貿易事務に向いている人・向いていない人の特徴と性格

貿易事務に向いている性格

グローバルな仕事をしてみたい。
もっと世界で活躍したい。
自分の英語力を活かしたい。

貿易事務に興味がある人は、上記のような気持ちを抱いていることが多いです。こうした意欲がある人には是非貿易事務の仕事を目指して欲しいと思います。

しかし残念ながら、貿易事務にも、向き不向きが存在します。単に、有名大学やネイティブ並の英語力があれば良いわけではありません。

今回は、貿易事務に向いている人、向いていない人の特徴をご紹介していきます。

貿易事務の仕事に向いている人の特徴

貿易事務の仕事に向いているのは、以下のような特徴を持つ人です。自分に当てはまるかどうか、検討してみてくださいね。

グローバルの仕事に面白みを感じる人

貿易事務では、海外のお客様とのやり取りが多くなります。営業のような直接交渉は少ないですが、業務的なやり取りが多いです。

海外の取引先スタッフや、フォワーダーなどの関連会社と、メールや電話でやりとりしていきます。こうした海外の人とのやりとりに、やりがいや興味がある人なら、貿易事務の仕事に向いています。

英語などの語学が長けている人

貿易事務は、海外の人とやり取りがメインになります。特に英語に長けている人は、とてもやりがいのある仕事になるでしょう。

実際に貿易事務の採用時でも、TOEICのスコアや英語検定などの英語能力が重視されています。TOEICであるなら、最低でも800点以上のスコアがないと厳しいかもしれません。英語に自信があるなら、是非ハイスコアを狙ってみると良いでしょう。

英語力に自信がないなら、貿易事務初心者でもこなせる仕事を募集している企業を選ぶのも手です。TOEICのスコアが500点前後だとしても、採用してくれる企業も存在します。

取引の方法は主に、文章での読み書きがメインとなります。会話力よりも文章力を磨くと有利でしょう。

また、アジア各国とのビジネスも増加傾向にあります。英語だけではなく、中国語・アラビア語といった多言語のスキルがあれば、もっと優位に立てるでしょう。

国籍を問わずコミュニケーション能力に長けている人

貿易事務は、貿易がスムーズに行われるように、さまざまな点を考慮しながら調整していくのが主な業務になります。
国内・国外の輸送業者への手配や倉庫の確保、取引先工場や販売代理店との出荷や納期調整、といった調整業務があります。

しかし、海外企業と日本企業には、文化的な違いやビジネス習慣が異なっています。さらに天候によって船便が送れるなどの、予期せぬトラブルが発生することも。

そのため、日本人同士のスムーズなやりとりはもちろん、国際的なビジネスコミュニケーション能力も同時に求められているのです。

ルーティンワークでも苦にならない人

貿易事務は、いわゆるルーティンワークが主です。具体的には、見積書・請求書・受発注書類のデータ作成や入力、伝票処理といった定型業務があります。

毎日が同じような作業の繰り返しで、変化が少ないです。その中でしっかりと業務をこなせる人は、貿易事務の仕事に向いているでしょう。

事務処理能力が高い人

貿易事務は、国際的であること・専門性が高いことなどが挙げられますが、いずれにせよ事務仕事であることに変わりはありません。ですから、事務処理能力に長けていれば、重宝してもらえるでしょう。

以下、具体的な事務処理能力をご紹介します。

マルチタスクをこなせる

貿易事務の仕事は、場合によっては複数の取引先を一人で担当するケースもあります。企業ごとの違いを把握し、的確に処理できる事務能力があると好ましいです。

スケジュール調整管理能力がある

さらに、輸出入のスケジュールを調整するのも貿易事務の仕事ですから、スケジュール管理能力がある人なら、有利であると言えます。

書類作成が得意

見積表や伝票作成がメインですが、ミスは許されません。大きな額の金額が動くので、少しでも誤りがあると税関手続きが滞り、スケジュールに影響が出てしまうからです。

うっかりミスが多い人や書類作成に苦手意識がある人は、難易度が高い仕事であるといえます。

分からないこともきちんと調べられる

業務中で知らないことや分からないことが出てきたら、それをきちんと理解することも大切です。たとえば、取引先から商品の苦情がきたらその商品を調べる、取引先からの問い合わせに対応する、などがあります。

分からないことを調べたり尋ねたりすることが苦痛でなければ、きっと貿易事務の仕事も楽しめるでしょう。

貿易事務の仕事内容とは?求められるスキル・資格・やりがいまとめ

貿易事務の仕事に向いていない人の特徴

不特定多数の人との関わりが苦手な人

貿易事務は、社内の人たちだけではなく、社外の人たちとも多く関わってきます。初めはそのあまりの人数の多さに、ストレスを感じやすいです。不特定多数の人とのやり取りに不安がある人は、貿易事務の仕事に向いていません。

人間関係にどうしても不安がある人は、事前に職場の雰囲気を掴んでおくといいでしょう。できれば職場訪問をし、男女比率やイベントの頻度、昼食時の過ごし方など、観察していくと良いです。

もしも貿易事務の仕事に就いたのなら、同僚の名前や顔、連絡方法などを早く覚える努力をしましょう。その後の業務もスムーズに進めることができます。

そして社外の業者の特徴もいち早く覚えるようにすると良いでしょう。メールや電話でのやりとりでその特徴を学び、それぞれに合った対応ができるようになれば、完璧です。なるべく早い段階で、相手との距離を縮めるようにしましょう。

細かい事務作業が嫌いな人

貿易事務は、事務職と似ている部分が多いです。ですから、一般事務職のようなルーチンワークが毎日の日課となるでしょう。その中で、細かな作業をこなしていくのです。

特に貿易に関する書類は、ミスなく正確に記述しなければなりません。日付や商品名、数量や金額、重量などを間違えると、後々大きなトラブルに発展するからです。

最悪の場合、相手の信用を失ってしまいますし、船便の予定が狂って余計な費用が発生する原因にもなります。

誰でも多少のミスはありません。それをいかに少なくするか、工夫する能力も求められます。ですがどうしても細かな事務作業に苦手意識があるなら、いっそのこと誰かに任せることも手です。

「この書類作成は任せるけど、電話対応はやるね」といったように、自分ができる分野を積極的にこなしていくのも良いでしょう。

パソコン操作が苦手な人

貿易事務は、パソコン業務が多いです。特にExcelを使う機会が多いですから、Excelスキルがあるかないかで能力の差も出やすいです。

Excelの基本的な知識があれば、貿易事務の仕事もこなしやすいでしょう。

パソコンは常に入力操作のみで、Excelを使う機会が少なく、罫線も引けない。そんな人は、初心者向けの講習会に参加して、勉強しておくと良いでしょう。

面接の場でも、どれくらいのパソコンスキルがあるのか、はっきりと伝えるようにしましょう。Excelはどの程度扱えるのか、入力速度はどれくらいかを、偽りなく正直に伝えることが大切です。

もしもパソコン操作に自信がなければ、操作を指導してくれる人がいるのかを聞いてみるのも大事です。その他、ネット検索などで自力で調べることも大切です。

単純作業だけをこなしたい人

貿易事務の仕事は、決まった書類を作成するルーチンワークになりがちです。

とはいえ、多くのトラブルに対応したり、多くの海外の人とのやり取りも多いので、作業が複雑になりがちです。複数の業務を臨機応変に対応する能力も必要です。

一つの単純作業だけを淡々とこなしたい人には、向いていないかもしれません。そんな人には一般事務の方が向いています。

一般事務 一般事務ってどんな仕事?やりがいや年収・必要なスキルまとめ

まとめ

貿易事務に向いている人・向いていない人の特徴を挙げてみました。あなたに当てはまる項目はありましたか?

貿易事務に向いている項目が多ければ、あなたは貿易事務に向いているといえるでしょう。しかし、不向きな項目が多くても、努力や工夫次第です。

あなたの得意分野で、十分な能力を発揮できる職を見つけることが、なによりも大切ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。