転職活動・就活の面接に腕時計は必要?選び方や注意点を解説

転職活動の腕時計の使い方

面接に臨む際、話す内容はもちろんですが服装や髪形についても「これで合っているのだろうか」と不安になることもあると思います。

服装はリクルートスーツや無難なデザインのスーツ、髪型は清潔感のあるすっきりとしたスタイル、などと何となくイメージがつくかもしれません。

では、腕時計はどうでしょうか? 腕時計はつけたほうがいいのか、どんな腕時計がいいのか、手持ちの腕時計は面接時につけていっても大丈夫そうか…。きっといろいろな迷いが出てくるでしょう。

今回はそんな腕時計についてピックアップしてみます。どのような腕時計が面接にふさわしいのか、知っておきましょう。

転職・就活の面接に腕時計が必要な理由

現代ではスマートフォンがあれば手軽に時間を確認できるため、腕時計を使わない人が増えてきました。しかし就職活動や転職活動では腕時計が必須です。この理由について、詳しく説明します。

年配者にとって腕時計は身だしなみのひとつ

スマートフォンや携帯電話といった機器は、ここ数十年で急速に普及してきたものです。それまでは時間を確認するためには時計を見るしかありませんでした。

そのため、腕時計の着用はビジネスマナーでもあるとされてきました。確かにスマートフォンなどがあれば時間はわかりますし便利なのですが、慣習としてやはり今でもビジネスシーンに腕時計は必須です。

また、会社という場所には幅広い年代の人がいます。重役クラスや役職者ともなると年配者が多くなります。

年配の人は、スマートフォンや携帯電話にあまりいいイメージを持っていないことも。歩きスマホやスマホを操作しながらの運転、スマホを使ってゲームや音楽に没頭してしまうなど、社会的な問題も大きく影響しています。

情報漏えいのリスク回避と言う意味でも、スマートフォンや携帯電話をビジネスシーンで使用しないことが推奨されているケースもあります。

各社員のスマホにより会社が損害を受ける場合があるからです。こういったことを鑑みると、やはり時間を確認するためには腕時計を使うほうが良いと言えるでしょう。

面接の場でスマホを使用すると誤解される

面接会場や、面接の控室でスマホを取り出して操作していると、SNSやゲームをしているように思われてしまうかもしれません。

時間を確認しているだけだったとしても、応募先企業に勘違いされるリスクがあるのです。待ち時間だからといってゲームをしているような人は当然ながら意識が低いと見なされますし、SNSをしているとネットリテラシーが低いと思われてしまいます。

こんなとき腕時計があればスマホを取り出す必要もなく、無駄な誤解を避けることができます。

電池切れの心配がない

スマホは使い方によっては電池がすぐに切れてしまいます。面接を複数スケジュールに入れているときにスマホの充電が切れてしまうと、時間が確認できず大変困ります。

現代人ならではの悩みですが、その点、腕時計の場合は電池切れになることはほとんどないので便利です。

突然の筆記試験にも対応可能

面接を受けに行った際に、急きょ筆記試験がおこなわれることもあります。筆記試験では当然スマホを操作することはできないので、腕時計がなければ時間の確認ができません。

試験会場に壁掛け時計や置時計が用意されていなかったときでも、腕時計があれば安心です。このように、腕時計を着用することは、実用性と利便性からみても多くのメリットがあるのです。

面接で腕時計を身に付けるときの注意点

就職活動、転職活動の際は腕時計を身に付けた方がいいということがわかったと思います。しかし腕時計のデザインや腕時計の使い方によっては、面接官にマイナスイメージを与えてしまうことがあります。

下記の点に注意して使用してください。

面接中は腕時計を見ない

意外と自分では気づかないことが多いのですが、面接中にちらちらと腕時計を見るのはNGです。

面接中は緊張しているのでついつい目線を下に向け、時計を見てしまいがちなのですが、これは面接官からみると「集中していない」「次の予定を気にしている」のだとみなされてしまいます。面接中は特に意識して、時計を見ないよう心がけましょう。

派手な色の腕時計は選ばない

無難なデザインのリクルートスーツを着ていても、腕時計が派手だと台なしです。赤や黄色などカラフルなものはもちろん、一見高級感があるように思えるゴールドなども避けましょう。

文字盤にキラキラした装飾が施されているものなども、悪目立ちしてしまいます。面接時につける腕時計は、シンプルで落ち着いたデザインのものにしましょう。

ハイブランドのものもNG

一目みただけでどのブランドかわかるような、ハイブランドの時計も避けておいた方が安心です。採用担当者から「こんな高級時計をしているのはなぜなのか」と、余計な詮索をされてしまいます。

接する相手より高い時計を身に付けないことも、ビジネスマナーのひとつです。たとえ親族の形見などであっても、一般的には面接の時に高級腕時計は好ましくありません。他のものを着用するようにしてください。

ただしブランドものの時計でもシンプルなデザインで一見してそれとわからない物であれば、許容範囲です。

キャラクターものなども避ける

逆にキャラクターものなど、あまりにも子どもっぽく安っぽいものも着用しない方が良いです。持ち物はその人自身の嗜好を表現するものなので、安っぽい人間に見られてしまいます。

もしキャラクターものの腕時計しかもっていないという場合には、腕時計をせず面接に臨む方が良いでしょう。

面接にふさわしい腕時計の選び方

ちょうどいい腕時計を持っていないのであれば、面接を機に購入するのもいいでしょう。面接に相応しい時計はビジネスシーンでも使えるものなので、持っておいて損はありません。

面接官にいい印象を与えようと、高級ブランドのいい時計を買おうとする方がいますが、これはかえって印象が悪くなる可能性もあるので注意しましょう。

高価なものでなくても充分、国内ブランドでシンプルで清潔感のある時計はたくさんあります。具体的にどのようなタイプが良いかについても記載しておきます。

ベルトは革かメタル

ベルトは、案外面接官からも見えているものです。面接では腕時計も身だしなみとして評価の対象になるので、カジュアルになりすぎないフォーマルなものをつけましょう。おすすめはベルトが革、もしくはメタルのものです。

革は黒色、メタルであれば銀色が特に良いとされます。黒色の革であればきちんとした印象を与えらえますし、汚れも目立ちにくいのでベストです。

メタルの場合は金か銀かで迷うと思いますが、金は自分が思っている以上に派手な印象を与えてしまうので、銀にしておいたほうが無難です。冒険しすぎないものが安心です。

シンプルで見やすいデザイン

就職活動、転職活動ではフォーマルなスタイルが好まれます。そのため時計もシンプルでかっちりしたものの方が良いです。

そのほうがスーツにもよく合います。機能的にもシンプルなもののほうが便利です。凝ったデザインの文字盤だと、ぱっと見て時間を確認することが難しいですし、時間を見間違えてしまう心配もあります。

就職活動中、転職活動中は時間の管理が大切なので、時間が確認しやすいデザインの腕時計を身に付けましょう。

アナログ時計がおすすめ

腕時計にはアナログとデジタルの2つのタイプがありますが、できれば三針、もしくはクロノグラフのものを選んでください。

デジタル時計はカジュアルなイメージがあるので、ビジネスシーンには適しません。また、デジタル時計にはストップウォッチやアラームなど多彩な機能が備わっていることがありますが、思わぬ時に音を発してしまうことも。

デジタル時計の中でも特にスポーツウォッチはふさわしくないとみなされてしまいます。

サイズが合ったもの

盤面が大きすぎると、時計ばかりが目立ってしまいます。自信の手首の太さにぴったり合う物を使用しましょう。

面接会場では時計ではなく自分が主役です。あまり大きな物をつけていると、「時計を自慢したいのだろうか」などと誤解されてしまうこともあります。

大きな時計より、品のある落ち着いたものにしておきましょう。購入前には時計店で試着して、違和感がないかを確かめてから買うようにしてください。

インターネット通販などで購入すると、思わぬ大きさだったり自分の腕の細さに似合わないこともあります。

価格は数万円まで

国内の有名メーカーの製品で、1,000円台で買える腕時計もたくさん販売されています。この中でもチープに見えない時計がありますし、5,000円ほどだせば機能的でデザインも就職活動に適したものが見つかるでしょう。

ただしあまりにも安い時計をしていると、逆に品がなく見えてしまうこともあるので注意が必要です。高級時計にする必要はありませんが、最低でも5,000円以上の物にしておくことをおすすめします。

新卒の就職活動の場合と転職活動の場合、本人の年齢などによっても予算は変わってきますが、就職活動の間は数万円までの時計にしておくのがベストです。

面接時に時計を忘れてしまったとき

もし面接に腕時計を忘れてしまったときは、コンビニやディスカウントストアなどで購入しましょう。こういったお店でも、2,000円前後で腕時計を販売しているところもあります。

購入する時間があれば、買いにいったほうがのちのちの不安を無くせるので良いでしょう。選考の会場で時計を忘れたことに気付いた場合は、潔く諦めてください。

腕時計がないからといって不採用になることはほとんどありません。筆記試験やグループワークなどを行う際に腕時計を忘れた場合は、採用担当者に正直に時計を忘れた旨を伝えましょう。

筆記試験やグループワークでは、どうしても時計を見る必要があるからです。これ以外の、特に時計が必要とならないシーンであれば、時計を忘れたことを自己申告しなくてOKです。

ただ、代わりにスマホなどで時間を確認する行為は控えましょう。面接中であれば、時間が気になったとしても絶対にスマホを触ってはいけません。

まとめ

腕時計は就職活動、転職活動に必須のアイテムです。もしこれまでスマホを時計代わりに使っていたり、面接につけていけるようなシンプルな時計を持っていなかった場合は、これを機に購入することをおすすめします。

面接に適した腕時計を持っているかどうかだけでも、意識が変わるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。