Re就活ってどうなの?評判から分かるメリット・デメリット

Re就活

20代の方や第二新卒の方のための転職エージェント「Re就活」は、本当に転職・就職活動に役立つのか、その口コミ・評判から検証してみました。

「Re就活」とは?

20代・第二新卒の方を対象とした転職サイトです。

大阪を基点とした「株式会社学情」という企業が運営しています。元は25歳までの就職支援を目的としたサイトとしてスタートしています。

新卒よりも働く意欲が高い20代転職者や第二新卒の方を欲しがる企業も多く、早くから年齢を限定して就職支援を行っていたことで、20代専用の転職サイトとしては業界トップです。

Re就活のメリット

どの転職サイトにも、メリットもあればデメリットもあります。

Re就活のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

既卒者、フリーター、ニートにも優しい転職サイト

大学時代の就活で失敗し、就職したくてもできず非正規雇用で働かざるを得なかった方や、非正規雇用ですら仕事を見つけることが難しかった型のために、専用のページを設けて就職活動をサポートしています。

専用ページには、無料の適職診断テストや自己PRの例文が準備されています。特に正社員としての就業経験のないフリーター・ニート・既卒者には、自分のアピールポイントを知る事ができるというメリットがありますし、それをどのようにアピールすればいいのかということも分かります。

未経験でも安心して応募できる求人が多い

20代の若者向け・既卒者向けということもあり、キャリアやスキルを重視した求人はなく、未経験者を歓迎する求人のみという特徴があります。

経験が浅くスキルに自信が無い20代の転職者でも安心して求人情報を探すことが出来ます。

未経験優遇に絞った転職サイトですので、掲載されている求人数は大手の転職サイトから見ると圧倒的に少ないといったデメリットがあります。ですが、経験の浅い若年層にターゲットを絞っているので、求人数が少なくても問題はありません。

大手転職サイトで「未経験」「20代」で検索をかければ、Re就活に登録されている求人数とあまり変わらない件数が出てきます。

新たなチャレンジを応援してくれる

新卒で就職をしてみたけれど、思っていたのと違うといった声がよく聞かれます。

その「違っていた」というのは、職種であったり会社の環境であったりと、様々です。

ですが、「思っていたのと違う」から転職を考えている方の殆どは、別の職種・別の業種への転職を望んでいます。

Re就活では、20代の方・既卒者の方を対象とした転職サイトで、経歴・スキルが不十分な転職者ばかりが利用します。

そのことを十分に理解した企業からの求人が多いので、「未経験者優遇」の求人のみが集まっています。

よって、異業種・異職種への応募も安心して行えます。

初めての転職活動でも安心して行えるサポートがいっぱい

Re就活のサイトの中には「転職ノウハウ」というページがあり、就業中の企業を辞める時の注意事項から、転職活動のアドバイス、面接や筆記試験の対策など、初めて転職活動をする方や正社員経験のない方のための役立つ記事が多数あります。

例えば、「職務経歴書を書く際のポイント」や「職務経歴書の目的は?」といった記事です。職務経歴書を書いたことが無い転職者にとって、職務経歴書の書き方がよく解りません。

その、よく解っていない転職の様々な事柄について、多数の記事を準備してくれています。

自己PRの例文や面接での答え方の例文などもあるので、実践的に活用できる内容です。

全ての記事ではありませんが、会員登録をしていなくても読む事ができます。

未経験人材の採用に積極的な企業が多数

Re就活は、20代転職者・既卒者を対象としているので、当然利用者の経歴やスキルは即戦力が欲しい企業側から見ると、あまり期待できない人材がそろっている転職サイトです。

ですが、利用者の特性をよく理解し、可能性に期待して人材を確保したいと思っている企業が求人情報を出しているので、未経験でも、社会人経験が乏しくても、正社員経験が無くても積極的に採用してもらえます。

このRe就活に求人情報を載せいている企業の殆どが中小企業です。中小企業の多くが新卒の採用に失敗し、若い人材確保に苦慮しています。

そのため、やる気と可能性があるのであれば、フリーターやニートでも積極的に採用し、育てていこうという意欲に溢れています。

地方の求職者にも優しいWeb面接

現在地方在住で、都心部で働きたいと思っている方や、逆に地元に帰って再就職をしたいと思っている方にとってうれしいサービスが、Web面接です。

わざわざ遠方の企業まで出向いて面接を受けなくても、Webを使って面接を受けることが出来るので、地方在住者にとってはとても助かります。

転職博と就職博

東京・大阪・名古屋・福岡などの都心部開催ではありますが、定期的に就職・転職イベントを開催しています。

企業の採用担当者と事前に会って話が出来るので、企業の雰囲気や求人情報だけではわからない仕事の内容などを知る事ができます。

もし、参加できるのであれば積極的にイベントに参加しましょう。

企業からスカウトメールが届く

希望職種や勤務地など、転職先に対する条件や自分の経歴やスキルなどを登録しておくと、企業側から直接スカウトメールが届くことがあります。

利用者のレジュメから、自分の会社や仕事に向いているのではないかと判断してスカウトメールを送ってきますので、自分の希望にマッチした求人情報に出会う事ができます。

Re就活のデメリット

求人件数が少なく、中にはブラック企業も

「未経験者優遇」という求人情報に絞っている以上、他の転職サイトから見ると圧倒的に掲載求人数は少なくなります。

また、中小企業やベンチャー企業が多く、中にはブラック企業と呼ばれるような企業も含まれています。

中小企業やベンチャー企業の場合、仕事量に対して従業員数が少なすぎるという難点があります。そのため、従業員1人の仕事量が、その裁量を大きく超えてしまうので、必然的に残業や休日出勤が増えてしまいます。

また、ワンマン社長がいるのもこういった企業の特徴で、無意識のパワハラやセクハラが横行していることも少なくありません。

先輩従業員を見て、将来の希望が持てずに辞めていく若年層が多いのが現状です。

サイトの使い勝手が悪い

検索機能が不十分なので、条件に見合った求人を探すのに苦労します。

例えば、語学が活かせる仕事を探そうとした場合、大手の転職サイトなどは言語を選択することができます。Re就活では、言語蘇選択できません。

そのため、中国語や韓国語などを活かしたい場合は、検索結果の一覧の中から条件に合う企業を自分で探さなければなりません。

因みに、語学力を活かせる仕事で検索すると、60件近くの求人情報が表示されます。

給与額についても、選択肢は25万円以上だけですので、表示された検索結果からひたすら希望する給与額の条件を探さなければなりません。

希望勤務地も、都道府県の選択は出来ますが、市町村の選択は、求人数が少ないためか、選択できる市町村とできない市町村があります。

手厚いサポートは期待できない

Re就活はあくまでも転職サイトで、転職エージェントではありません。手厚いサポートを期待しているのであれば、別の転職エージェントに登録することをお勧めします。

特に、転職サイトでは書類の添削や面接対策などは行っておりませんし、キャリアコンサルタントによる就職相談もありません。

初めての転職活動をする若年層にとっては、心もとないサービス内容と言えます。

自力で転職・就職に成功する自信が無い方は、手厚いサポートが期待できる転職エージェントを利用することをお勧めします。

20代の転職者や既卒者の転職サポートが充実している転職エージェントもあります。

ハイスペック求人は期待できない

若年者の未経験求人が殆どなので、高給・高待遇の求人情報はほぼ有りません。

給与が高いということは、それだけ責任が重いとか、経験やスキルが必要とされるなど、経験が乏しい若年者にとっては狙うのも難しいような条件が付けられている求人が殆どです。

Re就活ではこのような求人は扱っておらず。そのため給与や待遇に不満を持っている転職者にはあまり利用価値が無い転職サイトと言えます。

アラサーに厳しい転職サイト

20代や既卒者・第二新卒向きをうたっている以上、30歳未満が対象となっている転職サイトです。

30歳を超えていても、面接までたどり着けるケースもあるようですが、それでも20代の転職者から比べると、かなり低い確率と言えます。

また、30歳未満であっても、25歳を超えてくるとやはり求人数が少なくなってくるといったデメリットもあります。

企業側も、未経験者であればより若く育てがいのある人材を探しているので、25歳を超えるとそれだけで求人数が減ってきます。

30代におすすめの転職エージェント 30代の転職におすすめの転職エージェントを比較

地方での就職に期待できない

地方の中小企業こそ、新卒採用に失敗している確率が高いのですが、営業力なのか拠点の数なのか、地方での求人数がまだまだ少ないといったデメリットがあります。

「IターンやUターンを希望する」といった求人検索の項目もありますが、その数は圧倒的に少なく、自分が望む地域での求人情報が得られない可能性もあります。

Re就活をおすすめできる人とできない人

これまでに紹介してきたメリットとデメリットを見ると、この転職サイトをお勧めしたい人と、お勧めできない人がいます。

おすすめしたい人

  • 中小企業での就職でも問題ない人
  • 特にキャリアコンサルタントなどのサポートを必要としない人
  • やる気のある第二新卒・フリーター・ニート

おすすめできない人

  • キャリアアップを望む人
  • 大手企業への就職を希望する人
  • 地元就職を希望する人
  • 30歳目前の人
  • 転職・就職活動に不安がある人

就職・転職活動を手厚くサポートしてほしいなら

Re就活では、キャリアコンサルタントのサポートが期待できません。あくまでも自分で求人情報を検索し、自分で応募し、自分で先行書類を準備し、自分で面接対策をしていかなければなりません。

当然、条件面などの交渉も自分で行うことになります。

特にニート生活を送っていた方やフリーターだった方にとって、学生時代に就職活動を行っていないのであれば、全てが初めての経験となり、何をどうやって準備すればいいのか全く想像もつかないでしょう。

そこで、就職活動・転職活動に不安を覚えている方は、他社の転職エージェントを利用することをお勧めします。

エージェントによって違いはありますが、20代・既卒者の転職に力を入れているエージェントもありますので、正社員経験のない方でも安心して相談することが出来ます。

また、転職エージェントの場合は、転職サイトとは違い、キャリアコンサルタントによる就職相談があり、自分の就職について、スキルについて相談することが出来ます。

更に、利用者にマッチした求人を紹介してくれ、応募書類の添削や面接対策まで行ってくれます。

転職エージェントとは少し違いますが、ニートやフリーターの方を対象として就職に向けた研修を行っている就職支援企業もあります。

ビジネスマナーやコミュニケーションなど、正社員として必要なスキルの研修を行ってもらえるので、不安な方は他の転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

最後に

Re就活は、正社員としての就業経験が無い既卒者の方や、20代で転職を考えている方のための転職サイトです。

ニートの方やフリーターの方でも積極的に採用してくれる企業が殆どですが、就職・転職活動をすべて自分で行わなければならないといったデメリットがあります。

初めての転職・就職活動に不安を覚えているのであれば、転職エージェントの利用を検討してみてください。

ですが、1つのサイトやエージェントに絞って登録するのではなく、それぞれのメリットをよく理解したうえで複数のサイトやエージェントに登録し、より良い求人情報を見つけてください。

そして、少しでも早く正社員としてのスタートを切れることを心からお祈りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。