Webディレクターのやりがい・メリットとは?Webディレクター121人に聞いた仕事のやりがい

webディレクターのやりがい

Webディレクターとは、サイト作成のいわば監督のことです。サイトの立案、スタッフの人選、コンテンツ作成、そして納品までのすべてのプロセスに、Webディレクターは責任をもって最後まで関わります。

多くのスタッフとともに長時間の作業を重ねるサイト作成は、けっして簡単な業務ではありません。しかしそれをやり遂げ、クライアントに満足してもらえたときの達成感は何よりも大きいものです。

サイトを重要視する企業が増えるにつれて、Webディレクターへの需要も急速に増加しています。ここではWebディレクターという仕事の魅力について見ていきます。

Webディレクターのやりがいとは?

Webディレクターはプロジェクトのリーダー

Webディレクターとは、サイト作成プロジェクトの監督者であり指揮官です。非常に責任ある立場ですし、スキルのある人ほど大きなやりがいを感じられるのがWebディレクターの仕事だといえます。

サイト作成の案件を任されたら、Webディレクターはクライアントと話し合いながら具体的な計画をたてなければいけません。

まず発案を行い、予算も考えながら、クライアントの希望とのすり合わせを行います。プレゼン力に加え、コミュニケーション力もWebディレクターには要求されます。

計画ができたら、次はそれをもとに制作プロジェクトをWebディレクターは進行させます。

制作チームには、Webデザイナー、コーダー、プログラマなどが必要です。こうした人選を行い、適切な指示をだしてサイトを完成に導くのがWebディレクターの現場での主な仕事です。

納期に間に合わせるために、プロジェクトの進行もWebディレクターはしっかりと管理しなければいけません。

いいサイトを作ってクライアントから満足を得ることができれば、そのWebディレクターの評価は高くなります。キャリアに応じてさらに大きなプロジェクトを任されるようにもなるでしょう。

責任はいつも大きいですが、それを果たすことで、着実にキャリアアップできるのがWebディレクターです。リーダーとしての重責を乗り越えることにやりがいを感じる人なら、Webディレクターはとても魅力のある仕事でしょう。

クライアントの要望を形にする

Webディレクターの仕事とは、クライアントの要望を具体的な形にすることだともいえます。相手の言いたいことを敏感に読み取り、それをサイトのなかで表現する仕事だと言いかえることもできるでしょう。

Webディレクターは、繊細な感性が必要とされるとてもクリエイティブな職種なのです。

Webディレクターの仕事の最初のステップは、クライアントがどんなサイトを望んでいるのかを詳しくヒアリングすることから始まります。

大抵の場合、クライアント自身も具体的な案はもっていません。伝えられたあいまいなイメージから、相手が本当に望むものをWebディレクターは読み取り、コンテンツやサイトデザインを提案することになります。

サイトの完成までには、Webディレクターはクライアントと何度も話し合いを重ねなければいけません。微調整を繰り返しながら、自分のアイデアをWebディレクターはサイト上に反映していきます。

それが完成して納品できたときが、Webディレクターが仕事にもっとも喜びを感じる瞬間でしょう。

スタッフと協力してサイトを作り上げる

サイトの制作現場では、Webディレクターは多くのスタッフと連携して働きます。チームでひとつの仕事をやり遂げることが、Webディレクターにとってのやりがいのひとつです。

デザイン、コーディング、プログラミングなどの各担当者に指示を出し、それぞれの進捗をチェックするのがWebディレクターのおもな仕事です。

しかしただ機械的に指示を出してもスタッフはうまく動いてくれません。みんなを信頼し、同じチームの一員として働くからこそ、スタッフはWebディレクターのもとで仕事をしてくれるのです。

担当者間で意見の食い違いがあれば、Webディレクターはそれをうまく調節しなければいけません。それぞれの話を聞いて落としどころを見つけ、サイトにそれをフィードバックさせていくこともまたWebディレクターの役目です。

サイトが完成するころには、プロジェクトチーム全体に自分を中心にした大きな一体感が生まれます。Webディレクターをしていると、こうした人間味あふれる満足を感じることができます。

サイト作成を通じてクライアント企業に貢献

サイトは、企業のイメージを決定づけたり、売り上げを左右したりすることもできる影響力の大きいツールです。サイトの出来はWebディレクターの手腕で決まります。サイト作成を担当した企業が業績を伸ばすのを見ることは、Webディレクターにとってこのうえない喜びです。

サイトには反響がすぐに返ってきます。なにか変更をサイトに加えれば、その影響はすぐに現れます。サイトに加えた工夫が正しいものなら、それは企業に好反響となってたちまち返ってくるでしょう。

自分の仕事の成果をダイレクトに迅速に感じられるという点で、Webディレクターはとても手ごたえのある仕事です。

サイト作成は多くのスタッフといっしょに行うものですが、企画から納品まですべてのプロセスに一貫して関わるのはWebディレクターだけです。

自分が手掛けたサイトがクライアント企業に貢献しているのを見る喜びは、Webディレクターという仕事だけの醍醐味でしょう。

将来のキャリアアップ転職に有利

Webディレクターをすることで磨かれるスキルは、将来に転職するときにとても有利な材料になります。Web制作に関する幅広い知識、高いコミュニケーション能力、チームを統括するマネジメント力やリーダーシップなどは、さまざまな職種で応用することができるからです。

Webディレクターの経験をアピールすれば、たとえば製造業などの大手企業、あるいは広告代理店のシステムベンダーや、Web担当者の職に応募することもできます。とくに人材が不足しがちのWeb担当者は、キャリアチェンジを希望するWebディレクターにとって狙い目です。

好条件での転職には、Webディレクターとしてどれだけの実績を作れるかがポイントになります。やりがいを感じながら真摯に仕事に取り組んでいれば、Webディレクターにはよい転職の道が自然に拓けてくるでしょう。

まとめ

Webディレクターには、企画力、コミュニケーション力、マネジメント力などが求められます。クライアントと話し合いを重ね、チームをまとめながらプロジェクトを推進するのは決して簡単なものではありません。しかし、それをやり遂げていいサイトを完成させると、ほかの職種にはない達成感を得ることができます。

とくにリーダーシップに自信のある人、チーム作業が好きな人なら、Webディレクターの仕事に大きなやりがいを感じられるでしょう。将来の転職にも有利な職種なので、興味のある人はぜひWebディレクターを目指してみてください。

未経験でwebディレクターになる方法 Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。