意外と知らない営業職の仕事内容と年収について分かりやすく解説

営業職の仕事内容

営業職は、実は未経験からの転職で一番人気のある職種になります。なぜなら、主に男性が未経験で転職する場合に営業職を選ぶ傾向があり、転職する割合も男性が多いので、結果として転職の人気職種ランキングで上位となっています。

今回のコラムは、未経験から営業職への転職を目指すかたに向けて、わかりやすく解説していきます。

是非、営業職を目指すときの参考にしてくださいね。

営業職の仕事内容

営業職の仕事は、主に3種類の営業形態があります。

新規開拓営業

営業の中でスタンダードなスタイルです。

今までに取引も面識もない企業に、電話や訪問などでアプローチを取り、顧客を獲得していきます。

既存の顧客とは違い、全く面識のない相手がメインです。相手の心理的ハードルが上がるために、なかなか受け入れてくれないケースがほとんど。ですから営業形態の中で最も難易度が高いスタイルと言っていいでしょう。

既存営業(ルート営業)

すでに取引がある顧客に対して、営業を行っていきます。

主に取引先が抱えている課題や現状を聞き出し、その悩みを解決できるような提案をしながら自社商品をオススメしていくやり方がメインです。また、別の案件が突然発生する可能性もあるので、同じお客さんとのやり取りでも、ワンパターンには収まりません。

さらに顧客との信頼関係が強固なものとなれば、別の顧客先を紹介してもらえる機会もあり、顧客先が増えるケースもあります。

電話営業(内勤営業)

上記の新規開拓営業を、主に電話によってアプローチしていく手法です。

内勤営業とも呼ばれており、基本的にはとにかく電話をかけまくります。ほとんどは最初の窓口となる人で断られるのがほとんどなので、相手企業のキーマンや責任者と上手くつなげていくのが大事となります。

対面と違って、声と言葉のみでアプローチしなければなりません。トークを見直したり、言葉の切り返しを勉強するなど、営業の基礎となる部分を徹底的に学ぶことができます。

営業職の主な仕事の流れとは?

営業職は、単に顧客にアピローチして終わるわけではありません。顧客から案件を受注できたら、その後も多くの仕事をこなさなければなりません。
以下では、営業職の主な仕事の流れをご紹介していきます。

1.営業先の検討・決定

まずは営業先の選定です。新規客を狙うのか、既存客を深掘りしていくのか、営業エリアをどこに絞るのか、どんな商品を売っていくのか、などを具体的に決めていきます。
営業の方向性を定める、大事な作業となります。

さらに法人同士の営業であれば、取引先が赤字経営で倒産する心配はないか、といった情報収集も大切となります。

2.営業活動開始

営業先や方針が決定したら、実際に訪問したり、電話でアポイントを取るなどのアプローチを行っていきます。

新規の場合は、断られるケースがほとんど。一方、既存の顧客の場合、人づてに紹介してもらって新規顧客をゲットできるケースもあるようです。

3.訪問先にてプレゼンテーション

訪問先がこちらに少しでも興味・関心を持ってもらえたのなら、商品価格の見積もりを提示するなど、具体的なプレゼンテーションを行っていきます。

当然、他の競合会社も営業をかけているでしょうから、彼らよりもより魅力的な商品だと顧客に思ってもらえるように、上手にプレゼンテーションを行っていきます。

4.受注、商品の手配

プレゼンテーションに納得してもらえて、商品を実際に買う意志を貰えたら、いよいよ仕事を受注していきます。顧客の要望を伺いながら、希望納期や数量などを聞き出していきます。

それを社内の担当部署へと伝え、商品を発注してもらい、納品の準備を始めていきます。

5.納品、アフターフォロー

手配した商品を、顧客へと納品します。しかしそこで仕事が終わるわけではありません。納品後のクレームやトラブルにも対応しなければなりませんし、次の仕事へと繋げるためにアフターフォローにまわったりと、さまざまなアプローチをしていきます。

営業職の仕事は、主に上記のような流れで進められていきます。

上で紹介したこと以外にも、お得意様との接待、ゴルフの付き合い、営業活動に使用する資料の作成、年末年始などの挨拶回り、お礼状や挨拶状の作成、といった活動もあります。プロの営業マンになれば、顧客の誕生日に直接訪問してプレゼントを渡し、信頼関係を築いていく、といった手法を取る人もいます。

営業の平均年収・給与は?

営業職の給与は、勤務先の企業の規模や継続年数、役職、年齢などといった要素で大きく左右されます。

平均年収は462万円

国税庁の調査(期間は、2014年9月から2015年8月の間)によれば、営業職の平均年収は「462万円」と発表されています。

しかし、実際にはこれよりももっと低い年収の方や、逆に1000万円以上を稼いでいる人もいます。

給与の形態は「歩合制」が多い

営業職の給与の特徴として、「歩合制」があります。成果を出せば出すほど、より多くの給与がもらえる制度です。

そのため、営業職には「ノルマ」と呼ばれる、特定の期間における受注数や売上の目標があります。それらは具体的な数値ですから、仕事の出来を判断する材料として最適です。きちんと成果が出せる人なら数値も良く、そうでないと数値が悪くなります。ですから、仕事の出来によって、給与に差がつきやすいのです。

また、企業によっては「インセンティブ支給制度」が設定されているところもあります。基本給のベースに加えて、成果に応じた金額がプラスされていく制度のことです。

ノルマはすべての企業で取り入れられているわけではありません。毎月の決まった給与しか支給しない、と定めている企業もあります。

転職をして年収アップを目指す営業マンも多い

営業職の人たちは、数値で自分の実力を可視化しやすく、その分給与にも反映されます。そのため、「もっと稼ぎたい!」と考える人が多く、実際に今の職場の給与に不満があれば、転職を考える人が多いようです。

また異業種や違う職種に転職する際にも、営業職で培ったスキルや人間性は、他の場所でも通用する場合がほとんどです。

ですから、営業で好成績を収められる人ほど、他の企業も欲しいと思っている優れた人材でもあります。言いかえれば、実力がある人は、より良い収入や待遇を求めて転職しやすい、ということです。

ボーナスや残業代も、勤務先によってさまざま

ボーナスや残業代についても、勤務先によって大きく変わります。

「給与の◯ヶ月分を支給します」といったように、毎年必ず決まった額が支給される企業もあれば、営業手当をみなし残業代として支給している企業もあります。
みなし残業代の場合は、どれだけ残業しても金額は変わりません。一方で、残業した時間分をきちんと計算して支給してくれる企業もあります。

まとめ

営業職の基本的な仕事内容、仕事の流れ、年収などについてご紹介しました。

営業職は一般的に「大変そう」といったイメージがあると思いますが、実際に大変な部分は多いと思います。営業職は企業の存続を左右すると言ってもいいほど重要なポジションですから、責任も大きいです。

ですが、仕事の裁量を自分で考えてできること、努力や成果が数値となって可視化しやすい、さらに給与も成果に応じて上がりやすい、などのやりがいやリターンがあるのも事実です。
会社の中で重要なポジションに立ちたい、と考えている人なら、一度は経験しておきたい職業でもあります。

また、営業職で培ったスキルは、社会で生きていくために必要不可欠です。将来会社を設営したい、フリーランスを目指している、などを考えているなら、営業職のスキルは必須ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。