IT業界に転職する際に有利な資格とは?IT系のおすすめの資格一覧

IT業界におすすめの資格

IT業界で転職をする上で、資格はかならず必要というわけではありません。しかし資格をもっていると、仕事に必要な知識を得るために、努力を重ねることのできる人材だと採用担当者にアピールすることができます。

ある種の資格をとったことで、採用試験が有利に運ぶケースがあることも確かです。

IT業界の転職で役立つ一般的な資格、職種別に役立つ資格について、今回はご紹介します。

IT業界では努力量を資格でアピールする

IT関連の資格をもっていると、仕事のために努力を惜しまない人材であることを採用担当者にアピールできます。ぜったいに必要なものではないですが、あればプラスの印象を与えることができるのがIT業界のなかの資格です。

IT業界の業務は、資格がなくても本来はできるものです。転職の応募書類のなかにIT関連の資格がなくても、それが原因で大きく不利になることはありません。

とはいえもし合否ライン上にいる求職者が価値ある資格をもっていれば、それがプラスに判断されて採用にいたる可能性はあるでしょう。

せっかく取るなら知名度の高い資格を

いまではさまざまなIT関連の資格があります。資格の知名度、分野、レベルもさまざまです。転職活動で資格を有利に使いたいなら、ある程度の知名度のある資格を取るようにしましょう。

あまりマイナーな資格をとっても、それが採用試験で評価の対象になることはありません。せっかく時間をかけて勉強するのですから、多少であっても確実にプラスに作用する資格を選ぶことが大切です。

転職先の職種やキャリアに合わせた資格を選ぶ

取るべき資格を選ぶときには、めざしたい職種や自分のキャリアに合わせて考える必要があります。未経験者がもっていれば有利な資格もあれば、IT業界ですでにキャリアのある人向けの資格もあるからです。職種に合わせて、資格の選び方も変えるようにしましょう。

IT業界を目指す未経験者にお勧めの資格

未経験者は、難易度の高いIT関連資格をめざす必要はありません。基礎知識をもっていることや、IT業界へのやる気があることをアピールできれば十分だからです。

幅広い知識が問われる国家資格などは、未経験者にはとくにお勧めです。またターゲット企業の業務に関連の深いベンダー資格なども、未経験者の転職にはある程度役立つでしょう。

ITパスポート

IT関連の基礎知識と基本スキルを証明するのが、ITパスポートというインフラ系の国家資格です。これをもっていれば、IT業界への意欲を示すことができます。

基本情報技術者

IT業界で働く人にとって、入門的な価値があるのが基本情報技術者というインフラ系の国家資格です。非常に人気の高い資格で、毎年10万人以上の受験者がいます。

プログラミングに関する基礎知識を問うものなので、システムエンジニアやプログラマーとして転職したい人は、この資格取得をめざしてみるといいでしょう。

マイクロソフトオフィススペシャリスト

マイクロソフトオフィススペシャリストは、IT業界の初心者や未経験者にお勧めの代表的なベンダー資格です。マイクロソフト社のビジネスソフトである「マイクロソフトオフィス」は、ほとんどのIT企業で採用されています。

この資格は、これらの基本ソフトを使いこなせることを証明するものです。

ソフトウェアやネットワーク分野の基本的なベンダー資格

初心者向けのIT関連のベンダー資格は、業界への意欲を示すための役に立ちます。インフラ系資格は、採用試験でも評価されやすい傾向があります。

IT業界に未経験で転職する方法 IT業界に未経験で転職する方法とは?未経験での転職成功の秘訣と主な失敗理由を解説

エンジニア系、マネージャー系職種にお勧めの資格

とくにエンジニア系、マネージャー系職種での転職を考えている人向けに、お勧めの資格をいくつかご紹介します。国家資格でもいいのですが、転職で強くアピールするなら、即戦力の高さをアピールできるベンダー資格も役にたちます。

エンジニア系資格

難易度が高いものが多いですが、専門性の高い資格を取得しておけば、転職市場で高評価につなげることもできます。

ターゲット企業の職場で働くために、もっとも必要だと思われる資格をよく考えて選ぶことが大切です。

Cisco Certified Network Associate(CCNA)

ネットワークエンジニア向けには、シスコシテムズ社認定のCisco Certified Network Associateがもっとも基本のベンダー資格になります。これをもっていれば、エンジニアとして、基本的かつ実践的なスキルをもっていることが証明できます。

Cisco Certified Network Associate(CCNA)は、経験の比較的浅いネットワークエンジニア向けの資格です。さらに高度なスキルをアピールしたい人は、これよりも難易度の高いCCNPの取得をめざしてみるといいでしょう。

Cisco Certified Internetwork Expert (CCIE)

ネットワークエンジニアとして十分なキャリアとスキルのある人には、Cisco Certified Internetwork Expertの資格をお勧めします。

これはネットワーク分野ではもっともむずかしいベンダー資格です。これをもっていれば経験豊かなエンジニアだということを証明できます。

ネットワークエンジニアとしてのハイキャリア転職をめざす場合は、この資格を取っておいてけっして損にはならないでしょう。

ネットワークスペシャリスト

ネットワークエンジニア向けの国家資格です。難易度はかなり高く、合格率は13%程度です。高度な専門性の問われる試験をクリアしなければならないので、情報通信ネットワークの設計や運用面で最高峰の技術をもっていることが証明できます。

これをもっていれば、転職市場での価値をあげることもできるでしょう。

情報セキュリティスペシャリスト

情報セキュリティを専門にするエンジニア向けの国家資格です。難易度は比較的高く、合格率は15%ほどです。情報セキュリティエンジニアとしての即戦的能力を証明できるので、これをもっていれば転職市場での価値は上がるでしょう。

LPIC

これはLinuxエンジニア向けのベンダー資格です。LinuxというOSについての専門知識とスキルを証明するのがLPICです。LPICは難易度順に3段階に分かれているので、自分のスキルに合わせて取得しておくといいでしょう。

転職市場で能力をアピールするには、最高レベルのLPICをもっていることが必要です。

データベーススペシャリスト

データベースエンジニア向けの国家資格です。難易度は高く、毎回15%ほどしか合格することができません。具体的には、情報システムの企画、開発、運用、メンテナンスにおいて必要な技術がこの資格試験では問われます。

これをもっていれば、データベースの固有技術を現場で柔軟に活かせるスキルをもっていることが証明できます。

ORACLE MASTER: Platinum

データベースエンジニア向けの資格としてORACLE MASTERが挙げられます。3段階に分かれた資格で、を最難関のものが Platinumです。 Platinumを取得できれば、データベース分野では世界基準のトップエンジニアであることが証明できます。

システムアーキテクト

ある程度のキャリアのあるシステムエンジニアやプログラマー向けの資格です。この資格を取得するには、システム開発過程で指導的役割を果たせるだけの、高度なスキルをもつことが求められます。

一般的なシステムエンジニアやプログラマの立場から抜け出し、キャリアアップをめざしたい人にお勧めの資格です。

ITストラテジスト

システム開発エンジニアとしてのスキルと同時に、ITコンサルタントとしての実績をもつ人にお勧めなのがこちらの資格です。IT分野でも最難関の資格なので、これを取得すればITストラテジストとしての信頼性を大きく上げることができるでしょう。

需要が急速に大きくなってきているので、この資格をもっていれば転職で大きなキャリアアップも可能です。

プロジェクトマネージャー

システム開発のなかでも、指導的立場にあるエンジニアにお勧めなのがプロジェクトマネージャー資格です。毎回13%程度しか合格者のでないむずかしい資格ですが、これがあればエンジニアとしての高度なスキルと豊富なキャリアをアピールできます。

エンベデッドシステムスペシャリスト

こちらは、ハードウェア業界の組み込みシステムエンジニア向けの資格です。組込みシステムの開発で、主導的役割を果たせるスキルがあることを証明する資格です。

組込みシステムとは、家電製品、スマートフォン、自動車などに対し、IT技術を適切に配備する技術のことです。製品の安全性にも関わるため、審査は厳しく、難易度の高い資格となっています。

マイクロソフト社認定ソリューションアソシエイト(MCSA)

マイクロソフト社が認定するベンダー資格です。マイクロソフト社のテクノロジーを、システム開発のうえで専門的に活用できる能力をこれで証明することができます。

この資格は難易度別に3段階に分かれていて、ソリューションアソシエイトのうえにはソリューションエキスパートとソリューションマスターという上位資格があります。ハイスキルでの転職をめざすなら、ソリューションエキスパート以上の資格を取得すべきでしょう。

IT分野のマネージャー系資格

IT分野では、マネージャー系業務に関連する4つの資格があります。キャリアのさいしょからマネジメント業務に携わってきた人、またはエンジニアであったけれど、今後はマネジメント業務にキャリアを調整したい人などにこれらはお勧めしたい資格です。

システム監査技術者

情報システムが経営に貢献できているかどうかを、トップマネジメントの立場から評価する能力を証明する資格です。

総合的な視点をもてることが重要で、安全性、信頼性、戦略性、有用性などさまざまな角度からチェックできるスキルが試されます。毎回合格率は15%程度にとどまる、難易度の高い国家資格です。

ITサービスマネージャ:品質とコスト効率の向上を目指す

IT技術の投資効果を最大化させるスキルを証明する国家資格です。これをもっていれば、情報システムの品質、安全性、信頼性などを管理し、高いサービスを提供するための指導的役割を果たすことができます。

求められる知識の水準がため試験はむずかしく、合格率は13%程度にすぎません。

ITストラテジスト:業務改革推進などの部門で活躍

エンジニア系向けの資格としても挙げたように、ITストラテジストとは、開発エンジニアとしてのスキルと経営戦略ジャンルでの高度な視点が求められる資格です。

経営の上で最適なシステムを企画・提案し、それにもとづいてIT事業を推進するのがITストラテジストです。

合格率はわずか15%と難易度の高い資格なので、これをもっていれば転職市場での価値を大きく上げることもできます。コンサルタント業務などでキャリアを積んだ人、またエンジニアとして長い経験のある人にもお勧めできる資格です。

プロジェクトマネージャー:開発プロジェクトの責任者

こちらも、エンジニアとマネジメントの両方のジャンルで高いスキルが求められる資格です。システム開発プロジェクト全体を指導し、品質、安全性、納期などすべての面で責任をもつのがプロジェクトマネージャーです。

この資格がなくてもプロジェクトマネージャーとして働くことはできます。しかし難関であるこの資格をもっていれば、高いスキルを裏付けることが可能です。転職でキャリアアップを狙うのなら、これはもっておきたい資格だといえます。

IT業務の資格をとるうえでの注意点

IT業界では、どんな資格でも評価されるわけではありません。もっていれば転職で有利になることもありますが、なんの意味もないこともあるのです。資格の勉強には長い時間がかかります。

ムダなことにエネルギーを使ったとがっかりしないで済むように、とるべき資格はしっかりと選ぶことが大切です。

知名度の低い資格はとらない

採用担当者も知らないような資格を取得しても、転職の面接ではたいしたアピール材料にはなりません。だれでも知っている国家資格や、応募先企業の業務にすぐに役立つベンダー資格などをとるようにしましょう。

IT分野だけでも膨大な数の資格があるので、しっかりと選別してから勉強を始めることが必要です。

20代なら資格の勉強だけでもしておく

採用後に伸びしろのある29代の人なら、資格取得に向けた勉強をしているだけでも面接で高評価を得られることがあります。20代の人材に、高度な専門知識やスキルを求める企業はあまりありません。

まだ合格していなくても、資格取得に取り組んでいることを伝えれば、目標をもって一生懸命努力していることをアピールできるでしょう。

30代以上は資格よりキャリア作りに力を入れる

IT業界でもっとも評価されるのはキャリアです。過去にどんなプロジェクトに参加し、それだけのスキルを身につけたかが転職でも重視されます。

資格は、それを裏付けたり証明したりするだけのもので、重要度は高くありません。資格取得に力を尽くすより、30代以降は自分のキャリアを磨くことを大切にしましょう。

もしも資格をとるのなら、今後のキャリアアップに必要なものにすべきです。または企業から資格手当が支給されるものでもいいでしょう。

目的もなく資格はとらない

経験が重視されるIT業界では、資格取得のために長い時間を使うことは無意味です。今後のキャリアアップでまちがいなく役立つ資格、あるいは転職先企業で必要とされる資格だけを取るようにしましょう。

特に30代以降では、取得すべき資格はしっかりと吟味することが必要です。

志望動機の中で資格は目的と共にアピールする

志望動機を作るときには、資格は目標と絡めて説明することが大切です。ただ資格の名前だけを挙げても、採用担当者の関心を集めることはできないでしょう。

たとえば、ITストラテジストの資格保持者であることを伝えるだけでは志望動機としては不十分です。印象的な志望動機にするには、資格を目的といっしょに伝えなければいけません。

「いままでシステム開発に関わってきました。しかしプロジェクトで責任者の立場にたつようになると、マネジメントの視点から経営戦略をたててみたいと次第に思うようになりました。

この資格を取得したのは、ITストラテジストとしてのキャリアを本格化させたいと考えたからです」これなら資格のおかげで、とても説得力のある志望動機になります。

インフラ系エンジニアの転職では資格は重要

IT業界の職種ではめずらしく、インフラ系エンジニアにかぎっては資格が転職で有利に働きます。

インフラ系エンジニアとは、ネットワークやブラウザをチェックし、システムが正常に保たれるように管理する技術職のことです。

初心者向けのITパスポートや基本情報処理技術者はもちろん、より専門性の高いLPICやCCNAなどの資格があれば、応募書類のなかでもかならずアピールしておくようにしましょう。

まとめ

資格をもっていると、IT業界でのキャリアやスキルを証明することができます。高い信頼を得て、確実に転職を成功させたい場合は、必要な資格を取得してみるといいでしょう。

しかしIT業界での転職では、資格はあまり重視されないことも確かです。重要度の低い資格を取るために、貴重な時間をわざわざ使うことはお勧めできません。

とくに30代以降に資格を取得するのなら、今後の自分のキャリアにおいて必要なものだけを厳選することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。