転職すべきか悩んでいる人必見!転職するべき人・するべきでない人と判断基準

転職すべきか

「今の仕事が本当に自分に合っているのか分からない。」「この会社の将来に不安がある。」など、転職を考え始める理由は人それぞれです。

また、即決で「よし、転職活動始めるぞ!」と思える方もいれば、「この程度の理由で、本当に転職してもいいのかな?」と、尻込みしてしまう方もいます。

「何が何でも転職したい」とい強い思いが無く、転職するかどうか迷っている方に、その迷いを払しょくする方法をご紹介します。

転職するかどうか迷っているのなら判断基準を明確化しよう

転職するかどうか迷っているのなら、転職するかしないかの判断基準を明確化することです。判断基準がはっきりしていれば、迷うことはありません。

どうして転職を考えたのか理由をはっきりさせる

判断基準を明確化する前に、どうして転職を考え始めたのか、その理由をはっきりさせましょう。その理由がはっきりしなければ、判断基準を設けることも出来ません。

社内の人間関係がイヤになったのか、仕事に失敗して逃げ出したくなっているのか、など、転職を考える理由は人それぞれです。

まずは、どうして転職を迷い始めたのかその理由を知る事から始めましょう。

人間関係が原因の場合は、相談できる人がいるかどうかで判断する

上司のパワハラやセクハラなど、上司との関係がどうしても上手くいかないという場合、社内に相談できる人がいるのなら、相談してみましょう。

大手企業の場合、セクハラ・パワハラについて訴えることが出来る部門があります。そのような部門があるのなら、証拠を揃えて相談するという方法もあります。

相談することで、あなた自身が部署換えを望むのなら、別の部署へ異動ということもありますし、状況によっては上司が変わるということもあります。

ですが、相談できる方が居ないのなら、我慢して会社にいる必要はありません。特に、部内または社内が、そのパワハラ上司と一緒になってあなたに対し、嫌がらせの様な事をするのなら、尚の事我慢の必要はありません。

相談できる人、自分の味方になってくれる人がいるのなら、一緒になって部内を改善するという方法もあります。

失敗続きで仕事がイヤになった場合は、転職する前に冷静に考える

若い新入社員に多いのが、このタイプです。仕事に中々慣れず、失敗が多いため上司からの叱責も多くなり、自信を無くしてしまいます。

その為、この仕事が自分にあっていないのではないかと、悩み始めます。ですが、一時の感情に流されて転職を決めてしまうと、後悔することになります。

新人の頃というのは、誰でも失敗をしますし、上司から叱責を受けることもあります。多くの方は、この叱責を受けながら、失敗を繰り返さないように学習し、成長していきます。

もし、失敗を繰り返してしまうのなら、一度その失敗について振り返ってみては如何でしょうか?

失敗を犯した経緯を、筋道立てて書き出してみましょう。どこで間違えたのかが分かります。分かったら、次には失敗しないよう、心がけましょう。

叱責する・注意するという行為は、意外と労力がいるものです。期待をしていない相手に、叱責や注意をすることはありません。成長して欲しいという思いがあるから、上司はあなたを叱責します。

その叱責が、理不尽なものでなく、正当なものであり、尚且つパワハラではないのなら、真摯に受け止め、自分の行為を反省し、成長できるように努力しましょう。

辞めるかどうかは、その後で考えることです。

周囲の目を過剰に意識して窮屈に思っている場合は、人の目を気にしないようにする

自意識過剰な方や、気遣いをしすぎる方に多いのが、人の目を気にしすぎて思うように振る舞えないということです。

思うように振る舞えないということは、自分自身で自由度を失くし、ストレスを溜めてしまう環境を作っています。

元々、自由に振る舞うことを禁じているような、押さえつけられた職場環境でない限り、ある程度自由に仕事をすることが出来ます。

しかし、「こうしたら、上司に怒られるかも」「これを言ったら、馬鹿にされるかも」といった、実際にはあり得ないような事にも、過剰に反応し考えすぎてしまうことで、自由度を奪ってしまうのは、「環境のせい」ではなく「自分のせい」ということに気付かなければいけません。

多少叱られても良いので、自分の思うように仕事をしたり発言をしたりしてみましょう。相手を中傷するような発言や、仕事とはかけ離れたような行動でなければ、厳しく叱責されることも、馬鹿にされることもありません。

仕事が苦痛・仕事が楽しくない場合は、適職診断などで確かめてみる

楽な仕事というものは、この世の中にはありませ。他人の目から見れば、楽そうに見えて結構精神的にストレスを感じていたり、肉体的に辛かったりします。

多くの方は、人には気づかれないような部分で仕事が辛いと感じています。特に、他人から認めて欲しいという欲求が強い方の場合には、仕事を頑張ったらその頑張った分だけ、上司から褒めて欲しい、認めて欲しいという思いが強くなります。

しかし、辛い仕事を頑張ったにも関わらず、その部分を上司や周囲が認めてくれず、褒めてもくれなければ、辛いという思いがより増幅し、何時しか「この仕事が自分に向いていない」といった思いに駆られてしまいます。

仕事が辛い、楽しくないという思いはそのまま仕事への意欲喪失につながり、やる気のない態度が上司からの評価を下げる原因となります。

この悪循環が続くことで、益々仕事がイヤになってしまい転職を考えるようになります。

こういった悪循環に陥っている方は、例え転職しても同じことが起こり得ますので、まずは、承認欲求を捨てることです。

仕事が辛いのは、当然の事で、その辛い仕事をしたからと言って上司は簡単には褒めてくれないということを、認識しなければいけません。

但し、楽しくない理由が、承認欲求が満たされないこと以外にあるのなら、その仕事はあまり向いていないかもしれません。

向いているのかいないかの判断は、一度ネットなどの適職診断を受けてみると良いでしょう。転職サイトなどに登録すると、無料で適職診断を受けることが出来ます。

有名なリクナビネクストマイナビ転職dodaなどで試してみた結果、今の仕事が向いていないと診断されるなら、別の仕事を探すことをおススメします。

プロのキャリアアドバイザーによるキャリアカウンセリングを受ける

これまでに説明した内容を実行してみたり、考えたりしてもやっぱりまだ転職を考えているのなら、一度キャリアカウンセリングを受けてみたら良いのではないでしょうか?

ハローワークにもありますが、あまり積極的に話を聞いてくれなかったり、専門的なアドバイスをもらえなかったりします。

転職エージェントなら、無料登録することでプロのキャリアアドバイザーのアドバイスを受けることが出来ます。

今現在、仕事の事で悩んでいて、転職を考えていると相談すれば、転職するべきかどうか、転職するならどのような仕事が良いのかなど、的確なアドバイスをしてくれます。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

転職をしない方が良い人・転職してはしけない人

転職をするかどうかの判断は、最終的には自己責任で、自分で行います。ですが、以下のような方は、転職しない方が良いでしょう。

憧れだけで転職を考える人

誰でも、「高収入が得られる」「ボーナスが高額」「大手企業」「有名企業」といった職業、職場に憧れを抱きます。
ですが、憧れだけを持ち特段努力をすることもなく、「やりたい、入りたい」だけでは、どの企業も採用することはありません。

新卒であっても、中途採用であっても、企業が欲しいのは「やりたい」人よりも「出来る」と言える人です。そして、「出来る」と言える人は、これまで勉強してきた内容、経験してきたこと、身に付けてきたスキルを役立てることが出来る人です。

憧れを抱くことは悪い事ではありません。ですが、それに向かって自分がどんな取り組みをしているのかが、重要なのです。憧れを抱き実現したいなら、最低限必要な知識やスキルを身に付けてから、転職を考えましょう。

「未経験OK」の意味を理解していない人

転職サイトなどにみられる「未経験OK」という文言につられ、憧れの企業や憧れの職種への転職を夢見る方が居ます。

ですが、多くの企業の場合、「未経験OK」とは、「その職種は未経験でも、これまでの仕事で身に付けたスキル・キャリアを役立てることが出来る」ことが条件です。また、中途採用者を0から育てる余裕は、今の日本企業には殆どありません。

同様に、育てるのに時間がかかるような職種の場合には、「未経験者」とは、30歳未満の若年層のことです。業界によっては25歳でも遅いと言われます。

そういった、業界の常識や企業側の思いを正しく理解もしないで、安易に「未経験OK」に飛びつくと、転職に失敗します。

不満ばかりで自分では何も努力しない人

安易に転職を繰り返す方に多いのが、このタイプです。

転職理由を聞くと、「上司が馬鹿だから」「お給料が安いから」「経営陣がしっかりしていないから」「営業が頑張らないから会社の業績が悪い」といったように、全て他人の責任であって、自分には何も責任が無いと言います。

そういった方の多くは、企業の業績が悪化しても自分には関係が無いからと努力をしません。職場環境が悪いなら、改善しようと提案をすればいいのですが、それすらしません。

この様な方は、仕事に限らず、プライベートでも全て他人に責任を転嫁し、自分で責任を取るようなことはしません。

この様に、他人に責任を転嫁し、自分では何もしないのに不満ばかりを口にする方は、どの職場に行っても不満だらけで、また直ぐに転職を考えるようになります。

転職回数が多い方は、どの企業でも「定着しない人材」と捉えられ、採用されなくなってしまいます。

自分の現状と同級生の現状を見比べ、転職を考える人

特に多いのが、公務員や団体職員として就職した方です。

公務員や団体職員などは、生涯を通して考えればとても安定した仕事です。しかも、年齢を重ねるごとに年収も確実に増えていきます。

それに対し、大手企業や外資系企業、IT企業など、若手でもやる気を出して頑張れば、早期に活躍する場を与えてもらえますし、お給料も早いうちからある程度高額で支給されることもあります。

同窓会などで、外資系企業やIT企業などに入って頑張っている友人たちを見て、自分の現状を嘆いてしまうこともあります。そして、友人たちのように自分も、一般企業へ転職しようと考えるようになります。

ですが、公務員などの職場と、一般企業の職場には実は大きな開きがあり、その環境の差に慣れるのに時間がかかってしまいます。

それに、ある程度の年齢になってくると、その環境の違いがストレスとなり、仕事についていけなくなってしまう可能性もあります。

転職は、定年後も含めた長期的なリスクなどを考慮する必要があります。一時の「羨ましい」といった感情に流されて転職を考えるのは、リスクが高いということを知りましょう。

とにかく職種を変えたい人

新卒採用で、自分が希望していないような職種に就いてしまったり、仕事が面白くない、辛いと感じてしまったりすると、安易に別の職種への転職を考えるようになります。

若年層の場合、企業の中には「未経験OK」の求人を出していることもありますので、決して無謀な考えではありません。

ですが、特に目的があるわけでもなく、何でも良いから「この仕事以外」を探しているのなら、転職自体を考え直しましょう。

特に、異業種・異職種への転職は一番難しく、これまでの経験も知識も活用できないとなれば、まず無理です。

異職種への転職ということは、柔道家にフィギュアスケーターとして、アイスショーに出ろと言っているようなものです。同じ

アスリートでも、全く分野が違い、これまでの経験を活かすことはまず無理でしょう。

職種を変えるというのは、それほど難しい事なのです。

それでもどうしても、職種を変えたいのなら、これまでの経験や知識を活かせる同業種・異職種での転職か、社内で異動願を提出するかのどちらかです。

最後に

転職するかどうか迷っている場合は、即座に転職を選択するのではなく、立ち止まって考える時間を持ちましょう。

転職には大きなリスクが伴います。今のお給料以下の仕事しか見つからなかったり、ボーナスが出ないような企業しか見つけられなかったりします。更に、転職先がブラック企業ということもあり得ます。

その様なリスクを冒してまで、転職すべきかどうかをじっくり考えて、決断しましょう。

転職については、転職エージェントなどに登録をして、プロのキャリアアドバイザーに相談しながら行っていきましょう。第三者への相談は、自分の考えをまとめるためにも有効な手段です。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。