッフから信頼を得るためにも、Webディレクターは情報に対してつねにアンテナを張っておく必要があります。

とくに新しい情報を集めることはWebディレクターには欠かせません。トレンドを意識したサイトには訪問者が多く集まるからです。

TechCrunch JapanITmediaなど、新しい情報をいちはやくつかめるサイトはたくさんあります。Webディレクターをめざすのなら、これらをこまめにチェックする習慣をもつことが大切です。

Webディレクターに向いている人⑦アクセス解析やデータ分析ができる人

サイト運営でも主導的な立場にあるWebディレクターにとって、アクセス解析とデータ分析力は欠かせない資質だといえます。

サイトの運営をするには、アクセス解析はWebディレクターが日々行うべき作業です。訪問者数増加に結び付けるために、そうして得られたPVや滞在時間などのデータを分析し、サイトの改善点を見つけていかなければいけません。

そのためにも、基本的な解析ツールであるGoogleアナリティクスをWebディレクターは使えなければいけません。苦手意識をもつ人も多いのですが、最低でもこのツールの使い方はしっかりと身につけておきましょう。

クライアントに説明をするときにも、Googleアナリティクスの解析データはとても役にたちます。企画力や提案力をあげるためにも、アクセス解析と分析スキルはWebディレクターにとって必要なものです。

webディレクターに必要なスキル Webディレクターになりたい人必見!Webディレクターに必要とされるスキルを徹底解説

Webディレクターが向いていない人の特徴とは?

Webディレクターに向いていない人①プロジェクト全体を視野にいれたマネジメントができない人

Webディレクターは、つねにプロジェクト全体を視野にいれて作業を指示する必要があります。ひとつの課題解決に全力を投入し、プロジェクト全体のマネジメントができない人は優秀なWebディレクターだとはいえません。

たとえ課題が少々あったとしても、すべての工程をバランスよく進めながらそれを解決できるのがWebディレクターのあるべき姿です。

たとえばプログラマからWebディレクターにキャリアチェンジした人は、バグをみつけるとその修正に躍起になってしまうことがあります。

もちろんバグ潰しは大切な作業です。しかしそれをすぐに直すべきかどうかは、プロジェクト全体のマネジメントのなかで考えることが大切です。

全体の進捗に遅れがある場合なら、小さなバグ修正は後回しにすることをWebディレクターは考えるべきでしょう。またシステム全体に影響の少ないバグだったなら、いまはひとまず放置して最終的に修正しようとWebディレクターは指示をだしてもいいかもしれません。

Webディレクターが小さな課題に夢中になって全体のマネジメントを忘れると、プロジェクトの進行に悪影響をおよぼします。全体を見れない人はWebディレクターとしては不適格でしょう。

Webディレクターに向いていない人②適切な人的マネジメントができない人

スタッフに対する適切なマネジメントスキルはWebディレクターには欠かせないものです。これができない人には、Webディレクターの仕事はつとまりません。

ただし経験次第で、人的マネジメント能力は身につけることができます。Webディレクターをどうしてもめざしたいのであれば、こうしたスキルを磨く努力を続けましょう。

Webディレクターは制作スタッフを管理する責任者です。企画が通ったら、プロジェクトを実行するためにWebディレクターはスタッフの人選を行い、それぞれに仕事の内容を指示します。

こうしたマネジメントがうまくできないと、チーム全体のパフォーマンスが低下し、制作物の質まで落ちてしまいます。

スタッフのスキルを見極め、能力ある人に大切な役割を与えるなど、適材適所の人材マネジメントスキルをもつことはWebディレクターに求められる大切な能力のひとつです。

また、普段から仕事量を調節し、スタッフに1度に大量の業務を与えないなどの配慮も適切にできなければいけないことを覚えておきましょう。

Webディレクターに向いていない人③スタッフのやりがいを大切にできない人

Webディレクターはサイト制作チームのトップであり監督者です。スタッフのモチベーションを下げてしまう人は、Webディレクターには向きません。尊敬や信頼を感じられないトップのもとでチームがまとまることはむずかしいからです。

Webディレクターには、各スタッフがモチベーションを維持しながら仕事できるよう、細かく配慮する能力も求められます。

たとえばWebデザイナーが提案したバナーの色と位置が、クライアントの希望に合わなかったとしましょう。

ここでWebデザイナーの案をすぐに却下してしまうのは、よくないWebディレクターの典型的な行動です。せっかくの仕事の成果を即座に否定されると、スタッフはやりがいややる気をなくしてしまいます。

Webディレクターはデザイナーから意見をよく聞き、正しいと思えばクライアントを説得するよう努力すべきです。

スタッフを気遣うことができない人には、Webディレクターとしてチームをまとめることはとてもできません。

Webディレクターに向いていない人④大勢の人とコミュニケーションをとることが苦手な人

Webディレクターの仕事はコミュニケーションの連続です。大勢の人を相手に交渉したり、プレゼンをしたりするのが苦手な人は、Webディレクターとしての適性が低いといわざるをえません。

プロジェクトの企画から納品までの間に、Webディレクターは何人もの関係者と何度も緊密なコミュニケーションをとります。

しかも連絡を取り合うのは、社内の限られた人たちだけではありません。クライアントを含め、社外の大勢の人とも話し合ったり意見を聞いたりしなければいけないのがWebディレクターです。

コミュニケーション能力に自信はないけれど、どうしてもWebディレクターをめざしたいという人もいるかもしれません。こういう人はまずはほかの職種でコミュニケーション能力を高める努力をし、それからあらためてWebディレクターにチャレンジしてみてください。

Webディレクターに向いていない人⑤新しい情報にあまり関心がない人

トレンドに興味のない人は、Webディレクターになると大変な苦労をすることになります。この職種では、多様な分野の最新情報につねに関心をもっておくことが大切だからです。

企画をだすときにも、新しい情報をどれだけ盛り込めるかがポイントになることが多いです。トレンドを意識したコンテンツはユーザーの関心をすばやく惹きつけることができます。

そのためサイトパワーをできるだけ早くあげたいクライアントは、新しい情報のはいった企画には好意的に同意してくれます。

逆に古い情報しか盛り込んでいない企画では、クライアントを納得させることはとてもむずかしいです。トレンドを追いかけるのが苦手な人は、Webディレクターとしては成長できないかもしれません。

Webディレクターに向いていない人⑥スケジュール管理が苦手な人

プロジェクト全体の責任者であるWebディレクターにとって、スケジュール管理は欠かせないスキルです。これが苦手で進捗がはかどらず、納期をいつも遅らせてしまう人は、Webディレクターとしてやっていくのはむずかしいでしょう。

プロジェクトのスケジュールを組むときには、おこりそうなリスクも考慮したうえで、ある程度余裕のあるガントチャートを作ることが大切です。そうすれば進捗に遅れがあっても、スタッフに負担をかけることなく調節が可能だからです。

スケジュール管理ができないWebディレクターは、いつもタイトなチャートを組む傾向があります。これでは問題がおきたときに、スタッフとクライアントに迷惑がかかるばかりです。

できればひとりで考えずに、スタッフやクライアントの意見も聞きながらスケジュールを組むやり方がWebディレクターにとってはベストです。現場のスタッフ自身が工程ごとに必要な作業時間を教えてくれるので、より確実なスケジュールを作ることができます。

Webディレクターにとってのスケジュール管理のコツは、問題が発生したときのリスクをできるだけ最小化しておくことにあります。こういう考え方ができない人には、Webディレクターという責任あるポジションは向かないかもしれません。

まとめ

求められるスキルが多いだけあって、だれでもWebディレクターになれるわけではありません。しかし少しくらい足りない資質があっても、経験を積みながらWebディレクターとして成長していくことはできます。

Webディレクターをめざすのであれば、足りないスキルをどこまで努力で補えるかを考えてみましょう。

webディレクターにおすすめの資格 Webディレクターに有利な資格とは?Webディレクターなら取得したいおすすめ資格一覧

Webディレクターは需要の増えている職種です。

いまはまだ不十分だとしても、スキルを増やすことができれば、Webディレクターとして職を得ることは可能です。

未経験でwebディレクターになる方法 Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。