営業職に向いている人の特徴とは?営業職の適性を紹介

営業職になりたい!営業職を経験してみたい!

けれど、営業職に向いているのか分からない。

このような思いを抱えている人が多いのではないでしょうか。

営業職を目指す前に大切なのは、「営業職に向いている人はどのような特徴があるのか」を知り、自分に当てはめて考えることです。

営業職に向いている人の特徴を、「能力編」と「性格編」に分けて、以下で詳しくご紹介していきます。
是非、参考にしてみてくださいね。

営業職に向いている人の特徴とは?:ー能力編ー

コミュニケーションスキルの高い人

コミュニケーション能力は、営業職には欠かせないスキルとなります。
しかし「コミュニケーション能力=強引に話を進められる人」というわけではありません。

相手の話を聞きながら、しっかりと会話のキャッチボールができる。これが前提です。
つまり、自分のことだけではなく、相手のこともしっかりと考えられることを意味している、ということですよ。

こまめな行動ができる人

営業職の仕事は、細かなことでもきちんと把握し、チェックできる能力が不可欠です。

商品やサービスに関する連絡を迅速に行い、顧客からの要望にも逐一丁寧に答え、面倒なことでもすぐに執り行う。こうしたこまめな行動が、顧客の信頼関係を築いていきます。

何事にもまめになれる人は、営業職に向いているとも言えます。

相手とじっくり向き合うことができる人

相手とじっくりと、忍耐強く向き合える人は、営業職に向いています。

営業をすれば必ず商品やサービスが売れるわけではありません。保険業界や不動産であれば、商品やサービスの購入に至るまでに時間や労力もかかりますし、何度も顧客と検討していく必要あります。また法人のお客さんであれば、社内の稟議や承認を得るのに、更に時間がかかるケースもあるようです。
その長い期間の中で、しっかりと顧客の要望を汲み取り、仕事に取り組める人が、良い営業マンというものです。

忍耐強く向き合えず、すぐに投げ出してしまったり、無下にしてしまえば、顧客からの信頼を落とすことにもなります。最悪の場合、契約直前で破棄にされてしまう、といったケースもあります。

最後まで顧客の要望を汲み取りつつ、じっくりと向き合う必要があるのです。

好奇心・分析力・挑戦心が強いひと

営業職には、いろんなことに興味を持ち、自ら調べて行動できる人が向いています。

  • 市場の状況を分析
  • 顧客別のアプローチ方法を考える
  • 会話の流れをイメージして商談を持ち込む
  • 想定通りに進まなくても臨機応変な対応ができる
  • 営業や社内のプロモーションに積極的に取り組める
  • 売上が伸びそうな顧客を選んで労力を集中させることができる

上記のような、自ら分析し、考え、進んで行動する活動が求められます。

つまり営業職は、決して明るくて社交的な人だけではありません。優秀な成績を収めている営業マンの中には、普段はおとなしく、物静かなタイプの人もいます。

そういう人たちは、分析したり調査した結果を上手く商談に持ち込み、契約へと持ち込んでいる人とも言えます。

また、営業の仕事は日々いろいろな変化があって刺激的とも言えます。その中で臨機応変に考え行動できる能力も大切と言えます。

とにかく、さまざまなことに興味を持ちながら、フットワークを軽く柔軟に対応し、顧客の分析・調査をして、売上が伸びそうなところを選定して集中して行動する。そして失敗したら反省し、次に活かす。

こうしたやり方を上手く実行できれば、営業職に向いているといえるでしょう。

観察力が鋭い人

人と付き合う上で大切なのは、「相手がどのようなタイプか」「どういった行動が喜ばれるか」を見抜ける人です。
見抜いた上で、一人ひとりに合った対応ができれば、尚良いでしょう。たとえば、

  • 褒められると気分が良くなる人がいる → 褒め言葉を多用して距離を縮めよう
  • 真面目で頑固な人がいる → 商品説明をしっかりとして、信頼を獲得しよう

といったように、人それぞれの営業スタイルが存在します。

相手に契約してもらうために、いかに距離を縮められるか、信頼を勝ち取れるかが肝です。

地味な努力ができる人

営業活動は、常に「顧客に買ってもらうにはどうすればいいのか」「どうやれば顧客に満足してもらえるのか」を考えながら、仕事をしていきます。そこには答えがなく、何が正解なのかは誰にもわかりません。

そんな中で、できることを一つ一つこなしながら、営業していく必要があります。ですから、たとえ地味で意味がないと思われる作業でも、コツコツと地道に積み重ねられる能力がある人は、営業に向いています。

相手の要望に気づける人

営業で好成績を収めている人の特徴の一つに、「相手が欲しがっているモノやコトによく気がつける人」です。

相手がAを望んでいるのに、こちらがBを提示しても、相手は不満になるだけです。「相手はAを欲しているんだ」ときちんと把握し、それに合わせて行動できる人は、チャンスを掴むことができます。

営業職に向いている人とは? ー性格編ー

接客が好きな人

営業職は、主に「人」との対話が基本となります。

相手の顧客にはさまざまな人がいます。その考え方や価値観もさまざまですから、相手を理解しようという気持ちが大事です。特に初対面のお客さんには、気を遣いながら話を進めていく必要もあります。

ですので、人と接することやコミュニケーション能力に苦痛や不安を感じる人は、営業職に向いていません。人と話すことで楽しい気分になれるなら、向いているとも言えます。

しかし、話し上手である必要性はありません。営業の仕事で大事となるのは、「聞く力」です。相手の立場に立って、相手が何を必要としているのか判断できなければ、相手の心に訴えかけられるような提案も通らないでしょう。どれだけ話術が巧みであっても、相手の立場に立てていなければ、的外れの意見となり、逆に相手を怒らせてしまうかもしれません。

こうしたスキルは、経験を積めば自然と鍛えられていきます。大事なのは、「人と接するのが好きだ」という気持ちです。

気持ちの切り替えができる人

営業職は、常に「ノルマ」や「売上目標」といった数字と戦っています。上手くいっていれば問題ありませんが、特に最初の頃は上手くいかないことが多いでしょう。

顧客先を多く回っても契約が取れない、契約までなかなかこぎつけられない、など、壁にぶつかる機会も多いと思います。ときには相手から難しい要求をされたり、クレームを受けたりすることもあるでしょう。

そんなときにくじけても、すぐに立ち直って仕事に打ち込める人は、営業職としてスキルアップしていけるでしょう。いちいち悩んでしまうと、時間がもったいないですし、実際に数字も下がり気味になってしまいます

「断られることは当たり前なんだ」「今回の失敗を次回に活かそう」

といった前向きの気持ちに上手に切り替えなければ、進歩できません。逆に前向きにどんどんと挑戦できる人なら、営業職として成功できるでしょう。

人との出会いが好きな人

営業職は、日々、さまざまな価値観や考えの人と触れることになります。

  • 人に会うのが好きだ
  • 人と話すのが苦にならない
  • いろんな人の意見を吸収できるのが刺激になる

こうした人は、営業職が天職になるでしょう。

ときには、経営者や役員の方々、メディアに取り上げられているような有名人と会話することもあるかもしれません。こうしたことにワクワクしたり、是非話をしてみたい!と思えるなら、尚良いでしょう。

相手とフレンドリーになれる人

営業職に大事な要素。それは、「相手とフレンドリーになって打ち解けられる」能力です。

顧客や社内の人たちに、フレンドリーになって許してもられる関係を作れたら、それは相手が自分に対して心を開いてくれている、ということ。
気が置ける関係になれれば、以下のようなメリットがあるでしょう。

優先的に注文してくれる

人間は、信頼している人としかコミュニケーションを取りたくない、と思っています。つまり、心を開いてくれれば、契約も取りやすいということです。

失敗しても許してくれる

少しミスをしたとしても、「あなたなら許すよ」と言ってくれるでしょう。もちろん大きなミスはいけませんが、少しのミスなら許してくれるでしょう。

反対に、顧客に対して不信感をもたせてしまったり、顧客に対して事務的なやりとりしかできない、といった態度をとってしまえば、顧客は心を開いてくれません。

すると、最悪の場合、小さなミスでも契約終了となってしまうケースもあります。

言い換えるなら、「相手から可愛がってもらえる性格」は、営業職に向いていると言えます。

ただ淡々と商品説明をする事務的な人よりも、会話にノリがあって盛り上がれる人の方が、商品も購入しやすいというものです。特に会話は重要なコミュニケーションの一つとなりますから、相手と自分をノリやすくて場を盛り上げ、フレンドリーになるのが大切です。

モチベーションを保って仕事できる

営業職は、他の職業と比べて、自由度が高いです。

外回りなら、顧客への移動時間や打ち合わせの合間の時間などをどういう風に費やすのか、具体的に制限されていません。

とはいえ、営業職にはノルマや売上達成の責がありますから、遊ぶわけにはいきません。

目標に向かってモチベーションを保ちながら、仕事を完遂できる能力があるなら、営業職に向いているといえるでしょう。

自信を持っている人

営業職の仕事で大事なのは、自分に自信があることです。

仕事の中では、人に断られる場面が多くあります。商品を売りたいとこちらが思っても、相手が「買いたい」と思ってくれなければ、売れません。最初はなかなか売れない場面が多いでしょう。

「どうせ自分が営業しても売れない…」
「こんな商品、売れるわけがない…」

なんて弱気腰でいたら、商品が売れるわけないのです。

まずは自分に自信を持ちましょう。胸を張って、断られても良い覚悟で、商品を勧めてみましょう。相手から自信のある商品を提示されたら、顧客も少しは心を動かされるかもしれません。

自分自身と、自分の扱う商品にも自信を持ちながら、営業をしていくことが大切なのです。

誠意を持って謝罪できる人

営業の仕事では、相手に対して誠心誠意持って対応できる人が好まれます。

ですから、たとえミスをしたとしても、潔く謝罪できる人も、営業マンとして向いていると言えます。

逆に、ミスをしたのに言い訳ばかりして責任逃れしている人は、向いていません。逃げたい気持ちも分かりますが、きちんと謝罪し、説明責任を果たす必要があります。

なによりも、顧客からの信用・信頼を得るために、誠実さが重要だということです。

体力がある人

外回りで一日に何件も訪問していくと、移動時間が多く、体力が消耗しやすいです。

その他にも、顧客との打ち合わせ、プレゼンテーション、資料の作成などもあります。いろいろな作業を多くこなさなければならないので、体力に自信がなければきついかもしれません。

まとめ

営業職に向いている人の特徴を、「能力編」「性格編」と分けてご紹介しました。

一般的に営業職というと「社交的で人当たりがいい人」「強引に話を引っ張っていける人」がなれる、といったイメージが強いのではないでしょうか。

しかし実際は、営業マンの誰もが話し上手で明るいわけではありません。全国でおよそ340万人いる営業職の中でも、イメージどおりの人は逆に少ないかもしれません。

ほとんどの営業マンは、口下手だったり、気が弱かったりします。しかし営業で大事なポイントを抑えているからこそ、彼らは活躍できているのです。

重要なのは、「顧客からの信頼を勝ち取ること」。人は信頼できる人に物事を勧められたら、断れない性質を持っています。ですから、いかに顧客と信頼関係を築けるか、頼りにされるか。それからどうやって商品をアピールしていくか、が大事なのです。

ときには人間関係に疲弊したり、怒られたりすることもあるでしょう。人間関係で苦労する面もたくさんありますが、それ以上の魅力も、営業職にはあります。
少しでも向いている、自信がある、という人は、是非チャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。