Webディレクターに未経験で転職するには?未経験での転職を成功させる方法

未経験でwebディレクターになる方法

webディレクターはとても人気が高い職種です。未経験者であっても採用されやすく、経験がなくとも活躍できる職種であるからです。

そのため、異業種から転職を目指す人も多く、まさに魅力的な仕事なのです。

しかしwebディレクターは、異業種の方からみると、どういった仕事をしているのか分かりにくいでしょう。実際にどのような仕事をしているのか、どのようなスキルを求められているのか、業種を経験していない人にとっては、なかなか理解しづらいと思います。

ここでは、webディレクターという職種を、詳しく解説していきます。

  • webディレクターに必要なこと
  • 転職する際の準備したいポイント

などを解説しますので、ぜひ未経験でwebディレクターを目指す人は参考にしてください。

未経験からWebディレクターになるために必要なこととは?

コミュニケーション能力を身につける

webディレクターに求められるスキルは、web業界の専門的なスキルよりも、一般的に求められている「コミュニケーション能力」や「マネジメント能力」といった対人能力が重視されます。

対人スキルとはどのようなスキルか、ご紹介していきます。

相手の立場になって考慮することができる

webディレクターは、多種多様な人とさまざまなやり取りをしていきます。そのため、常に相手の立場になって発言したり考えたりする必要があります。

相手が何を求めているのかを汲み取り、相手にわかるような説明ができるようにならないと、webディレクターの仕事は務まらないでしょう。

返信が早い

ビジネスの基本でもありますが、返信が早いのは重要です。

webディレクターは多くの方とやりとりをするので、返信が遅れがちになります。しかし返信が遅れるだけで信頼関係が崩れてしまいますし、業務に支障が出てしまいます。

相手からメールや連絡がきたら、その場ですぐに返信すると良いでしょう。

説得力のあるプレゼンテーション能力がある

webディレクターは、課題に対して改善策を提案する機会が多いです。しかし、仮に改善策を提案できたとしても、上手に説明できる「プレゼンテーション能力」がなければ、相手に伝えることができません。

そのため、資料を見やすく作成したり、ポイントを分かりやすく整理するなどといった工夫をして、関係者に納得してもらえるような能力が重要となります。

リーダーシップがある

webディレクターは、プロジェクトの旗振り役です。

クライアントや制作チームが目標を見失ったり誤った方向に行かないよう、しっかりと指揮する必要があります。

自ら責任を持ち、メンバーを一丸となってまとめられるリーダーシップ能力があれば、業務が遂行しやすいでしょう。

未経験からweb業界に転職する前に準備しておきたいポイントを解説!>

ここでは、webディレクターにかかわらず、web業界を目指す前に抑えておきたいポイントをご紹介しておきます。

web業界のビジネスモデルを把握する

web業界では主にwebサイト制作が多いです。webサイト制作には、必ず目的があり、その目的にはいくつかの種類があります。それによって事前にしなければならないことや、打ち合わせしておくことが変化します。

以下、具体的にご紹介します。

ECサイト系のビジネスモデル

楽天やyahooショッピングなどに代表されるような、webサイト内でサービスを提供して売上が発生するサイトのことを指します。

いかにwebサイト上で商品を買ってもらえるか、別ページに移行させずに購買意欲を高めるか、といった工夫が必要となります。

オウンドメディア系のビジネスモデル

自社のサービスや独自の情報を公開することにより、ユーザーを集めるサイトのことです。

主な収益源は広告料です。サイト内に広告を貼ることによって収益を上げているので、PV数を上げる工夫が必要です。

※サイトによっては、集客だけが目当てで広告を貼らないケースもあります。

マッチングサイト系のビジネスモデル

アルバイト求人や不動産検索サイトに代表されるような、webサイトが仲介役となり、個人と企業を結びつけているサイトのことです。双方にとって使いやすい・わかりやすいサイトが求められます。

以上は主な種類ですが、その他にも様々な目的をもったwebサイトがいくつかあります。

いろんなサイトを見て研究しておくと良いでしょう。

webサイトを巡りながら、感性を磨く

webディレクターは、webサイトを制作する上でどのような工夫やデザインにするのかを決定するのも重要な仕事です。そのためには、現在流行りのサイトデザインや仕組みなどを理解し、感性を磨く必要があります。

スケジュール管理や進行管理の仕方などは、入社後に研修を受ければ学ぶことが可能です。しかしwebサイトのデザインなどに関しては、感性が必要です。

こうした感性は、多くのデザインやクリエイティブにふれるほど、磨かれていきます。

  • 見やすい工夫はどうしているのか
  • 使いやすい工夫はどうなっているのか

こうした点に注意しながら、実際に見ていくといいでしょう。すると、入社後、実際に業務に携わるときに早く成長することも可能です。

常にいろんなサイトを巡りながら、現在のトレンドはどうなっているのか、どのような工夫が施されているのか、チェックしていきましょう。

ICT・ITに必要な知識を学ぶ

web業界では、難解な単語や知識が数多く出てきます。その意味を理解するために、専門的な学習が必要となります。基礎固めをしっかりとしながら、ネットやセキュリティ、ハードウェアやソフトウェアといった、幅広い知識を学びましょう。

社会に出てから初めてwebを学ぶなら、「ITパスポート試験」や「基本情報技術者試験」などがおすすめです。

web制作に関する情報を常にチェックする

web業界は、時代の流れが早いです。そのため、情報を常にチェックして動向を把握しておく必要があります。特に、「Google」「Yahoo!」「Bing」といった、検索エンジンに関する情報はすぐにチェックしておきましょう。

情報をチェックする方法としておすすめなのは、web系メディアの更新情報をRSSフィードで取得したり、情報通の人たちのSNSアカウントをフォローしておくことです。

自分でWEBサイトやブログを作成する

「web業界に入りたい!でも、自分で作ったこともないし自信もない…」
そんな方は、すぐにでも自作でサイトやブログを作ってみましょう!

未経験でも入りやすいのがweb業界の特徴ではありますが、何の知識もない状態で入ると、とても苦労し、挫折しやすいです。周囲からの信頼も下がるでしょう。

web制作はとても難しく感じるかもしれませんが、実際はそこまで難しくありません。誰でも基本さえつかめばできます。書籍やweb上には、初心者用のwebサイト作成方法に関する情報が溢れています。それらを参考にしながら、ぜひ、自分で作ってみましょう!

まとめ

web業界を未経験のままwebディレクターへ転職することは、未経験を弱みにせず、可能性を売り込みながらアピールする必要性があります。

特にコミュニケーション能力が高い人であれば、どの現場にいっても活躍することができるでしょう。そのため、求人応募から面接に至るまで、上手に自分自身を売り込んでいく必要があります。

ポイントを踏まえながら、未経験の強みをアピールすれば、転職成功への確率が高まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。