学校事務ってどんな仕事?仕事内容・やりがい・年収を解説

学校事務という仕事をご存知でしょうか。

  • 子供と接する仕事をしてみたい
  • 教育に携われる業務を経験したい

こうした人に、特に注目の的となっているお仕事です。最近では主に、大学事務の人気が高くなっています。

学校事務と一口に言えども、働く学校の種類や規模によって業務内容は様々です。たとえば公立の小中学校の場合、公務員にあたるので、地方公務員試験に合格しなければなりません。

学校事務への転職・就職を考えるなら、こうした点も考慮しなければならないのです。

この記事では、一般社員として働ける私立の大学や高校、小中学校や専門学校、そして予備校の学校事務や大学事務に焦点を当てて、その仕事内容や給料、メリットや資格などをご紹介していきます。

学校事務の仕事内容や就職条件は?

小中規模の勤務先で働く学校事務はオールマイティ

  • 専門学校
  • 小さな予備校
  • 独立運営の高校、小中学校

これらの小中規模の学校で働く学校事務の仕事は、とてもオールマイティです。
たとえば、

  • 学校施設の備品や教材の管理、発注といった雑務
  • 教職員の給与計算、経費精算などの経理
  • 窓口での受付業務

といった、幅の広い業務があります。

学校によっては、広告業務、学籍管理なども、学校事務が担当することもあります。

このように、学校事務は、直接教育に携わるわけではありませんが、主にバックオフィスを担当しているといえます。

大規模の勤務先で働く学校事務はスペシャリティ

  • 小中一貫校
  • 大学
  • 人数の多い学校

こうした、比較的大きな組織の学校で働く学校事務の仕事は、一つの分野に特化して働くケースが多いです。

一般的に知られているのが、大学の事務職である「大学事務」です。教務課、人事課、総務課といった部署に配属され、そこで業務を担当することになります。

つまり、一つの分野に合わせた働き方となるため、仕事も特化した内容になります。

たとえば、教務課・学生課に配属されれば、学校生活に関する仕事がメインとなります。

  • 入学試験の実施
  • 授業や定期試験の段取り調整
  • 生徒の学籍管理
  • 奨学金手続き
  • 学生への住居紹介
  • 就職支援

など、上記のような仕事を担当していきます。

一方、人事課・経理課・総務課といった部署に配属されれば、一般の会社の事務職と仕事内容に大きな違いはありません。たとえば、

  • 教職員の給与計算
  • 経費の精算
  • 備品や教材の管理、発注
  • 学校施設の管理

などがあります。

このように、配属される部署によって、仕事内容は変化するのです。

学校事務のやりがいとは?

教育現場に携わる仕事を経験し、成長できる

学校事務は事務職ですが、ただのオフィスワーカーではありません。
子どもがいる教育現場に携わるのですから、子どもたちのことを考えた行動ができれば完璧です。

最大限の努力で経験を積めば、発言力も高まり、己の成長を実感することもできるでしょう。
そして自分の行いが教育現場で働く人たちの助けとなり、最終的には子どもたちのためになります。

未経験でも転職・就職が可能

学校事務という職業には、必須の資格やスキルがありません。求人を見ても、「未経験可能」と宣伝している学校も多くあります。

派遣社員やアルバイト・パートといった非正規雇用の場合だと、未経験者歓迎としているところが多いです。飲食店やアパレルといった接客業しか経験がない、といった方でも、門戸が開かれている職業だと言えます。

特に小中規模の学校では、人事、経理、総務といった、オールジャンルの事務職が経験できます。スキルを積めば事務職のエキスパートとして活躍できますし、一般の事務職へと転職もできます。

まさに事務職の第一歩を踏み出すには最適な、学校事務はピッタリだと言えます。

教育現場に関わる人たちを支える

学校事務という仕事は、学校運営を影で支える、縁の下の力持ちです。言い換えれば、教育現場の事務のプロフェッショナル。

学校事務は、各学校に1名から2名の配属となることが基本です。そのため、他の教職員や校長、教頭と接する機会も多く、信頼してもらえる存在となります。彼らから「ありがとう」と感謝の言葉をもらえれば、やりがいも感じられます。

学校で働く人たちだけではありません。ときには保護者や地域の人たちなど、学校行事を通じて関わる機会もあります。

まさに教育に関わる人たちと接することができ、人と関わることが好きな人にとってもやりがいを感じやすいでしょう。

もちろん忙しい時もありますが、教育業界に興味があり、学校運営を影で支えたいと考えている人にはピッタリの職業です。

子供と関わりを持つ機会が多い

学校事務は、オフィスワークだけがメインではありません。子供たちが存在する教育現場にいる以上、子供のためになる仕事にも携わります。

子どもたちの笑顔や成長を間近で見られるのも、学校事務のやりがいだと言えます。

とはいえ、勉強を教えたり部活動の指導をしたりと、子どもたちの教育に直接関わるわけではありません。

あくまでもサポートという形になりますが、それでも近くで子どもたちの成長ぶりを見ることができます。ときには子供たちと仲良くなれるケースもあり、そこにやりがいを感じる方も多いです。

パソコンスキルが身につける

学校事務という仕事では、パソコンを扱う機会が多いです。特にエクセル、ワード、パワーポイントといったオフィスソフトを多用していきます。

こうしたソフトは一般の企業でも使われていますから、学校事務の仕事を通じて、オフィスワークに役立つパソコンスキルを身につけることができるのです。

経験を積んで高度な仕事を任せられるようになると、WEBサイトの運営担当、さらにはWEBデザイン、マーケティングといった知識も習得できるケースもあります。

プライベートが充実しやすい

学校事務の仕事は、一般の事務職のように残業が少ないです。学校なので土日祝がほとんどですからプライベートの時間も確保しやすいです。

友人や家族との時間、趣味や勉強の時間の確保など、プライベートを充実させたいならオススメです。

学校事務の給料と平均年収・給与は?

学校事務の給料は、働く地域や雇用形態などによって変わる

学校事務の給料は、一概にこうだと言えません。働く地域・雇用形態・年齢・経験やスキルなどによって大きく左右されるからです。

公立学校の給与

公立高校の場合は各都道府県によって、公立小中学校の場合は各市区町村によって、給与の額は変動します。

一般的なデータを挙げるなら、30代の場合、

  • 平均月収 30万円
  • 年収   500万円~600万円

とされています。そして勤続年数が増えるほど、給与もアップします。

私立学校の給与

私立学校の場合は、学校によって給料に変化があります。

比較的人数が多くて人気もあり、経営状況が黒字の学校でベテランになれば、年収1,000万円以上の給与になることも。

公立で公務員として働くよりも、より多くの収入を狙いやすいと言えます。
しかし、こうした高待遇の学校ほど、求人倍率が上がるのも事実です。

また、パートやアルバイトの場合は時給、臨時職員として働く場合は日給といった形で、給与が支払われます。

その場合、最初に提示された給与額のまま変わらないケースもあれば、スキルや経験によって給与が上昇していくケースもあります。

学校事務の待遇は?

公務員の正規社員なら、年2回のボーナスが支給されます。

さらに通勤手当、超過勤務手当といった各種手当が充実しており、まさに安定した勤務条件で働くことができます。しかし、年収はそこまで良いとは言えません。

少しでもいい条件で、安定した働き方がしたいなら、公務員の正規社員をオススメします。

私立高校などの私営が勤務先なら、経営状況によりけりです。経営が良い学校であれば、ボーナスも支給されるでしょう。

しかし赤字経営に陥っている学校なら、ボーナスカットや、サービス残業が当たり前、といったところもあるでしょう。

これらの待遇は、就職・転職前によく確認しておくと良いです。

学校事務に就職する際の応募条件やスキルとは?

学校事務に実際に就くためには、どのようなスキルや資格、または条件があるのか、ご存知でしょうか?
以下で詳しく解説していきます。

年齢制限の壁がある

学校事務の仕事は、自治体ごとの地方公務員採用試験、または各学校が実施している職員採用試験に合格すれば、就職することが可能です。ですから未経験だとしても、合格すればいいだけですので、就職できる確率も低くないです。

しかし、壁となるのが「年齢制限」です。◯◯歳以下は受験可能、といったように、年齢によって受験できるかどうかが決められるのです。

公立は地方自治体によって、私立は学校によって、年齢制限が異なります。事前にしっかりと確認しておくと良いでしょう。

学校事務を目指すなら、早めの受験が望ましい、ということです。

学校事務に必須の資格はない

学校事務として働くのに、必須となる資格やスキルは存在しません。
しかし、役に立つスキルなどはあります。たとえば、

  • 書類整理がきちんとできる
  • ExcelやWordの基礎を知っている
  • 経理について多少の知識がある
  • ビジネス実務やビジネスマナーについて理解している

学校事務の仕事は、特にパソコンを使用します。wordやExcelなどで作成された資料を元に学校運営について協議する、といった場面もあります。そのため、WordやExcelの知識があれば、学校事務として歓迎されやすいようです。

また、給与計算なども行う機会もあるため、簿記の知識も多少はあったほうが、後々は楽です。

また一般事務に求められているような、来客対応や電話対応、ビジネスマナーも、現在では重視されているようです。

学歴は不問なところが多い

学校事務の採用では、基本的には「学歴不問」として募集しているところが多いです。

学校の規模によっては大卒以上、といった学歴を求められるケースもありますが、必ずしも大卒でなければ学校事務になれない、というわけではありません。

また、学部が指定されているわけでもないので、有利になる学部が存在しているわけではありません。文系でも理系でも、どの学部でも学校事務を目指せるチャンスはあります。

ちなみに、公立の小中学校では、地方公務員採用試験の「学校事務」区分において、高卒程度の人を対象とした試験も存在します。

学歴がなくても諦めず、自分が受験できる試験はないか、しっかりと調べることをオススメします。

学校事務を未経験から目指すには?

未経験者が学校事務を目指すなら、国公立の採用試験を受けることをオススメします。

採用試験の基準さえクリアしていれば、社会人経験を厳しく問われるわけではありません。つまり、未経験者だとしても、就職しやすいのです。

しかし、倍率がどうしても高くなってしまうので、対策は十分に行わなければなりません。

一方で、私立学校の学校事務を目指すのなら、「未経験可」と記載のある学校を探すと良いでしょう。また、「一般企業勤務経験が◯年以上歓迎」といった記載があるところもありますから、しっかりとチェックしましょう。

最初に派遣や契約社員として、正規の学校事務職員を目指すルートもあります。しかし、100%正規の職員になれるとは限りません。面接時などで、しっかりと確認しておくと良いでしょう。

まとめ

学校事務の仕事は、教員や学生から頼りにされたり、子どもたちの成長を見守れたりと、やりがいのある仕事です。

学校事務の仕事は人気があります。特に待遇がよく、安定している公立の学校事務職は、数少ない募集に対して応募者が殺到しやすいため、倍率が高くなりがちです。

採用試験対策をしっかりと行い、求人情報をこまめにチェックし、チャンスがあれば挑戦していき、根気よく目指すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。