広報におすすめな転職エージェントとは?成功者に聞いた広報に強い転職エージェントを比較

広報に強い転職エージェントの比較

広報へ転職をするなら、転職エージェントを活用することが何よりの近道です。

企業の広報部への転職を望む人はたくさんいます。広報1人の求人枠に対し、何十人もの応募者が集まるのが現実です。せっかく応募をしても、かなりの高倍率を勝ち抜かなければ採用されません。

こうした激戦を勝ち抜くために、豊富なノウハウをもっている転職エージェントを活用しましょう。転職エージェントの使い方、また広報や宣伝関連の企業情報に強い転職エージェントなどについて、これからご説明します。

広報への転職のカギは転職エージェント

好条件の転職先を見つけるには、できるだけ幅広く求人情報を集めることが大切です。自分で探すこともできますが、効率よく情報収集をするには転職エージェントを使うといいでしょう。

転職エージェントは、会員限定公開の非公開求人を多数抱えていることが大きな特徴です。

広報の求人は一般に高倍率なので、一般公開の求人に応募するだけではいつ採用されるかわかりません。登録して、非公開求人案件を紹介してもらえれば、かなり有利に広報への転職活動を進めることができます。

転職エージェントのもうひとつの特徴は、登録者向けにキャリアコンサルタントを用意していることです。

キャリアコンサルタントは、豊富なノウハウをもつプロの転職アドバイザーのことです。カウンセリングを通して、求職者に最適な広報の求人案件を絞りこみ、優先的にそれらを紹介してくれます。

またキャリアコンサルタントは、応募書類の書き方や面接指導などのサポートも行います。多くの応募者のなかで勝ち抜くには、万全の準備が必要です。履歴書や職務経歴書の効果的な書き方、面接での応答の仕方などを、キャリアコンサルタントが丁寧に指導します。

希望者には、キャリアコンサルタントが模擬面接も行っています。書類審査をパスしても、面接で緊張して不採用となるケースは多いものです。予行演習を行い、適切なアドバイスを受けておくことで、面接当日は余裕をもった受け答えができるようになるでしょう。

転職エージェントへの登録は無料です。キャリアコンサルタントによる指導やアドバイスなどのサービスも、登録者はすべて無料で受けることができます。

広報への転職活動の最初のステップは、できるだけ多くの求人情報を集めることです。最低でも2、3社の転職エージェントにまずは登録しておきましょう。

情報量の多さで選ぶなら、リクルートエージェントdodaマイナビエージェントといった大手の転職エージェントはおさえておきたいところです。

広報への転職におすすめ転職エージェント

広報におすすめの転職エージェント①リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材業界の大手であるリクルートキャリアが運営するのが、リクルートエージェントという転職支援サービスです。多数の企業とのパイプを活かし、リクルートグループならではの膨大な求人案件をもっていることが、こちらの最大の強みです。

リクルートエージェントでは、アドバイザーを業界別に配置しています。これにより、よりきめ細かなサポートを登録者は受けることができます。アドバイザーはつねに最新の企業情報を入手しているため、ほかの応募者に差をつけられる、効果的な面接指導を受けることも可能です。

いざ内定がでたら、求職者に代わって、アドバイザーが企業側と給与交渉もしてくれます。お金の話をするのが苦手な人でも、リクルートエージェントを活用すれば、有利な条件で転職をすることができます。

できるだけ多くの選択肢のなかから転職先を探したい人、行き届いたサービスで安心して転職活動をしたい人には、リクルートエージェントがお勧めです。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

広報におすすめの転職エージェント②doda

doda

日本最大級の転職支援サービスです。業種別、職種別の専任アドバイザーが、求職者1人ひとりに最適な求人を紹介してくれます。ただ広報を希望するだけでなく、勤務地や給与などのこだわりの条件を伝えることも可能です。

企業の採用担当者も参加する、転職フェアを年に数回開催するのもdodaの特徴です。採用担当者と直接話せるため、フェアに参加した転職希望者はモチベーションアップをすることができます。

転職支援に関しては抜群の実績があるところなので、広報をめざす人もまず登録しておきたいサービスです。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

広報におすすめの転職エージェント③マイナビエージェント

マイナビエージェント

こちらの転職支援サービスも、リクルートエージェントやdodaに次ぐ規模をもっています。人気職種である広報や宣伝への転職をめざすのなら、マイナビエージェントもまた欠かせない転職エージェントです。

中小企業からの求人もマイナビエージェントには多数掲載されています。競争の激しい大手企業を避け、中小企業での広報の採用を狙っている人にも、こちらはぜひ活用してほしいサービスです。

マイナビエージェントが開催する転職フェアでは、企業の採用担当者からさまざまな情報を得ることができます。こうした場で得られる、欲しい人材やスキルなどについての情報は、面接対策を練るときに大いに役立ちます。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

広報におすすめの転職エージェント④JACリクルートメント

JACリクルートエージェント

宣伝・広報関係の転職者募集には、日系企業だけでなく外資系企業もあります。「宣伝・広報の経験はないけれど、語学力には自信がある」とい人や、「宣伝・広報のキャリアを活かしてステップアップしたい」という人は、「JACリクルートメント」への登録をお勧めします。

「JACリクルートメント」は、ロンドン発祥の外資系転職エージェントで、外資系企業の求人に特化しています。キャリアコンサルタントのレベルも高く、英語での面接や英文での履歴書・職務経歴書作成にも、大いに力になってもらえます。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

広報におすすめの転職エージェント⑤パソナキャリア

パソナキャリア

求人案件の迅速な紹介を望むなら、パソナキャリアという転職エージェントがお勧めです。丁寧なカウンセリングを行ったあと、最適と思われる求人がすばやく紹介されます。早いときには、カウンセリング当日中に求人情報が届くこともあります。

メールでも相談を随時受け付けてくれるので、広報希望者も、不安を感じることなく転職活動を続けることができます。

スタッフのなかに女性が多いこともパソナキャリアの特徴です。結婚や出産など、女性特有のライフイベントを踏まえた相談をしたい人にとって、パソナキャリアの女性スタッフは大きな力になってくれます。

産休を経て広報の職に就きたい人も、パソナキャリアで相談してみるといいでしょう。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

広報におすすめの転職エージェント⑥Type 転職エージェント

type転職エージェント

転職エージェントは、女性の転職希望者ならかならず登録しておきたいサービスです。こちらは、「女の転職@type」(https://woman.type.jp/)というサイトも運営しています。女性の転職支援に力を入れている、とても貴重なサービスです。

こちらには子育て経験をもつキャリアコンサルタントもいます。育児をしながら広報の仕事をめざしている女性は、こちらでさまざまなアドバイスを受けることができるでしょう。

結婚後の女性にも、長く勤められる職場を紹介してくれるのも嬉しいところです。

type転職エージェント type転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

まとめ

広報への転職は希望者が多く、たしかに簡単ではありません。しかし万全の準備と熱意があれば、広報の採用を勝ち取ることは可能です。転職エージェントを上手に活用すれば、その可能性を大きく広げることもできます。

転職エージェントのスタッフのアドバイスを受けながら、応募書類の作成、面接時の受け答えの練習などに慎重に取り組みましょう。すべて無料なので、広報の転職を成功させるまで、安心して転職サービスを活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。