営業職は未経験者におすすめ!未経験で営業職への転職を成功させる方法

未経験で営業に転職

営業の仕事と聞いて思い浮かべるのは、どんな事でしょうか?

性格的なこと?それとも仕事内容でしょうか?

性格的なことなら、「明るい」「誰とでも仲良くできる」「チョットずうずうしい?」など、営業に対するイメージは様々です。

また、仕事内容なら「毎日何件も飛び込み営業をしなければいけない」「売り上げを上げないといけない」など、ストレスが溜まりそうで大変な仕事だと思っていますよね。

そんな営業の仕事に未経験ながら就職したいと考えている方のために、営業マンとはどんな仕事で、どんな人が向いているのか、どうすれば営業マンになれるのかについて、ご説明します。

どうして未経験でも営業に転職しやすいのか?

理由は2つあります。

入れ替わりが激しく、常に人材不足の為

営業手法や扱っている商品、対象顧客などは企業によって違うので、必要な知識は入社後に覚えることが多いため営業マンの場合、ある程度の実績を積むとキャリアアップのために転職をする方が多くいます。

そのため、常に人材不足で求人情報も多数あります。

営業職未経験の新人であっても、人手が欲しいということから、採用されやすい状況なのです。

また、営業手法などは企業によって違いがありますし、何より取り扱っている商品が違っていますので、その商品についての勉強を入社後に行うのは、どこの営業部門でも同じです。

そうなると、未経験者であっても育てるのは同じですので、採用されやすくなるのです。

未経験でも採用されない人がいる?未経験でも営業に転職できる人とは

上記に上げたように、未経験でも営業職は採用されやすい状況にありますが、それでも採用されない人もいます。

採用される人と採用されない人にどのような違いがあるのでしょうか?

また、折角転職出来たにも拘らず、直ぐに辞めてしまう人と続ける人がいます。この違いについても、説明していきます。

コミュニケーション能力が高い

営業職に最も必要とされているのが、コミュニケーション能力です。

この能力があるのとないのでは、営業職を行う上で大きく違ってきます。

「おしゃべりは好きなんだけど」「誰とでも話題を合わせて会話できるんだけど」と思っている方。

コミュニケーション能力はおしゃべり力や会話力ではないのです。

その勘違いが、落とし穴なのです。

営業職が求められるコミュニケーション力①:伝える力

営業の仕事は、顧客に対して自社の製品を売り込むことです。

買ってもらうこと、導入してもらうことが目的となります。

そのためには、自社の製品について分かり易く相手に伝えることが重要となります。

ただ、「この製品、すごく良いんです」と伝えたところで、相手には何が良いのか伝わりません。

必要なのは、論理的にプレゼンテーションが出来る能力なのです。

営業職が求められるコミュニケーション力②:理解する力

営業を成功させるためには、相手が何を必要としているのかを知る必要があります。

必要が無い商品を必死に売り込んだところで、契約してもらえるはずもありません。

製品を売り込む前に、相手を理解することが重要なのです。

そのためには、相手の話を聞く力や聞き出す力、その聞き出した情報から相手を理解する力が必要なのです。

何より、相手との信頼関係が無ければ商談は成立しません。そのためにも、自分の事ばかり話すのではなく、相手に話をさせることが重要なのです。

目標を達成させるための努力

営業職には必ず売り上げ目標というものが課せられます。

この目標額は、全社での売り上げ目標を元に設定されます。

そして、その目標を達成するための努力や工夫が、営業マンには求められているのです。

目標を達成するためには、努力や工夫だけではなくあきらめない気持ちも必要で、何より大切な要素でもあります。

未経験者が営業職に転職するためには、この目標を設定し努力した経験が必要となります。また、諦めない気持ちも求められています。

営業マンになれば当然、目標を達成することを求められますが、何よりもその工程で何を努力したのかが問われます。

結果だけを重視するのではなく、その結果に辿り着くための思考や行動が重要なのです。

営業職に活かせる知識と経験

営業経験はなくても、前職で培ったスキルや知識が時には営業職に役立つこともあります。

例えば、接客業であった場合には、そのコミュニケーション能力やお客様への商品アピール力などです。

また、会計や財務の知識、企画提案能力など、営業マンには多岐に渡った知識や能力が必要とされています。

自分のこれまでの経験が、営業にも役立てることが出来るのです。

営業マンに必要な能力と自分の持っている能力を照らし合わせ、使えるものがあるのならしっかりとアピールする必要があります。

商品に関する情報や専門知識を持っている

同業種内での転職の場合、その業界内で必要な情報を持っていたり、知識を持っていたりします。これらの情報や知識は、営業として働くために必要なものでもあります。

そのため、未経験でも転職しやすくなります。

特に、IT関連企業やメーカーなどはこれら専門知識を持った人材を、歓迎する傾向にあります。

年齢による壁の高さ

未経験者でも採用されやすいとはいえ、余程の知識やスキルを持っていなければ40歳以上での転職はかなり難しいようです。

これに対し、若年層であればそれほどの知識が無くても、営業マンとして十分に活躍できると判断されれば、簡単に採用されます。

プレゼンテーション能力の高さ

とても厳しい話なのですが、自分の能力をしっかりとアピールして転職先企業に売り込むことが出来る方は、営業マンとしても活躍が出来ます。

ですが、自分の能力を把握することも出来ず、把握できたとしてもそれを転職先企業にアピールできないのでは、営業マンとして活躍することは難しいでしょう。

営業に必要とされる能力の中にはプレゼンテーション力があります。

先程も説明した伝える力です。

最初面接で失敗をしても、その失敗から悪かった点を見出し、次に生かせるのであれば、営業マンとして活躍できます。

営業職に向いている人の特徴とは?営業職の適性を紹介

営業のスタイルは1つではない

営業職の仕事は、何を誰にどうやって売るのかによってそのスタイルが変わってきます。

営業方法の違い

  • プッシュ型営業 : クライアント先に出向き、商品を売り込む方法
  • プル型営業 : クライアントからの問い合わせに対して商品を売り込む方法

プッシュ型営業の多くが、外回りを中心に営業活動を行っている外勤営業で、プル型営業の多くが顧客の来店を待っている内勤営業です。

内勤営業の代表的なものとしては、住宅営業があります。住宅展示場に来たお客様や、資料請求をしてきたお客様、新築内覧会などに来場したお客様に対して、営業を行います。

住宅を建てたい、このメーカーの家を建てたい、マンションを購入したいといった目的を持ったお客様を相手に営業活動を行います。

外勤営業は外回りが中心となりますので、既に持っている顧客を順次訪問したり、新しい顧客を開拓したり、自分の足を使って営業活動を行っています。

扱う商材の違い

扱う商材によっても、その営業方法や必要とされる知識などが変わってきます。

  • 有形商材 : 住宅や自動車、食品など、目に見えて手で触ることが出来る商品を扱います。
  • 無形商材 : 講習や保険、広告など、手に触ることが出来ないものを扱っています。

有形商材の場合、サンプルなどを渡すことでその商品の良さを知ってもらったり、実際に使ってもらうことでその商品の良さを分かってもらったり出来ます。

そのため、実際の商品を見せながらのプレゼンが可能となり、商品アピールもし易くなります。

これに対し、無形商材の場合には、サンプルがなく、経験してもらうことが難しいため、より高いアピール力・プレゼンテーション力が問われます。

クライアントの違い

  • 法人営業 : 企業を相手にした営業
  • 個人営業 : 一般消費者を相手にした営業

扱う商材によっては、クライアントにも違いが出てきます。

例えば、よくオフィスで目にするコピー機など、OA機器の場合は個人対象に営業することはまずありません。法人相手の営業となります。

これに対し、住宅や学習教材などは完全に個人向けの商品となりますので、営業先も個人宅となります。

これらのほかにも、電話営業というものもあります。

ただひたすらに、電話をかけて商材を売り込むというものです。この営業の場合は、殆ど話を聞いてもらえずに電話を切られてしまうことが多く、へこたれない、打たれ強さが必要となります。

未経験から営業経験を積むには?

営業として活躍していくためには、最初の1歩が大切です。そのため、扱う商材や営業方法、クライアントなど何をどうやって誰に売るのかがカギとなります。

ルート営業か新規開拓営業か?

経験を積むということから、既存顧客を回る営業ではなく、新規開拓を中心とした営業がお勧めです。

既存顧客の場合、前任者と比較されやすく、未熟な部分に不安を抱かせてしまい、関係解消となることもあります。
これに対して新規顧客の場合には、前任者がいませんので比較される心配がありません。

個人営業か法人営業か?

個人対象の営業の方が、新人の方には営業がしやすいようです。

特に、個人対象の場合「数撃てば当たる」といわれるほど、商談成立の確率が高く、法人営業で断られ続けるよりも、営業としての自信をつけやすいようです。

有形商材か無形商材か?

有形商材の場合には、商品の形があり売り込みやすいというメリットがあります。これに対して無形商材は商品の形が無く、売り込みにくいというデメリットがあります。

営業に不慣れな未経験者の場合には、有形商材を扱う方が、売込みがし易く商談が成功する可能性が高くなります。

営業職が未経験者でも働きやすい業界は?

住宅メーカーやマンション営業

住宅やマンションの場合、買う目的があってお客さまが来訪します。また、その殆どが新規のお客様ですので、新人営業マンにはお勧めの職場です。

但し、覚えることが多いのもこの業界です。

建築基準法や扱っている建物の工法、建物に使用されている材料など、多岐に渡って覚える必要があります。

更に、お客様には大金を払って財産となる家やマンションを購入してもらいますので、その資産運用や税制面などに置いても、アドバイスできるだけの知識が必要となります。

ハードルは高いですが、新規開拓営業で、個人営業で、有形商材という点から、新人営業マン向きと言えます。

不動産の営業

不動産業の営業職の場合、宅建を持っている方が有利ではあります。

ですが、企業によってはその資格が無くても行えるような営業もあります。

アパートなどの賃貸営業の場合、個人だけでなく法人を相手にすることもありますが、特段専門的な知識が無くても、行うことが出来ます。

必要な知識などは、仕事をしながら覚えていくことも可能です。

そういった意味では、新人営業マンに向いています。

人材業界と広告業界の営業

転職サイトや転職エージェントを運営している企業の中には、求人広告を中心とした広告会社などもあります。

こういった企業の場合、新規開拓営業とルート営業の両方を行い、法人から求人情報を得たり、求人広告の作成を依頼されたりします。

勿論、広告業界の中には求人広告以外のものを製作している企業もあります。ですが、多くのクライアントとなっている法人の場合、広告は必要不可欠ですので、新規開拓もしやすい業界でもあります。

同様に、人材業界の場合も、多くの企業から求人情報を得てくるのですから、断られる可能性が低い営業と言えます。
また、どちらの業界も扱う商品が限られていますので、覚えることが少ないといったメリットもあります。

IT業界の営業

法人相手に無形商材を売り込む営業です。

ただ、昨今のIT進化によって、どの企業でも必要とされている商材でもあります。

そのため、知識が既にあるのであればそれを強みといて営業をすることが可能です。

特に、人材不足が否めない業界でもありますので、未経験者でも転職がしやすいようです。

未経験から営業職に転職するには?

転職エージェントを活用して早期転職

未経験職種や未経験業種に転職する場合、自分一人で転職活動を行っていると、効率も成功率も悪く、中々転職できません。
転職エージェントに登録して、専門家のアドバイスを受けながら転職活動を行いましょう。

営業職に関する疑問や不安も、専任のキャリアアドバイザーに相談すれば、その不安や疑問を解決してくれます。

また、転職者の経験からどのような営業職が良いのか、アドバイスをしてもらえますし、求人情報を紹介してもらえます。

特に、在職中の転職活動なら、転職エージェントは大いに役に立ちます。

営業におすすめの転職エージェント 営業職に強いおすすめの転職エージェントを徹底比較!

転職サイトは上手に活用

転職サイトで求人情報を探すには、条件を正確に設定する必要があります。

特に、未経験での転職ですので、「未経験可」「未経験OK」という項目は必ずチェックします。

希望する業種があるのなら、その業種に絞って探すこともできます。

「不問」や「未経験OK」の中にはブラック企業も隠れている

営業職の求人情報によく見られるのが、「経験不問」「学歴不問」「年齢不問」といった文言には気を付けましょう。

このような文言が並んでいる求人の場合、人手不足のため、とにかく人材が欲しい場合が多いのです。

そして、常に人材が不足している理由として、直ぐに辞められてしまうということがあげられます。

人材が定着しない理由として、ノルマがきつすぎるとか、残業が多すぎるとか、パワハラなどがあるなど、ブラック企業の可能性があります。

勿論、業績が上がっているために人材が不足して、求人を出している優良企業もありますので、一概には言えません。

それでも、気を付けるに越したことはありません。

気になる企業があれば、応募して面接時に、直接社内を見てから判断しましょう。社内の雰囲気から、その企業の体質や社員の状態などが見えてきます。

また、業績アップによる求人だったのか、それ以外の理由による求人なのかも判断できます。

営業部門の中には体育会系のノリで行っている職場もあります。そのような職場の場合、合わない方にとってはブラックな企業となりますが、その体質があっている方にはブラック企業とはなりません。

転職理由がカギ

営業職=高収入というイメージだけで転職を考えたのだとしたら、転職はお勧めできません。

これまでに説明してきたとおり、営業という仕事は数ある職種の中でもチョット特殊な部分があります。

そのため、安易に転職をしても活躍することは出来ません。

営業職は、目標設定とその達成が求められる仕事でもありますので、何の目的もなく転職しても上手くいかないと思ってください。

履歴書の退職理由の書き方 履歴書の退職理由はどう書けばいい?書き方のポイントと例文まとめ 転職面接の退職理由の答え方 転職面接の退職理由の答え方や伝え方の注意点を解説!

経験職種や経験業種を活かす

営業職が扱う商品は様々です。

そのため、これまでに自分が経験してきた業種で営業職に転職すれば、その業界の知識も製品知識もありますので、採用される確率が高くなります。

同様に、自分のこれまでの職種で培ってきたスキルや知識が活かせるのであれば、他業種の営業であっても転職はしやすいでしょう。

営業職への転職を成功させるためには、自分のスキルと知識を知ることが重要となります。

企業研究は営業職への第一歩

製品をクライアントに売り込むためには、相手が何を望んでいるのかを知る必要があります。そのためには、企業研究は営業マンにとって欠かせない仕事の1つと言えます。

自分を採用してもらうためには、どうしてその企業を選んだのかを明確に答える必要があります。

この答えを出すためには、企業研究が必要となります。企業がどのような人材を必要としているのか、何をコンセプトとして営業活動を行っているのかなど、事前に調べておくのは、転職活動の鉄則であり、営業マンとしての第一歩でもあります。

未経験者に知ってほしい営業職にありがちなこと

これまで経験が無かった職種に就くということは、その仕事に必要な知識が無いというハンデを持っているだけでなく、その職種に関する常識を知らないということでもあります。

給与の事や休日のことなど、これまでに経験してきた職種とはかなり違った部分もありますので、転職の前にそれらについて認識しておく必要があります。

転職後に「話が違う」「こんなはずじゃない」とならないようにも、自薦確認をしましょう。

営業職の給与は成果給

一般的な職種の場合、月々の給与は固定給で、それに対し残業代や資格手当などが付いて、固定給以上のお給料をもらうことが出来ます。

これに対し、営業職の給与の場合、固定給は他の職種に比べて低く設定され、売上や顧客開拓数に応じて成果給または、インセンティブが貰えます。

つまり、営業成績が高ければその分給与が高くなりますが、営業成績が悪ければ、給与は固定給程度しかもらえません。

企業によってその固定給の額が違っていますが、10万円というところもありますので、営業成績が振るわなければ、手取りが10万円以下ということもあり得ます。

求人情報で、給与に関する情報はしっかりと確認をしておきましょう。

経理の何が辛いの?経理の辛い点、辛い理由とその対処法

ノルマの設定

どの様な業界の営業職であっても、売上目標や顧客開拓目標などが設定されています。

この売り上げ目標が達成できるかどうかによって、企業の業績が変わってきます。つまり、企業が黒字になるのか赤字になるのかは、営業職にかかってくる部分も多分にあります。

よく求人広告などに「ノルマなし」と書かれていることがありますが、営業職でノルマなしはあり得ません。

ノルマが無いということは、企業の業績目標が無いということです。つまり、企業が売り上げを上げるための努力をしないということでもあります。

このようなことはあり得ませんので、求人広告に惑わされないようにしましょう。

職場が体育会系

体育会系のイメージとして、「上下関係がはっきりしている」「熱い」「声が大きい」などがあります。

多くの企業の営業部門では、この体育会系という職場があります。

上下関係が厳しかったり、大きな声であいさつ練習をしたりと、兎に角暑苦しいと感じてしまう職場が多いのが実情です。

こういった職場の雰囲気になれることが出来れば問題はありませんが、中にはこの社風が向いていない方もいます。

体育会系が無理だと思うのなら、求人広告の誘い文句や、面接時の社内の雰囲気などから判断して回避しましょう。

転職者が圧倒的に多い職種

営業職が辞めていく理由には、

  • スキルアップとキャリアアップ
  • 売れないジレンマ
  • 体質的に職場が合わない

など、様々です。

ですが、営業職を辞める場合には、売れないことへのプレッシャーが一番の理由と言えます。

特に、新人営業マンの場合、中々成績を上げることが出来ず、心が折れてしまうことも少なくありません。

ここで、諦めてしまえば営業職には向いていないと言えますし、諦めない強い精神を持っているのであれば、営業職に向いていると言えます。

営業マンの成績はそのままお給料にも反映されてしまいますので、生活が出来ないような営業成績しか残せないのであれば、続ける意味はありません。

新人営業マンの最初の目標は、自分のお給料の確保でもあります。設定した目標の金額を達成できるかどうかは、ノルマ達成を諦めるかどうかにかかってきます。

年功序列が通じない職場

営業はとにかく成績が一番です。

そのため、営業成績が高ければ早く出世が出来ますし、悪ければいつまでたっても出世が出来ません。

一般的な職種の場合には、出世はほぼ年功序列で決まってきます。

ですが、営業職に限っては、実力が出世のカギとなります。

そのため、後から入社してきた方に追い越されたり、年下が先に上司になったりといったことも珍しくありません。

そういったことから、年齢にこだわる方には、営業職は向いていないと言えます。

また、企業によっては営業成績が高い方が偉く、そうでない方は下っ端といった扱いを受けることもあります。

その様な社風についていけないのであれば、営業職は難しいかもしれません。

ブラックな職場が多い?

何を持ってブラック企業とするかは、人によって違いがあります。

ですが、一般的には、

  • 残業が多い
  • 低賃金
  • 休日出勤が多い
  • 休みが無い
  • パワハラ、モラハラがある

などの理由が挙げられます。

但し、営業職の場合、クライアントの都合に合わせることもありますので、休日出勤や残業は珍しくありません。

スケジュール管理をしっかり行うことで、これらの時間の代替休暇を取ることも可能です。

完全週休2日制で、残業が無い職場を希望するなら、残念ながら営業職では難しいと言えます。

これらの休日をしっかり取ろうと思うのなら、自分でしっかりとスケジュール管理をする必要もあります。

また、低賃金での就労の原因として、営業成績の不振があります。つまり、自分の営業ノルマを達成できなければ、低賃金のままです。

確かに、営業職の場合には厳しいノルマ設定がされていたり、ノルマを達成しないことで課せられるペナルティが有ったり、上司からの叱責が有ったりと、ブラック企業と言える部分も少なくありません。

本当にブラック企業なのか、実は違っているのかは、実際にその企業に入ってみなければ分からない部分が多いのも実情です。

転職前に、何故いつも求人広告が出ているのか、どうして未経験でも採用してもらえるのかなど、自分なりに事前に調べてみる必要があります。

職場の同僚はお友達ではない

営業という部署には、営業マンを支えてくれる営業事務の方と、後は自分のライバルとなる営業マンしかいません。

前職では、職場内でのコミュニケーションを大切にし、部署内やグループ内で仕事を行ってきたことでしょう。

ですが、営業マンの場合には、営業アシスタントや営業事務と呼ばれる方々とのコミュニケーションやチームワークは重要ですが、他の営業マンとは殆どコミュニケーションをとることはありません。

情報共有も、必要最低限の事だけで、殆ど自分一人で仕事を行うといったスタンスです。

職場の同僚と仲良くしようと思っても、このような特殊な環境ですので、なかなか難しいようです。

勿論、中にはしっかりと情報共有をし、チームで営業成績を上げようとする職場もあります。

最後に

未経験職種への転職は、営業職に限らず辛いことの連続でもあります。

転職活動中に目標を見失い、興味が持てないような職種や業種へ転職してしまうこともあります。

このような間違った転職は、自分自身のキャリアアップにもスキルアップにもつながりません。直ぐにでも転職してしまうこともあります。

そうならないためにも、転職活動を行う中でしっかりとした目標を持ちましょう。

特に営業職には目標設定と目標達成のための努力と、その達成が求められています。自分自身が興味を持てる製品を扱っている企業への転職をめざしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。