マイナビエージェント×ITってどうなの?評判から分かる弱点・メリットと使った感想

マイナビエージェントIT

マイナビエージェントという転職エージェントをご存知でしょうか?

マイナビエージェントITは、その中にある専門サイトの1つで、Web系やIT系への転職に特化した転職エージェントです。

運営会社でもあるマイナビは、就職支援事業と共にIT関連の書籍や雑誌などを出版している出版し事業も持っていますので、IT分野に特に強みを持っている転職エージェントなのです。

今回は、IT系・Web系への転職を考えている方の参考として、IT分野に強みを持っているマイナビエージェントのIT部門に特化したサイトについてご紹介していきます。

マイナビエージェント×ITとは?

マイナビエージェントのHPトップを見てもらうと分かる通り、マイナビエージェント自体は何かの業種や職種に特化したサービスを行っているわけではありません。

但し、先ほども少し触れましたが、マイナビという企業自体がIT部門に強みを持っていることもあり、また、各業種に特化して強みを持ったキャリアアドバイザーが在籍していることもあり、全業種・全職種への転職支援サービスを行うと共に、各分野に特化したサイトを開設し、その分や専門に転職支援サービスも行っているのです。

マイナビエージェントITは、正にその特化した専門サイトの1つなのです。

マイナビエージェント×ITを利用した方が良い人

転職エージェントは、転職を考えている方におススメの転職サービスではありますが、全ての方におススメというわけでもありません。

  • 転職活動に不安を持っている方
  • 初めて転職を考えている方
  • 未経験での転職を考えている方
  • 仕事が忙しく、中々転職活動が進まない方
  • 専門家のアドバイスを受けたいと思っている方

この様な方は、転職エージェントを使った方が転職活動を効率良く進めることが出来ます。

評判から分かるマイナビエージェント×ITのメリット

転職エージェントを利用するメリットなら、どの転職エージェントでも同じでしょう。ですが、IT部門に特化したマイナビエージェントITを利用するメリットというものがあります。

業界トップクラスの求人件数

何度も説明していますが、IT関連の出版部門を持っているマイナビは、当然IT関連企業との強いパイプもあり、ITに特化した転職エージェントの中でも群を抜いて、求人情報を保有しているのです。

しかも、その求人情報の実に80%が非公開求人で、他では見ることが出来ないような求人情報まで持っているのです。

その求人保有数は、転職エージェントとして求人保有数業界トップを誇っているDODAが運営する、DODAエンジニアITが保有している求人数に負けていないのです。

IT業界に特化したキャリアアドバイザーが就職支援をしてくれる

多くの転職エージェントでは、様々な業界の求人を扱っているため、在籍している転職アドバイザーの多くも、各業界の動向について広く浅く知識を持っているだけです。

その為、担当してくれたキャリアアドバイザーが、希望する業界についての知識を持っていなかったり、未経験だったりすると、適切なアドバイスを受けられない可能性もあるのです。

マイナビエージェントITでは、在籍しているキャリアアドバイザーは全て、IT業界に特化した経験を持っており、当然、その業界に対する知識も豊富ですので、専門的な相談をしても的外れな答えが返ってくることはありません。

IT業界への造詣が深いキャリアアドバイザーばかりですので、キャリア形成についての相談も出来るのです。

担当のキャリアアドバイザーをチェンジできる

キャリアアドバイザーも人間ですし、キャリアアドバイザーとしての経験が豊富な方とそうでない方も、残念ながら存在しています。

その為、自分に合わない、適切なアドバイスが貰えないなど、転職支援に不安を覚えることもあります。その様な時には、担当を変えてもらうことが出来るのです。

特化型の転職エージェントの多くは、その規模が小さく在籍しているキャリアアドバイザーの数もそれほど多いわけではありません。

マイナビエージェントITは、大手転職エージェントの1部門ですので当然、在籍しているキャリアアドバイザーの数も多く、チェンジが可能となるのです。

IT業界未経験でも転職サポートを受けられる

一般的に、ITに特化した転職エージェントの場合、その就職率を上げようと思うと、IT業界未経験の人材は転職が難しく、サービス自体を断られることもあります。

しかし、マイナビエージェントITでは、未経験者でIT業界への転職を考えている方に対し、業界を知り尽くした立場から転職のアドバイスをしてくれます。しかも、未経験歓迎という求人情報も保有しており、安心して相談することが出来るのです。

また、未経験歓迎としている企業の多くが、研修制度を設けており、就職後に技術的な指導をしてくれますので、技術力よりも人間力を重視する傾向にあります。

但し、25歳以上ともなると、最低限のIT関連知識やWeb関連知識を有していないと、業界未経験での転職はかなり難しくなります。

業界未経験で採用されるか否かは、転職希望者の年齢・資格・スキル・知識などが大きくかかわってきます。

例えば、これまで全く違った業界で仕事をしていたとしても、趣味でプログラミングなどを行っていたなら、プログラミング言語と手法を知っているということです。その知識があれば、ソフト開発などを行っているIT関連企業への転職は不可能ではありません。

選考通過率の高さ

多くの転職エージェントでは応募書類の添削や模擬面接などによる面接指導を行っています。

ですが、その指導の甲斐もなく選考に通過できない方も多くいます。特に、未経験での転職ともなると、その通過率は一気に低くなってしまうのです。

実は、多くの転職エージェントでうたい文句としているのが、「求人保有数の多さ」「登録者数の多さ」の2点です。

マイナビエージェントは、確かに保有している求人数の内80%が非公開求人であるということを、アピールしています。ですが、実は一番力を入れているのが、就職実績です。

就職率を上げるため、面接指導に特に力を入れているのです。

その為、他のIT業界に特化した転職エージェントの就職成功率から見ると、はるかに高い面接通過率を誇っているのです。

利用者の満足度は常に業界トップ

これまでにご説明した通り、選考通過率も高く、また手厚い転職サポートも受けられますので、利用者満足度は常に90%を超える高さです。

特に、マイナビエージェントの特色として、ただ就職させるのではなく、10年先のキャリアプランを見越した就職支援をしてくれるのです。

しかも、マイナビエージェントITに所属するキャリアアドバイザーは、業界経験者やエンジニア経験者で、業界全体の知識があるだけでなく、常に勉強会を開いて業界の最新動向を共有し、キャリアアドバイザーの個々のレベルアップも図っているのです。

この様な、業界に強みを持ったキャリアアドバイザーによる、きめ細やかで手厚い転職サポートを得られるのは、IT部門に特化した転職エージェントでは、マイナビエージェントITだけなのです。

全国に拠点を持っている

多くのIT業界に特化した転職エージェントは、東京や首都圏に拠点を置き、転職先企業も、東京・首都圏に拠点を持つところが殆どです。

その為、地方で就職を希望する方は利用しても、希望条件に見合った企業を見るける事すらできません。中には、地方在住ということで、サポートを断られてしまうこともあるようです。

マイナビエージェントは、全国7か所に拠点を持ち、また、全国に支店も持っています。

その為、IT部門でもあるマイナビエージェントITも、全国7か所に拠点を持っていることになり、地方での就職にも対応してくれるのです。

また、7か所の拠点以外の地域の方でも、電話やメールでサポートをしてもらえます。

評判から分かるマイナビエージェント×ITのデメリット

どの様なサービスであっても、メリットもあればデメリットもあります。ここでは、マイナビエージェントITのデメリットをご紹介します。

自分が希望していない求人情報を紹介される

転職エージェントではよくある事なのですが、転職希望者が登録しているスキル・キャリア・希望条件を十分に理解した上で、希望していない職種や企業を紹介することもあります。

多くの求人情報を持っているということも原因の1つでもあるのですが、同時に、登録している希望条件が曖昧・具体性に欠けるなど、正確にキャリアアドバイザーに伝わっていない可能性もあるのです。

また、登録されたスキル・キャリアを見て、紹介した求人の方が、登録者のスキルやキャリアに見合っていたり、将来的なキャリアプランを考えて紹介したりと、敢えて希望条件に合っていない求人を紹介されることもあります。

希望条件を具体的に伝えていないなら、担当のキャリアアドバイザーに希望を伝えたり、登録内容を充実させたりと、希望条件に合った求人を紹介してもらえるようにしましょう。

また、後者の場合には、キャリアアドバイザーとよく話し合って、何故希望条件に合っていない求人ばかりを紹介してくるのか確かめましょう。

場合によっては、担当を変えてもらうことも出来ます。

キャリアアドバイザー全員が、転職のプロではない

マイナビエージェントITには、多くのキャリアアドバイザーが在籍しています。特に、ITに特化した部門にはIT業界での経験を持った人材を、キャリアアドバイザーとして登録しています。

ですが、IT業界に精通していても、キャリアアドバイザーとしての経験が浅い方も、残念ながら中には居ます。その為、中途半端な転職支援を受けてしまうこともあるのです。

この様な場合にも、より良いサービスを受けるため、担当を変わってもらうことが出来ます。

年齢が高すぎる場合、経験がないとサポートされない

先程も少しご説明した通り、IT業界・Web業界では、25歳以上の場合には未経験者を採用する企業は圧倒的に少なくなってしまいます。

これが、30代・40代ともなると、当然管理職クラスの方を希望する企業が増えますので、未経験での転職はますます難しむなります。

転職の可能性が低くなればなるほど、サポートは受けられなくなります。

マイナビエージェント×ITの登録から内定までの流れ

マイナビエージェントITに登録してから内定までの流れをご説明していきます。これから登録される方も、既に登録されている方も、参考にしてください。

「無料転職サポートに申込む」をクリックして登録

こちらのページにある「無料転職サポートに申込む」ボタンをクリックして、登録画面に進みます。

登録は、選択肢から必要事項を登録して進んでいきます。

多くの項目は後から変更可能ですので、判る範囲内で登録が可能です。必要事項を選択していない場合、「次へ」というボタンがクリックできませんので、登録必須項目が判るようになっています。

マイナビエージェントは、登録だけでなく、全てのサービスを無料で受けられますので、安心して登録しましょう。

キャリアアドバイザーとの初回面談

登録をすると、メールや電話でマイナビエージェントのキャリアアドバイザーから連絡があります。

登録内容の確認と、面談日の予約が主な目的です。

多くの転職エージェントでは、利用登録をするとキャリアアドバイザーとの面談をすることになっています。面談を受けないと、次のサービスに繋がりませんので、都合を付けて面談をしましょう。

基本的には営業時間内での面談となりますが、仕事の都合など休みが取れない場合などは、営業時間後や土日などの休日に面談を行ってもらえることもあります。

在職中で面談時間が採り辛いなら、相談しましょう。

7か所の拠点以外に住んでいる場合、直接会って面談が難しいなら、メールや電話での面談もあります。

面談内容

キャリアアドバイザーとの面談では、主に登録内容の確認です。また、転職の希望条件などを踏まえ、キャリアプランの相談などのキャリアカウンセリングを行います。

登録内容が曖昧な場合、未記入が多い場合などには、その足りない部分を確認していきます。

転職で不安を抱えているなら、ここで相談してみましょう。

希望条件とスキルやキャリアに合った求人情報の紹介

キャリアカウンセリングの後、希望条件やスキル・キャリアに見合った求人情報を紹介してもらえます。

求人情報は、その場で応募する必要が無く、持って帰って検討することも出来ますし、必ず応募しなければならないわけではありません。

応募したい企業がない場合には、新しい別の求人情報を紹介してもらいましょう。

紹介企業への応募

キャリアアドバイザーから紹介された求人情報の中に、気に入るものがあれば遠慮なく応募しましょう。

キャリアアドバイザーは、応募から面接日程の調整、条件交渉、入社日の調整等、様々なサポートを行ってくれます。また、面接指導、応募書類の添削などのサポートのほか、応募企業への紹介状の作成まで行ってもらえます。

気になる企業、求人情報があれば担当のキャリアアドバイザーに応募の意思を伝え、応募に必要な書類を揃えます。この時、応募書類作成のアドバイスや、添削指導をしてもらえるのです。

面接に進むことが出来れば、面接指導もしてもらえますので、安心して面接に臨めます。

内定から入社まで

応募企業からの合否結果は、担当のキャリアアドバイザーを通して通知がきます。

他の企業からの返答を待ってから、内定を受けるかどうか決定したい場合など、返答を待ってもらう場合は必ずキャリアアドバイザーに相談しましょう。但し、内定に対する返答は、1週間程度が限度です。

内定は、断ることも出来ますので、他に条件の良い企業から採用通知が着ているのなら、断っても問題はありません。

また、条件面で返答を躊躇するなら、思い切って担当キャリアアドバイザーに相談しましょう。条件交渉などは、キャリアアドバイザーが行ってくれます。その交渉によって、希望条件を満たせることもありますので、遠慮なく相談してください。但し、スキルやキャリアに見合わない高望みは、内定取り消しとなる可能性もあるので気を付けましょう。

内定を快諾し、いよいよ入社となるのですが、この入社日についてもキャリアアドバイザーを通じて、日程調整をしてもらうことが出来ます。

在職中なら、退職まで入社を待ってもらうことも出来ます。

併せて利用したいIT業界に特化した転職サービス

どの様な転職エージェントに登録をしていたとしても、1社利用ということは殆どありません。様々な転職エージェントや転職サイトに登録をして、より有効な求人情報を探します。

ここでは、併用したい転職サービスを幾つかご紹介します。

IT関連企業が運営している転職エージェント「レバテックキャリア」

システムエンジニアリング事業で有名な「レバレシーズ」という企業が運営している転職エージェントです。

当然、IT業界ではその名が知られていますので、多くのIT系企業とのコネクションも持っています。

在籍しているキャリアアドバイザーもIT業界に精通していますので、専門用語を使って相談することも出来るのです。

業界に精通しているということは、業界の現状、事情動向などにも精通し情報を持っているということでもあります。その為、それらの情報を元に、キャリアカウンセリングを受けることも出来るのです。

レバテックキャリア レバテックキャリアはこんな人におすすめ!評判・口コミを調べて分かった特徴・弱点

キャリアアップ収入アップを望むなら「ギークリー」

IT、Web、ゲーム業界に特化した転職エージェントの1つで、大手の転職エージェントよりもIT業界では高い交渉力を持っています。

更に、その交渉力を活かし、年収アップ率も60%以上と高い数値を誇っていますので、キャリアアップや収入アップを目指すなら、おススメの転職エージェントでもあります。

特に、IT系ベンチャーにもコネクションを持っており、多くのベンチャー企業の求人情報も保有しています。

また、業界に特化しているので、在籍しているキャリアアドバイザーも業界経験者や専門知識を持った方ばかりが揃っていますので、安心して相談が出来ます。

最後に

どの様な転職エージェントにも、メリット・デメリットがあります。ですが、業界に特化した転職エージェントなら、その業界に精通したキャリアアドバイザーが多く在籍していますので、的確なアドバイスを受けることが出来ます。

特に、マイナビエージェントは元々がIT分野に精通している企業が運営している転職エージェントでもありますので、IT分野、Web分野への転職を考えているのなら、活用しない手はありません。

他の転職エージェントを併用しつつ、より良い条件での転職を図れるよう、上手に活用しましょう。

IT業界に強い転職エージェント IT系企業に強い転職エージェントとは?IT業界に転職できる転職エージェント12選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。