転職サイトと転職エージェントの違いとは?両者の特徴を比較

転職サイトと転職エージェントの違い

転職活動を行う場合、よく目にするのが「転職サイト」と「転職エージェント」です。より効率よく、自分に合った収入の良い仕事を探したいというのであれば、転職活動にはこの2つをよく利用することになるでしょう。ハローワークでも求人の紹介や斡旋を行ってくれますが、待ち時間が多い、仲介をしてもらえるが個人個人に合わせたサポートは少ない、大企業からの求人が少ない傾向があるなどいくつかの欠点があります。

転職サイトと転職エージェントは、それぞれに一長一短があり、特に受けられるサービス内容に大きな違いがあります。とはいえ、どちらか一方が必ず良いというわけではなく、利用者の好みや相性によって効果が違ってきます。

それぞれのメリット・デメリット、選び方のポイントなどを比較し、自分に合った利用法を見つけていきましょう。

転職エージェントのメリット

1)自分に合った仕事を紹介してもらえる

転職エージェント最大の魅力は、コンサルタントなどの担当者がマンツーマンで就職先の提案してくれることです。コンサルタントはキャリアパートナーとして、相談者の転職を後押ししてくれます。

就職活動中は、自分自信の価値を企業に対して客観的にアピールしなければなりません。そんな時、自分の特性や「強み」を外側から判断してくれるコンサルタントの存在は心強いものとなります。時には、本人ですら気づかなかった強みを売り込むことができるかもしれません。また、一人で調べてもわからないような就職先の企業について様々な裏事情を教えてもらえる場合もあります。

2)様々な手続きを代行してくれる

転職活動をしていると、種々の手続きや企業との交渉・日程調整などが必要になります。転職活動を一人でこなしていると厄介なそれらですが、転職エージェントであればコンサルタントがすべて代行してくれます。現職のまま転職活動を行う時には日程調整や交渉の時間確保に苦労することが多いので、非常に助かります。

3)書類の添削や面接対策などをしてもらえる

特に転職活動が初めての人にとって、履歴書・職務経歴書の作成と面接対策を一人で行うのは大変です。転職エージェントでは、各種書類の添削や模擬面接なども行ってもらえます。希望する転職先の内情にも詳しいため、より採用されやすくなるようなアドバイスをもらうことができます。

4)内定が出やすくなる

転職エージェントが求人を紹介するのは、内定される可能性の高い人に対してです。なので、紹介された時点で内定が出る可能性が高いとみてよいでしょう。前述したとおり、エージェントは企業の内情にも詳しい場合が多く、また蓄積された転職ノウハウもあります。内定をもらうための効率的なアドバイスもしてもらえるでしょう。

5)非公開の求人紹介を受けられる

転職エージェントで転職活動をする利点として、非公開求人を受けられることも挙げられます。非公開求人は企業側のいくつかの理由により、一般に公開されていない案件になります。

コスト削減や時間が足りないなどの理由がありますが、ピンポイントに求める人材だけを採用したいという場合もあります。非公開求人は条件が良い場合も多いので、紹介された場合は積極的に受けてみましょう。

転職サイトのメリット

1)自分のペースで転職活動ができる

転職における一連の活動をすべて一人でこなすことができるので、自分の思い通りのペースで転職活動を行うことができます。すぐに転職を考えていないのであれば、求人情報の収集のためだけに転職サイトを活用するという使い方もできます。

2)転職活動時間を短くすることができる

サポートが無くても転職活動を行える人にとっては、エージェントとのやり取りが無い分スピーディーに転職活動を行うことが可能です。

3)応募できる求人に制約が少ない

転職サイトでは前職と異なる職種に対しても応募することが可能です。転職エージェントでの応募は自分の能力・キャリアに合った求人に限られるので、転職サイトの方が裾野を広く取った転職活動ができます。

4)いつでも利用可能

転職エージェントは、基本的に営業時間しか利用できません。現職のまま転職活動を続けるのであれば、いつでも活動できる転職サイトの方が圧倒的に便利です。

転職エージェントと転職サイトのn比較ポイントはココ!!

1)アドバイスを受けられるかどうか

転職活動に関するコツやポイントは、現在ならネット検索ですぐに見つけることができます。それでも、面接対策や履歴書・職務経歴書の作成には時間がかかってしまいます。転職サイトを利用する場合、各種対策はもちろん、なにか問題が発生した場合でも自分一人で乗り越えなければなりませんが、すべて自力で解決できる自信があるなら時間と費用の節約ができる転職サイトの方が適しています。

一方で、自力で転職活動をするのが難しい場合には、転職エージェントでサポートを受けながら進めるのが良いでしょう。転職活動の勝手がわからない時にプロフェッショナルのサポートがあれば、転職活動時の不安を少しでも取り除くことができます。

2)転職先を探すか紹介してもらうか

自分に合った企業がわからない場合、転職エージェントであれば自分に合った求人を紹介してくれるかもしれません。最初にカウンセリングも受けられるので、思いもしない自分の強みを見つけることもできるかもしれません。ただし、紹介してもらえるのは自分の能力とキャリアに合った職なので注意が必要です。

前職と別の業種で働くことを視野に入れているなら、転職サイトでも求人を探してみるのが良いでしょう。

3)自分に合った企業を選べるかどうか

自力で転職先を探す場合、受ける企業との相性を判断する材料が不足しがちです。情報収集が得意だとか、業界の話題に敏感とかでないのなら、転職先と相性が良いかは掛けに近くなるでしょう。自力で転職する場合は、入社後にイメージのギャップがあることは覚悟しておく必要があります。

転職エージェントでは転職希望者の要望を理解し企業側の内情を把握した上で求人の紹介がなされるので、比較的自分に合った転職先を見つけやすいです。また、紹介者が早期退職した場合、エージェント側にペナルティーもあるので、転職者と企業間のミスマッチが起きにくい状況で転職が可能です。

まとめ

一般的に、転職エージェントの方が手厚いサポートを受けることができます。ただ、マンツーマンでのサポートになるので、個人的な相性も影響してきます。できれば複数社で登録を行う、個人的に相性が悪い場合はエージェントの変更をしてもらうなどの対応が必要になる場合があります。

サポートが厚い転職エージェントの方が転職活動には有利にも見えますが、求人の応募範囲が限られている、転職の成功がエージェント個人の技量によって左右される、転職活動を急かされることがあるなどのデメリットも存在します。

転職サイトについても、サポートがない、内定率が低いなどのデメリットがあります。しかし一連の転職活動を自力で行えるなら、より効率的に転職活動を進めることも可能です。

転職サイトと転職エージェント。どちらか一方のみの利用することも、両方利用することもできます。それぞれにあるメリット・デメリットを十分に把握し、最大限に活用して転職を成功させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です