特化型転職エージェントとは?総合型転職エージェントとの違いとおすすめの特化型転職エージェント

おすすめの特化型転職エージェント

転職エージェントには、二種類のエージェントが存在しています。それが「総合型」と「特化型」です。
この2つのエージェントは特徴が違いますので、間違った選び方をしてしまうと、転職失敗に結びついてしまいます。

ここでは、総合型と特化型の特徴の違い、そして両者のメリットやデメリットなどをご紹介していきます。

ぜひ参考にして、優位な転職活動をすすめていきましょう!

総合型転職エージェントとは?メリット・デメリットなど

総合型転職エージェントとは、その名の通り、総合的な転職を得意としています。特定の業種や特定の職種にこだわることなく、広い業種をみたい人のニーズに対応している転職エージェントなのです。

ここでは、総合型転職エージェントのメリット・デメリットをご紹介していきます。

総合型転職エージェントのメリット

求人数が多く、非公開案件も豊富に持っている

総合型の転職エージェントは、業界内の知名度が高いです。そのため、求人が集まりやすい傾向があります。

人気の高い企業の求人から、ここでしか扱っていない求人なども数多くありますから、できるかぎり多くの案件から選びたい人にはおすすめの転職エージェントです。

コンサルタントの質が高い

総合型の転職エージェントは、質の良いコンサルタントが多く在籍している傾向があります。総合型転職エージェントには、大手の企業が運営していることがほとんどですから、人材教育に資金を投入し、良質なコンサルタントを教育しているのです。

特化型と比較すれば業界の専門知識は劣りますが、転職相談の実績数は豊富ですから、転職に成功するための提案や、書類選考を突破する書き方を丁寧に教えてくれるでしょう。

豊富な転職支援実績がある

総合型の転職エージェントでは、特化型のエージェントよりも豊富な転職支援実績があります。そこで培われた転職ノウハウが、大きな強みです。

過去の実績に基づいて、書類の添削や面接対策をしてくれるので、特に初めて転職する方には総合型のサポートが向いているでしょう。

総合型転職エージェントのデメリット

専門知識がある人が少ない

総合型は幅広い業種の職種を支援している反面、一つの業界に対する深い専門知識がないのが弱点です。

特に経理に関しては、営業やSEなどの専門職と比較すれば、大分弱い印象があります。

しかし最近では、総合型でも、事務や経理などといった管理部門の採用に特化している部門を設置しているところが増えてきました。一度、登録して相談してみるのもいいでしょう。

登録者数が多いので親密なサービスが受けにくい

総合型は応募者数が多いので、一人ひとりに対するコンサルタントが弱くなりがちです。

「なにか適当に扱われている気がする」「機械的でなんだか嫌だ」「ないがしろにされている気がする」などを感じやすいかもしれません。

特化型転職エージェントとは?メリット・デメリットなど

特化型転職エージェントのメリット

業界のリアルな情報が手に入る

特化型の転職エージェントは、その専門とする業界に何年も人材紹介をしている実績があります。

ですから、転職エージェントと企業側との信頼関係が厚く、太いパイプが築かれています。そこでしか知らないようなディープな情報も握っていることでしょう。

だからこそ、特化型転職エージェントでは、サイトには乗っていないような「真の情報」が集まりやすいです。

業界出身のコンサルタントが多い

特化型の転職エージェントにいるキャリアコンサルタントは、業界の出身者がほとんどです。ですから、応募者に対して親身に相談に乗ってくれることでしょう。

さらに、プログラム言語や利用ソフトといった専門用語にも精通していますから、より専門的な相談をしたい人には、特化型転職エージェントがうってつけです。

業界全体の動向を知れる

特化型の転職エージェントを利用すれば、その業界の動向を把握することができます。

たとえば、海外ではすでにスタンダードとなっている開発環境、またはプログラム言語について、知ることも出来ます。さらに業界自体の求人数の変動や、需要といった細かいことまで、エージェント側は把握しています。特に移り変わりの激しいIT系にとってはこういった情報は貴重ですから、常に把握しておく必要があります。

こういった動向を常に知っておけば、これから身に付けておくべきスキルや、どのようなキャリアが最適なのか、指針となるでしょう。

企業ごとの対策がしやすい

特化型転職エージェントは、一つの企業に対して何度も訪問を重ねています。それは、業界を絞っているために求人数も絞られているので、一つの企業に割り当てられる時間が増えるためです。

ですから、特化型エージェントが保有している情報やノウハウを活用し、書類作成や面接対策をすれば、選考突破も容易でしょう。

特化型転職エージェントのデメリット

特化型転職エージェントの唯一の弱点は、総合型と比較して求人数が圧倒的に少ない点です。

業界を絞っているので、必然的に求人数も減っています。

さまざまな業界を見て、比較検討したいのであれば、総合型転職エージェントも同時に登録してみると良いでしょう。

おすすめの特化型転職エージェント

以下では、業界ごとにおすすめの特化型転職エージェントをご紹介します。

ITやWEB→レバテックキャリア

レバテックキャリア

エンジニアやクリエイター、特に若者の転職に強いです。

レバテックキャリア レバテックキャリアはこんな人におすすめ!評判・口コミを調べて分かった特徴・弱点 IT業界に強い転職エージェント IT系企業に強い転職エージェントとは?IT業界に転職できる転職エージェント12選

ゲーム関係→マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲーム業界でも最大手。ポートフォリオの作成指導もあります。

アパレル→クリーデンス

クリーデンス

アパレル業界で最大手。サポートに定評あり。

マスコミ→マスメディアン

マスメディアン

数少ないマスコミ系転職エージェント。

薬剤師→薬キャリ

若手からベテランまで、求人の幅が広いのが特徴的。

看護師→看護のお仕事

看護のお仕事

国内でも最大級。全国で12万件以上の事業所を掲載しています。

おすすめの総合型転職エージェント

おすすめの総合型転職エージェントは↓で紹介しています。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

まとめ

以上、総合型・特化型転職エージェントの特徴などをご紹介しました。

総合型は幅の広い業界を見ることが出来て求人数が豊富なので、今後のキャリアの視野を広げるのに役立つでしょう。

特化型は一つの業界に対する知識が豊富なので、自分がほしい情報を得やすいです。それらを活かし、有利な転職活動を進めましょう!

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。