転職面接の退職理由の答え方や伝え方の注意点を解説!

転職面接の退職理由の答え方

何かしらの理由があって退職を決断し、新たな職場へと移るために転職活動をされている方に、これから訪れるであろう意外な落とし穴を紹介します。

それは、面接の際に十中八九尋ねられる退職理由です。

どうして前の仕事を辞めた理由を聞かれなくてはならないのか、と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

しかし、この退職理由が意外と重要で、退職理由や退職理由の言い方などで希望する企業にあっさりと面接を落とされてしまうこともあるようです。

転職面接では退職理由をなぜ尋ねられるのか

そもそもなぜ退職理由を尋ねられるのか、そんなのどうでもいいじゃないか、と疑問も不満も抱いてしまいがちです。

まだ転職を経験していないと感じてしまいがちな事柄ですが、一度転職をするとその理由も少しわかる方もいらっしゃるようです。

なぜかを端的に言ってしまえば、退職理由を聞くことでしか分からないことがあるからです。

面接を受ける企業側に立って考えてみましょう。

まず、少なくとも退職をするには必ず理由があるはずです。

人間関係に嫌気がさしたから。全然休みが取れないから。ブラック企業で嫌だったから。自分のスキルアップのため。育休を取らせてもらえず退職をせざるを得なくなったから、などなどです。

だいたいが企業側に何か知らの問題があることが多いのですが、もしもこの問題が転職先の企業にもあったとしたらどうでしょう。

逆に、その企業で過去に人間関係を理由に退職した人がいたとしたら。などなどを考えてみると、企業側としても転職してくる人が、全く同じ理由で転職されてしまったらたまったものではありません。

まず第一に、再び退職をする恐れが無いかを退職理由を聞くことで判断していると言えます。

そして、もう一つはその人の態度を見るためです。先ほど挙げた退職理由の例もそうですが、だいたいは企業側に問題があるのがほとんどです。

しかし、何もかもを企業が悪かったと、そう思われても仕方のないような言葉づかいや言い方で退職理由を述べてしまった場合、「この人は自分の非を認めない、責任転嫁の激しい人じゃないか」と悪印象を受けることがあります。

事実そうだったかもしれませんが、人のせいにばかりしている人を自分の企業に迎えたいという採用担当はいないでしょう。

以上のような点を考えると、退職理由が自社に該当しないか、退職者の態度がどうだったのかを調べるために退職理由は尋ねざるを得ないのだと言えますね。

退職理由は本当の理由を言わない方がいい?

上述した通り、退職理由は意外と企業が重要視しています。ある意味では資格やスキル、経歴などだけでは測れない部分を知る絶好のチャンスでもあり、企業が重要視するのも当然だと言えるでしょう。

しかし、理由によってはどうしても自分自身が悪いわけではなく、他人が悪かったり、企業が悪かった場合もあります。

そのような場合、まず真っ先に思うことは本当の退職理由は言わずに、嘘を吐いた方がいいのではないかでしょう。

実際に他人のせいにすると悪印象を覚えられてしまいがちではありますが、退職理由はある程度現実味があるべきです。

人間関係が嫌で退職したのに、スキルアップのためなどといったとして、その嘘を貫き通せるのならばまだしも、上手くいかないケースも考えられます。

また、退職理由はかなり具体的な内容にまで踏み込んでくるケースが多いので、嘘を貫き通すのはなかなかに難しいです。

そのような理由もあるため、やはり退職理由はできる限りは本当のことを伝える必要はあるでしょう。気にすべきは言い方であったり、言葉遣いであったり、内容以外で悪印象を与えないための工夫となるでしょう。

理由によっては本当のことを言った方がいいケースも

例えば、セクハラやパワハラといった理由で転職を決意したようなケースでは、できる限り真実を伝えるべきです。

何がセクハラか何がパワハラかは自分自身の感じ方次第で大きく変わります。

自分ではセクハラだと感じても、そうではないと思っている人もたくさんいらっしゃいますし、そのような人がいたからこそ転職を決意したのは間違いない事でしょう。

もしも、それを伝えられなかった場合。もしかしたらまたも同じようなことをされて嫌な思いをしてしまうかもしれません。

被害を受けることを避けるためですね。また、同じような仕打ちをされたらまたも転職という決断をするはずです。短期間で転職をするとそれはその次の企業に対する心証が悪くなってしまうでしょう。

つまりは、退職理由によっては隠していたり、誤魔化していると明らかに自分自身にマイナスの働きをしてしまうことがあるのです。

そんなことにならないためにも理由によってははっきりと伝えることも大事であることは覚えておいた方がいいでしょう。

退職理由ごとにいい印象を受けてもらえる言葉選び

退職理由はあまり誤魔化さず、本当の理由を伝えるべきだとは分かってもらえたかと思います。そして、注意すべきことは悪い印象を与えないための言い方や言葉選びであることも。

では、いったいどうすればいいのでしょうか。

それぞれの退職理由毎に悪印象を与えないための理由の言い方を紹介したいと思います。

人間関係が退職理由となっていた場合

まずは人間関係が理由だったケースです。上司や同僚との関係、さらには社風やハラスメントなどもこちらのケースとして考えましょう。

まず大事なのは何に対して不満を抱いていたのか、何が仕事に対する弊害になってしまっていたのかを簡潔に述べられるようにしておくことです。

もちろん、腹が立った、気が合わなかったなどという言葉はあまり使わない方がいいでしょう。

ポイントはなになにがあったから、「自分のしたい仕事ができなかった」という内容につなげることです。

ただ単にパワハラが嫌で仕方なかった、苦手な人がいたなどと完結してしまわずに仕事の話に発展させることです。

社風などだと分かり易いのですが、トップダウン式の体制で意見を聞いてもらえる機会が全くなく、責任感のある仕事をしたくて転職を決意した、という具合がいいと思います。

給与を理由に退職をした場合

実は給与を理由とした転職というのは、日本における転職理由としては一番多いものと言われています。

もっとお金を稼げるようになりたい、金銭的な余裕が欲しい、というのは社会人として当然抱いてもいい欲です。

しかし、直接それだけを簡潔にいってしまうのはNGです。

ポイントとなるのは「給与の低さがモチベーションの低下につながった」「成長を実感できなくなった」「成果で自分の実力を計りたい」などの意識の高さをアピールすることでしょう。

仕事ができるようになる=給与が増えるという図式を崩さず、さらにはどれくらいの期間給与が上がらなかったのかを伝えておくといいでしょう。

残業や休日の少なさを理由に退職した場合

昨今で大きな問題として取り上げられている残業や休日の少なさも、増えつつある転職理由です。

日本では休日が少ない事や残業は当たり前と考えられているので、自分が想像していた通りに転職で改善することは容易ではありません。

なので、ただ単に休日を増やしたい、残業をしたくないというだけでは、わがままだと一蹴されてしまう可能性があります。

ポイントとして挙げておきたいのは、休日や残業を無くせるように上司に掛け合ったが無駄だった、休日や残業を減らしてより効率的に仕事を進められるようにしたいと言う内容を退職理由にまぜておくことです。

企業の将来性に不安を覚えたのが退職理由だった場合

もしも現在在席している企業、もしくは退職をした企業から「経営状況を余所に伝えてはならない」と言われてないのであれば、悪化している経営状況などを素直に伝えても構いません。

ここでポイントとなるのは面接官に対して「何をきっかけに経営状況に不安を抱いたのか」という点をしっかりと伝えることです。

例えば、経営している店舗が少なくなったこと、リストラにあった上司や同僚がいたことなどです。

他の転職理由とは違い、こちらの理由だと転職をきっかけにして将来の不安を軽くするチャンスをつかみたいというポジティブな理由がはっきりとあります。

なので、自分自身がどのような仕事をしてきたのか、その経験を生かせることをしたいのか、あるいは新たに担当したい仕事は何か、などを織り込んでおくと好印象を与えられる転職理由になるでしょう。

しっかりと自分自身をアピールしつつ、なぜ不安に思ったのかを伝えるのがベストだと言えますね。

引っ越し、結婚、出産、介護などの自分や家族、環境を変えなければならなかった場合

こちらの理由は特に気にすることなく素直な理由を伝えられる珍しいケースですね。

ただし、いくつかカバーをしておきたい部分があります。介護や出産が理由だと面接官から「もしかしたら採用をしても辞められてしまうのではないか」「欠勤や早退が多くなるのではないか」「労働時間に制限ができてしまうのではないか」という不安を抱かれる可能性があります。

なので、長期間働くことが可能であることやその会社にどれだけの貢献がしたいかなどの仕事に対する意欲、働きたいという意志をしっかりと伝えることがポイントとなります。

ただし、現実的な問題を考えると、面接官の不安が的中するケースはほとんどです。

むしろ、そのような不安を覚えて採用を断念するような企業であれば、新しい環境での生活に支障をきたしてしまう可能性が高いので、採用されなくてもあまり気にしなくてもいいでしょう。

また、気を入れ直して自分を受け入れてくれる企業を探す方を優先すべきです。

退職理由の答え方の注意点

しゃべり方と入社をしたいという意志をしっかりと伝えられるように

上記に挙げた事柄からも分かる通り、とにかくポジティブに自分は働きたい、会社に貢献したいという意志をしっかりと伝えることが何よりも重要になってきます。

ただ、言葉面だけでしゃべったとしても、それはセリフを読み上げているのも同然で、面接官に良い印象を与えることはできません。

ですので、面接を受ける際には新卒採用の頃と同じように、はきはきとしたしゃべり方であったり、明るい表情を作って気持ちを込めたりして、質問に答えられるようにしましょう。

退職理由を志望動機と絡められると良アピールができる

退職理由だけを考えて文章化してみると、このまま回答してもいいのかと思ってしまうような文章が出来上がるはずです。

もちろん、そのままを面接で言ってしまうのはおすすめできませんが、そこに志望動機を絡めてみましょう。

志望動機は他ならぬ自分自身のアピールに他なりませんし、そのアピールをすることで採用してもらえる可能性はぐっと向上します。

あるいは志望動機を先に考えておいて、そこから退職理由と連動するように考えていくと、退職理由も伝えつつ自分自身をアピールすることのできる文章ができあがります。

それをうまく伝えられるように、上手くしゃべられるようにアレンジして面接に臨むのがおすすめです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

退職理由は企業側から見てもかなり重要な事柄で、面接を受ける側の我々からしても、自分自身の考えや働きたい、働く環境を変えたいという意志をアピールする絶好の要素にもなります。

ただし、ただの批判や不平不満を述べるだけではありませんので、その部分をしっかりと理解した上で、自分自身がなぜ転職をしたくなったのかを伝えられる内容を作り上げましょう。

どう作り上げればいいか悩んでいる方は、一度冷静に文章にして、綺麗にまとめられるようにするのがおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。