Webディレクターに有利な資格とは?Webディレクターなら取得したいおすすめ資格一覧

webディレクターにおすすめの資格

Webディレクターになるために必要は資格はありません。しかし持っていると、仕事をするうえで役に立つ資格はいくつかあります。

ある種の資格をもっていると、Webディレクターとしての能力を証明することもできます。資格の勉強を通じて、Webディレクターとしての成長に欠かせないスキルを身につけることができるからです。

企業やクライアントからの信頼を高めるためにも、Webディレクターの人は資格をとることをめざしましょう。仕事の質を高め、キャリアアップを達成するために役立つ資格について、今回はご紹介します。

資格がないとWebディレクターにはなれないのか?

資格を何ももっていなくても、Webディレクターになることはできます。Web業界では、経験と実績が重視されるからです。Webディレクターとして仕事をしているけれど、何の資格ももっていないという人も実際にいるでしょう。

しかしこれからのキャリアアップのためには、Webディレクターにとっても資格をもつことは大切です。ある種の資格をもっていることは、Webディレクターとしての潜在的な能力の高さを証明することにつながるからです。

資格をみせることで、クライアントから信頼を得て、Webディレクターとしての仕事の幅を広げることもできます。また将来に転職をするときにも、資格が有利に働くこともあるでしょう。

資格がなくてもWebディレクターにはなれます。しかしいいキャリアを積むためには、資格を取得しておくことがより確実な道です。

資格は仕事の現場でも役立つ!Webディレクターが資格を取得するメリット

資格は履歴書に書くだけのものではありません。資格の勉強を通して得た知識は、Webディレクターとしての実際の仕事でも十分に役立ちます。

その主な理由をここで3つ挙げておきます。

Webディレクターの資格取得のメリット①説明能力が高くなる

資格の勉強を通して知識を身につけると、Web制作について、より専門的で説得力のある説明ができるようになります。

Webディレクターとは、クライアントと頻繁に話し合ったり、チームのスタッフにつねに指示を出し続けたりしなければいけない職種です。

資格の勉強をすることで手に入る知識とスキルは、Webディレクターが自分の言葉に説得力を与えるうえで大いに役立ちます。

相手に十分に納得してもらえる説明能力をもつことで、プロジェクトをより円滑に進めることができるようになるでしょう。

Webディレクターの資格取得のメリット②自分の課題や弱点を発見できる

資格の勉強をしていくうちに、自分のスキルについての課題や弱点がわかるようになります。それらをすぐに解決できなくても大丈夫です。アドバイスを早めにもらうなど、弱点を補いながら仕事の効率を上げることができるようになります。

いずれ重点的に勉強して課題を克服すれば、より能力の高いWebディレクターへと成長することも可能でしょう。自分の知識を整理しスキルの穴をみつけることも、資格学習を通して得られる成果のひとつです。

Webディレクターの資格取得のメリット③仕事の内容をより深く理解できる

資格の勉強をすることで、Webディレクターの仕事が具体的にわかるようになります。とくにキャリアの浅い人や未経験の人にとって、Webディレクターとしての業務への理解を深めるために資格学習は大いに役立ちます。

Webディレクターの仕事を、ほとんどの人たちは経験を積みながら覚えてきました。しかし資格の勉強をすることで、それらをより早く身につけることができるようになります。

資格学習は、Webディレクターとしての成長を大いに助けてくれるでしょう。

WebディレクターにおすすめのWebディレクションに関する資格

Webディレクター試験

Webディレクター試験はWebディレクターとしてのスキルを幅広く問う民間資格試験です。これをパスすれば、サイト制作において、一定の品質をつねに保てる能力があることを証明できます。

勉強不足では取れない資格で、この試験の合格率は約31%です。Webの制作、運営、更新に関する幅広い知識を問われます。Webディレクターにとって、能力を証明するうえでもっとも価値ある資格だといえるでしょう。

試験はパソコンを使ってCBT形式で実施され、90分間で65の質問に答えることが求められます。動きの早いWeb業界に対応し、常に最新の知識をもつ必要があることから、Webディレクター試験の資格は2年間で失効します。

力量を証明することが目的なら、Webディレクターはこの試験を定期的に受け続ける必要があります。

Webリテラシー試験 (Web検定)

仕事でWebに関わる人のために、共通知識の整理を目的として制定されたのが民間資格のWeb検定です。Web検定は4つの試験で構成されています。Webディレクターにお勧めしたいのは、その中のWebリテラシー試験です。

Webリテラシー試験で問われるのは、Webサイト制作や運営に関する基本的で広範な知識です。

Web制作にはWebディレクターだけでなく、プログラマー、Webデザイナー、プロデューサーといった職種の人たちも関わります。

専門的には深い知識をもっているものの、Web業界のほかの職種については理解のない人は意外とたくさんいます。専門性の壁を乗り越え、他職種と連携できる人材を育成することがこの資格試験の狙いです。

この試験をもっていると、Web業界でグループプロジェクトを円滑に進めることのできる人材であるとアピールできます。

いくつかの職種のスタッフが関わりながら、グループで行われるのがサイト制作だからです。他職種への理解をもつことで、グループ内のコミュニケーションをスムーズなものにすることができます。

具体的に質問されるのは、サーバー環境やワールドワイドウェブの構造、インターネットビジネスの基本概念といった基礎的知識や、Webサイトの立案・政策・更新、Webデザインなどの制作に関する実務内容などです。

平均53%ほどの合格率なので、基本をおさえながら学習すればWebリテラシー試験の突破はさほどむずかしくないでしょう。

ITパスポート試験

ITパスポート試験はIT全般に関する基礎知識を幅広く問う、経済産業省認可の国家資格試験です。

Webディレクションに関する知識も設問には含まれますが、この試験で扱われるのはあくまでIT全般に関するものです。ストラテジ系、マネジメント系、テクノロジ系に分け、ITの基礎的知識の理解度がこの試験では測定されます。

ITパスポートの資格をもっていることで、IT全般に関して基礎知識を備えていることが証明できます。この勉強を通じて、IT業界という広い世界のなかで、Webディレクション業務を理解できるようになるでしょう。

Webサイトの制作や運営は、企業のマーケティングのなかのひとつの手段にすぎません。全体のなかでの役割を理解することで、Webディレクターはより効果的なサイト戦略を立てられるようになります。

こうした広い知識があれば、将来はIT系広告代理店などへ有利な転職もしやすくなります。あるいは、Webプロデューサーにキャリアアップしていくことも可能になるでしょう。将来のキャリアを考えると、ITパスポートはWebディレクターももっておきたい資格です。

ネットショップ実務士

ネットショップ実務士はネットショップ能力検定機構が実施する、Eコマース業務の実務能力を証明する認定試験です。

ネットショップ実務士の試験は、レベル1から5に分かれています。レベル1は基礎知識を問うもので、Eコマース業界の構造と最低限度の運営スキルが扱われます。レベル2で扱われるのはより実践的な知識です。

Eコマース業界のサイト制作に携わるWebディレクターなら、これはぜひ取得しておきたい資格でしょう。クライアントの意図をスムーズに理解し、サイト企画や運営にそれをよりよく反映させることができるようになるからです。

Webディレクターとしての転職時にも、これをもっていると有利になることがあります。

Webディレクターにおすすめのアクセス解析に関する資格

Google アナリティクス個人認定資格(GAIQ)

Google アナリティクス個人認定資格はGoogleアナリティクスの習熟度を認定する資格です。その名称のとおりGoogleが実施するもので、無料で受験することができます。初級編と上級編があります。

Google アナリティクス個人認定資格をもつことは、Webディレクターとしての仕事に大いに役立ちます。Googleアナリティクスとは、サイトへのアクセス傾向を分析できるツールです。

ここから得られる情報をもとにより広く閲覧されるサイトを作ることが、Webディレクターの仕事では常に求められます。

この資格の有効期限は18ヶ月間です。Google側の規定の変動につねに敏感であるためにも、定期的にこの資格の勉強をして受験しておくといいでしょう。

Webアナリスト検定

一般社団法人日本Web協会(JWA)が実施、認定するのがWebアナリスト検定資格です。Webマーケティングをするうえで必要な概念への理解力、実務上の基礎知識などがこの試験では問われます。Googleアナリティクスなど、アクセス解析への理解力も求められます。

Webアナリスト検定は、Webマーケティングに関する基本スキルを問われる試験です。市場動向を適確に分析し、より広くアクセスを集めることのできるサイトを作る上で必要な知識が得られます。

サイト運営の仕方がまだよくわからない若手のWebディレクターには、Webアナリスト検定の学習は大いに役立つでしょう。

とくに将来デジタルマーケティング分野へ転職する可能性があるのなら、Webディレクターにとっても、Webアナリスト検定はもっているほうがいい資格です。

ウェブ解析士認定資格

これは一般社団法人であるウェブ解析士認定協会の認定する資格です。協会の主催する認定講座を受講し、試験に合格すればウェブ解析士資格を得ることができます。初級と上級があり、上級ではKPI設計や業務戦略立案などの非常に実務的スキルが要求されます。

ウェブ解析士認定試験の学習を通じて、ウェブ解析能力だけでなく、マーケティングに関する実務的知識も学ぶことができます。戦略面からのアドバイスもできるので、この資格をもつWebディレクターはクライアント企業との交渉もしやすくなるでしょう。

ウェブ解析士認定資格は、Web業界での信頼を得るうえで大いに役立つ資格です。信用あるビジネスパーソンへの成長をめざす、この資格はWebディレクターもぜひもっておくべきでしょう。

Webディレクターにおすすめのマーケティングに関する資格

ネットマーケティング検定

ネットマーケティング検定はインターネットマーケティングに関する知識を、広範に問う資格試験です。この試験に合格するには、基礎概念から方法論まで、ネットマーケティングの基礎知識を広くもっている必要があります。

Web業界で働く人が知識の確認のために取得したり、Web初心者が基礎を身につけるために受験するのがネットマーケティング検定です。

ファシリテート能力、ネットマーケティング能力、Webブランディングの知識、Webに関する基礎知識とスキルの4つの部門に分けて設問が設定されています。

テキストを読み込んでおけば、合格することはそれほどむずかしくありません。平均合格率は70%です。

基礎知識を問うものなので、ネットマーケティング検定資格をもっていても、転職でとくに有利になることはないかもしれません。

しかしこれからWebディレクターをめざす人や、すでにWebディレクターとして就職しているが知識を整理しておきたい人などに、この検定資格はお勧めです。

マーケティング・ビジネス実務検定

国際実務マーケティング協会が実施しているのが、マーケティング・ビジネス実務検定です。マーケティングに関する基礎知識、そして応用知識がこの検定では問われます。

A、B、Cの3つの等級があり、C級は初心者向けです。業種や職種に関係なく役立つ検定ですが、IT業界や製造業界の人の受験者が多いです。

マーケティングの知識を仕事により活用したい場合は、Webディレクターにとってもこれは必要な資格でしょう。市場分析や消費者ニーズの探り方などについて、検定学習から大きな知識を得られるはずです。

AdWords認定資格

AdWordsとは、Googleが広告主に対して行っているクリック課金サービスのことです。最低限のコストで広告がだせるため、多くの広告主がAdWordsを使っています。この認定資格は、AdWordsに関する基礎と応用の知識を問うものです。

ディスプレイ広告や動画広告に関する知識は、Eコマース分野のサイトを運営するうえで欠かせないものです。この資格勉強を通じて、Webディレクターとしてのスキルアップを図ることができます。

またこの資格があれば、将来の転職時に自分の市場価値を高めることもできるでしょう。

Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験

Yahoo!プロモーション広告 プロフェッショナル認定試験では、Yahoo!の広告運用の知識やリテラシー、そのための管理ツールの使い方の習熟度が問われます。基礎知識を問うベーシックと、より応用的知識を問うアドバンストの2種類の試験があります。

Yahoo!プロモーション広告を積極的に運用するのであれば、この認定資格はWebディレクターもぜひもっておくべきでしょう。難関ではありませんが、学んだ知識を実際に活用するには経験も必要です。

Webディレクターとしてスキルアップの必要を感じるようになったら、この資格にもチャレンジしてみてください。

Webディレクターにおすすめのデザイン系の資格

ウェブデザイン技能検定

Webデザイン技能検定に合格すれば、国家資格であるウェブデザイン技能士の資格を得ることができます。3級から1級までの3段階があり、それぞれ学科試験と実務試験を受けることになります。

3級はだれでも受験できますが、2級以上は3級合格者または2年以上の実務経験者しか受験できません。

ウェブデザイン技能検定の実務試験では、Adobe PhotoshopDreamweaverFireworksといったソフトを使ううえでの習熟度が試されます。

デザイナーにとっては基本ともいえるソフト類ですが、これらをすべて使いこなせるWebディレクターは少ないでしょう。しっかり勉強しなければ、2級以上の合格はむずかしいです。

この資格の勉強を通じて得た知識は、ウェブデザイナーとのコミュニケーションでかならず役立ちます。より円滑に作業を進めるために、Webディレクターもまたもっておきたい資格です。

Webクリエイター能力認定試験

Web制作に関する、デザイン能力やHTMLやCSSといったコーディングの幅広いスキルが問われる資格試験です。初心者と中級者向けのスタンダードと、上級者向けのエキスパートの2種類があります。

Webディレクターにとってかならず必要な資格ではありませんが、勉強を通じて、Web制作全般の知識をバランスよく身につけることができます。

Webディレクターとしての知識を補強したい人、より幅広い知識を得てスムーズなコミュニケションを取りたい人にお勧めです。

より専門的なサイト制作について学びたい場合は、HTML5プロフェッショナル認定資格や、PHP技術者認定試験にチャレンジしてもいいでしょう。よりハイスキルなWebディレクターとして活躍の場が広がります。

まとめ

資格、Webディレクターとしての仕事にまちがいなくプラスの影響を与えます。

資格勉強をすることで仕事の幅を広げることができるようになりますし、ほかの職種の人やクライアントとスムーズなコミュニケーションをとれるようにもなるでしょう。

能力を客観的に証明できるので、将来の転職時にも資格をもっているWebディレクターは有利です。

現在の自分にとって必要な資格、将来のキャリアアップのために必要な資格をよく見極めましょう。優先順位をつけて取得していくことで、Webディレクターとしての成長の道が拓けます。

webディレクターに必要なスキル Webディレクターになりたい人必見!Webディレクターに必要とされるスキルを徹底解説 未経験でwebディレクターになる方法 Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。