【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

転職エージェントの複数利用

転職活動を始めると、ネットで転職のために有効な情報を検索するでしょう。その中で、転職エージェントの存在を知り、利用している方も少なくありません。

1つの転職エージェントに拘ることなく、複数の転職エージェントを利用することで、様々なサービスを受けられるだけでなく、より多くの求人情報を得られる可能性もあります。

ここでは、複数の転職エージェントを利用するメリットや注意点などをご紹介します。

転職エージェントを複数利用するのメリット

転職エージェント独自のサービスを複数利用できる

転職エージェントは、それぞれが特色を出すために独自のサービスを展開しています。

各転職エージェントの公式サイトを確認して、利用できそうなサービスを行っている転職エージェントに登録をしましょう。

一部転職エージェントを除いて、登録も利用も無料で行えます。

各転職エージェント独自のサービス(一部)
  • 独自の診断テストで性格や適職などを分析してくれる
  • 応募書類の添削を何度も行ってくれる
  • 応募企業ごとに面接対策をしてくれる
  • 入社後も定期的にアドバイスメールを送ってくれる

応募書類の添削や面接対策は、どの転職エージェントでも行っています。

しかし、エージェントによっては書類添削や面接対策は1度だけしか行わないこともあります。

複数のエージェントに登録をすることで、何度でも書類の添削や面接対策を受けることが出来ます。

非公開求人の紹介数が増える

転職エージェントには、公開求人と非公開求人があります。

公開求人とは、企業側が広く求職者を募る求人で、誰でも閲覧することが出来ます。

このような公開求人は、転職サイトでも閲覧できます。

これに対し非公開求人とは、求職者を募る企業側が非公開に人材を探している求人のことで、信頼できる転職エージェントやキャリアコンサルタントにしか求人依頼をしません。

そのため、求人内容に見合った求職者以外がその情報を得ることはありません。

複数の転職エージェントに登録すれば、より多くの非公開求人に巡り会う確率が高くなります。

なぜ非公開なのか?

企業が非公開で人材を探す理由は、

好条件のため、応募が殺到するのを防ぎたい

好条件の求人情報には、その職務を遂行するための経験やスキルが足りない人材でも応募してくる可能性があります。

条件に見合った人材の中からより良い人材を探したいというのが、企業側の本音です。

競合他社に知られたくない

新しい事業を立ち上げたり、プロジェクトを立ち上げたりしたい時など、他社に情報が漏れるのを防ぎたい場合、非公開で人材を探します。

自社内でも秘密にしたい

新しい部署の立ち上げや、社内刷新など、様々な理由から社内でも内密に人材を探すことがあります。

なぜ大手の転職エージェントに非公開求人が多いのか?

大手の転職エージェントであれば、実績があるのは当然ですが、求職者の登録数も多く、より良い人材を探しやすいというメリットがあります。

企業側としては、秘密裏に求人を行っている以上、少しでも早く良い人材を採用したいと考えています。

そのため、登録者数の多い大手の転職エージェントに非公開求人が集中します。

転職アドバイザーの能力を見極める目を持てる

大手の転職エージェントだからと言って、担当になったアドバイザーが優秀とは限りません。

ですが、1社にしか登録していなかった場合、そのアドバイザーが優秀なのかそうでないのかを判断する基準もなく、もやもやとした気持ちを持ったままサポートをお願いすることとなります。

複数の転職エージェントに登録すれば、複数のアドバイザーと接することが出来ます。それにより、どのアドバイザーが自分に合っているのか、優秀なのかそうでないのか判断することもできます。

また、もしアドバイザーに不満を持ったのなら、転職エージェント側にアドバイザーの変更を申し出ることもできます。

アドバイザーによって違った視点からのアドバイスがある

登録した転職エージェントによって、担当となるアドバイザーにも違いが出てきます。

能力の差だけでなく、その方の性格や志向性など、様々です。

同じ内容を相談しても、人によって答えが違っているように、転職についてもアドバイザーによってアドバイスの内容が違っていることもあります。

より多くのアドバイスを得ることで、自分の進むべき道を見出す事ができたり、転職活動に活用出来たりします。

但し、情報が多すぎると迷ってしまう方には、不向きかもしれません。

キャリアアドバイザー同士の競争心を煽る

転職エージェントなどの人材紹介業は、求職者を企業に就職させることで企業から報酬を得ることが出来ます。

企業からの報酬を得られるかどうかは、キャリアアドバイザーやヘッドハンターの力量にかかってきます。

また、多くの人材紹介企業では、キャリアアドバイザーやヘッドハンターの給与を成功報酬制にしています。

つまり、自分が担当した求職者を就職させられなければ、自分の報酬を得られないということになります。

担当のアドバイザーに、他にも転職エージェントに登録をしていると伝えた場合、担当アドバイザーはより積極的に就職支援をしてくるようになります。

転職エージェントのアドバイザーは、多くの転職者をサポートしています。そのため、スキルが高く直ぐにでも就職が決まりそうな求職者のサポートに力を入れます。

自分の担当アドバイザーがあまり熱心ではないと感じた場合に他のエージェントの利用を伝えることで、手厚いサポートを得られる可能性が高くなります。

転職エージェントを複数利用するデメリット

面接のダブルブッキング

複数の転職エージェントに登録をしていると、同時に別の企業の求人情報を紹介してもらうこともあります。

この場合、企業側の都合と求職者の都合を調整して面接日を決めますが、求職者が就業中の場合は、日程や時間が限られてしまい、同じ日の同じ時間に面接を設定されることもあります。

同時に求人を紹介されなくても、既に面接予定があることを忘れて、後から別の転職エージェントに紹介された企業との面接を設定してしまうといった、単純ミスまで犯してしまいます。

同じ企業に再応募

以前に別の転職エージェントから紹介してもらい、採用に至らなかった企業を、後日別の転職エージェントから紹介されることがあります。

スケジュールだけでなく、いつどの企業へ応募して採否結果までしっかり管理をしていないと、何度も同じ企業に応募し続けることになります。

一度不採用になった企業に、何度も応募し続ければ企業側からの信頼だけでなく、転職エージェントからの信用も失くしかねません。

一度信用を失くしてしまうと、その後のエージェントからのサポートは期待できなくなります。

人によって違うアドバイスに迷う

複数の転職エージェントに登録すれば、それだけ多くのアドバイザーから様々な情報やアドバイスを貰えます。

ですが、その貰った情報内容やアドバイス内容がアドバイザーによって違うこともあり、何を信じていいのか迷ってしまうこともあります。

気が弱い方であれば、押しが強いアドバイザーに流されてしまう可能性もあります。

アドバイザーは転職者のためにより良いと判断したことを、アドバイスしてくれます。複数のアドバイザーがそれぞれに違うことを言ったとしても、どれも転職者のためのアドバイスです。

自分の信念や目標をしっかり持っている方であれば、自分が目指す方向を示してくれるアドバイスを信じればいいと理解できます。

ですが、押しに弱く他人に流されやすい方の場合には、アドバイザーとの面談をするたびに自分の考えまでコロコロと変わってしまう可能性もあります。

求人情報の精査が大変

もし、自分が転職市場で価値のある人材だと評価された場合、複数の転職エージェントに登録をしていると、どのような状態になるか分かるでしょうか?

評価が高いということは、それだけ紹介できる求人が多いということです。当然1日に届くスカウトメールの数も想像を超えることでしょう。

例えば、1日に1社から30件ほどのスカウトメールが届いたとします。

その30件の中から自分が望むような求人情報を探し出さなければなりません。結構な手間です。これが、4社、5社となったらその数は100件を超えます。

中には重複した情報もありますので、それらを整理するのも大変です。

転職サイトでの煩わしさを解消したくて転職エージェントに登録したのであれば、全く意味がありません。

転職エージェントを複数利用する際に知りたいと選び方

転職エージェントには大きく分けて

  • 様々な業種・職種の情報がある総合型転職エージェント
  • 特定の業種・職種に特化した特化型転職エージェント

があります。

複数の転職エージェントに登録する場合、総合型に偏って登録したり特化型に偏って登録したりするのではなく、自分の転職プランに合わせて組み合わせて登録をします。

転職プランとは、希望する職種・業種・勤務地・年収・雇用形態などの条件のことです。

希望する職種や業種が決まっている場合は、総合型1社と希望する職種・業種に特化した特化型2社~3社に登録します。

年収や雇用形態はなんとなく決まっているけれど、職種や業種を決めかねているのであれば、総合型2社以上に登録し、スキルに見合った求人を見ながら目標を決めていきます。

ある程度職種や業種が決まったら、特化型に登録します。

これまでフリーターやニートだった既卒者の方や障害のある方は、それぞれに特化した転職エージェントと、総合型のエージェントへの登録をお勧めします。

どちらにしろ、最低でも3社の転職エージェントへの登録をお勧めします。それでは総合型・特化型転職エージェントのメリット・デメリットとそれぞれのおすすめの転職エージェントを解説していきます。

総合型の転職エージェントとは?

メリット

業種・職種に制限が無いので、より多くの求人情報を見ることが出来る

特に希望する職種や業種が決まっていない転職者にとって、より多くの業界の求人を見ることが出来るといったメリットがあります

異業種・異職種への転職の可能性が高くなる

経験やスキルから、他業種を紹介してもらえる可能性が高くなります。

大手転職エージェントの場合が多いので、求人数も最大10万件以上

総合型の場合、大手転職エージェントが運営していることが多いので、保有している求人数も最大で10万件以上あり、より自分が希望するような求人を見つける確率が高くなります。

デメリット

業界に特化した知識を持ったアドバイザーが少ない

様々な業種との付き合いから、1つの業界に特別強いといったアドバイザーが育ちにくいといったデメリットがあります。

情報過多で迷う

就職の方向性が決まっていない転職者にとって、より多い情報というのは迷いの原因となることもあり、反って迷いを促進してしまいます。

おすすめ総合型転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手で、歴史も古く実績も申し分ありません。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

DODA

DODA

業界No.2ですが、歴史はリクルートとあまり変わりありません。

求人情報の保有数は、公開・非公開合わせて10万件以上あり、この数は業界トップです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

手厚いサポートで有名です。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

女性の働く場を提供することを目的で創業された企業でもあるパソナグループの運営です。

特に女性の転職サポートに強みを持っています。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

特化型転職エージェントとは?

業界に特化した転職サポートを行っていたり、20代転職者や中高年転職者など、年齢に制限を設けて転職サポートを行っていたりします。

メリット

業界に特化した転職エージェントの場合、その業界に強いアドバイザーがいる

特定の業界出身のアドバイザーが多く在籍しているので、その業界について詳しく、的確なサポートが望める。

デメリット

  • 業界特化型の場合、求人件数が少ない
  • 20代転職者に限定した特化型の場合、ハイクラス求人が無い
  • 中高年転職者に限定した特化型の場合、ハイクラス・管理職の求人が殆ど

おすすめ特化型転職エージェント

外資系に強い転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

世界最大級の転職企業である株式会社アデコが運営しています。世界中に拠点を持っていることもあり、アジアから欧米まで幅広く対応できます。

日本国内には160の拠点があるので、地方での就職支援も期待できます。

応募書類の添削は、外資系担当のキャリアコンサルタントが行います。

JACリクルートメント

JACリクルートエージェント

海外9か国に拠点があり、ネイティブエージェントから現地企業の情報を聞くこともできます。

英語での応募書類は、現地のネイティブエージェントに添削してもらえます。

通常の転職エージェントでは、担当アドバイザーは1人が担当しますが、JACの場合、求人ごとにアドバイザーが担当をしているので、複数のアドバイザーから求人情報を紹介してもらえます。

IT系に強い転職エージェント

マイナビエージェント(IT)

元々IT系に強いマイナビがわざわざITに特化して立ち上げた転職エージェントです。

アドバイザーの中にはIT・Web業界出身者もいるので、専門的な話もできます。

求人は首都圏や主要都市部に集中していますので、地方での転職を希望する方には不向きです。

レバテックキャリア

元IT企業が運営しているIT業界に特化した転職エージェントです。

年間3,000社以上の企業を訪問して情報を収集しているので、情報量の多さが強みです。

TechClipsエージェント

首都圏のIT求人に特化した転職エージェントです。首都圏での就職を希望している方には向いています。

他のIT専門の転職エージェントとの違いは、AIやデータサイエンスなどの最先端分野にもコネクションがあるという点です。

新しい分野で活躍したい方に向いています。

看護師に強い転職エージェント

看護ルー

業界トップの求人数で全国の求人情報を持っています。求人数は9万件を超えていて、その9割が正看護師の求人です。

利用者の満足度も高い転職エージェントです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビが運営する看護師に特化した転職エージェントです。当然サポートエリアは全国で、地方での転職もできます。

正規雇用の求人が7割と高めですので、正規で働きたい方にお勧めです。病院だけでなく、介護施設の求人も充実しています。

薬剤師に強い転職エージェント

薬剤師転職.com

約4万件の求人数があり、その8割が調剤薬局です。また、7割が正社員の求人です。拠点は主要都市6か所ですが、全国の求人があるので地方での転職も期待できます。

利用者の満足度が96%とかなり高いことから、満足できるサポートを期待できます。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

業界大手のマイナビが運営する転職エージェントです。

病院やドラッグストアの求人が殆どですが、治験コーディネーターや臨床開発モニターなどの求人もあります。

正社員求人が4万件以上あるので、正社員で働きたい方にはお勧めです。また、地方の求人も充実していますので、地方での就職を希望している方にもお勧めできます。

一番少ない県でも140件以上あります。

第一次産業に強い転職エージェント

第一次産業ネット

第一次産業ネット

第一次産業への転職・就職を支援している転職エージェントです。未経験者OKの求人も多いので、キャリアチェンジを考えている方に向いています。

転職サポートだけでなく、就農セミナーや農業体験などのイベントも行っています。

あぐりナビ.com

農業に特化した転職エージェントです。

製造業に強い転職エージェント

メイテックネクスト

製造業に特化した転職支援企業です。40年の歴史を持つ老舗です。アドバイザーも製造業出身なので、専門的なアドバイスを期待できます。

就職成功者の中には、40代の方もいるので、中高年の転職者にも期待できる転職エージェントです。

テクノプロキャリア

IT系・電気・機械のエンジニアの転職に特化した転職エージェントです。他企業とのネットワークもあり、地方求人も充実しています。

それぞれの良いところをうまく活用しましょう。次は大手転職エージェントと中堅転職エージェントのメリット・デメリットを解説します。

大手転職エージェントのメリットとデメリット

大手転職エージェントの殆どが、歴史が古く実績があり、大手企業の求人情報が多いといったメリットが目立ちます。

ですが、利用する方にとってはデメリットでしかないという場合もあります。

メリット

求人数が多い

公開求人だけでなく、非公開求人の数も多いのが大手転職エージェントの強みの1つです。

実績がある

大手転職エージェントの多くは歴史が古く、人材紹介のノウハウを持っています。また、有名ということもあって利用者も増えるので、どんどん実績を積むこともできます。

大手企業からの求人が多い

実績があるということは、それだけ企業側からの信頼も高いということです。そのため、大手企業も安心して求人を任せることが出来ます。

地方にも支店や営業所があり、地方での就職にも活用できる

大手転職エージェントの場合、拠点を所要都市だけでなく、地方にも設けることでより多くの方に利用してもらえるようにしています。

地方の企業も、大手転職エージェントであれば信用することが出来るので、取引をします。

デメリット

経験が浅かったり、スキルが高くなかったりするとサポートを断られる

転職エージェントは、基本成功報酬制ですので、転職市場での価値が高い方へのサポートを優先させてしまう傾向にあります。
転職市場での価値が低いと判断された場合、サポートを断られることもあります。

第二新卒やニート、フリーターといった正社員経験が無い方や就業経験が無い方の場合、断られる可能性が高いです。

大手企業の求人しかない

大手転職エージェントの場合、コンサルタント料が高いということもあり、求人にあまり予算をかけたくないベンチャー企業や中小企業の利用が少なくなります。

中小の転職エージェントのメリットとデメリット

あまり名前の聞いたことが無い転職エージェントや、最近よくテレビCMで見かけるようになった転職エージェントの場合、大手の転職エージェントと違い、歴史が浅く就職サポートのノウハウが無いといったイメージがあります。

ですが、中小の転職エージェントの中には、利用者の評価が高い会社もあります。

メリット

スキルや経験が無くても見放さない

中小の転職エージェントの中には、第二新卒・フリーター・ニートといった経験の浅い若年層を対象として転職サポートを行っている企業があります。

大手転職エージェントで断られても、中小の転職エージェントを通じて就職できたという話も聞きます。

中小企業やベンチャーの求人が多い

大手転職エージェントのデメリットでも話した通り、コンサルタント料の関係で中小企業やベンチャー企業の求人が中小の転職エージェントに偏ってしまいます。

経験が無い若年層を積極的に採用するのは、殆どが中小企業です。新卒の獲得に失敗している経緯もあり、少しでもやる気のある若い人材を求めるので、若年層がよく利用している中小の転職エージェントに中小企業の求人が集中します。

目的に特化したエージェントが多い

20代の方を対象とした転職エージェントだけでなく、業種や職種に特化した転職エージェントが多いのも、中小転職エージェントの特徴です。

大手の転職エージェントでも利用者を限定するような転職エージェントを運営していますが、中小の転職エージェントの場合は、そのエージェントのみを運営していることが多いので、目的に合った情報が集中するといったメリットがあります。

大手転職エージェントにはない、独自のサービスがある

初めての転職者のために、就職後にも手厚くサポートをしたり、独自の適職診断テストを使って分析をしたりと、独自のサービスを提供しています。

デメリット

求人情報が少ない

歴史が浅かったり、実績が無かったりとなかなか企業側からの信頼を得ることが難しく、求人情報が集まらないといったデメリットがあります。

アドバイザーの能力が低い

歴史が浅いということは、それだけ転職者を扱った数も少ないということです。そのため、アドバイザーが経験を積むことが難しく、能力が期待するほど高くないといったデメリットがあります。

急成長を果たしている転職エージェントの場合、急遽アドバイザーの数を増やさなければならず、経験の浅いあまり能力が高くないキャリアコンサルタントなどを採用せざるを得ないという背景があります。

社内教育のノウハウが無いということも、アドバイザーの能力が低い要因でもあります。

地方に弱い

多くの転職エージェントが拠点を都心部に置いています。大手であれば、全国に支店や営業所を設けることもできますが、それほどの力のない中小の転職エージェントの場合、地方に拠点を設けることが難しいといった現状があります。

地方に拠点が無いということは、地方の求人を集めることが難しいというデメリットも生みます。そのため、地方での就業を希望する転職者にとっては、利用してもあまり意味が無いと言えます。

複数の転職エージェントを使う注意点

掛け持ちしていることは必ず伝える

複数の転職エージェントに登録した場合、それぞれのエージェントにその事実を隠している方がいますが、トラブルの元になりかねないので、必ず他のエージェントも使用していることを伝えましょう。

例えば、同一企業からの求人を別々の転職エージェントから紹介された場合、どちらかを断らなければなりません。

正直に他のエージェントを使っていることを先に伝えていれば、断るときにも「他のエージェントから先に紹介されました」と言えます。

ですが、他のエージェントを使っていることを秘密にしていた場合、事実とは違う理由を伝えることになります。

この場合、断った理由によっては、今後希望に沿わない求人を紹介されてしまうことになります。

また、紹介してもらった求人を断った後で、他のエージェントを通して応募していることがばれてしまったら、エージェントだけでなく企業側からも信用を失ってしまいかねません。

初回の面談時に、他の転職エージェントにも登録していることを伝えましょう。

同じ求人・同じ企業に何度も応募しない

複数の転職エージェントに登録をしていると、以前断られた企業を、他の転職エージェントに紹介されることがあります。

この時、断られた事実を隠して応募したら、あなたの信用を失うだけでなく、転職エージェントと企業の間のトラブルに発展してしまうこともあります。

同様に、ほぼ同時に同じ企業を複数の転職エージェントから紹介されたからと、全てに応募するのも、モラルを疑われてしまいますので、絶対にしてはいけません。

情報共有が信頼を得る鍵

もし、同じ企業の求人を複数の転職エージェントから紹介された場合は、一番信頼できるエージェントから応募します。

残りのエージェントには、他のエージェントから先に紹介されていると伝えてお断りをします。

正直に伝えることで、残りのエージェントから今後この企業の求人は紹介されません。

また、エージェントから紹介された企業に不採用通知を貰った場合も、残りのエージェントに伝えておきます。

一度断られた企業の紹介が無くなり、より就職の可能性が高い企業の求人を紹介してもらえます。

就職までのスケジュール管理が重要

複数の転職エージェントから求人を紹介してもらった場合、第一希望の企業の面接と採否の日程が最初になるように、スケジューリングします。

例えば、第2希望・第3希望の企業から、採用の連絡が来た場合、入社の返事をする期間が第1希望の採否結果が出る前だと、第2希望・第3希望の企業を断ってしまいます。

その後、第1希望の企業から不採用の連絡が来た場合、折角決まりかけていた就職のチャンスを逃してしまいます。

間違った選択をしないためにも、スケジュール調整をしっかり行う必要があります。

最後に

複数の転職エージェントに登録することで、より良い求人に出会うことができ、早期に転職することが出来ます。

決してマナー違反ではなく、むしろそれぞれのアドバイザーへの良いプレッシャーになるので、より積極的なサポートを受けられるようになります。

複数の転職エージェントの、良いところを上手に活用することで、より良い情報を得られることが出来ますので、是非、複数転職エージェントに登録しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。