面接で最後に一言を聞かれたときに上手に答えるコツと例文

転職面接の自己紹介

面接の最後に、「何かひと言ありますか」といわれることがよくあります。このときにどう答えるべきか考えたことはありますか。

自分を印象づける最後のチャンスとして、締めくくりの言葉を最大限に利用したいものです。転職めざして就活中の方は、これから解説することをぜひ参考にしてみてください。

転職面接では最後にひと言をなぜ尋ねられるのか

①採用ライン上に応募者がいる

面接の最後に「ひと言ありますか」といわれる理由のひとつに、応募者の合否を面接官が決めかねていることがあります。いい人材だと思うけれど、ぜひ採用したいと思えるほどでもなかったケースです。この場合は、あと少しプラスの材料がないだろうかと期待して、「ひと言」のチャンスを応募者に与えています。

興味がなければ、人事担当者は面接に時間をかけません。好印象をもってくれているからこそ、その応募者は最後に話せる機会を与えられているのです。

②応募者の人柄をさらに深く知ろうとしている

入社後に戦力になりそうな性格かどうかを見極めるために、面接官は「最後にひと言」を応募者に話させることがあります。業務には適性があるため、性格を吟味することも採用を決定するうえでは大切です。いい質疑応答だったけれど、人柄まではよくわからなかったと担当者が感じたとき、最後のコメントから人間性を探ろうとすることがあります。

会社によってさまざまですが、面接時間は長くても1時間弱といったところです。複数の面接官がいますし、1人の人事担当者に割り当てられている時間は多くありません。スキルや経験などの実務的な問いを優先したために、性格をチェックできないこともあります。関心をもってもらっているのですから、人柄をアピールできるコメントを最後に残したいものです。

③同点の応募者が複数いる

採用する人を最終決定するために、面接官はあえてひと言を最後に話させることがあります。ほぼ同点で何人かの応募者が並んでしまったときなどに行われる質問です。通常の質問はすべて終了してしまったので、プラスアルファの問いから面接官は採用者を決定しようとしている可能性があります。

それまでに十分なアピールできなかった人や、言い残した強みやスキルがある人などは、このチャンスを使って自分を存分に印象づけましょう。このときのひと言によって、合格に達することも十分にありえます。ただしだらだら話すのではなく、簡潔にポイントを絞った話し方をするようにしましょう。

最後のひと言を考えるときのポイント

「最後にひと言」の申し出があるということは、面接官はその応募者にチャンスを与えたいと思っているということです。ただの面接の感想で済ませたり、「とくにありません」と答えたりするのは、採用の芽を自分でつぶしているのと同じです。よく考え、何通りかの回答を用意しておくようにしましょう。

決して軽く考えず、面接の本質問と同様によく練り上げた答えを作るくらいの心構えが「最後のひと言」にも必要です。

入社したいという熱意を伝える

会社への熱意や志望動機は、面接中に何度か話しているはずです。ですがラストのひと押しとして、担当者にあらためて熱意を伝えておくことも大切です。すでに語ったことですから、まったく同じ話を繰り返すことはやめましょう。表現を変えて話したり、会社と接触するうちに新しく芽生えた思いなどを付け加えてアピールすると効果的です。

たとえば次のような観点から、ひと言を考えてみてください。

  • その会社への就職を熱望している真の理由
  • 面接を受けるうちに高まってきた入社への意欲

相手の目をみて熱く語るのがポイントです。自分の情熱を吐き出すつもりで、熱意を相手に伝えるように努力しましょう。

面接中にでなかった強みやスキルについて話す

アピール不足だったなと感じている強みがあれば、ここであらためて話しておきましょう。長所やスキルについては、面接中にすでに伝えてはいるはずです。

でも予想外の方向へ質問が飛んで、準備通りの自己アピールができなかった人もいるでしょう。自分のもつ力がいかに会社に貢献できるかを、この機会に余すところなく伝えてください。

面接官に丁寧にお礼をいう

最後のひと言の機会を使って、面接官にお礼を伝えるという手もあります。大きな時間とエネルギーを費やして、人事は採用業務を行っています。丁寧に感謝の言葉を伝えると、面接官に好印象を与えることはまちがいありません。礼儀正しく、他人に配慮できる人だと感じてもらえれば、評価がさらにプラスされるかもしれません。

ただの挨拶の延長のように、「どうもありがとうございました」だけでは不十分です。「本日は貴重な時間を割いていただきまして誠にありがとうございました。○○や××のお話しは大変勉強になりました。」くらいの表現は心掛けてください。面接中の話題にも軽く触れることで、締めくくりを気持ちよくまとめることもできます。

聞き逃していたことを尋ねる

まだ聞いていなかったことを、ラストのタイミングで尋ねることもできます。ただし何の考えもなしに、思いついた質問をただぶつけることはお勧めできません。

質問の形をとりながらも、相手に自分の熱意を伝えるような言葉であることが理想的です。「お仕事をされていて、○○様がもっともやりがいを感じられるのはどのようなときでしょうか?」などのように、前向きな姿勢を感じさせる質問であれば、入社する意欲が高いなという印象を与えることができます。

避けたいのは、消極的で不安を感じさせる問いです。「残業は何時間くらいですか」、「みんな転勤に行くのですか」、「当日に病気になったら休めますか」、「いままでに鬱になった社員の方はいますか」などの質問は避けるほうがいいでしょう。たとえ本当に気になっている事柄であっても、わが社に不安をもっているのかなと面接官に思わせることは尋ねないようにしてください。

そのまま使える!最後のひと言の例

入社への熱意を訴えるケース

「○○様から▲▲についてとても興味深いお話しを聞くことができ、御社で●●業務に携わりたいという気持ちがますます強くなりました。この分野では御社が最先端だと常々思っていましたが、今日はその考えに確信がもてました。微力ながらもさらなる発展に貢献したいと考えております。何卒よろしくお願いいたします。お忙しいなか貴重な時間をいただき、本日は誠にありがとうございました。」

ここでは、面接中に話題にのぼった事柄を取り上げながら、意欲が高くなったことが上手にまとめられています。質疑応答を通して会社への理解が深まった結果、そこでで働きたいという熱意が強くなったことをアピールできる表現です。

最後のお礼も大切です。面接をしてくれた人に感謝を伝えて、社会人として当然のマナーをもっていることが示せています。

強みやスキルをアピールするケース

「私のために貴重なお時間をいただきまして、本日は誠にありがとうございました。▲▲のお話しにはとても感銘を受けました。この分野でぜひ働きたいという思いを強くしております。私の◎◎がお役に立つと思いますし、御社のさらなる発展に貢献できれば幸いです。ぜひよろしくお願いいたします。」

面接中の話題を取り上げ、それと自分の強みを関連付けてまとめられたひと言です。話を聞くうちに、入社したいという熱意が強くなったことをあらためて伝えています。自己PRは面接中にすでに行っていますから、ここではそれらを強調しすぎてはいけません。簡潔にまとめ、企業に貢献したいという思いを伝えるようにしましょう。

この例文では、お礼をさいしょに述べています。感謝の気持ちを伝えるために、まずお礼から始めるフレーズ構成も効果的です。

お礼だけで済ませるケース

「本日は私のために面接時間を作っていただき、誠にありがとうございました。○○など、非常に有益なお話しを聞かせていただきましたことに、あらためて感謝をいたします。御社へ入社できましたら、△△の一員として業績に貢献させていただく所存です。お忙しいなか、どうもありがとうございました。」

強いアピールは一切せずに、感謝の言葉だけを簡潔に述べている例です。熱意や希望をあえて見せないことで、誠実で礼儀正しい人柄を印象付けることができます。

聞けなかったことを尋ねるケース

「最後に少し質問をさせていただいてよろしいでしょうか。先ほどのお話で、キャリアアップのために社員の方々は日々の努力を怠らないと○○様は述べておられました。先輩方に続くためにも、私も少しでもスキルを磨きたいと思っています。研修期間が始まるまでの間に、途中採用者が読んでおくべき書籍やしておくべき事柄はありますでしょうか。内定がもしいただければ、すぐに取り組みたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。」

質問するという体裁をとりながら、入社後の自分が努力を惜しまないことをアピールしている文例です。積極的で意欲に満ちた姿勢を相手に十分に伝えることができます。

ネガティブさを感じさせる質問はここではしてはいけません。「残業はだれでもしなければいけませんか」や「残業手当はつきますか」などの問いはやめましょう。最後のひと言は、面接の印象を決定する締めくくりの場面です。本当に気になっていることであったとしても、面接官の気持ちがマイナスに傾きそうな質問は避けてください。

「質問させていただいてよろしいですか」と、さいしょに許可を求めていることもポイントです。「何か質問はありますか」といわれた場合は、このフレーズは不要です。ですが「ひと言ありますか」という声をかけられたのであれば、それを質問に充てるための許可を得ることは、社会人の対話マナーとして大切です。

最後に一言を言う際に注意しておきたいこと

「別にありません」「とくにありません」は低評価

最後のひと言とは、面接官が応募者のために用意したラストチャンスの場合があります。これを活用できずに「ありません」で済ませると、評価を下げ、採用への扉を自分で閉ざしてしまうことも考えられます。

ひと言の時間を与えてくれるのは、応募者が採用ラインのぎりぎりの位置にいたり、人柄やスキルをさらに知っておきたいという関心があったりするからです。可能性を感じた応募者に対して、自己PRをもう一度させてあげようという面接官の厚意によるものかもしれません。これを活用できないようでは、内定は遠のくばかりです。

用意していたのに、十分な自己PRができなかったと感じているときや、熱意を伝えられたかどうかわからないと不安に思っているときは、この機会をなおさらしっかり使ってください。

思いつきで話すのは得策ではありません。最後のひと言のチャンスが与えられたときに、どういったことを話すかは事前に考えておいてください。これも面接の一部なので、本気で取り組む覚悟が必要です。臨機応変に対応できるように、何パターンかの答えを準備しておくといいでしょう。

「ひと言」のチャンスを最後にもらえないこともある

面接官の方針にもよりますが、何かひと言ありますかと声をかけてもらえないケースはたくさんあります。逆質問の機会はたいていの企業で設けていますが、最後に応募者に自由に話させる面接はむしろ少ないかもしれません。ラストチャンスがあるとは期待せず、本質問で全力を出し切るつもりで臨んでください。

応募者はたくさんいますし、1人あたりの面接時間は限られています。タイムリミットが迫っていれば、「ひと言」に触れずに面接は終了することになるでしょう。

どうしても話したいことやアピールしたことがあれば、自分からひと言だけ伝えたいとお願いしてもいいかもしれません。ただ相手に迷惑をかけないように、手短にまとめることはとても大切です。

まとめ

ラストのひと言には、面接官の印象を変えてしまうほどの力があります。少しくらいのミスやアピール不足があっても、最後に話す内容次第で合格に持ち込むことも可能です。

プラスの印象を与えるために、企業への貢献の意欲を見せたり、面接官への感謝の気持ちを伝えたりしましょう。相手の目を見ながら、自信ある態度で話すことも大切です。

「試しに、うちで働いてもらうか」と面接官も気が変わってしまうような、効果的なフレーズを用意してください。本質問と同じように、念入りに考えておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。