広報ってどんな仕事?広報の仕事内容と年収・広報になるにはどうすればいいか解説

広報の仕事内容

「広報」と聞いて、どの様なことを思い浮かべますか?

恐らく、多くの方が、企業が扱っている商品やサービス内容を紹介する仕事だと考えます。確かに、その様な仕事もありますが、実はそれだけが仕事ではありません。

では、広報の仕事には、どの様なことがあるのでしょうか?仕事内容から、将来性・重要性まで、詳しくご説明します。

広報の仕事内容:広報には3つの仕事がある

広報には、社外広報・社内広報という仕事のほかに、IR広報という仕事があります。

社外広報とは?社外広報の仕事内容

社外広報は、社外に向けた広報活動のことで、消費者やマスコミなどに企業が扱う商品やサービスなどのアピールをします。

社外情報の収集

社外情報の収集は、広報の仕事の1つです。

新聞やテレビ、雑誌などで、どの様な取り上げられ方をしているのか、常に把握しておく必要があります。一種の「エゴサーチ」です。

また、関連企業やライバル企業の情報なども、メディアから探し出し、社内の関係部署に知らせることもしています。

プレスリリース配信

プレスリリースとは、企業が新しい商品やサービスなど、世間に広めたい情報を、マスコミなどに告知したり発表したりすることです。

各メディア、マスコミなどがその新しいサービスや商品に関する情報を取り上げてくれることで、世間に情報を周知することが出来ます。その為、多くの企業が積極的にプレスリリースを行います。

マスコミ対応

よく、テレビドラマやニュースなどで「広報を通してくれ」などといったセリフを聞くことがあります。

広報には、新聞やテレビなどの取材対応の仕事もあります。

良い内容の取材で有れば、企業PRになります。ですが、問題があった後の取材の場合には、対応を間違えないようにしなければなりません。企業の評判を落とさないように、必要な情報を発信し、企業としての見解を示さなければなりません。

取材内容を理解し、資料を準備して取材に応じます。また、配信前に記事内容などを事前にチェックし、内容に齟齬が無いか、顧客などに対して配慮に欠けた内容となっていないか、細心の注意を払います。

時には、修正依頼をすることもあります。

リスク管理とリスク回避

企業として、クリーンに活動できればいいのですが、時として不慮の事故を引き起こしてしまったり、社員の不祥事などが発覚したりと、企業イメージを損ねてしまう事象が起きることもあります。

その様な起こり得るリスクをあらかじめ想定し、対策を練ったり謝罪対応のマニュアルを作ったりするのも、広報の仕事です。
社外との良好な関係構築

消費者や顧客だけでなく、投資家や株主、取引先金融機関、はては地元の行政機関など、社外の人や機関との良好な関係作りも、広報の仕事です。

社内広報とは?社内広報の仕事内容

社内に対し、新しい事業の内容説明や新製品の発表に関する情報など、社内報などを使って周知する仕事です。

企業内の情報収集

社内報を作成するにも、情報が無ければ作成できません。その為、発信する内容を事前に把握する必要があります。

例えば、経営者の掲げる企業目標や、技術開発の内容など、直接的に役員や担当者に取材します。

社内報の発行

社内で集めた情報などを、社内報を使って情報発信します。

企業の規模に依りますが、冊子として2か月に1回の発行や、A4やA3などのチラシ状で、毎月発行、電子媒体での発行など、様々です。

IR広報とは?

IRとは「Investor relation」の略で、株主や投資家に、企業の財政状況などの情報を提供する仕事です。実は、IR広報と言っていますが、広報とはその目的も仕事内容も違っています。

その為、企業によっては財務部や経理部にIR部門が設置されていることもあります。

投資家・株主に対する、投資に必要となる情報発信ですので、広報と捉えるか、財務報告と捉えるかは、企業の考え方で分かれます。

リスク管理とリスク回避の重要性も主な仕事内容

リスク管理とリスク回避については、先に少し説明しました。

昨今、このリスクに対する仕事が重要視されてきています。

SNSの発達により、何時でも誰でもが取材記者にも評論家にも成れてしまいます。そして、発信された内容が、真偽が確かめられることなく、簡単に拡散され、時としてネット内で大炎上してしまうこともあります。

企業として、これらSNSへの対策やクレーマーへの対策などを考えなければならず、広報がこれまでのマスコミ対応などのノウハウを生かし、マニュアルやルール策定に尽力しています。

広報として、企業のイメージを損なわないよう、対応するだけでなく、損なわれたイメージ回復にも、努めなければならないのです。

広報と広告は別物です

広告とは、企業の作った商品や提供するサービスを、世間に広く知ってもらうための仕事で、CM作成や広告・宣伝用ポスターなどの企画・製作を行う仕事です。

それに対し、広報とは、それら商品やサービスを通じて、提供している企業について知ってもらう仕事です。その為、企業イメージを損なう可能性のあるCM制作などは、事前に差し止めることもします。

広告は商品やサービスをアピールし、広報はそのアピールを通じて世間に企業アピールをします。

広報の将来性と重要性

広報の仕事内容から、どの様な組織にも必要な仕事だということが理解できます。

特に、SNSでの炎上、不正の発覚など、企業として組織として、世間に対しイメージを損なわないよう、対処しなければならない状況が増えてきています。

また、広報という仕事によって、世間にその商品だけでなく企業自体を知ってもらえますので、これまで広報という部署を設けていなかった中小企業などでも、その必要性を理解し、設置する企業も増えてきています。

広報という仕事は、企業運営に置いて重要な役割を担っていることから、どの企業でも必要とする職種です。

広報の平均年収・給与

企業の規模によって、広報の仕事の範囲も変わりますので、当然年収にも差が出ます。また、年齢や経験年数にも、年収の違いが現れます。

例えば、経験が浅い20代ですと、最高でも380万円程度ですが、40歳以上になれば1,000万円を超えてしまいます。
世代・経験に関係なく、年収を平均すれば、大よそ500万円程度というところです。

こうやって見ると、広報の仕事はかなり高給が望めそうに見えますが、最低年収が200万円で、40代でも企業規模によって300万円程度しかないことを考えれば、それほど高給職種とは言えません。

広報の年収を上げる方法

広報の中で、どの様な仕事を担当するのかによって、ある程度の年収の違いも出てきます。

広報誌を作り続ける仕事よりも、社外広報として企業イメージを作り上げる戦略を練ったり、リスク対応をしたりする方が、ストレスも仕事量も多くなり、企業への貢献度が高いと判断されます。

スキルアップを目指したい、キャリアを磨きたいというのであれば、社外広報を担当することをお勧めします。

広報になるには?

特に資格などは必要ありません。但し、未経験で広報になるのはかなりハードルが高いようです。

企業にとって広報という仕事は、企業のイメージ戦略に大きくかかわっています。マスコミ対応などを間違えてしまうと、その企業イメージを損ねてしまうこともあります。

その為、新卒採用で広報に配属されることは殆どなく、数年他部署で事業内容や業界について知ってもらい、その後で異動という形で配属されます。

但し、メディア関連の知識や、メディアでの仕事経験などがある場合は、未経験でも採用される可能性はあります。

取材対応など、報道機関への対応業務の場合、各報道機関の性質や取材側のノウハウを知っている人材は、どの企業でも重宝されます。

メディアでの経験や知識が無い場合には、残念ながら未経験で広報に転職するのは難しいと言えます。どの企業も、広報という仕事は、必要不可欠なのですが、その規模は大企業でない限り、それほど大きくはありません。

その為、異動・退職などでその席が空かない限り、人材を新たに募集することはなく、少ない椅子を経験者と争っても負けるのは目に見えています。

どうしても広報の仕事をしたいのなら、社内で異動願を出すか、PR企業へ転職して経験を積むかのどちらかです。

社内に広報が無いのなら、異動という手は使えませんので、同業種で広報への転職を考えるか、PR企業へ転職するかのどちらかとなります。

PR企業で数年経験を積んでから、再び広報への転職を試みるという方法が一番堅実です。

最後に

広報は、企業のイメージを保ちつつ、世間に企業の活動内容などを知ってもらうために、戦略を練ったり、情報を集めたりする、企業になくてはならない仕事です。

トラブルがあれば、事態収拾のために奔走し、企業イメージの回復に努めるのも、広報の仕事です。

大変な仕事であると同時に、遣り甲斐もある仕事です。

もし、広報という仕事に転職を考えているのなら、「転職エージェント」に相談してみましょう。未経験でも、これまでのスキルを活かすことが出来る、広報の仕事を紹介してもらえるかもしれません。

広報に強い転職エージェントの比較 広報におすすめな転職エージェントとは?成功者に聞いた広報に強い転職エージェントを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。