大企業に転職したい人必見!大手企業に転職できる転職エージェント6選

大企業に転職できる転職エージェント

現在中小企業に務めているけれど、さらなるキャリアアップを目指して、大手企業に転職したい。現在大手企業で勤めているけれど、違う大手企業にてスキルを磨きたい。

など、大手企業への転職を検討しているのなら、おすすめは「大手企業の求人を保有している転職サービスを利用すること」です。

大手企業に特化した転職エージェントなら、一般的な転職エージェントと違って大手企業の求人が豊富ですので、求人探しに苦労しないでしょう。

ここでは、大手企業に特化した転職エージェントの解説や、おすすめの転職エージェントをご紹介していきます!

大手企業への転職には転職エージェントを活用しよう

大手企業への転職を狙うなら、転職エージェントを活用したほうがメリットがたくさんあります。

大手企業の求人は、転職エージェントに集まりやすいです。なぜなら、転職サイトで一般公開してしまうと求人が殺到し、選考に手間がかかってしまうからです。

転職エージェントに非公開という形で依頼すれば、エージェントが厳選した人材を紹介してくれるので、手間が省けます。

また転職エージェントでは、転職サイトと違ったサービスがいくつかあります。

転職エージェントのメリット
  • 担当のキャリアアドバイザーがつき、さまざまなサポートをしてくれる(書類対策・模擬面接)
  • 自分の希望する求人をいくつか紹介してもらえる
  • 業界分析や選考の情報提供
  • 企業との面接日程調整
  • 年収条件などの交渉
  • 入社のフォローや入社後のサポート

こうしたサポートやアドバイスがあれば、客観的な意見を取り入れながら選考対策などができます。さらに企業別の独自の情報や「面接のときはこういう質問がくる」といった情報も提供してもらえますから、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

これらがすべて無料で利用できるのも、大きなメリットです。是非、活用しましょう。

転職エージェントのデメリット 転職エージェントのデメリットには何がある?転職エージェントを使う際の注意点とは

大手企業への転職におすすめの転職エージェント

転職エージェントは、複数存在しており、どれを利用すればいいのか迷いやすいですよね。

ここでは、大手企業への転職に役立つ転職エージェントを8つ、ご紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートが運営している転職エージェントです。最大手の転職エージェントであり、求人数は業界No.1。圧倒的な求人数で幅広い業界を揃えています。

リクルートが大手企業ということで信頼度は高いのですが、コンサルタントの質にばらつきがあるのが難点。

しかし、大手企業の求人は主に大手エージェントであるリクルートエージェントに流れているケースが多いので、大手企業の求人を検索するのには向いています。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

リクルートエージェントについでNo.2の求人数を誇るのが、dodaです。

「従業員数1,000人以上」で求人検索すると、およそ500件超えの求人が表示されました。これは公開求人のみの数となり、非公開求人はおよそ公開の4倍と言われているので、非公開の求人も合わせればおおよそ2,500件以上の大手企業の求人があると思われます。

求人数が圧倒的なリクルートエージェントと合わせて登録するだけで、かなり広範囲の大手企業の求人を検索することが可能ですから、両者を合わせて利用することをおすすめします。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴は、一人のコンサルタントが企業と求職者ともにコンサルタントを担当している点です。通常は、求職者用のコンサルタント・企業側のコンサルタントと別れているのですが、この形態をとっているのは特殊だと言えます。

企業と求職者の両者を担当することにより、企業の実態や求めている人材の理想像をしっかりと把握しつつ、求職者のスキルと照らし合わせて提案してくれます。ですから求職者にとっては、企業とのミスマッチが防げるのです。

しかしJACリクルートメントは利用ハードルが高いです。スキルが足りない、などの理由で求人紹介すら拒まれるケースも珍しくありません。

しかし、大手企業出身である若手や、中小・ベンチャーで結果を出している優秀な人材であれば、かなり有料な大手企業求人を紹介してもらえるでしょう。

現在は売り手市場ですから、求人の条件も多少は緩んでいるはずです。登録だけは誰でもできますから、まずは登録からチャレンジしてみるのもいいでしょう。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

ビズリーチ

ビスリーチ

ビズリーチは、ハイクラスの転職サイト。大手企業出身者や大手企業の転職を本気で目指す人におすすめです。

登録をするだけで、「面接確約のスカウト」が届きます。現在の年収が高ければ高いほど、より良い年収の求人スカウト届く仕組みとなっているのが特徴です。また、特定の業界や職種に特化したエージェントも在籍していますから、専門家の意見が聞けるのも良いですね。

ヘッドハンティングの場として、中小の転職エージェントも利用しているビズリーチですから、ハイクラスの転職を目指すなら是非とも登録しましょう。

ビスリーチ ビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、総合人材グループ大手であるパソナグループが展開しています。そのネットワークを活かし、大手企業の求人を多数そろえているのが特徴です。さらにパソナキャリア経由での年収アップ率は67.1%と、高い実績もあります。

親身で丁寧なサポートが受けられるので、キャリアカウンセリングの評判も高いです。はじめて転職する方には、安心できる転職エージェントではないでしょうか。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、規模が大きなエージェントではありませんが、コンサルタントの質が高くおすすめの転職エージェントです。

クライス&カンパニーに所属しているコンサルタントの数は20名弱と、他の転職エージェントと比較すれば人数が少なめです。しかし、キャリア相談の満足度が高く、評判も高いです。

筆者も実際に利用しましたが、人生レベルで自分のキャリアを深く考えてくれたので、とても信頼しています。プロとしての的確なアドバイスは、転職時のなによりも支えになりました。

しかしクライス&カンパニーは、ハイクラスの求人が多く揃えられています。特に30代以上の求人がメインとなるので、20代や第二新卒の方には利用しにくいのがデメリットでしょう。

大手企業の転職に併せて利用したい転職サイト

こちらは転職エージェントではありませんが、エージェントと併用して利用すると、さらに効率が良いサイトをご紹介します。

リクナビNEXT

リクナビネクスト

こちらは転職エージェントと違い、キャリアカウンセリングなどを行いません。自分で求人を検索し、応募する形の転職サイトとなります。

リクナビNEXTは、その転職サイトの中でも最大手。従業員数1,000名超えの条件で検索すると、おおよそ1,500件以上の求人がヒットしました。

それだけ大手企業の求人が揃えられている、ということですね。転職エージェントと比較すれば数は少なめですが、転職サイトとしてはトップクラスの数です。是非、エージェントと併用しましょう。

リクナビネクスト リクナビネクストの評判から見た特徴、向いている人や向いていない人を解説

Vorkers

Vorkers

Vorkersは、在籍している会社員がリアルな口コミを投稿するサイトです。特に大手企業となると、従業員数が多いので口コミが多いです。情報収集のために、積極的に利用しましょう。

もしもあなたが現在大手企業に務めているのであれば、実際にその会社を調べてみてください。年収事例や残業の実態など、かなりリアルな情報が溢れているのではないでしょうか。

自分が希望する企業以外でも、自分が気になったり知りたい業界の会社の口コミを見てみるのも、面白いですね。

まとめ

転職活動を開始してから内定を得るまでの期間は、平均で「3ヶ月」だと言われています。

もしもあなたが転職を決意したのなら、早めの準備が大切です。特に転職繁忙期に突入してしまうと、転職エージェントのコンサルタントも忙しくなってしまい、十分なサポートが受けられない可能性も考えられます。余裕を持って事前準備を行っておくと、効率よく転職活動を行えますよ。

転職エージェントのコンサルタントは、積極的に利用しましょう。今後のキャリアの視野が広がりますし、思ってもいないような企業との出会いもあるかもしれません。

新卒の時には大手企業の内定を逃してしまった方でも、十分にチャンスがあります。一歩踏み出して、行動してみましょう!

大企業への転職方法 大企業へ転職する方法とは?有名企業へ転職するコツを解説 大企業に転職するメリット・デメリット 大企業で働くメリットと意外なデメリットとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。