Webディレクターの仕事内容とは?必要なスキル・平均年収を解説

webディレクターの仕事内容

WEB業界と言われると、どのような職種を思い浮かべますか?

浮かびやすい職種といえば、「プログラマー」「webデザイナー」などでしょう。プログラミングやコーディングといった、特定のスキルに偏った職種が多いかと思います。

そんな有名なweb業界の職種のひとつに、「webディレクター」があります。この職業では、webサイトやサービスに関する広い知識やスキルといった、高度な技術が求められるのです。

そんなwebディレクターの魅力とはなんなのでしょうか?

今回の記事では、webディレクターの仕事内容や求められるスキル、平均年収などをご紹介していきます。

Webディレクターの仕事内容とは?

webディレクターというのは、webサイトやサービスのプロジェクトを管理し、総括する人のことを指します。webプログラマーやデザイナーといったスタッフたちに指示を出したり、クライアントの要望を聞いてまとめたりします。

つまり、プロジェクトの制作の責任者、ということです。

主な業務一覧

  • スケジュールの進行管理
  • コンテンツの品質管理
  • メンバーの選定、指揮
  • クライントとの打ち合わせ

上記以外にも、企画や提案を自主的に行う「webプランナー」も含まれることもあります。この場合、企画書の作成や取材、撮影なども担当することになります。

Webプロデューサーやプランナーの違いは?

ところで、webディレクターの仕事は、「webプロデューサ」や「webプランナー」と混合されやすいです。これらの職種は、兼務することが多く、区別することが難しいとされています。以下、詳しく解説していきます。

Webプロデューサとは?

プロジェクトの全体を管理していきます。ときには経理や営業も担当することも。

クライアントに対して企画提案書を作成したり、作成チームのディレクションを担当することがメインとなります。

Webプランナーとは?

主に企業との打ち合わせをメインに行います。クライアントの要望を聞き、それを元に企画提案をします。そこで決まった決定事項を、制作チームへと伝達するのも仕事です。

こうしたディレクションは、webプランナーだけではなく、ディレクターが行うケースもあります。

Webディレクターとは?

制作チームのディレクション業務を主に担当していきます。制作進行の管理や品質管理を行いつつ、チームメンバーとコミュニケーションしながらプロジェクト全体を取り仕切ります。

時にはクライアントとの打ち合わせに参加することもあり、企画提案といったプランナー業務も担当するケースもあります。

おおまかにまとめると、

  1. webプロデューサ → プロジェクト全体の管理
  2. webプランナー  → クライアントとスタッフの橋渡し
  3. webディレクター → 制作チームの責任者

となります。

Webディレクターに求められるスキルとは?

webの基礎知識

webディレクターは、上記で解説したように、主に制作チームプロジェクトを指揮する職業です。

つまり、制作工程をきちんと理解し、その基礎知識を理解している必要があるということです。

それに加えて、web特有のリテラシーやアクセス解説といったweb知識も問われます。

コミュニケーション能力

クライアントとの打ち合わせも含まれますから、コミュニケーション能力も欠かせません。

クライアントによっては、webリテラシーがない人もいます。そのような場合、相手も具体的なイメージを持っておらず、概要しか理解していないケースも多いです。

そんなときに、ディレクターがしっかりと要望を理解し、クライアントの代わりに正確な企画書を作成し、きちんと制作チームに伝える責任があります。

単に制作工程を指示するだけではなく、サイトのコンセプトや達成目標なども具体的に伝える必要があります。

このように、ディレクターというポジションでは、基礎的な知識に加え、クライアントや制作チームとの信頼関係を築くためのコミュニケーション能力も問われるのです。

その他

そのほかにも、スケジュール管理能力、見積書やサイトマップなどの作成スキル、プレゼント能力など、社会人として必須の能力も必要とされます。

webディレクターに必要なスキル Webディレクターになりたい人必見!Webディレクターに必要とされるスキルを徹底解説 webディレクターにおすすめの資格 Webディレクターに有利な資格とは?Webディレクターなら取得したいおすすめ資格一覧

Webディレクターの平均年収は?

webディレクターを目指したい人にとって一番気になるのが、年収でしょう。

webディレクターの平均年収は、年齢や経験によって異なります。

また、webディレクターはマネジメント能力も問われる職業です。経験とスキルを積んで、上の役職である「webプロデューサ」となれば、さらに高い年収を狙うことも可能です。

つまり、頑張りが結果となって実れば、年収も上がり、やりがいもある職業であると言えます。

ここでは、平均年収を算出している求人サイトを参考にしてみましょう。

参照:DODA 平均年収ランキング最新版

Webディレクターの平均年収:445万円
• (参照元:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/
参照:Find Job(2017年12月現在)
Webディレクター平均年収:442万円
• (参照元:https://www.find-job.net/income/shokushu-1/
参照:プロエンジニアのWebディレクター求人の平均年収(2018年1月現在)
Webディレクターの平均年収:489万円

上記のサイトを参考にした平均年収の相場を計算すると、ざっと「457万円」ということになります。

まとめ

webディレクターという職業は、主にプロジェクトの進行の責任者となります。品質管理ももちろんですが、ときには企画を立案したりします。そのため必要となる基礎スキルも多いですから、簡単に務まる職業ではないでしょう。

しかし、webの幅広い知識や経験を身につけることができ、キャリアアップが望みやすい職業でもあります。

webの世界で活躍したい、スキルアップしながらキャリアを積みたい、やりがいを求めたい人には、うってつけの職業でしょう。

未経験でwebディレクターになる方法 Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。