【2019】第二新卒におすすめの転職エージェント12選

第二新卒に強い転職エージェント

第二新卒の人には、転職エージェントの活用がお勧めです。就職支援のプロである転職エージェントなら、第二新卒の強みを十分に活かした有利な転職活動をサポートすることができます。

最近は、多くの企業がいま第二新卒に注目し、積極的に採用するようになりました。第二新卒は基本的なビジネスマナーをすでに身につけ、さらに若者特有の活力をも備えているからです。

ただ第二新卒は社会経験がまだ少ないため、転職活動にとまどいを覚えることが少なくありません。うまくいかなかったらどうしようという不安から、転職にふみきれない若者が多いのも事実です。

こうした悩みのある第二新卒の人こそ、転職エージェントへぜひ登録してください。転職エージェントを活用すれば、有利な転職を成功させることができます。さらに、新卒時には入社できなかった憧れの企業へ、今度は転職することも可能です。

今回は第二新卒の人向けに、転職エージェントのタイプ、お勧めできる転職エージェントなどをお伝えします。

第二新卒の転職エージェント活用法

転職活動は、第二新卒にとって初めての経験になります。活用するといっても、どの転職エージェントを選べばいいのかと戸惑うこともあるでしょう。

自分に合ったやり方で活用ができるように、転職エージェントのタイプや活用法をまずはしっかりと理解しておきく必要があります。

第二新卒におすすめの転職エージェントの3つのタイプ

1.第二新卒に特化した転職エージェント

転職エージェントのなかには、第二新卒に特化しているところがあります。

こうした転職エージェントの最大の特徴は、まさに新第二新卒を求めている企業から、多くの求人が集まることです。新卒や一般の転職者向けの求人はここでは扱っていないので、第二新卒者は自分に合う求人をすばやく見つけることができます。

またこうした転職エージェントのキャリアアドバイザーは、第二新卒の事情をだれよりも熟知しています。より適切なアドバイスを受けることで、転職活動を有利に進めることもできるようになります。

たとえば、社会人経験が短いこと、スキルが低いといった悩みのある人は、第二新卒に特化した転職エージェントを積極的に活用するといいでしょう。こうした第二新卒特有の不安も、キャリアアドバイザーが適切にサポートをしてくれます。

第二新卒に特化した転職エージェントがお勧めなのはとくに次のような人です。

  • 転職活動についての知識がほとんどない
  • 社会人経験が短いので転職できるかどうかという不安が強い
  • あれこれ迷うより、限られた選択肢のなかから応募先をすばやく決めたい

2.総合型の転職エージェント

転職エージェントのほとんどはいわゆる総合型です。総合型とは、ほぼすべての業種や職種をサポートできる転職エージェントのことです。対象とする人材の年代も幅広く、新卒、第二新卒、一般の転職者向けなどあらゆる求人を扱っています。

CMなどでよく目にする大手転職エージェントも、こうした総合型であることが多いです。

総合型転職エージェントの大きな特徴は、膨大な求人案件をもっていることでしょう。とくに大手の場合、圧倒的に多数の企業から求人情報を集めることができます。

とにかくたくさんの転職情報を集めたいときには、このような総合型の大手転職エージェントを活用してみてください。

第二新卒のなかには、前職とは違う業界や職種へ転職したいと考えている人もいるでしょう。こうした場合にも、総合型の転職エージェントは大いに役に立ちます。大手の総合型転職エージェントは、「未経験者歓迎」「経験不問」などの求人も数多くもっているからです。

ただし全体の求人数が多いとしても、第二新卒がそのすべてに応募できるわけではありません。自分の条件に合う求人を絞り込むには、キャリアアドバイザーとしっかりと話し合うことが必要でしょう。

サポート体制は整っているので、それを上手に活用し、第二新卒の強みを活かせる求人を見つけることが大切です。

総合型転職エージェントがお勧めなのはとくに次のような人です。

  • 前職とは違う業種や職種へ転職したいと思っている
  • いい求人があれば、自分の希望以外の業界のものでも紹介してほしい
  • できるだけ多くの求人のなかから応募先を見つけたい
  • 自分の強みやスキルをアピールすることが得意
  • 手厚い転職サポートが欲しい

3.キャリアアップができる転職エージェント

転職エージェントのなかには、高年収が期待できる大手一流企業から多くの求人案件をうけているところがあります。こうした求人は、会員限定の公開案件になっていることが多いです。

年収アップが狙える求人をみたいなら、まずはこうした転職エージェントへ登録しなければいけません。

好条件の求人を紹介してもらうことができれば、第二新卒の転職で大きくキャリアアップをすることも期待できます。新卒のときに採用されなかった憧れの企業がある人は、第二新卒で再びチャレンジしてもいいでしょう。

ただし高年収の求人は、応募条件がきびしいこともあり、だれでも紹介してもらえるわけではありません。キャリアアップのできる好条件の求人を第二新卒が紹介してもらうには、自分の転職についてはっきりしたビジョンと熱意をもつことが必要です。

キャリアアップができる転職エージェントがお勧めなのは、とくに次のような人です。

  • 年収アップなど高待遇のある企業へ転職したい
  • 転職したい業界や職種が決まっている
  • スキルや経歴に自信がある

登録する転職エージェントは複数

さいしょからひとつの転職エージェントだけを利用するやり方はお勧めしません。かならず複数の転職エージェントへ登録しましょう。第二新卒なら、5社ほど登録しておくべきです。転職エージェントの利用は無料です。気になる転職エージェントをピックアップして、同時に登録しておくようにしましょう。

転職活動では、キャリアアドバイザーの能力、そして求職者との相性はとくに大切です。複数の転職エージェントに登録することで、自分にとって最適なキャリアアドバイザーを選ぶことができます。

とくに経験の浅い第二新卒は、キャリアアドバイザーから数々のアドバイスとサポートを受けなければいけません。第二新卒が転職を成功させるには、能力の高いキャリアアドバイザーを見つけることがとくに大切になります。

転職エージェントで、キャリアアドバイザーはとても大きな役割を果たします。具体的な業務をここで挙げておきます。

  • 面談を行い、求職者が転職活動でアピールできるものをみつける
  • 履歴書、職務経歴書の書き方指導と添削
  • 模擬面接の実施
  • 面接日の調整
  • 年収など、入社条件を企業と交渉する
  • 退職の仕方について助言する

転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーがすぐに決まります。担当してほしいキャリアアドバイザーを、求職者が指名することはできません。

あまり相性がよくなかったり、熱心ではなかったりする人が担当に選ばれても、求職者は変更を要求することもできません。

複数の転職エージェントを利用していれば、自分がもっとも信頼できるキャリアアドバイザーを選んで転職活動を進めることができます。

あるキャリアアドバイザーと相性がよくないと感じたら、その転職エージェントを積極的に活用しなければいいだけのことです。

転職エージェントのなかには、能力の低いキャリアアドバイザーを置いているとこともあります。熱心に面談をしてくれない、いつまでも求人を紹介してくれないなどと感じたら、その転職エージェントの活用はあきらめるほうがいいです。

ひとつの転職エージェントだけに頼ることは、求職者にとってリスクが高すぎます。大切な時間をムダにしないためにも、かならず複数の転職エージェントに同時登録してから転職活動を始めましょう。

第二新卒に特化した転職エージェント

ウズキャリ

ウズキャリ

ウズキャリは、第二新卒を含む既卒の人を対象にした転職エージェントです。就職支援で実績のあるUZUZがノウハウを提供することで、ウズキャリは近年とても高い転職実績を達成しています。

ウズキャリの特徴は、転職者の企業定着率の高さです。こちらで支援した人うち約93%が、転職先で継続して働き続けています。これはウズキャリが行っている、求職者の立場や希望に沿った手厚いサポートの成果だといえるでしょう。

転職エージェントのなかには、業績をあげたいばかりに、求職者の希望と大きくかけ離れた転職を勧めるところもあります。そのためせっかく転職できても、仕事に失望してまた辞めてしまう人は多いです。

今度こそ自分に合う企業で働きたい第二新卒にとって、ウズキャリのサポート方針は最適でしょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

20代のための、正社員への転職を支援する転職エージェントがハタラクティブです。20代であることが条件なので、第二新卒の転職にもハタラクティブはもちろん力をいれています。こちらの転職成功実績はとても高く、約80.4%の求職者が内定をとることに成功しています。

ハタラクティブでは、未経験OKの求人だけでも1000の案件をもっています。前職とは違う職種に就きたい第二新卒にとって、こちらの求人情報はとても参考になるはずです。

メーカー、流通、IT、広告など人気の高い業界からの求人が多いことも、ハタラクティブの魅力のひとつです。

こちらは、キャリアアドバイザーが企業を訪問し、さまざまな情報を直接入手します。そのため正確な情報を、応募前に求職者は知ることが可能です。福利厚生、給与だけでなく、職場の雰囲気まで教えてもらえるので、ターゲット企業を安心して決めることができます。

また電話だけでなく、LINEを使って求職者はキャリアアドバイザーと連絡をとることが可能です。いまの仕事が忙しい第二新卒でも、このやり方でなら安心して転職相談を進めることができるでしょう。

ただしハタラクティブの求人エリアは首都圏のみです。東京、埼玉、千葉、神奈川以外の求人は、こちらはもっていないことは覚えておきましょう。

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

人材支援大手であるマイナビワークスが、20代向けに運営している転職エージェントがマイナビジョブ20´sです。20代に対して幅広く支援をしていますが、マイナビジョブ20´sでは第二新卒向けの求人も多数扱っています。

丁寧なカウンセリングをしてもらえるので、転職後に自分と企業とのミスマッチに悩むこともありません。企業側からの信頼も厚いため、マイナビジョブ20´sでは多数の求人を安定して確保しています。

不安のない転職活動がしたい第二新卒には、こちらはお勧めの転職エージェントです。

第二新卒ナビ

第二新卒ナビ

第二新卒ナビは、その名の通り、第二新卒を対象としたサービスを展開する転職エージェントです。ウズキャリと同じく、株式会社UZUZがこちらを運営しています。若者の就職・転職支援で実績のある企業らしく、豊富なノウハウで第二新卒をサポートしてくれます。

やや小規模な転職エージェントですが、それを感じさせない丁寧なサポートが第二新卒ナビの魅力です。内定がでるまでに、キャリアアドバイザーは平均20時間もの支援や指導を求職者のために行います。徹底したサポートがほしい第二新卒なら、こちらへは登録をしておくべきでしょう。

リクらく

リクらく

リクらくは、20代を対象にした転職エージェントです。他社に比べて知名度では劣るものの、第二新卒向けにも多数の求人をリクらくはもっています。

リクらくの強みは、経験豊かなキャリアアドバイザーを確保していることです。こちらでは、すべてのキャリアアドバイザーが、10年以上の指導経験をもっています。

第二新卒にとって、信頼できるキャリアアドバイザーとの出会いは転職の成功のためには欠かせません。ベテランに安心して任せたい20代の人は、リクらくを活用してみるといいでしょう。

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

名称からもわかるように、第二新卒エージェントneoは第二新卒をサポートする会社です。求人エリアは首都圏のみですが、求職者1人につき、平均10時間も行う手厚い指導がこちらの魅力です。

転職活動に不安を感じている第二新卒でも、第二新卒エージェントneoなら安心して活用できます。

第二新卒エージェントneoの特徴は、ブラック企業からの求人をまったくもっていないことです。ブラック求人は徹底して除かれているので、こちらからの求人紹介なら安心して受けることができます。

前職がブラック企業だった第二新卒には、第二新卒エージェントneoにぜひ登録することをお勧めします。

第二新卒におすすめの総合型転職エージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、日本の最大手転職エージェントのひとつです。とくに学生に大きな信頼があり、2018年には17万人以上の新卒採用を実現した実績もあります。

また近年は若手の中途採用希望者をターゲットに加えたため、第二新卒の転職にも力を入れるようになりました。

マイナビエージェントでは、第二新卒のための非公開求人も多数抱えています。第二新卒での転職をめざすのなら、マイナビエージェントはまず登録しておくべき会社でしょう。

またマイナビエージェントについては、キャリアアドバイザーの質の高さが口コミでもよく評価されています。優秀なキャリアアドバイザーを確保したことが、マイナビエージェントの急成長を支えているといえるでしょう。

手厚いサポートがほしい人は、マイナビエージェントへ忘れず登録しておきましょう。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントもまた、日本最大規模の転職エージェントのひとつです。大手であるリクルートグループの影響力のもと、数多くの企業から10万件をこえる膨大な求人案件をこちらは扱っています。

第二新卒の人にとっては、リクルートエージェントは外せない転職エージェントのひとつです。新卒採用実績ではマイナビエージェントに抜かれましたが、第二新卒などの中途採用については、リクルートエージェントはいまだに大きな業績をあげています。

リクルートエージェントでは、ほぼすべての業種や職種についての求人を探すことができます。未経験可の求人も多いので、いままでとは違う職種に転職したい第二新卒にとっても、リクルートエージェントの情報はとても役立つでしょう。非公開求人が多いため、こちらへはぜひ登録しておくことをお勧めします。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣大手であるパソナグループ傘下の転職エージェントです。1万6千以上の企業から求人案件を受けるパソナキャリアは、これまで25万人の転職を成功させてきました。まちがいなく、業界トップクラスの実績をもつのがパソナキャリアです。

パソナキャリアは、キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートに定評があります。転職活動が初経験になる第二新卒にとって、パソナキャリアは見逃せない転職エージェントのひとつでしょう。

職務経歴書の書き方アドバイスから面接指導までしてもらえるので、転職活動に強い不安のある人にもこちらはお勧めの転職エージェントです。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

doda

doda

dodaもまた、日本有数の転職エージェントのひとつです。リクルートエージェントに次ぐ、日本で第2位の求人数をdodaはもっています。豊富な情報を集めたい第二新卒にとって、こちらもまた外せない転職エージェントのひとつです。

dodaは質の高いキャリアアドバイザーがいることでも有名です。どんな企業を狙って転職活動をすべきかわからない人にも、キャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれます。

転職ノウハウをほとんどもっていない第二新卒の人には、dodaはとても頼りになる転職エージェントです。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

キャリアアップしたい第二新卒にお勧めの転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは、大手企業やベンチャー企業を中心とした求人を多数抱えています。キャリアアップのできる転職をしたい第二新卒には、type転職エージェントはとくにお勧めです。

type転職エージェントでは、年収アップのできる転職支援に大きな実績があります。約71%のこちらの利用者が、転職成功で年収をアップさせています。こちらを利用して転職をした場合、前職と比べると、50万円から170万円ほど年収が上がることが多いです。

女性向けには「女の転職@type」、技術職向けには「エンジニアtype」なども運営されています。条件をより絞り込んだ転職活動をしたい人は、これらにも登録しておくといいでしょう。

type転職エージェント type転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

JAC Recruitment

JACリクルートエージェント

JAC Recruitmentは、グローバル企業や外資系企業の求人をおもに扱う転職エージェントです。高収入の企業へのキャリアアップ転職を望むなら、JAC Recruitmentはぜひおさえておきたい転職エージェントです。

海外にも8つの拠点をもつため、海外企業への転職を希望している人もこちらへ登録しておくといいでしょう。

キャリアアドバイザーからもとても丁寧なサポートを受けられるので、第二新卒でもJAC Recruitmentを安心して活用することができます。

ただしJAC Recruitmentの求人のほとんどはハイキャリア向けです。第二新卒であっても十分なスキルがあれば、こちらでよい求人を紹介してもらえるでしょう。

反対にキャリア不足の人は、第二新卒であるかどうかに関係なく、JAC Recruitmentから求人を得ることはむずかしくなります。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

まとめ

第二新卒の転職には不安がつきものです。それを解消し、理想の転職を成功させるために、転職エージェントは大きな力になってくれます。今回ご紹介した情報をもとに、興味のある転職エージェントをさっそく選んでみましょう。

転職エージェントは登録も利用も無料です。若い第二新卒こそ転職エージェントを積極的に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。