履歴書と職務経歴書の違いとは?プロが教える用途の違い

職務経歴書と履歴書の違い

転職活動をするときには、履歴書と職務経歴書を書くことになります。履歴書は新卒採用のときの就職活動でも何度か書いたはずです。ですが職務経歴書は転職時に初めて作ることになります。

まずは履歴書と職務経歴書の違いについてよく理解しておきましょう。これら2つの書類の違いがわかるだけで、転職活動をスムーズに開始することができます。

ここでは履歴書と職務経歴書のそれぞれの特徴や目的をご紹介します。

履歴書とは何か:本人確認のための書類

履歴書の基本的な役割は、求職者を確認することです。そのため顔写真や職歴が記入されます。採用試験の間だけでなく、採用後も人事部に保管される書類が履歴書です。

履歴書は書類審査のときは使われません。しかしその後は、会社に在籍する限り使われることになります。

企業と自分をつなぐ大切な書類なので、履歴書は丁寧に書くようにしましょう。

職務経歴書とは何か:書類審査で重視される書類

職務経歴書には、いままでの職歴、職務内容、会社の志望動機、自己PR、もっているスキルや資格などを書くことになります。

書類審査は、この職務経歴書をもとに行われます。その後の面接でももちろんこの書類は使われます。

採用担当者に興味をもってもらえるかどうかは、職務経歴書の内容で決まります。ここでマイナスイメージを与えると、転職の第一段階である書類審査すら通過することはできません。

よい職務経歴書を作るうえでのとくに大切なポイントは、しっかりとした自己PRを書くことです。

このため、職務経歴書の作成にはある程度の自己分析力も必要となります。自分の強みを客観的に知りたい場合は、グッドポイント診断などを活用してみるといいでしょう。

履歴書と職務経歴書のフォーマットは違う

履歴書と職務経歴書のフォーマットは大きく異なります。

市販されていることからもわかるように、履歴書にはJIS規格で定められた書式があります。それに対し、職務経歴書にはそうした決まったフォーマットがありません。目的に合わせて変えられるのが、職務経歴書のフォーマットです。

職務経歴書を作るときには、読みやすい書式に仕上げることが大切です。枠の大きさ、文章量などを調節し、好印象を与える見やすい書式を考えておく必要があります。

履歴書に書くことと職務経歴書に書くこと

履歴書に記入するのは次のような項目です。

履歴書に記入する項目

氏名と生年月日
現住所と連絡先
配偶者と扶養家族の有無
学歴と職歴
資格や免許
企業への志望動機と通勤時間
自己PR、趣味や特技
本人の希望

求職者の基本的な個人情報をまとめたものが履歴書です。多少の差はありますが、ほとんどの履歴書にはこれらの項目の記入欄があります。

市販品のなかから好みのものを選び、丁寧に書いて履歴書を仕上げましょう。

職務経歴書に記入するのは次のような項目です。

職務経歴書に記入する項目

タイトルと記入した年月日
氏名と住所
職務経歴
職務内容
スキル・資格・実績・経験・知識
企業への志望動機
自己PR
希望する職種

これまでの仕事を通じて身につけたスキルや経験を明らかにし、それが転職先企業での仕事にどのように役立つかをアピールするのが職務経歴書です。そのため、これをもとに採用担当者や面接官が選考を行います。

読みやすく丁寧に書くことはもちろん必要ですが、しっかりとアピールできる内容を書くことがとくに大切となります。転職を成功させるうえでの重要な鍵になるのが職務経歴書だと覚えておきましょう。

履歴書と職務経歴書は手書きすべきなのか

履歴書は手書きでもパソコン作成でもかまいません。職務経歴書はパソコンで作成する必要があります。

  • 履歴書→手書きでもパソコンでもOK
  • 職務経歴書→パソコン作成

履歴書はなぜ手書きでもパソコン作成でもいいのか

履歴書とは、採用後に人事部に保管される個人情報が記載された書類です。読めるものであること大切で、どんな方法で記入されているかは問題にされません。そのため手書きでもパソコン作成でもかまわないのです。

熱意を伝えるためにも、手書きのほうがいいのではないかと考える求職者もいるかもしれません。しかし選考時に、採用担当者がおもに読むのは職務経歴書です。

履歴書を手書きで作成しても、それが採用の可否に関わることはありません。あまりいろいろ考えずに、自分の好みのやり方で履歴書を書くといいでしょう。

職務経歴書はなぜパソコンで作成しなければいけないのか

パソコンで作成された職務経歴書が好まれる理由は、これはインターネットを通じて何人かで共有される書類だからです。

採用担当者や面接官など、人事に関わる複数の人の間で職務経歴書は共有されます。転職エージェントを通じて採用試験を受ける人の場合は、転職コンサルタントにもこの書類は共有されます。こうした作業はすべてインターネット上で行われます。

インターネット上に保管したりやり取りをしたりしなければいけない性格上、職務経歴書はパソコンで作成されていることが好ましいのです。

手書きがまったくダメというわけではありません。しかし手書き書類をネット上で扱うには、文書のPDF化という手間がかかり、相手の心象をわるくするリスクがあります。

企業側が指定をする場合をのぞき、職務経歴書を手書きで作るのは避けるべきでしょう。

職務経歴書はパソコンと手書きどっちがいい? 職務経歴書の作成は手書きとパソコンどっちがいい?

まとめ

履歴書と職務経歴書には大きな違いがあります。なによりも目的に違いがあり、それに応じて書式や書き方が違ったものになっているのです。

目的の違いを理解して、読みやすく好印象を与える履歴書と職務経歴書を作成してください。採用担当者、そして転職コンサルタントが好意をもつ書類を作ることが大切です。これができれば、転職活動の第一歩目はまずは成功だといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。