ベンチャー転職におすすめ!ベンチャー企業に強い転職エージェント10選

ベンチャー企業に強い転職エージェント

ベンチャー企業への転職を考えているのなら、転職エージェントを活用することをおススメします。特に、業界に強みを持っているような転職エージェントなら、転職に必要なノウハウを持っていますので、面接対策など、転職サポートをしっかりと行ってもらえます。

企業情報を転職エージェントから仕入れることも出来ますので、自分の力だけで転職活動を行うよりも、転職エージェントを使って転職活動を行った方が、より有利に転職することが出来ます。

今回は、ベンチャー企業に強みを持っている転職エージェントについてご紹介していきましょう。

ベンチャー企業に強い大手転職エージェント

リクルートやdodaなどのように、古くから学生の就職支援などを行ってきた企業は、どの様な業界にも信頼が高く、当然ベンチャー企業としても人材を募る際に安心できる大手企業を頼ります。

その為、業界に特化している転職エージェントだけでなく、大手の転職エージェントを活用することも、ベンチャー企業への転職に大いに役に立ちます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」であれば、業種・職種を問わず、数多の求人情報を保有しています。

公開されている求人だけでなく、在籍しているキャリアアドバイザーが独自に保有している、非公開求人もあり、登録しておけば自分の条件に合った求人が見つかりやすいというメリットがあります。

当然、その保有している求人の中には、ベンチャー企業のものも多く含まれていますので、ベンチャー企業への転職を希望する方にも、より多くの求人情報が得られるというメリットもあります。

しかも、業界最大手ということは、それだけ転職を成功させてきたという実績もあり、手厚い転職サポートなどが期待できます。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

業界No.2ではありますが、リクルートとほぼ同時期から学生の就職支援などを行ってきており、その実績は十分です。

しかも、求人保有数は業界トップですので、当然欲しい求人情報を持っている可能性が高い転職エージェントとも言えます。

「doda」は、業界では唯一、転職サイトと転職エージェントが一緒になっており、転職サイトに登録することで、転職エージェントのサービスも同時に受けることが出来るというメリットがあります。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

パソナキャリア

パソナキャリア

「パソナキャリア」は、女性のための人材派遣業から始まった企業ですので、女性の転職には特に力を入れている転職エージェントです。

勿論、女性だけでなく男性の転職にも強みを持っていますので、ご安心を。

手厚いサポートで、登録者の満足度も高い転職エージェントです。業界に特化したキャリアコンサルタントが在籍していますので、ベンチャー企業を目指す方にもおススメの転職エージェントです。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビ転職が運営している転職エージェントで、主に首都圏や関西圏での転職には実績があります。

また、利用者の満足度が高いことでも知られている転職エージェントで、本来ならサポートされない、転職後にも相談にのってもらえるという点で、支持を得ています。

また、他の大手転職エージェントよりも中小企業の求人数が圧倒的に多く、当然、まだ大手企業には程遠いベンチャー企業の求人も、数多く扱っています。
マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

ベンチャー企業に強い業界特化の転職エージェント

大手の転職エージェントとは違い、中小の転職エージェントの場合には、業界に特化していることが多く、当然その業界でのベンチャー企業との付き合いもあります。

その為、大手企業が保有していないようなベンチャー企業の求人情報を保有していることもあり、大手だけでなく中小の転職エージェントも利用することをおススメします。

アマテラス

アマテラス

今後のキャリア形成において、「起業したい」「幹部クラスで、自分の裁量で働きたい」と考えている方におススメなのが、「アマテラス」です。

パートやアルバイトを含め10人程度の小さな転職エージェントですが、CEO自らが厳選したベンチャー企業の求人情報だけを扱い、しかも「アマテラス」の掲げている企業目標が「日本からグーグルやフェイスブックを100社創出する」というもので、ベンチャー企業の応援をしている企業でもあるのです。

その為、「アマテラス」のCEO自らが、各ベンチャー企業のトップと面談し、厳選したベンチャー企業の求人情報だけを取り扱っているのです。

ベンチャー企業の幹部として、自分の力を発揮したい、試したいと考えるなら、「アマテラス」は外せません。

Goodfind Carreer

Goodfind Career

ベンチャー・スタートアップに特化した転職エージェントです。

厳選した良質なベンチャー企業の求人情報を保有しており、転職者とのマッチング度の高い求人情報を紹介してくれます。

ベンチャー企業で必要とされるスキルについても、アドバイスをしてもらえますので、安心してキャリアアドバイザーに相談も出来ます。

他の転職エージェントとは違い、早期に転職を考えていない方の相談にも乗ってもらえますので、転職を迷っている方に特におススメの転職エージェントです。

プロコミット

プロコミット

「プロコミット」も、ベンチャーやスタートアップに特化した転職エージェントの1つです。

大手企業にも太いパイプを持っていますが、特にベンチャー企業に太いパイプを持っています。

立ち上げたばかりのベンチャー企業や、上場したばかりのベンチャー企業などの求人を数多く扱っていますので、ある程度のキャリアがあり、幹部クラスとして働きたいと考えている30代の方や、将来を見据えてキャリアアップをしたいと考えている20代の方におススメの転職エージェントでもあります。

中小の転職エージェントにありがちな、経験値の浅いキャリアアドバイザーではなく、業界を知り尽くしているようなキャリアアドバイザーや、企業情報や経済動向などを把握しているキャリアアドバイザーが在籍していますので、的確な転職アドバイスを期待できます。

ギークリー

ギークリー

IT、Web、ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

業界に特化しているからこそ、その業界に詳しい専門知識を持ったキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。

特に、ITやWebと言った業界にはベンチャー企業も多く、そのベンチャー企業からの求人情報も数多く保有しています。

大手転職エージェントよりも高い交渉力を持っており、実際に大手転職エージェントでは面接までいけなかったような企業との面接も、「ギークリー」経由でなら可能となったという口コミも散見されます。

年収アップ率も60%以上と高めですので、IT業界でのキャリアアップを望むなら、おススメです。 ギークリー Geeklyがおすすめなのはこんな人!評判から分かったギークリーの特徴と弱点

レバテックキャリア

レバテックキャリア

「レバテックキャリア」もIT・Web系に特化した転職エージェントです。

業界に特化している分、マッチング度の高い求人情報を紹介してもらえる可能性も高くなります。また、業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍していますので、転職相談も専門用語を用いても話が通じるというメリットがあります。

IT・Web系への転職を考えているなら、おススメの転職エージェントの1つです。

レバテックキャリア レバテックキャリアはこんな人におすすめ!評判・口コミを調べて分かった特徴・弱点

クライス&カンパニー

30代のマネージャークラス以上の方の転職をサポートする、ハイクラス転職のための転職エージェントです。

国家資格を保有するキャリアコンサルタントのみを在籍させ、転職をサポートしています。創業26年と、業界としては中堅クラスの転職エージェントで、扱っている求人はベンチャーから大手企業と多岐に渡っています。

3年後、5年後と中長期にわたるキャリア形成を見据えた転職をアドバイスしてもらえますので、初めての転職を考えている方や、キャリアアップを考えている方には、おススメです。

また、ベンチャー企業での幹部クラスを狙っているのなら、おススメの転職エージェントの1つと言えます。

ベンチャー企業への転職に転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントを頼らなくても、転職活動は誰にでもできますし、実際頼ることなく転職している方もおります。

では、なぜ転職エージェントを利用した方が良いのでしょうか?

転職サイトにもベンチャー企業からの求人情報は数多く出ていますし、その求人情報で転職することも出来ます。ですが、転職エージェントを利用することで、以下のようなことが期待できます。

求人情報以外の情報を知ることが出来る

転職サイトに掲載されている求人情報には、会社の基本的な情報しか書かれていません。社風が判るような写真や、社員の方や採用担当者の方のコメントが掲載されていることはありますが、あくまでも表面的な情報だけです。

以下のような情報を、求人情報だけで知ることは出来ません。

  • 社内の雰囲気
  • 仕事中の職場の雰囲気
  • 男女比
  • 社内制度
  • その企業だけのルール
  • 習得できるスキル

これらの情報は、実際にその企業に入ってから分かることで、事前に知ることはまずありません。

ですが、転職エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが把握しているこれらの情報を、事前に教えてもらうことも出来るのです。

特に、ベンチャー企業の場合には、ワンマン社長によって全てを管理されているか、個人の裁量に任せて仕事をさせているか、少ない社員全員でコミュニケーションを取りながら、仕事を勧めているかのどれかです。

どのような社風が自分に合っているのかが事前に分かれば、転職に失敗することもありません。

未経験職種や未経験業種でもベンチャー企業への転職が叶う

転職エージェントを利用すれは、転職をサポートしてくれる専任のキャリアアドバイザーが付いてくれます。転職の相談にのってくれたり、キャリアやスキルの棚卸しをして、自分が気付かないような強みを見つけてくれたりします。

また、同時に登録しているスキルやキャリア、それに希望条件に合った求人情報を紹介してもらえます。

特に、未経験職種や業種への転職を考えている方に対し、専門的なアドバイスや、面接指導をしてもらえます。同時に、先ほどご紹介したように、企業側の情報をレクチャーしてもらえますので、情報を持った状態で面接に臨むことができ、企業革に好印象を与えることが出来ます。

ベンチャー企業の非公開求人まで持っている

転職エージェントでは、転職サイトには掲載されていない「非公開求人」というものもあり、転職サイト以上に選択肢が増えます。

この「非公開求人」は、一般には公開されていない、秘匿性の高い求人ですので、ハイクラス求人であることが高く、キャリアアップを目指す方には注目してほしい求人情報でもあります。

特に、ベンチャー企業の場合、人手不足ということもあり、より専門性の高い人材やマネジメントが出来る幹部クラスの人材を探していることが多く、場合によっては好条件であるが故に応募が殺到する可能性の高い求人情報ということも。

この様な、好条件で応募が殺到する可能性のある求人情報は、一般には公開せず、転職エージェントやヘッドハンティング型の転職サービスに預け、より良い人材を確保してもらいます。その為、転職サイトでは、お目にかかれないのです。

最後に

今現在、ベンチャー企業への転職を考えているのなら、転職サイトだけでなく、複数の転職エージェントを活用して転職活動を行いましょう。

特に、ベンチャー企業で自分の専門性を発揮したい、または若くして経営に携わるようなポジションに就きたいと考えているなら、ベンチャー企業に特化した転職エージェントや、業界に特化した転職エージェントを利用することをおススメします。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントのデメリット 転職エージェントのデメリットには何がある?転職エージェントを使う際の注意点とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。