マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

マイナビエージェント

転職を考えている人には求人情報誌や転職サイトから直接自分で応募する求職者もいることでしょう。しかし、公開されている求人案件だけでは、限られた企業しか応募することができません。

そこで非公開求人を多く擁して転職活動全般をサポートしてくれる転職エージェントを利用したほうが効率はいいのですが、2chなどでも口コミは良い評判・悪い評判が多々あります。

そこで、2chでの口コミを含めたマイナビエージェントの良いところと悪いところをここで紹介していきます

特徴

独占求人が多い(特に中小企業)

マイナビエージェントは中規模、小規模の求人数が多いのが特徴です。リクルート、DODAと比べると総求人数は少なくなってしまいますが、この2社が抱えていない求人を独占していることが多くあります。マイナビブランドで独自で開拓しているため、他社とバッティングするケースが大手よりも少ないのが特徴です。

他のエージェントが狙っていない地元の優良企業求人情報も数多く保有しています。

第二新卒や未経験向けの求人ページが充実

第二新卒の年齢にあたる20代前半の方向けの求人案件が多く掲載されているのが大きな特徴です。こうした求人はキャリアを問うようなものではなく、ポテンシャルや、やる気といった、若いからこその伸び代を期待したものになります。

転職と聞くと実績や経験がないとうまくいかないため、早期の転職は難しいイメージがあるかもしれませんが、マイナビエージェントに掲載されている求人の多さを見れば、そんなことはないことがわかると思います。

IT業界を専門とするキャリアアドバイザーが担当

一般的な総合型エージェントでは、キャリアアドバイザーがあらゆる職種の求職者を担当するため、さまざまな業界を広く浅く知っている必要があります。

しかし、そのような表面的な理解では、ITエンジニアのような専門性の高い職種の転職相談において満足度を高めることは難しいケースもあります。

マイナビエージェントITでは、IT業界を専門とするキャリアアドバイザーを配置しています。
ITエンジニアの現場を知るキャリアアドバイザーだからこそ可能なアドバイスをしてもらうことができますので、より踏み込んだ相談や質問にも対応してもらうことが可能になっています。

マイナビエージェントITを実際に利用したITエンジニアからの評判はかなり高く、「IT向け転職エージェント」としての位置づけは年々高まってきています。

一人ひとりをサポートする体制が整っている

マイナビエージェントの転職エージェント(キャリアアドバイザー)は、前述のとおり業界別の専任制です。当然ながら各業界出身者も多く、その業界や分野に特化した、より専門的なサポート、アドバイスを可能としています。

また、転職エージェントはそれぞれの専任範囲において、各企業とのコミュニケーションをしっかり取り、求人票には載らないような、社内文化や社風、職場環境、勤務するスタッフの人柄などの情報もキャッチアップしていることも多いようです。

更には、転職活動者に対して「今後目指したいこと」、「獲得したいスキル」、その他「前職で実現できなかったこと」や「改善したいこと」などをしっかりヒアリングをして、そのうえでこれから目指すプランまで提案するカウンセリングが行われるところも非常に大きなポイントでしょう。転職者の経歴と、そして想いにあった転職先を紹介していくそのスタイルは、内定率もアップし、納得できる転職へとつながります。

実際にマイナビエージェントをご利用された転職成功者においても、入社後「こんなはずではなかった」というギャップを感じることが少ない様です。転職は、当然ながら活動中よりも活動後の新しい職場での期間が断然長くなりますので、とても大切なことですよね。

業界未経験でも挑戦できる求人も掲載

転職市場では、未経験の業界への転職は早ければ早いほど良いとされていますので、日々チェックしましょう。

今と同じ業界で違う会社に転職したい場合は、それなりの経験が必要ですが、未経験の場合は早く転職して1日でも経験を多く積み直す必要があります。

「就職してみたけど、業界自体が合わない」「思っていた業務内容と全然違うので辞めたい」といった就職直後の悩みは誰しもあるかと思います。研修期間だけならよいのですが、実業務に就いてからも、そのような状況が続くと嫌になってしまいます。

そんな時に未経験でも今から転職できるような求人案件をマイナビエージェントで見つけて応募してみましょう。もしかすると、今以上に年収が上がる、労働条件が緩和されるなど、希望条件通りで満足度が高い転職先に就職できるかもしれません。

転職サポートに期限がないので、焦らなくて済む

転職エージェントにはサポート期間が設けられていることをご存知でしょうか?通常のエージェントでは、サポート期間を長くとも90日と設定していることがあります。

しかし、転職は簡単に決められるものではありませんし、慎重になるものです。

じっくりと転職について考える時間が必要になるので、転職活動の期間も長くなってしまう傾向があります。

マイナビエージェントはサポート期間の制限を設けていないので、転職期間が長引く場合にも時間を気にせず支援をし続けてもらえます。

焦らず自分のペースで転職活動をすることができる点は魅力です。

「応募書類の添削指導や模擬面接で通過率が大幅UP!」

転職活動者の中で、「面接の仕方」や「応募書類の書き方」が分からないという方は、実は結構たくさんいらっしゃいます。「自分もそう…」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

マイナビエージェントの転職サポートでは、複数回にわたる面接対策や、応募書類の添削指導までしっかり行われます
その為、他の転職エージェントと比べて「選考突破力が高い」と言われています。

更には、応募先の企業に対して、キャリアアドバイザーが応募者の魅力が伝わるような推薦状を作成し内定を後押し!といったことをしてくれることもあるとか。

転職初心者の方々には、かなりありがたいサポート体制です。

内定獲得後のトラブルもエージェントと相談しながら対応できる

転職の際に問題になりやすいのが退職に際しての手続きがうまく行かないことですが、こうしたトラブルのアドバイスもエージェントから受けることができます。

現職の仕事の都合がつかないときや、スムーズに退職を認めてもらえなかったなどの理由で入社時期がずれ込む可能性などもあります。こうした時にはエージェントに相談して、転職先へ連絡をしてもらうことができます。

企業側になかなか言い出しにくく、どうすれば良いか悩んでいる時に頼れる存在としてエージェントがいるのは心強いです。

このように、マイナビエージェントでは、求人紹介だけでなく転職サポートも行っています。また、非公開求人を含む求人情報から、あなたに合った仕事を紹介してもらえるのでぜひ活用してください。

デメリット

若手のコンサルタントが多く、担当のアタリ・ハズレが激しい

『マイナビエージェント』は新卒で採用した人もコンサルタントとして配属しているため、業界の経験も乏しく十分な質のサポートを提供できない場合もあります。

そういった場合は、担当コンサルタントに情をうつしてはいけません。担当変更はさほど大した問題ではないため、性格が合わなかったり、知識に不満があれば変えてもらいましょう。

担当変更がどうしてもしづらい場合は他社を当たりましょう。

40代以降の転職には強くない

マイナビエージェントは若年層(20代、第二新卒)の転職が強いために、年齢が高めの方の転職にはそこまで強くありません。

絶対に紹介されないわけではありませんが、「40代」「ハイキャリア層」の方は思うような求人が紹介されないと不満に思うこともあるでしょう。

自分の思ってた案件と違うという場合が比較的多い

『マイナビエージェント』は、企業の求人をとってくる「営業」から、転職希望社にアドバイスする「キャリアコンサルタント」への情報共有がしっかりされていないというケースに関する口コミが多く見られました。

なので、あまり全体的にあまり求人には期待しすぎず、良さそうな案件があれば積極的に活用し、転職サポートを受けるのがいいでしょう。

転職にかかる時間が長くなる可能性がある

じっくり検討しながら、転職活動をしていきたいのなら良いのですが、一刻も早く転職したい人にとっては、気持ちが焦ってしまうかもしれません。

他の転職エージェントは積極的に転職を勧めてくる傾向にありますが、マイナビエージェントはそこまでの積極性はないというクチコミを見かけます。

いち早く今の環境から抜け出したいときや、未経験の業種へ転職したいので早期に内定をもらいたいと考えていても、なかなか叶わないことが多いようです。

関東エリア(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に比べて、地方の求人が少ない

マイナビエージェントの関東エリアの求人数が公開求人と非公開求人を合わせて約20,000件(2018年5月時点)だったのに対し、関西エリアでは、約5,000件です。

関東エリアの求人を探している求職者の方はマイナビエージェントのみの登録で十分でしょう。しかし、地方にお住まいの場合は、マイナビエージェントだけではなく、他社の転職エージェントの登録も必要かもしれません。

マイナビエージェントの転職サービスは、こんな方にオススメ

  • 初めての転職で、応募書類や面接についてのサポートも欲しいという方
  • 専門のスキル、経験を持った転職エージェントのサポートが欲しい、という方
  • 20代、30代前半の、自身のキャリアマップを描くのに不安を感じている方
  • 地方にお住まいで、かつ転職エージェントと密なコミュニケーションを取りながら転職を進めたい、という方

マイナビエージェント登録~入社後のフォローまで

転職活動の全体的なイメージを持つことは転職成功への第一歩です。登録から内定までの道のりを確認し、転職活動をイメージしてみましょう。

登録

WEBサイトから転職サービスへの申込をします。基本情報、職歴等をフォームに入力をすると、1~2週間程で電話連絡がきます。

個人情報の取り扱いについてもしっかりとしているため、事前通知のないサービスへの申込がされるようなこともありません。

カウンセリング

最寄りのオフィス(東京、名古屋、大阪)に赴いていただき、専任のキャリアカウンセラーと面談を行います。

オフィスへの来社が難しい場合、電話面談も実施しています。転職希望者の経験や希望、転職理由等についてのヒアリングをし、自分の方向性やキャリアに悩んでいる方にはどういったプランがあるかをアドバイスしてくれたり、迷いのある転職希望者の転職の軸を共に作り上げていく作業もしてくれます。

求人紹介、情報提供

希望に合った求人がある場合、その場で紹介してもらえます。希望の案件がなかった場合は、求人が入りしだい電話かメールで連絡をもらう形になります。

企業情報(強みや業界内での立ち位置)、実際の社風や活躍しているタイプなどサイトだけでは知り得ない詳細情報を説明してもらうことができます。

また、年収アップをかなえるためのキャリア設計方法や、自分の市場価値についても知ることができるため、情報収集の場としても活用できます。

応募

希望の案件があればその場で応募をし、書類選考に進めてもらいます。企業推薦時にキャリアアドバイザーが応募者のことを客観的に分析し、企業が求める強みをまとめた推薦状を添えてくれるので、採用担当者の信用を得やすくなります。

面接日程調整や進捗管理等も代理で行ってくれるため、面接を忘れたり時間を間違えることもなくなります。

また、職務経歴書や履歴書の添削も応募企業にマッチした内容になるよう行ってもらえるので、転職成功率が上がることは間違いありません。

選考、面接

応募企業でよく聞かれる面接選考内容を事前に共有してもらい、面接に不安がある人には対面、もしくは電話で面接対策をしてくれます。

転職初心者は対面での模擬面接をお勧めします。もし、面接に相応しくない身だしなみや身振りがあった場合、キャリアアドバイザーに指摘してもらえるので、面接前に対策を練ることができます。

内定、入社

最終面接通過後の入社日調整や条件交渉等も転職先企業と転職者の間に入って対応してくれるため、直接では言いにくい条件への希望も条件交渉も得意としているため上手に対応してくれます。

現職の退職交渉の仕方等も助言がもらえるため、スムーズな転職を実現しやすくなります。入社をして終わりではなく、入社後3ヶ月ほどは、就業状態の確認やケアをしてくれます。

入社前とのイメージのギャップや気になることがあれば相談することができるので、活用しましょう。※転職エージェントがサポートした人材が早期退職した場合、転職者報酬の返還協定を通常どの会社とも契約をしています。

ですから、候補者のためにも、企業のためにもミスマッチやギャップが起こりづらいよう入社後までサポートをしてもらうことができます。

MEMO
連絡の頻度や方法(電話、メール、対面)は転職希望者の状況(離職中、現職中)やタイプ(連絡の頻度が少ない方がいい、小まめな連絡が欲しい)によってカスタマイズしてもらえるので、希望があればカウンセリング時に伝えておきましょう。

マイナビエージェントとマイナビ転職の違い

マイナビエージェントとマイナビ転職の違いは、つまり転職エージェントと転職サイトの違いとなります。

マイナビエージェントのような転職エージェントは登録者一人一人に担当のキャリアアドバイザーが付き転職活動のアドバイスやサポートをしてもらう事ができます。

それに対して、マイナビ転職のような転職サイトは担当者は付きません。

これは、求人検索型と呼ばれ、自分自身で求人情報を検索し、応募をするのです。

マイナビ転職は転職活動関連のコンテンツも充実しているため、自分自身で志望動機や転職理由を考えることができたり、転職活動に慣れている人は、マイナビ転職でも十分転職活動の助けとなります。

しかし、マイナビエージェントは、専任の担当キャリアアドバイザーと転職先の希望条件について面談で話し合うことができます。

担当が付くことで、面接や履歴書・職務経歴書などの添削もしてもらえるので、書類通過率も高くなります。

さらに、非公開求人というものがマイナビエージェントには存在します。非公開求人は優良求人であることが多く、企業側がより優秀な人材を集めるために転職エージェントにのみ公開している情報なのです。

ですから、転職初心者の方には迷わずマイナビエージェントをおすすめします。マイナビエージェントであれば、キャリアアドバイザーとの面談でキャリアプランや転職活動の全てを相談する事ができます。

また、面接の際に企業に聞きづらい給与や社内の雰囲気についても担当のキャリアアドバイザーから教えてもらう事で、転職先についての不安も解消できるでしょう。

まとめ

マイナビエージェントは手厚いサポートがある反面、スピード感が合わない人には向かないことやキャリアアップにつながる転職は期待できない点があります。

どの転職サイトでもそうなのですが、求人を選ぶ前に自分の目的と希望にあった転職サイトを見極めることは大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。