大企業へ転職する方法とは?有名企業へ転職するコツを解説

大企業への転職方法

大企業への転職はとても魅力的です。みんなが知っている有名企業で働きたいという思いを、だれでも一度はもつのではないでしょうか。

創業から長い歴史をもち、大きな資本をそなえた会社で雇用されているという安心感は、たしかに大企業に勤める人だけがもてる大きなメリットでしょう。

信頼のある大企業で働けば、ビッグプロジェクトに関わることもできます。中小企業である程度キャリアを積んでがんばってきた人が、人生の次の目標として、大企業へストップアップしたくなるのも当然です。

とはいえ、一流といわれる大企業への転職に、果敢にチャレンジする人はあまり多くありません。どうせムダだろうと、試す前から諦めてしまう人がほとんどだからです。

たしかに大企業での採用は新卒がメインです。しかし中途採用の募集がないわければありません。実績とスキル、そしてタイミングが揃えば、中小企業から一流大企業の社員へステップアップすることは十分に可能です。

ひとくちに大企業といっても、じつはさまざまな会社があります。中途採用されやすいのはどんな会社なのか、どうすれば大企業で採用されるのかなどについて今回はお伝えします。

中小企業から大企業への転職の可能性はあるのか

中小企業から大企業への転職を成功させることは可能です。自分のこれまでのキャリアや実績をアピールすれば、大企業が門戸を開くことは十分にあり得ます。

いまは大企業といえども終身雇用を重視する時代ではありません。能力のある人材であれば、第2新卒としてどんどん採用したいと考えている大手企業も多いのです。

いままでの自分の業績に自信と誇りをもち、それを面接でしっかりと強調できれば、大企業の人事担当者が興味をもってくれる確率は高いでしょう。逆にいえば、中小企業での仕事を卑下したり、自信のなさそうな言動をみせることは禁物です。

すっと憧れていた大企業がある人、新卒のときに大企業を狙ったけど受からなかった人などにもチャンスはあります。キャリアのできたいまこそ、夢を叶えるために転職にチャレンジしてみてはどうでしょうか。

大企業へ転職する方法

派遣先や取引先企業から採用をもちかけられる

中小企業から大手企業への転職のきっかけとして、派遣先や取引先の会社から採用の申し出を受けるというパターンがあります。

外部から人を募り、採用できそうさ人材を探すのは、大企業の人事担当者にとっても大変なことです。リスクを冒すよりも、仕事を通じて信頼関係がすでにできている人物を採用したいと考える担当者も当然います。

たとえば建築士の方です。

ハウスメーカー、ゼネコン、工務店などに勤務している建築士は、受注先の企業と頻繁に打ち合わせをしなければいけません。

何度も交渉を繰り返すうちに、取引先の担当者の目にとまり、大企業に引き抜かれる建築家の方はじつは少なくありません。

建築士の仕事は設計業務だけではありません。費用面なども含めて、設計内容を具体的に調節するために、建築士は何度も取引先企業に出向いて話し合います。

こうしたコミュニケーションを通じて、優秀さや人間性のよさを顧客企業にアピールできれば、取引先であった大企業への就職の道が開けることもあります。

エンジニア職の方も、派遣や出向などで大企業内で働くことが多いでしょう。この時がチャンスです。

プロジェクトが企画されると、大手企業から派遣エンジニアの要請があることがあります。こうした場合はプロジェクトごとの契約なので、企画が完成すればエンジニア契約も終了します。

ですがこうした仕事は、自分のスキルを大企業のなかで存分にアピールできるまたとない機会です。真摯に仕事をこなし、高い技術力や開発能力を発揮できれば、派遣先からの採用の申し出につながることもあります。

たしかに、こうした就職は運やタイミングによっても左右されます。企業と接触したときに、相手の会社のなかで必要な人材が不足している状況が重ならなければ、こうした引き抜きはおこりにくいでしょう。

それでも求人情報を待って応募するよりは、こうした場のほうが、より強力に自分のスキルをアピールすることができます。ふだんの仕事を真摯にこなしながら、大企業と接触できる機会を狙ってみてください。

転職エージェントによるヘッドハンティングを利用

ある日転職エージェントから連絡が入り、○○といい企業の▲▲職へ転職する気はないですかと提案されることがあります。

これが転職エージェントによるヘッドハンティング(スカウト)です。登録もしていない転職エージェントから連絡を受けるので、おどろいてしまう人も多いようです。

ヘッドハンティングで紹介されるのは、現在勤務しているところよりも高収入、高待遇を保証してくれる会社です。それが一流の大企業であることは少なくありません。

条件が合えば、そのまま一気に大企業へ転職の道が開けます。

転職エージェントでは、登録した方に対して転職情報を紹介し、それが成功すれば手数料をいただくというシステムを通常はとっています。

しかしそれだけでなく、企業の依頼を受けて、求められている優秀な人材を探し出して連絡をとり、転職を勧めるという業務も行っています。これが転職エージェントによるヘッドハンティングです。

転職エージェントのスカウトの目にとまるには、いくつかの方法があります。

ひとつは転職サイト上に自分の履歴を公開しておく方法です。

転職サイトとは、さまざまな求人情報が掲載されているwebページのことです。転職エージェントとは違い、面接指導や求人情報紹介などの支援サービスは転職サイトにはありません。

閲覧して興味のある採用情報があれば、自分で応募するのが転職サイトの使い方です。

ですが転職サイトに登録するときに、自分の職歴やスキルなどの職務経歴書を求職者は入力します。この情報を「公開」にセットしておくと、転職エージェントの担当者でもそれを見ることができるようになります。

担当者の目に履歴が留まれば、転職エージェントからその人にすぐにヘッドハンティングの連絡が入るはずです。

もうひとつは、自社の採用ページのなかに自分の名前と経歴を掲載してもらう方法です。

優秀な人材を抱えていることを外部にアピールするために、企業は何人かの社員をピックアップして自社サイトに掲載することがよくあります。

こうしたページは転職エージェントでもチェックしています。ページに掲載してもらうことができて、いい人材だと転職エージェントに判断されれば、その人は十分にヘッドハンティングの対象になるでしょう。

連絡を受けたからといって、転職エージェントが示した条件や企業に興味がなければ、もちろんこれを断ってもかまいません。

企業側の要望に合う人材に一方的に連絡をいれるのが、転職エージェントによるヘッドハンティングです。自分の希望に合わないようであれば、それをはっきりと伝えるといでしょう。

オーソドックスな転職活動で大企業を狙う

地道に転職の機会を探り、いい求人があれば応募するという方法もあります。

いまは大企業でも中途採用に興味を示す時代です。簡単でないことは確かですが、実績があれば、中小企業から大企業へのステップアップのチャンスは十分にあります。

大企業で求められるには、注目される実績やスキルを示すことが必要です。特許をもっていたり、大きなプロジェクトでリーダーを務めていたりする経歴があれば、人事担当者も大いに興味を示すでしょう。

逆にいえば、実績不足の状態では、大企業への中途採用はむずかしくなります。この場合は現在の職場でキャリアを積み、時間をかけて転職の機会を作ることが大切です。

大企業への転職を成功させるコツ

ビジネスマナーの基本は最低限必要

大企業の求人には大勢の応募者が集まります。競争率は高く、熾烈なものです。ビジネスマナーの基本もできていないようでは、経歴に興味をもってもらう前に、書類選考かさいしょの面接でさっさと除外されてしまうでしょう。

ビジネスマナーを身につけておくことは、社会人としての基本です。とくに大企業ではこうしたマナーが重視される傾向があります。

挨拶、敬語、ビジネスメールの書き方などのマナーは、しっかりと身につけておくことが大切です。

新卒採用の採用試験であれば、少しくらいマナー不足でも大目にみてもらうこともできます。応募者はまだ学生だからです。しかし中途採用の場合は、求職者は立派な社会人ですから、そうした温情は期待できません。

相手に失礼のないように、自分にマナー不足がないかどうかを、面接前にチェックし直してみるといいでしょう。

大企業を狙うなら転職エージェントを活用しよう

大企業に転職を考えているなら、転職エージェントを活用するといいでしょう。

大企業の求人は、ほとんどの場合がクローズド求人、つまり非公開求人になっているからです。知名度の高い大企業の求人には応募者が殺到します。

選考数を少しでも減らすため、一般非公開という形にして、転職エージェントにだけ求人情報を流すのが大手企業のやり方です。

大企業への転職を狙っているなら、会社の公式サイトを眺めているだけでは求人情報を逃してしまいます。転職エージェントに登録をして、自分が大企業への転職を考えていることを伝えておくべきでしょう。

ただし、転職エージェントはたくさんあります。大企業の非公開求人を扱っているところ、大企業への転職を成功させた実績の多いところを探し、自分にあった転職エージェントを見つけてください。

転職エージェントには、ターゲット企業に合わせた面接の練習をしてくれるところもあります。そのほかにも、履歴書の書き方指導やキャリア相談などのサービスもあります。転職エージェントを上手に使いこなすことが、転職を成功させる近道です。

転職エージェントへの登録や利用は無料でできます。

転職エージェントの収入源は、人材紹介を依頼してくる企業からの支払いです。お金をまったく払う必要なく、求職者は転職エージェントの各サービスを活用することができます。

登録した求職者には担当エージェントがつきます。求職者の希望を聞いたうえで、キャリアやスキルに合わせて、応募できそうな求人情報をエージェントが紹介してくれるシステムです。

土日でも利用できるので、現在の職場で仕事が忙しい人でも働きながら転職エージェントを利用できます。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

自分1人で悩んでいても転職はうまくいかないことも多いものです。実績やスキルを客観的に判断し、相談にのってくれるプロに相談することで、転職活動がスムーズに進むこともあります。

転職に有利な職務履歴書の書き方、苦手な人も多い面接対策なども、転職エージェントの担当者が丁寧に指導してくれます。

いざ採用がきまったら、給与交渉も担当エージェントが代行します。転職活動のさいしょから最後まで、丁寧にフォローしてくれるのが転職サービスです。

いますぐ転職する気がなくても、転職エージェントにとりあえず登録だけしている人もたくさんいます。自分の能力やスキルを客観的に判断し、将来のために転職市場を下見することができるからです。登録も相談も無料なので、こういう使い方をするのもお勧めです。

即戦力になることを大企業へアピール

大企業が中途採用を募集するとき、即戦力となる人材を求めていると思ってまちがいありません。転職を成功させるには、自分のキャリアやスキルがすぐに役立つものであることをアピールすることが大切です。

逆にいえば、ただなんとなく大企業での求人を探しても意味はありません。自分のキャリアなら、まちがいなく即戦力になれるような会社はどこだろうかという視点で探すことが大切です。

専門職や技術職の人は、スキルの高さを強調することを忘れないようにしましょう。

厚生労働省は平成27年度の「転職者実態調査」を発表しました。それによれば、従業員が1000人以上の大きな会社の8割が、「キャリアを使って即戦力になれるから」、「専門的知識や高度な能力をもっているから」を、専門職や技術職の人材採用理由としてあげています。

販売業や事務職の求人では、スキルや専門性の高さはそれほど重視されません。さきほどの調査結果では、事務職の採用理由として一番多いのは「離職者の補充」だからです。

とはいえ事務職であっても、中途採用者に求められるのは即戦力であることは変わりありません。自分の経験があれば、入社後にすぐに成果をだせること、会社にとってすぐに役立つ人材であることをアピールするようにしましょう。

大企業への応募は早さが大切

大企業の採用が発表されると、すぐに膨大な応募が集まります。とくに消費者向け製造業やサービス関連業の企業の場合は、知名度が一般的に高いため、競争が熾烈になる傾向があります。

本気で転職を考えているのなら、求人が出たらすぐに応募するようにしましょう。求人情報が出てから最低でも3日以内には履歴書を送るべきです。

多数の応募が集まると、期日を待たずに募集を締め切る会社もあるからです。人気のある大企業の場合は、いつ応募が終了されるかわかりません。募集開始から1週間で締め切りになることもあるので要注意です。

3日以内に履歴書を送っておけば、たいていは1週間以内に企業人事部から連絡があるはずです。書類審査をパスしていれば、このときに面接の日時が求職者に知らされます。日程はたいていタイトです。次の週には最終面接があることもめずらしくありません。

いつでも面接を受けられるように、日ごろから準備をしておくこともとても大切です。大企業へ転職すると決心したら、いつでも採用試験に挑めるように、スピーディな応募と面接の準備を整えておきましょう。

大企業ではコミュニケーション能力の高い人材を求めている

大企業では、高いコミュニケーション力をもつ人を採用する傾向があります。どんな規模の会社でもこうした能力は必要でしょうが、社員数の多い大手企業ほどコミュニケーション能力がより重視されます。

平成27年に行われた帝国データバンクの調査によると、事務所規模が大きくなるほど、求める社員像として「コミュニケーション能力が高い」人を挙げていることがわかりました。社会性に乏しく消極的な人は、大企業の面接官の目には魅力的に映らないということです。

業種によって多少の差はあるでしょうが、コミュニケーション能力はつねに重視されます。組織の大きな大企業で働くのであれば、これは必須の能力だといえます。

ジョブローテーションを避ける

近年ではジョブローテーションを導入する会社が増えています。これは、比較的短期間で複数の部署を社員に回らせる制度です。

期間はさまざまで、半年ほどで別の部署へ移動になることもあれば、10年かけて3部署を回されることもあります。

しかし、いずれ転職をしたいと考えているのなら、会社のジョブローテーションに乗ることはお勧めできません。

ジョブローテーションは、企業にとってはメリットの大きい方針です。ただ社員にとってはかなわずしもメリットばかりではありません。

企業がジョブローテーションをさせるのは、複数の業務ができる人材を育成したいからです。ある部署で欠員ができたとしても、他の部署の社員を使ってそれを補えるようにしたいともいえるでしょう。

しかし社員にとっては、ひとつの分野で専門性を高めることができず、会社にとってだけ都合のいい器用な人材になってしまうリスクもあります。

大企業への転職の際に武器になるのは、専門性やスキルの高さです。転職したいなら、ジョブローテーションを断れる職場環境でキャリアを積むほうがいいでしょう。

自分の能力とキャリアのチェックを定期的に行う

大企業への転職を考えているのなら、自分のキャリア、専門性や能力の高さについては、定期的にチェックをしておきましょう。

日々の仕事に追われていると、自分自身のことを客観的に判断しにくくなります。プロジェクトの内容やそれを担当した時期などをこまめに記録し、それを時折見直してみてください。

ターゲットの大企業で要求されるキャリアまで、あとどれくらい足りないのか、そのために必要なスキルは何なのかがよくわかります。

自分でうまく判断できない場合は、客観的にみれる第3者や転職エージェントの担当者に意見を聞いてみるのもいいでしょう。

まとめ

大企業への中途採用は狭き門ですが、不可能なわけではありません。とくにいまの人材市場は売り手が有利です。

少しくらい満たせない条件があっても、それをカバーできる能力があれば採用を勝ち取れることもあります。

ターゲットの大企業への就職を果たすためにも、高いスキルと専門性をもつ、転職準備を日ごろから整えておく、転職エージェントを活用するなどの3つのポイントを押さえておくようにしましょう。

大企業に転職するメリット・デメリット 大企業で働くメリットと意外なデメリットとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。