履歴書の退職理由はどう書けばいい?書き方のポイントと例文まとめ

履歴書の退職理由の書き方

転職するとき、履歴書のなかに退職理由を書くことになります。

これは必須ではありませんが。しかし応募先企業の採用担当者にとって、前職を辞めた理由は興味のあるところです。これについて何も書かないでいると、企業側から不審に思われることもあります。

どんなふうに退職理由を書けばいいのか、そのときのポイントは何かなどについて以下にご説明します。

履歴書に退職理由を書くときの注意点

履歴書に書く退職理由のことをむずかしく考える必要はありません。履歴書の基本的な目的は、これまでのキャリアを相手に示すことだからです。

特別な場合をのぞき、退職理由を書く欄には定型フレーズを記入するだけでも大丈夫です。

状況に応じて定型フレーズを使い分けられるように、まずは基本的なことをおさらいしておきましょう。

「退職」と「退社」の違い

履歴書に前職を辞めたことを書くとき、退職とすべきか退社とすべきか迷う方がいます。履歴書の場合は「退職」という言葉を使うようにしてください。

これら2つの単語は、仕事を辞めるという意味をどちらもたしかに含みます。ですが、「退社」には、その日の仕事を終えて会社を出るという意味もあります。

まぎらわしさを避けるために、履歴書のなかでは「退職」という単語を使うことが一般的です。

退職理由としてよく使われる定型フレーズ

退職理由としては、簡単な言葉をひと言書けば十分です。よく使われる定型フレーズがあるので、いくつかのパターンを覚えておくといいでしょう。

簡単にしか書いていないからといって、面接でマイナスになることはほとんどありません。とくに指定されている場合以外は、定型フレーズを記入すれば十分です。

自己都合で退職したケース

これは、自分で望んで退職を選んだケースです。この場合は、「一身上の都合により退職」というフレーズを履歴書の所定欄に記入しましょう。

自己都合になるケースはたくさんあります。仕事を辞めたいと思った理由がなんであれ、それを自分が決心した場合はすべてこのフレーズを使うことになります。

たとえば自分の病気やケガ、出産や育児などで仕事の継続がむずかしくなったときなどに、「一身上の都合により退職」が使われます。そのほか、職場の人間関係に悩まされたり、仕事に興味がなくなったりした場合にも「一身上の都合により退職」を使うことになります。

会社都合で退職したケース

これは会社側から退職を勧められたケース、あるいは会社側から労働契約を解除されたケースです。この場合は、「会社都合により退社」と記載しましょう。

経営不振のためリストラの対象となり、会社から退職を勧告されたケース、あるいは倒産などのために一方的に労働契約を解除されたケースなどが、会社都合に該当します。

会社都合退職があてはまるケースを詳しくみておきます。おもに次の7つのパターンが会社都合退職に該当します。

  • 倒産による離職、あるいはリストラによる大量離職
  • 解雇による離職(自分が原因となる重大な理由にもとづく離職はここに含まれない)
  • 賃金、勤務時間、勤務地、職種などが労働契約の内容と著しく異なることによる離職
  • 賃金の大きな減額、あるいは長期間の未払いが原因となった離職
  • 職場の上司や同僚からのいじめが原因となった離職
  • 会社から受けた退職勧奨による離職(早期退職優遇制度が適用される場合はここに含まれない)
  • 更新を前提とした労働契約を締結したにもかかわらず、それが更新されなかったための離職

経営不振が理由だった場合は、自己都合なのか会社都合なのかをよく考えて判断する必要があります。本人の意思が介在していたかどうかが、これを区別するポイントです。

経営状態が思わしくなく、リストラの対象とされて、会社側が退職を勧めたケースなら、それは会社都合です。

しかし経営不振に陥った会社に不安を覚え、自ら離職を決断したのであれば、それは自己都合と判断されます。

労働契約期間が満了して退職したケース

派遣社員、契約社員、臨時社員、期間社員などは、企業と期間限定の労働契約を結びます。この契約期間が満了したことで離職した場合は、「契約期間満了につき退職」と履歴書に記入しましょう。

契約満了時に会社から更新を提案されたにもかかわらず、それを拒否して離職した場合でも「契約期間満了につき退職」です。

ただし更新を前提とした契約であったのに、期間満了時に会社からそれを拒否されて離職した場合は、「会社都合につき退職」 となります。また契約期間満了前に自分から離職を申し出て辞めた場合は、「自己都合により退職」です。

退職理由を具体的に書くほうがいいケース

履歴書のなかに書く退職理由は、通常は定型フレーズだけで十分です。ですがケースによっては、その理由を明示するほうがいいこともあります。

たとえば転職を繰り返してきた場合や、複数の職種で働いてきた場合などです。

こうしたケースでは、「一身上の都合」や「会社都合」だけでは説明が不十分です。気になる兆候を履歴書のなかに見つけたら、採用担当者はそれらの理由を知りたいと思うでしょう。不審なイメージを与えないためにも、こうした場合には退職理由をひと言明示する必要があります。

3つのケースで具体的に見ていきましょう。

転職を何度も繰り返しているケース

転職回数が多い履歴書をみると、採用担当者は不審に思います。もしも飽き性の応募者だとしたら、採用してもすぐに辞めるかもしれないと考えるからです。

こういうケースでは、退職理由ははっきりと書くほうがいいです。どうしようもない理由があって退職せざるを得なかったことを伝え、採用担当者を納得させる必要があります。

たとえばこのように書いてみましょう。

2015年8月 結婚のため退職
2015年8月 出産のため退職
2015年8月 親の介護のため退職
2015年8月 海外移住のため退職

ポジティブな理由であれば、履歴書に書いてもマイナスイメージにはなりません。むしろ、仕事への熱意があることを伝えられるでしょう。たとえば次のような理由は、書いても問題ありません。

2015年8月 他社からのヘッドハンティングのため退職
2015年8月 キャリアアップのため退職

いくつもの職種で転職をしているケース

転職回数が多いだけでなく、職種や業種に一貫性がない履歴書も、採用担当者にマイナスイメージを与える可能性があります。特定の分野で高いスキルをもっていない人物かもしれないという印象を与えるからです。

職種だけみているとわかりにくいけれど、じつは一貫性がある仕事を続けてきた人もいるでしょう。こうしたケースでは、たとえば次のように書くと、採用担当者に誤解を与えずに済みます。

2011年4月 株式会社●●入社 第2営業部配属にてシステム営業に従事
2016年8月 プログラマー転身のため退職
2016年10月 株式会社△△入社 ソフトウエア開発部配属

職歴のなかに半年以上の空白期間があるケース

転職をする場合、通常は2、3ヶ月以内に次の仕事に就く人がほとんどです。もちろん、職探しに時間がかかることもあります。

ですが半年以上のブランクがある場合は、採用担当者がマイナスイメージをもつかもしれません。会社で働くことが嫌いな人物かもしれないと不審に思うからです。

半年以上のブランクが職歴のなかにあるケースでは、退職理由と、空白期間になにをしていたのかを書きましょう。

たとえば病気が理由で職歴に空白ができた場合はこのように書くといいでしょう。完治したことをかならず書くことがポイントです。

2012年4月 ◯◯◯◯株式会社入社
2015年1月 病気療養のため退職(2015年7月、完治)
2016年2月 △△株式会社入社

資格取得のために長期間のブランクができた場合は、このように書いてください。

2012年4月 ◯◯◯◯株式会社入社
2016年1月 ▲▲資格取得のため退職
2017年1月 ●●●株式会社入社

空白期間にフリーランスとして働いていた人はこのように書きましょう。

2012年4月 ◯◯◯◯株式会社入社
2015年3月 一身上の都合により退職。以後フリーランスにて活動
2017年5月 ●●株式会社入社

履歴書の職歴欄は限られたスペースしかありません。詳しく書こうとせず、簡単なひと言を書き加えるだけにしておきましょう。

 履歴書の退職理由を正直に書いてはいけないケース

職務経歴書は正確に書かなければいけないのは当然です。ですが正直に書くと、採用担当者にネガティブな印象を与えかねない理由もあります。

採用にあたってマイナスに印象を与えそうだと思ったら、そうした理由は正直に書くことは避けましょう。

嘘を書かなければいけないわけではありません。表現を変え、ポジティブな言葉で理由を言いかえてみてください。

履歴書の嘘 履歴書に嘘を書いたらどうなる?バレる理由と想定される処罰

とくに自己都合で退職した場合は、その理由をそのまま書いていいのかどうかよく考えることが必要です。

たとえば人間関係で悩みがあった、仕事の内容が合わなかった、残業が多すぎたなどの理由は、正直に書くべきではないものです。

これらをストレートに書けば、こういう人材を採用しても自社でやっていけないのではないかと採用担当者は不安に感じるでしょう。

理由を書くときには、マイナスの印象を与える表現は避けなければいけません。あえてポジティブな表現を選び、採用に支障はないと思わせることが大切です。上の3つのケースでみていきましょう。

ケース1 人間関係が理由だったとき

同僚や上司との関係悪化が理由で会社を辞めたとしても、それを正直に書くべきではありません。こういう人物は、自社へ入社後も人間関係で問題をおこすかもしれないと思わせる危険があるからです。

コツは、前の職場のことは非難しないことです。あえてポジティブに言い換えるほうが、採用担当者に好印象を与えます。

たとえば、助言を得られずに苦労した職場であったとしたら、「前職の職場は個人の能力を重視する主義でした」などとと書いてみてください。

例文

前の営業職では、社員1人ひとりが責任をもち、自分の力で売り上げを達成するシステムでした。個人の能力を重視する姿勢が強かったため、独自に努力をしたり、同僚とも競うい合うようにしてスキルを向上させてきました。

ただ私はチームワークを大切にし、グループで成果を追求する職場環境への憧れがあります。学生時代にサッカーをしていたこともあり、チームで作戦を立てながら目標を追求することが今でも得意です。

自分の資質を考えたとき、チームワークを重視する環境で仕事をしていきたいと思い、転職を決心しました。

ケース2 仕事の内容を好きになれないことが理由だったとき

仕事内容が合わなくて転職を決める人はたくさんいます。ですがこれも直接書くべきではありません。仕事に真面目に取り組む意思がないのではないかと思われたり、飽きっぽい性格かもしれないと疑われたりするかもしれないからです。

与えられた仕事には真摯に取り組んできたこと、そこでも大きな学びを得たことを、まずさいしょに強調しておきましょう。そのうえで、新しい分野や環境にチャレンジしたいという意欲を書き加えてください。

例文

前職では事務職に配属されていました。業務とビジネスの基本を身につけることができ、貴重な体験ができました。

そのときの上司が営業部出身の方で、いっしょに働くうちに営業職に魅力を感じるようになりました。顧客との付き合い方や戦略のたて方など、事務職でありながらとても刺激的な知識をこの上司から与えていただきました。

営業職への移動を希望しましたが、前の会社ではそれは認められませんでした。営業への意欲は変わらなかったため、思い切って転職をしようと決めました。事務職で得たスキルも十分に生かしながら、御社で営業職として貢献したいと思っています。

ケース3 残業の多さに疲れたことが理由だったとき

残業の多さが理由の場合は、それをそのまま書いてもかまいません。

ただし、前の会社を必要以上に非難することのないように気をつけなければいけません。またすぐに転職を決意したわけではなく、業務効率化の努力などをしたうえでの決断であることも書いておくといいでしょう。

前職での体験を踏まえ、新しい職場でどのような工夫をして仕事に取り組みたいかを、前向きにアピールしましょう。

例文

「現在の会社は、優秀な社員は残業を厭わないものだという社風をもっています。しかし私は、仕事を効率化して、業務時間を短縮するべきだと考えています。残業時間が短くなることで社員の疲労は軽減できますし、ほかの業務へ時間を振り分けることもできるからです。

業務効率化のために、会議時間の短縮や会議方法の改善などを会社へ何度か提案しました。しかし今のところ、それが採用される様子はありません。これが転職を決意した理由です。

効率的に仕事を処理し、顧客獲得のためにより多くの時間をあてることで御社に貢献したいと考えています。」

まとめ

履歴書は、転職を成功させるうえでの重要な鍵です。ここでお伝えしたポイントを押さえ、採用担当者や面接官に警戒されないような退職理由を書きましょう。定型フレーズが使えない場合は、とくによく考えて書くようにしてください。

前職の退職理由は、かならずチェックされることを念頭に置いておきましましょう。

転職面接の退職理由の答え方 転職面接の退職理由の答え方や伝え方の注意点を解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。