転職面接で志望動機を聞かれたら?答え方のポイント

転職面接の志望動機

転職における面接では、志望動機を必ず聞かれます。新卒のときももちろん聞かれる項目ではありますが、転職の面接ではそれよりさらに重要視される質問です。

とはいえ志望動機はエントリーシートや履歴書にも必ず記載しているもの。それなのにどうして面接でも志望動機についての質問が重要視されるのでしょうか。

今回はその理由と、志望動機を伝える際のコツなどをまとめてみました。これから面接を控えている方はぜひ参考にしてください。

転職面接における志望動機とは

そもそも志望動機とは何かを知っておかなければいけません。「何を」「どうして」志望しているのかを語るものですが、企業にとっては「たくさんある会社の中で、どうしてこの人は当社を選んだのか」を確認するための質問です。

つまり、志望動機とはこれに対する答えになっていなければいけないのです。面接官や採用担当者に「なるほど、だから当社に応募しているのか」ということが伝われば、成功です。

よく複数の会社に同じような志望動機を使いまわす人がいますが、どの会社にでも言える内容では面接官や採用担当者に「なるほど」と言わせることはできません。

必ず「当社でなければ」「当社だからこそ」と思わせる理由を盛り込み、具体的に説明できるようになっていなければいけません。

志望動機でアピールすべきこと

志望動機は分かりやすい言葉でまとめること、自身の体験したエピソードを入れること、など心がけておきたいポイントがいくつかあります。

下記に列挙するので、これを意識して志望動機をまとめてみてください。

応募企業を選んだ理由

一番に明確にしなければいけないのは、「その会社を選んだ理由」です。これがしっかりしていると、採用担当者にどれだけ応募企業のことを調べているかということをアピールできます。

「どの会社でもいいわけではない、応募先企業が良いのだ」という熱意を込めましょう。とはいえ新卒採用のときのように熱意だけを買ってくれるわけではないので、しっかりと企業のことを調べ、論理的に語れるようにしておきましょう。

応募先企業の一致点を見つける

志望動機をまとめる際、自分と応募企業の接点を軸に考えると上手くいきます。簡単に言うと「自分には〇〇というビジョンがあり、御社の〇〇でならこういうビジョンを実現できる」という考え方です。

ただ単に「御社は〇〇が素敵だ」「御社は〇〇がいい」などと褒めるだけより、説得力があるはずです。自分のビジョンと、企業との接点を見つけましょう。

 貢献度もアピール

どれだけしっかりした理由があり、ビジョンが見えていたとしても、企業にとって必要のない人材であれば採用されることはありません。

ですから自分が入社することで応募企業にどのようなメリットがあるのか、という点もしっかりアピールしておかなければいけません。

これには自分がこれまでの仕事で培ってきたスキルや仕事に向き合う姿勢、人脈などを盛り込むと上手く伝えることができます。

事業内容への共感

応募企業独自のサービスや、強みについてフォーカスすることもおすすめです。企業の姿勢に賛同することは、採用担当者の「この人なら社風に合うかもしれない」という安心感につながります。

無理に褒め称える必要はありませんが、“その会社ならではのもの”に魅力があったなら、それも盛り込んでおきましょう。どの会社でも売りにしているものは絶対にひとつはあるので、それを探しておくことが大切です。

体験エピソードなど具体例を交える

考えていることを語るだけでは具体性がありません。そんなときは自身の体験や、志望するに至ったエピソードなどを付け加えると良いでしょう。

「○○という経験をして、御社の〇○に興味を持った」ということを膨らませれば、現実味の増したアピールになるはずです。

転職の理由と魅力を関連づける

志望動機を考えるとき、どうしても応募先企業の事業内容や取り扱っている商品、サービス、社風などのうち、魅力に感じたことを伝えればよいと思ってしまいがちです。

しかし自分が魅力に思っている点というものは、ほかの人も同様に魅力だと思っているはずです。つまり、自分が応募先企業に対して魅力に感じたことを語っても、「自分が志望した動機」としては弱いのです。

自分が転職したいと思ったときのことを考えると「給料をあげたい」「もっと活躍したい」などいろいろな理由があったと思います。

この理由と、応募先企業に感じた魅力を関連づけると説得力があります。例えば「自分は○○というスキルを持っているがこれまで生かしきれていなかった。

御社であれば○○を生かして○○ができそうだ」というイメージです。とはいっても「前職では忙しい割に給料が安かったから、御社ではゆったり仕事をしつつお金をたくさんもらいたい」などといったあからさますぎる理由は避けておいたほうが無難です。

 入社後のキャリアについて語る

応募先企業の展望や事業計画に絡めて志望動機をアピールするという方法もあります。自分は企業がこれから目指していきたいと思っているビジョンに合致している人物だということを伝えるのです。

その中で「業界の中でなぜ御社を選んだのか」ということも伝えられたら、強い志望度をアピールすることができるでしょう。

そのためには業界分析、企業研究を繰り返して、応募先企業が業界内でどのような特徴、長所を持っているのかを知らなければいけません。

一例ですが「自分はこれから中国市場に大きなビジネスチャンスがあると考えている。御社は同業他社に比べていち早く中国に出店した経歴がある。だから御社で働きたい」という論理構成などです。

志望動機は「自分」にとっても「会社」にとってもwin-winになるように

志望動機というと、自分をアピールすることだと思って「ずっとやりたかった仕事だ」「大学で学んだことが活かせる」「福利厚生が充実しているので安心して働ける」といったことを伝えてしまう人がいます。

でもこれらは単なる自分の要望でしかありません。自分がやりたいことをやりたいようにやれそうだから転職したいと思った、と言っているのと同じです。

これでは採用担当者に「雇った場合どれだけ会社に貢献してくれるか」ということが伝わりません。会社は慈善事業で人を雇っているわけではないので、利益や成果を生み出す人を必要としています。このことを必ず頭に入れておきましょう。

アピールすべきは「自分を雇うと御社にこれだけの利益を生み出すことができる」ということです。自分にとってもいい転職であること、そして応募先企業にとってもいい子様だと思われてはじめて、いい志望動機と言えるでしょう。

こんな志望動機はNG

せっかく考えた志望動機が、NGになってしまうこともあります。下記の点に注意してください。

身なりや姿勢で説得力を

いくら志望動機が立派でも、しわだらけのスーツにヨレヨレのネクタイ、フケのういた髪の毛といった風貌では、面接で落とされてしまうでしょう。

しっかりとした志望動機は身だしなみが整っていてこそ説得力があるものです。また、姿勢も重要です。

うつむいたまま話していたり、目を泳がせて視線を合わせなかったりすると、それだけでマイナス評価です。

せっかく用意した志望動機も聞いてもらえないでしょう。志望動機を述べる際は、背筋をまっすぐ伸ばし、明るい表情ではきはきした発生を心がけましょう。

履歴書に書いたことは復唱しない

よく、履歴書に書いた志望動機をそのまま暗記して面接で話す人がいます。これは無意味なこと。面接官や採用担当者は面接が始まる前に履歴書をきちんと読んでいます。

ですから復唱するのではなく、履歴書に書いたことを補完する気持ちで、改めて詳しく伝えるようにしましょう。

とはいっても履歴書に書いてあることと全く違うことを言ってはいけません。履歴書には「御社のインターネット事業に大きな可能性を感じている」と書いていたのに、面接では「御社の自由な社風に惹かれた」と語ってしまったとしたら、面接官は何が本当の志望動機なのかわからなくなってしまいます。

言うことが二転三転してしまう人なのかと思われてしまうこともあります。あくまで履歴書に書いた志望動機は簡易版だと考え、面接ではより発展性のある志望動機を述べてください。

コミュニケーション力も必要

面接の場では誰しも緊張してしまいがちです。そのため頭に叩き込んだ志望動機を言おうとするあまりに、会話が成立しなくなってしまう人がいます。

例えば「弊社のどういう事業が気になりますか?」と聞かれただけなのに「私は前職でチームリーダーの立場でスタッフの教育に携わってきたので、御社でマネジメントがしたいと思っています」などと全く違う角度から志望動機を語ってしまうことがるのです。

これでは面接官も困ってしまいますし、会話力がないと判断されてしまいます。志望動機を語るのは「志望動機を教えてください」と言われてからにしてください。

面接では自分のことをより多くアピールしようと意気込んでしまいがちですが、面接もコミュニケーションの場です。

面接官の質問の意味をしっかり把握し、聞かれたことに答えるようにしてください。質問の意味がわからなかった場合や聞き取れなかった場合は無理に語ろうとせず、素直に聞き返してOKです。

企業研究をしていない志望動機

「企業理念に共感した」「社会貢献がしたい」といった漠然とした志望動機では説得力がありません。企業が知りたいのはその先の、「どのようなところに共感したのか」「なぜそう思ったのか」「どんな社会貢献がしたいのか」「どうしてうちの会社なのか」ということです。

そんなとききちんと企業研究ができていなかったとしたら、はっきりと答えられないはずです。答えられないということは企業研究ができていないと思われてしまうこととイコールなので、注意してください。

感情や気持ちを語るのではなく、論理的に面接官を納得させなければいけません。

緊張しすぎない

面接ではどうしても緊張してしまうものです。ですが緊張のあまり黙り込んでしまったり、言いたいことを伝えられなかったとしたら大変もったいないことです。

そんなときは「10秒だけ考えさせてください」などと伝えても良いでしょう。また、事前に「これだけは伝えたい」というリストを作っておくのもおすすめです。

すべての問いに上手に答えることができなくても、自分が伝えたいと思ったことだけ伝えようと思えば、少しリラックスして面接に臨めるはずです。

転職指南書の受け答えをしない

転職に関する参考書や指南書、情報サイトはたくさんあります。ですがこれをもとに志望動機を考えるのはNGです。

なぜなら面接官は何人もの面接を行っているため、参考書などに載っている志望動機の例を何度も聞いていることが予想されるからです。

また、自分で考えていない志望動機では、質問された際に上手く答えられないこともあります。参考書の内容はあくまで参考まで。志望動機は必ず自分で考えてください。

労働条件のことばかり言わない

転職者にとって前職より給料が良く、条件の良い会社を選びたいというのは当然のことです。しかし面接で「給料が高いから」「残業が少なくて楽そう」「福利厚生が充実している」などを志望動機のメインに据えてはいけません。

こういった条件面が志望動機なのであれば、ほかにいい条件の会社が見つかったらそこへ行ってしまうんだろうな、条件が良ければどこの会社でもいいんだろうなと思われてしまいます。

ほどよい長さにまとめる

面接で志望動機を述べる際は、1~2分、長くても3分以内にまとめるようにしてください。1分以内に終わってしまうような内容では薄すぎて志望動機が弱いと思われてしまいますし、3分以上も語ってしまうと要点がぼやけて何が大事なポイントなのかわかりづらくなってしまいます。

どんなに素晴らしい内容だとしても、「きちんとまとめる」という点も面接では評価されるのです。

前職についてのネガティブな話は避ける

転職の面接では前職についても質問されます。「どうして転職したいのか」と聞かれると思いますが、そのときに「前の会社の社長が嫌いで」「残業が多すぎて疲れた」といったようなネガティブな気持ちをさらけ出してはいけません。

「不満があったら別の会社で悪口を言うのだな」と思われてしまったり、「前の職場が嫌だったからうちに期待だけなのだ」と思われることもあります。

ネガティブなことは聴いているほうもしんどくなってしまいますし、どんなときも人はネガティブな理由で選ばれるよりも、ポジティブな理由で選ばれた方が嬉しいものです。

志望動機は必ずポジティブな内容に仕上げましょう。

かっこつけすぎない

企業は応募者の可能性を面接で見極めています。ですから自分自身の体験や考えを基に、「この会社で働きたい」という熱意をアピールできればOKです。

中には自分のスマートさをアピールしようと難しい話や経済論などを面接で語ろうとする人もいますが、面接ではこういった話はあまり必要とされません。

「なぜ当社を選んだか」という問いに繋がることだけを話すようにしましょう。

まとめ

転職の面接では、志望動機の内容が重要です。志望動機の基本は、履歴書に書いた志望動機を発展する形で「なぜ御社なのか」「どんな風に活躍したいのか」「そう思った理由には何があるのか」を明確に伝えることです。

企業は自社で長く活躍してくれる人を求めています。そのことを頭において、よりよい志望動機を作成してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。