受付の仕事内容とは?受付の年収・給与や求められるスキルを解説

受付の仕事を、あなたは詳しくご存知でしょうか?

「受付」という名の通り、会社へ来訪されたお客さんを最初にお迎えする、いわゆる会社の「顔」となる仕事です。受付の人の態度やマナーによって、会社の第一印象を決めてしまう重要な仕事であると言えます。ですから、清潔感やマナーがあることは第一前提です。

その他にも、定期業務意外の仕事が舞い込んできたり、クレームにも対応するなどといった、臨機応変力やコミュニケーション能力などが問われます。
今回のこの記事では、

  • 受付の仕事について
  • 受付の給料や年収
  • 受付のやりがい
  • 受付に必須のスキル
  • 未経験から目指すには

などについて、詳しく解説していきます。

この記事を読み終われば、受付の仕事について把握することができ、未経験での転職を目指す理解も深まるでしょう。
ぜひ参考にしてください!

受付の業務内容について

受付の主な仕事内容

受付の仕事には、主に以下のような業務が発生します。

  • 来客対応
  • 電話の取り次ぎ
  • 会議室などの予約管理
  • 清掃業務
  • 送迎用の車などの手配
  • 物品の受け取り
  • 簡単な資料作成、伝票処理といった庶務

上記は主な定期業務の一部であり、企業によって担当する仕事や内容は変化します。

ですが、大体このような内容である、と掴んでおくと良いでしょう。

受付の仕事の一日の流れ

以下、主な受付の一日の流れをご紹介します。

出社直後

・その日のスケジュールをパソコンでチェック
→ 一日の流れをそのときに確認
・来客前に簡単な清掃
→ 会議室などの清掃を行います

業務中

・来客者がきたら笑顔で対応
→ お客さんの名前や会社名を確認し、面会者に連絡します
・お客さんを案内
→ お茶出しも担当します。気候によって冷たい飲み物か温かいものかを判断する
気配りも必須です。

帰宅前

・来客者が使用された部屋などの清掃
→ お客さんが使われた会議室などの清掃を行い、忘れ物がないか確認しましょう。

主な流れはこのようになります。

時には、アポイントのないお客さんが急に来社されたり、大勢のお客さんが一度に来社される場合もあります。そんなときは焦らずに落ち着いて、機転を効かせながら、丁寧な対応を心がけるようにします。

受付の業務・勤務形態は「シフト制」が多い

受付業務の勤務形態は、一般企業の場合は「土日祝日休み」、それ以外の就業先では、「シフト勤務」が一般的です。

一例として、「カーディラー」「アミューズメントパーク」といった土日祝日にお客さんの来訪が見込まれる業界では、シフト勤務が一般的となっています。また、年末年始やお盆休みといった繁忙期は、シフト制でも休みが変化することが多いでしょう。社員と相談しながら、空きがないように調整する必要があるからです。

受付は派遣や契約社員が多い

企業の受付業務を見てみると、一般的に正社員の求人が少なく、派遣社員や契約社員の募集が多いです。とくに経験者であれば優遇するケースも多くみられます。

未経験者でも可能な求人は少ない傾向にありますから、企業の受付を目指すなら、まずは受付事務やショールーム受付といった、未経験でも始めやすい業務を経験しておくといいでしょう。そこで経験を積んだのちに、企業の受付を目指すのが効率が良いと言えます。

受付は営業や本社とのやり取りが多い

受付業務では、来社されたお客さんだけ対応すればいいわけではありません。営業の方や本社の人とのやりとりも含まれています。

以下、住宅展示場の例をご紹介します。

・営業マンとのチームワーク

営業の方との連携は、受付にとって重要です。

なぜなら、受付は営業マンのサポート役に回るケースが多いからです。同じ職場で働く仲間として、チームワークを大切にしながら仕事に励む必要があります。

本社(支社)とのやりとり

住宅展示場のばあいは、本社or支社とは離れた場所で仕事をおこないます。

そのため、電話やメールでのやりとりが頻繁に発生します。

受け付は、展示場と本社(または支社)との間に入り、連絡をスムーズに行えるようにサポートするのです。

受付の給料や年収はいくら?

平均年収は、一般事務と大きな違いはなし

受付の平均的な年収はおおよそ「300万~400万円」代と、一般事務職とあまり大差がありません。

とくに未経験者や新卒だと、最初の数年間は「300万円」以下となります。
残業も特にありませんから、残業代は期待しにくいでしょう。

一方の派遣社員の場合、時給が「1,200円」からスタートする企業が多いです。経験の有無や経験年数によって、時給も上昇します。

勤務先の規模や実績、年数によって年収も変化しますが、役職に就いたり、チームリーダーといった立場が上になれば、より大きな収入を見込めるでしょう。

プライベートの時間を確保したいなら向いている

受付の仕事は、上記で紹介したように、あまり高収入は望めません。

しかし、残業が少ない分時間の確保がしやすいです。給料よりもプライベートを重視したい人には、受付の仕事は向いていると言えます。

収入アップを望むなら、より良い給与や待遇の企業へ転職を

受付は高額な収入が見込みにくい職業です。

ですがもともと、受付は従業員数が多い大企業で採用される場合がほとんど。つまり、企業によって給与の額が大きく変動する、ということです。

給与だけではなく、大手企業であればあるほど、福利厚生も充実しており、働きやすいといえます。

さらに外資系企業であれば、実力主義ですから、経験を積むほど収入も望める、と言えます。お客さんからの評価が得られるほど、給与アップも狙えます。

もしもあなたが、受付で高収入を目指すのであれば、経験を積み、より大きな企業へと転職を目指すのが良いでしょう。

受付のやりがいとは?

以下では、受付業務のやりがいをご紹介していきます。

◯お客さんからの感謝の声

◯多くの人との出会いがある

◯接客スキルが磨かれる

受付で必須のスキルとは?

以下では、受付で必須となるスキルを主にご紹介していきます。

基本的な接客スキル

受付は必ず来客者と接しなければなりませんから、接客スキルは重要です。

飲食店などで接客業務を経験したことがあるなら、面接の場では積極的にアピールしておくといいでしょう。人と接することが好きなら、その点をアピールしてもいいでしょう。

基本的なビジネスマナー

受付は企業の顔ですから、基礎的なマナーが重視されます。

おすすめは、「秘書検定」や「ビジネス実務マナー検定」といった資格で、基礎的な社会マナーを学ぶことです。資格があれば、採用する企業にも、一般的なマナーを身に付けていることをアピールすることも可能でしょう。

外資系企業なら語学力を磨く

外資系企業の受付の場合、海外のお客様と英語でやりとりする機会が多いです。そうした電話対応などでスムーズに対応できるよう、とくに英語力を磨いておくと良いでしょう。

「TOEIC」や「英検」を活用し、スキルを磨き、アピールしていきましょう。

外資系企業への転職外資系企業へ転職するメリット・デメリット・転職方法や求められる人材 外資系企業に未経験で転職する方法外資系企業に未経験でも転職できる?未経験で外資系に転職する方法と裏技

基本的なパソコンスキル

ExcelやWordなどの基本的なパソコンスキルを身につけていくことも大切です。なぜなら受付業務でも、パソコンを扱う機会が多いからです。

受付の現状と将来性は?

受付はいろいろな場所で活躍できる

受付は、大企業から中小企業、または多くの組織やショールームなどで求人があり、活躍することができます。

IT化が進み、効率化が推奨されている現代においても受付業務が必要とされているのは、「人間の温かみ」が求められているからです。人間同士のふれあいは、ロボットやAIでは再現することはできません。

一部ではパッチパネルやロボットでの案内が広まっていますが、まだまだ窓口での業務は、さまざまな業界で求められています。

そのため、転職もしやすいと言えるでしょう。

受付が将来に渡ってキャリアを磨くためには?

案内のしごとで長期に渡ってキャリアを磨くには、必要なスキルがあります。たとえば以下のようなスキルでしょう。

  • どんな場面でもお客さんの立場にたって行動できる人
  • 受付として責任を持って立ち居振る舞いができること
  • 日々の仕事に打ち込んで成長していく気持ちと向上心

また、受付という仕事はどうしても企業の顔となるため、「若さ」や「フレッシュさ」を求めます。ある一定の年齢に達したら、受付の仕事から引退するケースもあります。

そんなときでも悲観する必要はありません。次のステップとして「秘書」を目指す道もあるのです。

受付で身に付けたスキルやビジネスマナーはそのまま秘書の業務で求められるスキルですし、受付のキャリアや経験はしっかりと活かすことができます。

自分が今後も受付として成功していきたいのか、または秘書などの次のステップへ転職するのか、しっかりと考えておくのが重要です。

まとめ

以上、受付業務の仕事についてご紹介しました。

受付では、ビジネスマナーといった、基礎的なスキルを身につけることができます。

仕事の幅も広いので、簡単なイメージがあると難しいかもしれません。その分、やりがいを持って取り組むことも可能です。受付のスキルを磨いて、秘書などのキャリアへチェンジすることもできます!

相手への気配りが得意な人、人との交流が好きな人。そんな人は、受付の仕事に向いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。