理系転職におすすめ!理系に強い転職エージェントと転職サイトまとめ

理系におすすめの転職エージェント

研究職で転職を考えている場合、同じ分野の求人が無かったり、求人があっても経験年数などではじかれたりと、中々思う様に転職活動が出来ません。

東京大学や京都大学卒業という、学歴があればヘッドハントされる可能性もありますが、研究内容や分野によってはヘッドハントすら叶わないことも。

そんな、転職難民となり得る理系の研究職の方には、専門分野にも強いパイプを持っている、転職エージェントを利用することをおススメします。

理系の転職に転職エージェントの活用がおすすめな理由

研究職など、専門性の高い方は転職エージェントを利用する方がより有利に転職活動を行うことが出来るのですが、その理由とはなんでしょうか?

理由1.専門知識を持ったキャリアアドバイザーによる転職サポート

転職エージェントとは、転職サービスの1つで、キャリアやスキル、希望条件などを登録すると、その登録内容に応じた非公開求人を紹介してもらったり、転職活動のサポートをしてもらったりするサービスです。

専任のキャリアアドバイザーによる、就職相談や将来のキャリアプランのアドバイスのほか、面接指導や条件交渉などのサービスを受けることが出来ます。

転職活動は、基本的には一人で行うことが多く、相談したくてもハローワークの窓口では、専門的なことが伝わらず、また業界にもあまり詳しくない方に、見当違いのアドバイスをされることもあり、歯がゆい思いをすることも多いでしょう。

ですが、多くの転職エージェントに在籍しているキャリアアドバイザーは、各業界・業種に特化した知識や経験を持った方が多く、希望する分野に明るい方が担当になることも多いので、専門的な相談にも的確にアドバイスをしてもらえます。

理由2.専門職の求人情報は非公開が多い

専門性の高い求人の場合、広く一般に求人情報を公開することはありません。

研究内容は、企業内でもトップシークレットであり、内容によっては一般社員でも知らされていません。

研究者を広く一般に求人情報を出して募集をするということは、この社内でも秘匿されている研究内容が、外部に漏れる可能性が高くなるということでもあるため、多くの場合非公開求人となるのです。

では、その非公開求人をどの様に知ることが出来るのかと言えば、転職エージェントやヘッドハンティング型の転職支援企業などです。

転職エージェントが保有する求人の半数以上は非公開求人で、一般には知られることの無い求人情報なのです。

その為、ハローワークや転職サイトを検索しても、専門性の高い研究職などの求人が見つからないのです。

以上の事から、理系の方が転職を成功させるためには転職エージェントを活用する必要があるのです。

理系転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントには、多くの業種や職種を扱っている総合型の転職エージェントと、職種・業種や年齢層、エグゼクティブ層など、特化型の転職エージェントがあります。

登録するなら、大手の総合型転職エージェントと、特化型のエージェントの併用をおススメします。

理系におすすめの総合型転職エージェント

まずは、業界などに特化していないおススメの総合型転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材ビジネスの最大手「リクルート」が運営している転職エージェントで、当然転職エージェントとしても業界トップです。その為、多くの方が利用しているので、転職実績もあり、在籍しているキャリアアドバイザーも経験値の高い方が揃っています。

企業からの信頼も高いため、求人情報の保有数もトップクラスです。非公開求人は保有している求人の75%を占めています。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

人材ビジネスでは常にリクルートとトップを争っている「パーソナルキャリア」が運営している転職エージェントです。

電通バズリサーチによれば、転職者満足度No.1を誇り、更に、求人情報の保有数も業界トップを誇っています。

「リクルートエージェント」同様、登録者の数も多く転職実績も高いため、在籍しているキャリアアドバイザーもベテラン勢を揃えています。

実は、「doda」は転職サイトに登録するだけで転職エージェントのサービスを受けられるという、転職サイトと転職エージェントが同居している珍しいタイプの転職サイトなのです。

IT系や工業系の求人情報が多いという特徴もありますので、理系の方にはおススメの転職エージェントです。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「PC fan」などのパソコン系雑誌やIT系書籍などを出版している「毎日コミュニケーションズ」が社名を変更して「株式会社マイナビ」となりました。

その「マイナビ」が運営している転職エージェントで、人材ビジネスとしても歴史が古く、求人数も上記大手2社に劣ることはありません。特に非公開求人は約80%と高く、独自の求人情報まで保有しています。

にもかかわらず、実は登録者が意外と少なく、キャリアアドバイザーが1人1人のサポートに時間をかけられるというメリットがあるのです。

また、企業の特徴から、IT分野には特に強みを持っておりITエンジニアには特におススメの転職エージェントでもあるのです。

しかも、地方にある中小企業の求人も多く扱っていますので、地方在住者にも利用しやすいというメリットがあります。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

type転職エージェント

type転職エージェント

「@type」という転職サイトと同じ「キャリアデザインセンター」という会社が運営している転職エージェントで、特にエンジニア系に強みを持っている転職エージェントです。

理系には、研究職だけでなくエンジニアという職種もあり、「type転職エージェント」では、IT系とエンジニア系に力を入れています。

先にご紹介した2社から比べると、規模が小さく求人数も2社ほど多くないのが難点です。

type転職エージェント type転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

理系におすすめの特化型転職エージェント

エンジニアに特化した転職エージェントや、専門職やエグゼクティブなどのハイクラス人材に特化した転職エージェントをご紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT業界では名の知れている「レバレシーズ」が運営している、IT・Webに特化した転職エージェントです。

理系の中でも、特にIT分野での転職を希望している方が登録すべき転職エージェントの1つでもあります。

但し、首都圏・関西圏の求人が多く、それ以外の地域に在住または転職希望の場合には、求人を紹介してもらえない可能性があります。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

「リクルート」が運営するハイクラス人材向けの転職サービスです。

「キャリアカーバー」は、残念ながら転職エージェントではなく、ヘッドハンティング型の転職サービスですので、登録をした後は在籍しているヘッドハンターから声がかかるのをひたすら待つだけになります。

しかしながら、扱っている求人は年収800万円以上のエグゼクティブクラスや専門職ですので、研究者やエンジニアにもおススメの転職サービスです。

キャリアカーバー キャリアカーバーってどうなの?評判・口コミから分かる特徴と注意点まとめ

ビズリーチ

ビスリーチ

テレビCMでもお馴染みとなりつつある、ハイクラス求人に特化した転職エージェントです。

サービス内容は一般的な転職エージェントと同じですが、扱っている求人はエグゼクティブクラスや専門職と言った、年収500万円以上のものばかりです。

その為、現在の年収が300万円程度の場合や、スペックが低いと判断された場合には、サポートを断られてしまいます。

専門職の求人も多いので、登録しておくことをおススメします。

メイテックネクスト

エンジニア系の派遣会社で有名な「メイテック」が運営している転職エージェントです。

その為、エンジニアの転職に特化してサービスを行っており、製造系エンジニアの転職実績は業界No.1です。

在籍しているキャリアアドバイザーも、製造系経験のある方ばかりですので、業界に詳しく専門的な内容を相談することも可能です。

企業側からの信頼も高いため、製造系エンジニアの求人保有数も業界トップクラスで、非公開求人は80%以上あります。

製造系エンジニアとして転職を考えているなら、登録必須の転職エージェントです。

理系におすすめの転職サイト

転職サイトでは、経歴やスキルを登録しておくと、一部企業からスカウトメールが届くことがあります。その為、理系での転職を考えているのなら、理系に強みを持つ転職サイトに登録をしておくと良いでしょう。

また、IT系や製造系のエンジニアの場合には、広く一般に求人情報が出ていることもあるため、転職サイトでも求人情報を見つけることが出来ます。

そこで、大手以外で登録すべき転職サイトをご紹介します。

@type

転職サイト@Type

「@type」は、転職エージェント同様にエンジニア系に強みを持っている転職サイトです。

IT系、通信系のエンジニアのほか、電子・電気系、製造系などのエンジニアの求人情報も揃えています。

また、土木や建築系と言った設計業務に関する求人情報もあり、多くの理系の方が活用できる転職サイトです。

転職サイト@Type 転職サイト@typeの評判から見たメリットや弱点を解説

Green

転職サイトGreen

IT系・Web系に強みを持っている転職サイトです。上場企業だけでなく、ベンチャー企業の求人情報まで網羅されていますので、ベンチャーで自分の力を試したいという方に特におススメの転職サイトです。

転職サイトGreen 転職・求人サイトGreenの評判から見たメリットやデメリットを解説

最後に

今回は、理系と一括りにしてしまいましたが、化学、薬学、IT、通信、建築、製造など、それぞれの分野に特化した転職エージェントがありますので、自分の業種・職種に合った転職エージェントを活用することをおススメします。

特に、専門性が高く秘匿されやすい職種の求人情報については、転職エージェントやヘッドハンティング型の転職サービスでしか、その情報を知ることも出来ません。

エンジニアとしてもキャリアアップをしたいと望むなら、大手の転職エージェントと特化型の転職エージェントを併用しつつ、転職活動を行いましょう。

IT業界に強い転職エージェント IT系企業に強い転職エージェントとは?IT業界に転職できる転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。