転職面接で短所を答える時のポイントと採用を勝ち取る解答例

転職面接での短所の答え方

面接で自分の短所を尋ねられることは珍しくありません。うろたえてしまいがちですが、ここでうまく対処することで、転職の成功へ1歩大きく近づくことができます。

優秀な人材であることをアピールすることが面接のすべてではないと覚えておきましょう。十分な準備をして面接に挑めば、短所についての質問も乗り切っていくことができます。

面接官が転職面接で短所を尋ねる理由

面接官が短所について聞くのは、求職者のことをよく知りたいからです。おもに次のような4つの点を見るために、短所への質問は行われます。

これらの理由をよく理解して、短所への質問にうまく答えられるように準備をしましょう。

1)正確な自己分析ができる人かどうかを知るため

自分の短所を正しくいえるということは、その人が自分を客観視できているということです。弱点がわかっている人は、職場でも周囲のアドバイスを謙虚に受け止めることができます。

「お恥ずかしいことですが、実はこういうことはうまくできません」と、自分の弱みをさらけだしてくれる人に対しては、しっかり指導してあげようと上司も考えるものです。

「短所?とくにありません」と答えるようでは、何をアドバイスしても今後も成長しない人なんだろうなと面接官に思われるかもしれません。

2)誠実な人物であるかどうかを知るため

一緒に働ける人物を探す以上、相手の人柄も面接官は見ようとします。誠実で正直な人であるかどうかは、じつは面接での大切なポイントです。自分の弱みを正直に打ち明けてくれるかどうかで、面接官は求職者の誠実さを確かめようとしています。

弱点や短所はだれにでもあるので、それを隠す必要はありません。へたにごまかしたり、曖昧な答え方をしたりするほうが、面接官にマイナスの印象を与えます。

3)課題から逃げずに取り組める人物かどうかを知るため

面接官が知りたいのは、課題を自覚して克服しようと努力できる性格であるかどうかです。自分の弱点から目をそらしているようでは、会社のなかでの問題に正面から取り組めるわけはありません。

自分の欠点を真摯に受け止めているほうが、仕事の課題にも全力で取り組める、向上心のある人物だという印象を与えます。

4)職場への適正があり社風に合った人物であるかどうかを知るため

どのような職種にも合う人と合わない人がいます。短所についての質問をすることで、募集している職種に合う人物であるかどうか、あるいはどのような部署へ配属すべきなのかを面接官は判断しようとします。

その企業の社風に合う人柄であるかどうかも、欠点への問いから見られる大切なポイントです。

チームワークが必須の職種や職場に人材が必要なのに、「協調性がありません」と答える人を採用したいとは面接官は考えません。

自主性を大切にする社風の企業の面接で、「自分1人で判断することが苦手です」「周囲のアドバイスがないと不安で仕方がありません」と答える人物はかならずマイナス印象になります。

自分のプラス評価につながるように、短所についても十分に考えたうえで答えることも大切です。

とはいえ本当に適正のない企業に入社すると、そのあとに苦労するのは求職者本人でしょう。ある程度熟考した答えを準備することは必要ですが、まったくのウソはお勧めできません。短所についても真摯に伝えることが、結局は転職の成功につながります。

短所について面接で答えるときのポイント

短所についての質問を考えるうえで大切なポイントを以下にまとめました。

ただ無自覚に自分の欠点や弱点を述べても、面接で好印象を与えることはできません。転職を成功させるために、1つひとつのポイントをよく理解したうえで、答えを用意しましょう。

他人の評価に基づく客観的な分析内容にする

自分の主観ばかり述べるよりも、客観的な視点から欠点を伝えるようにしましょう。だれしも、自分のことはよくわからないものです。他人の評価や言葉を出すことで、説得力のあるアピールをすることができます。

「自分の欠点は○○です」という回答よりも、「前の職場の上司や同僚からもよく指摘されたのですが、私の欠点は○○だと思います」と答えるようにしましょう。

他人の評価を交えることで、独りよがりではない、人の言葉を謙虚に受け止めることができる人物であるという好印象を与えることも可能です。

努力でカバーしたり克服したりできる欠点であることを忘れずアピール

欠点があることは悪いことではありません。大切なのは、それから目をそらさずに克服する姿勢を示すことです。短所をカバーする努力を見せることで、仕事のうえでも成長できそうな人物だという印象を与えることができます。

たとえば、せっかちだという短所をもっているとします。そのままではマイナスですが、このおかげで何度も確認してから行動する習慣がついたと述べると、一転してポジティブな評価を与えることも可能です。

欠点があっても努力を怠らない姿勢を見せれば、その求職者を面接官は好意的に評価するでしょう。

あえてポジティブな表現で短所を言いかえる

否定的な言葉で短所を表すのではなく、あえてポジティブな言い方で表現してみましょう。前向きな姿勢に見えるので、面接官にも暗い印象をあまり与えずにすみます。

短所というからには、自分の性格のなかでもあまりいい部分ではないのはたしかです。それでもあえていい表現に言いかえることで、たとえ短所であっても、これから成長の糧にしたり改善したりできるように見えます。

たとえば、「他人と協調するのが苦手で、すぐ喧嘩になる」というよりも、「自分の意見をつい強く主張してしまう癖があり、ときに他人と長い議論になる」と表現してみてください。同じ短所でも、後の言い方のほうが、面接官にはるかにいい印象を与えることができます。

抽象的な話は避け、実際の体験をまじえて短所を語る

欠点について話すときには、できるだけ具体的に面接官に語りましょう。実際にあったエピソードや体験をまじえながら、それに対してとった自分の行動に基づいて欠点を話すべきです。

性格のことなので、欠点を語るときにはどうしても抽象的な表現が多くなりがちです。とはいえ、あいまいな話題を出されても、面接官はあまり共感することができません。

体験談のような具体的な話がベースになっていれば、面接官は興味をもって求職者の話を最後まで聞いてくれるでしょう。

短所だと思っていた性格が長所になったケースも主張する

短所について話すときに、ただネガティブな側面ばかり強調すべきではありません。たしかに短所と思われる部分であっても、ときにはそれが強みにもなることを面接官に伝えるといいでしょう。

ひとつの特性が、ある場面では短所になり、別の場面では長所にもなることはめずらしいことではありません。

たとえば気が弱くて自分の意見を主張できない性格は、協調性が求められる場ではかえって力を発揮したことがあったかもしれません。

他人の意見を聞かない性格も、強いリーダーシップが必要な職場ではむしろ重宝されたことがあるかもしれません。

あえて強みと弱みの両方から語ることで、短所もマイナスの印象を与えにくくなります。

面接で短所を話すときに気をつけること・注意点

求められる人材像から外れるような短所は話さない

正直に話すことは大切ですが、募集している人材像に大きく反するような短所なら、面接では話さないほうが無難です。

採用を目標に面接を受けているのに、自分からあえて評価を下げるような発言はすべきではないからです。

たとえば、「協調性やチームワークを大切にできる人材が欲しい」と考えている企業の募集で、「私は他人の話に耳を傾けるのが苦手なので、グループで協力する仕事ではうまくいったことがありません」と言うようでは、面接官はまちがいなくマイナスの評価をつけるでしょう。

募集要項や企業ホームページを熟読し、どのような人材が求められているのかを確実に押さえましょう。採用されるには、短所を話していても、理想の人材像に外れているという印象を与えないことが大切です。

本当の短所を正直に話す

都合のいい、まったくウソの欠点や短所を話すのはやめるべきです。面接官は何十人もの求職者と話し、人柄を見抜いてきた経験をもっています。付け焼刃的に考えられたウソの短所は、面接官にはすぐに見破られてしまうかもしれません。

長く説明していると、作り話はどこかでボロがでるものです。ウソをついているなと思われて、心証を悪くさせないためにも、面接官には本当の短所を正直に話すようにしてください。

短所はないと答えたり、はぐらかしたりするのはダメ

短所について質問されて、ありませんと答えるのは面接ではかならずマイナス評価になります。自分の性格も客観的に見ることができない人だと思われたり、質問に真面目に答えようとしていないという印象を与えたりするからです。

短所がある場面では強みになったと説明したいときに、表現を誇張しすぎることもやめましょう。欠点に真摯に向き合わず、言葉先ではぐらかしているように面接官には見えるかもしれないからです。言葉をよく選び、正直に答えていることが相手に伝わるような回答を準備しましょう。

仕事に関係のない、プライベートな面での短所は話題にしない

短所について質問するとき、面接官が知りたいのは、その求職者が企業の求める人材像にどれだけ一致するかということです。

仕事に関係のない部分での短所を話すことは、面接ではまったく役に立たないことを覚えておきましょう。プライベートなことを話題について延々話しても、面接官はあきれてマイナス評価を与えるだけです。

たとえば、カードを使いすぎて貯金ができないこと、小食なのにすぐ太ること、顔のなかで口が大きすぎることなどはNGです。

本人にとっては深刻な短所や欠点かもしれませんが、企業にはまったく関係のないことだからです。あまりにプライベートな面は避け、企業と関わるうえで問題になりそうな短所について話すようにしてください。

職場への適性がないと判断されるような短所は話さない

面接官が知りたいのは、求職者の性格であり、職場へのその人の適性です。短所について質問されたときに、あまりにも適正がないと判断される答えをすると、採用される可能性は大きく下がるでしょう。

たとえば、企画部門で社員を募集している企業に対して、「ありふれた発想しかできない」と答える人はまず採用されません。

営業職の面接で、「人見知りが激しくて、初対面の人とはほとんど話せない」と話す求職者は、大きなマイナス評価を受けるでしょう。

正直に話すことは大切ですが、自分から採用を遠ざけるような答えをすべきではありません。だれでも複数の短所をもっているのですから、前もってよく考えて、適正に関わらない短所について話す準備をしておくことが大切です。

適性を疑われるような短所しかどうしても思い浮かばない人は、その職に本当に向いていないのかもしれません。合わない職場に配置されては、本人がつらい思いをするだけです。自分の性格を見つめ直し、転職のターゲットを再設定することを考えてみてもいいでしょう。

転職面接での短所の質問に対しての回答例

神経質で心配性

「小さなことまで心配になり、さっき確認したことでも何度もチェックしてしまう性格です。とくに数値が正確かどうかが気になります。おかげで間違いがほとんどないのはいいのですが、仕事に時間がかかりすぎることが悩みです。書類提出が、締め切りぎりぎりになったことがじつは何度かありました。クライアント様に、大きなご迷惑をおかけしなかったことは本当に幸いでした。

経験を積んで、自分の神経質な性格の影響がよくわかるようになりましたので、いまではチェック用の時間をさいしょから多めに設定しています。」

緊張性

「学生のころから、人前に立ったり注目を浴びたりするとすぐに緊張してしまいます。社会人になってからも、プレゼンのときなどには緊張が激しくて困りました。これを乗り越えるために、徹底的な下調べや準備をいつも行うようにしています。相変わらず緊張はしますが、繰り返して練習したことや、どんな質問にも答えられるくらいの用意をしていることで、なんとかプレゼンを成功させています。

緊張する隙を自分に与えないほど周到に準備をすれば、大勢の人の前でも話せる度胸がつくのだと最近は実感しています。」

他人のアドバイスに素直に従えない

「周囲の方がいいアドバイスをくださっても、それを素直に聞けないことが私の短所です。頑固というか、自分の考えにやたらと固執してしまう性格です。

前の職場で○○○の企画を担当していたとき、自分と周囲の意見が合わなかったことがありました。冷静に考えればほかの方の考えが正しかったのですが、自分の企画を通したい一心で、私は自分の考えを強引に実行してしまいました。結果は大失敗で、クライアント様にもご迷惑をおかけしたことをいまでも申し訳なく思っています。

この経験を通して、仕事では協調性が大切だと学びました。いまでも我の強さはありますが、ほかの方の考えを落ち着いて聞き、必要なアドバイスはありがたく受けられるようになったと思っています。」

人の都合をあまり気にせずマイペース

「私は前の職場で、いつもマイペースだとよくいわれました。これは、かならずしもいい意味ではありません。なにかひとつの業務に集中してしまうと、ほかの仕事を平気で後回しにしてしまうことがよくあったからです。集中力を発揮できるのはいいのでしょうが、担当の仕事をバランスよく片づけることができないので周囲にも迷惑をかけました。

いまではスケジュール管理を徹底し、その日のうちに終えるべき業務をひと目でわかるようにしています。これを何度も眺めることで、自分だけの好きなペースで仕事をするということがなくなりました。」

独りよがりでせっかち

「相手の都合をよく考えず、せっかちに結論や返事を求めるクセがあります。私は仕事が早いほうなのですが、問題は、それを相手にも求めてしまうことです。

締め切りまでにはまだ時間があるのに、進捗を何度も尋ねたりして、外注先の担当者様に不快な思いをさせたことがありました。社会人になって間もないころの失敗ですが、失礼なことをしたと本当に反省しています。

相手の都合をまず考えてみたり、連絡時も性急な印象を与えないようにしたりと、いまではこの短所にうまく対処できるようになってきました。」

競争心が強い

「私は昔から競争心が強く、他人に負けることが大嫌いでした。成績を残せるのはいいことですが、他人がいつも気になって仕方がないため、心が休まらずに疲れてしまうこともあります。

今後は成績の競争を意識しすぎないようにし、優良な成果をだすことに純粋に満足できるようになりたいと思います。」

継続力のなさ

「興味のある仕事には驚くほど大きな集中力を発揮できるのですが、問題は、それが長く続かないことです。あるプロジェクトを立ち上げても、それをやり切るまで興味が続きません。飽き性なのだと思います。いまではプロジェクトのスケジュールを貼りだしたり、周囲の人に終了日を宣言したりして、やり終えるまでは逃げられないように自分を追い込んでいます。

ただ私のこの性格は、興味の対象が多く、好奇心が強いことの裏返しでもあると思います。多様な好奇心をもつことは、仕事のうえでかならずしも悪いことだとは思えません。これをうまく生かして、新しいサービス案の採用に成功したこともあります。今後も自分の性格と上手につきあい、企画部門でアイデアを出していきたいと思っています。」

他人に世話を焼きすぎる

「後輩や部下の仕事に責任をもたなければと思うあまり、おせっかいといわれるほど相手の業務に口をだしていたことがあります。個別指導やミーティングの時間も特別に作り、後輩に指導を続けてきました。ですが必要以上に時間を取られるうえに口うるさいので、彼らにしていれば私の指導はありがた迷惑だったのだろうと思います。

相手の自主性も尊重しながら、少し距離を置いて成長を見守れるようになるつもりです。」

自分の短所がどうしてもわからないときに試したい方法

以上までの説明で、面接時に短所を質問されたらどう答えるべきかがわかったと思います。でも自分のことは自分でなかなかわからないもの…私の短所や長所ってなんだろうと悩む人も多いでしょう。

自分の短所と長所がわからないときに、ぜひ試してほしいいくつかの方法をご紹介します。

第三者目線で自分の性格を見直してみよう!

面接官が知りたいのは、その求職者が自分の短所を正しく理解し、それにしっかりと向き合っているかどうかです。客観的な分析が自分ではどうしてもできないときは、第三者の自分への評価を参考にしてみましょう。他人の言葉をよく見直すことで、自分では気づかなかった短所や長所が見えることがあります。

  • 以前の会社で、上司や同僚は私のどんなところを褒めてくれたか、あるいは注意してくれたか
  • 学校の先生でよく注意されたのはどんなことだったか
  • 両親や友達は、私の性格をどんな風にいっていたか

気の置けない友達がいる人は、いまから直接尋ねてみてもいいでしょう。驚くかもしれませんが、面接対策のためだと説明すれば、喜んで手伝ってくれる友達もいるはずです。

ただしいくら親しくても、いまの職場の同僚にこうした質問をすることは控えましょう。転職は周囲も巻き込むデリケートな問題なので、現在の仕事の関係者にはこうしたことは聞かないほうが無難です。

これまでの人生経験をじっくりと振り返る

他人に聞かずに、自分の力で短所と長所を見つけ出すこともできます。いままでの人生をじっくりと振り返り、どんなことなら夢中になって頑張れたか、どんなことはまったく続かなかったか、それらの原因はなにだったかなどを考えてみてください。できるだけ感情を抜いて、第三者に近い目線で人生を見直すことがコツです。

続かなかったことや失敗したことの背後には、その人の性格上の短所がある可能性があります。逆に続いたことや成功したことの理由として、長所といえるものがあったと考えることができるでしょう。

まとめ

ほぼ間違いなく問われるのに、短所に関する質問に適確に答えることは簡単ではありません。

たとえ準備をしていても、面接官の意図を正しく理解していないと、大きなマイナス評価を受けてしまうこともあります。次にまとめるチェックポイントをよく見直し、面接の用意を少しでも万全に近づけたいものです。

  • ネガティブな内容であっても、ビジネス上適切な表現で会話を進める
  • 思い込みではなく、客観的な自己評価に基づいて話をする
  • 短所をそのままにせず、その克服に取り組んでいる前向きさや積極性を話に盛り込む
  • 募集部署の業務内容に対し、あまりにも合わない部分は話題にしない
  • ターゲット企業の社風になじまない短所は話題にしない

転職エージェントに登録すると、面接での回答の仕方にも相談にのってもらえます。

自分なりに回答を準備したけれど、それでいいのかどうかわからないこともあるはずです。不安を抱えたまま面接に進むことがないように、転職活動を本格的に始めるまえに、こうしたサービスに登録しておくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です