IT系企業に強い転職エージェントとは?IT業界に転職できる転職エージェント12選

IT業界に強い転職エージェント

転職する際に多くの方が利用している転職エージェント。転職エージェントに登録すれば、転職のプロであるエージェントから面接対策、応募書類の添削、企業分析など選考に関わるさまざまなサポートを受けることができます。

そんな転職エージェントですが、たくさんあるためどれを使えばいいかわからなくなってしまうこともあります。どの転職エージェントを使うのかによっても転職活動が大きく変わってきますし、転職エージェントごとに得意な業界や職種も異なります。

まず、転職エージェントの特色を把握しておくことが重要です。その助けになればと思い、ここではIT業界へ転職を考えている方のために、IT人材に特化したおすすめの転職エージェントのについて比較していきます。

IT業界に強い転職エージェント12選

IT業界に強い転職エージェント①リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントの最大手と言えば、このリクルートエージェントです。IT業界専門というわけではありませんが、求人の数・質、実績すべてにおいてNo.1の総合型エージェントなので、転職を考えた時点でまず登録しておくことをおすすめします。

IT系という点に絞ってみても、エンジニア、クリエイター、営業系、プロジェクトマネージャー、コンサルなどすべての職種を網羅していますし、他のエージェントよりも圧倒的な数の求人が掲載されています。大手・中堅企業の求人が半数を超えているため、キャリアアップ、働き方の改善にも期待ができます。

また、これまで多くの人がリクルートエージェントを使って転職を成功させてきたので、選考に関するノウハウも蓄積されているという点も魅力です。ただ、多くの転職者が使っているので、マンツーマンの手厚いサポートは期待できないという弱みがあります。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

IT業界に強い転職エージェント②ワークポート

ワークポート

ワークポートはIT専門で転職支援をしているエージェントです。10年以上の歴史を持ち、蓄積されたノウハウやIT業界での太いパイプがあるため、ここに登録しておくと質の高い転職活動を行うことができます。

エージェント(担当者)もIT業界を熟知しているので、自分にぴったり合った求人を紹介してくれるという利点があります。IT業界で働きたいと考えているなら、登録しておきましょう。

ワークポート ワークポートってどうなの?評判から見たメリット・注意点

IT業界に強い転職エージェント③レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはシステム開発の受注から始まった会社です。そのためキャリアアドバイザーもITに関する技術的な知識を身に付けています。

大手の転職エージェントは担当者がITに詳しくないこともありますが、こういったITに特化したエージェントであれば具体的で明確なサポートをしてもらえるので選考を有利に進めることができます。

また、レバテックキャリアでは人事だけでなく、現場のプロマジェクトマネージャーとも欲しい人材をしっかりと共有しているため、双方のニーズに合致した求人を紹介してもらうことができます。

ただし対応エリアは東京・千葉・埼玉・神奈川・大阪・兵庫と限定されています。

レバテックキャリア レバテックキャリアはこんな人におすすめ!評判・口コミを調べて分かった特徴・弱点

IT業界に強い転職エージェント④dodaエージェント

doda

dodaはリクルートエージェントに次ぐ、大手転職エージェントです。リクルートエージェントと同様、総合型のエージェントです。求人数や転職実績についてはリクルートエージェントに負けてしまいますが、転職初心者に手厚いサポートが行われることで支持されています。

キャリアカウンセリングのグローバル資格であるGCDFを取得しているキャリアカウンセラーも多く在籍しているので、キャリア面談のレベルが高いことも魅力です。初めての転職の方、初めてIT業界で働く方などにはとても有益です。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

IT業界に強い転職エージェント⑤マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

総合型転職エージェントであるマイナビエージェントの中の、ITに特化したサービスです。必ず転職希望者と面談をしてからその人にぴったり合った転職先を紹介するなど、徹底したサポートが受けられます。

その他にも面接対策も充実していたり、転職活動を行う上で必要なスキルを磨けます。

求人に関しては約8割が非公開求人です。非公開求人は、一般に広く公開されている求人よりも給与や待遇が良いものが多いので、転職でキャリアアップしていきたいという方にとって非公開求人の多さは注目すべきポイントです。

マイナビエージェントIT マイナビエージェント×ITってどうなの?評判から分かる弱点・メリットと使った感想

IT業界に強い転職エージェント⑥マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

こちらはIT業界に限らず、クリエイターをメインとした求人に特化したサービスです。ライターや編集者といった職種も掲載されていますが、IT担当者としての求人も多数あります。

中小企業の案件数が多いのが特徴です。大企業で大勢の中で働くよりも、中小企業で唯一のIT担当者として働きたいと思っている方には特におすすめです。

マイナビクリエイター マイナビクリエイターってどうなの?口コミ・評判から見た特徴・弱点

IT業界に強い転職エージェント⑦Forkwell Scout

Forkwell Scout

ここまでで紹介してきた転職エージェントと違って、Forkwell ScoutはIT・エンジニアに特化したスカウト型の転職エージェントです。

最適な求人を紹介してもらうのではなく、自分の経歴を登録しておけば企業側からスカウトメールが届くと言う仕組みです。職種や開発スタイル、使用できる言語なども細かく登録できるので、マッチング率が高いことでも知られています。

ほかの転職エージェントにもスカウト制度はありますが、一般的なスカウトメールは「その人をスカウトしたい」というよりも、一斉送信のスパム的な要素が強い傾向にあります。

ですがForkwell Scoutのスカウトは、本当にあなたに魅力を感じた企業からのスカウトです。

スカウトされたあとはSkypeで連絡を取ることもできますし、実際にオフィスへ行ったり面接を受けるなど、対応も自分自身で選択することができるので、スムーズに選考を進めることができます。

IT業界に強い転職エージェント⑧JACリクルートメント

jacリクルートメント

JACリクルートメントはイギリスの外資発の日系転職エージェントです。そのためグローバルのハイキャリア案件に強く、外資系企業や高年収の求人が取り扱われています。

1000万越えの案件も多数あります。何かに特化したスキルや実績がある方は、力試しとして応募してみるのも良いかもしれません。

JACリクルートエージェント JACリクルートメントってどうなの?評判から見た登録するべき人

IT業界に強い転職エージェント⑨イマジカデジタルスケープ

イマジカデジタルスケープ

イマジカデジタルスケープはWEB・ゲーム・映像などの業界で、クリエイターとエンジニアに特化した専門型エージェント。もともと映画、放送、CMの撮影終了後に行われる映像関連作業の大手であるイマジカが母体なので、特に映像系に強いという特色があります。

IT専門のエージェントというとソフトウェア中心ですが、映像系エンジニアまでカバーされているので注目です。WEB・ゲームのクリエイターなら先に紹介したマイナビクリエイター、映像系ならイマジカデジタルスケープがおすすめです。

テレビ局・映画製作会社など映像系企業とのつながりが深いので、映像関係のエンジニアの独占求人も多数あります。映像分野への転職を考えているのであれば、ぜひ登録しておくべきです。

IT業界に強い転職エージェント⑩ビズリーチ

ビスリーチ

ビズリーチは総合型の転職エージェントですが、管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化しているのが特徴です。求人件数自体は特に多いわけではありませんが、給与が高いなど質の高い案件が多いので安心して利用することができます。

ヘッドハンター経由での求人も紹介してくれますし、2000万越えの案件などもあります。

ビスリーチ ビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

IT業界に強い転職エージェント11type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントはキャリアデザインセンターが運営している転職エージェントです。20年以上前から転職ビジネスを行なっている老舗でもあります。

そのため独占求人や非公開求人が比較的多いです。とはいっても大手の転職エージェントと比べると求人数が少ないのですが、IT・通信・Web系エンジニアの転職に強くエンジニアの転職成功者は全体の約50%以上にのぼります。

登録者数も少ないので、ひとりひとりに合った転職支援を丁寧に行なってくれます。ほかの転職エージェントを使って満足できなかった方や、初めての転職でわからないことが多い方などにも支持されています。

type転職エージェント type転職エージェントの特徴や弱点、登録の流れを徹底解説

IT業界に強い転職エージェント12リーベル

リーベル

IT専門型エージェントの中でも特にコンサルティングファーム・大手SIer・大手ITベンダーに強いのがリーベルです。

エンジニアがキャリアアップする際には、てコンサルタント、プロジェクトマネージャー、ITアーキテクトを順に目指していくことが多いですが、こういったキャリアアップを目的とした転職に強いのが特徴です。

アビームコンサルティング、フューチャーアーキテクト、NTTデータといった企業の内定実績率でも1、2位を独占しています。

まとめ

ここまで12の転職エージェントの特色をお伝えしてきました。転職活動を効率的に進めるためには、転職エージェントを使った方が良いです。ですがここで見たように、それぞれに異なる特色があります。

「転職をしてキャリアアップしたいのか」「転職してもっといい環境で働きたいのか」など、まずは自分がどんな働き方をしたいのかについて考えてみましょう。

そうすれば自ずと、どの転職エージェントを使うべきなのかが見えてくると思います。もちろん複数の転職エージェントに登録してもOKです。

ここで述べたこと以上の詳細は、各転職エージェントのサイトで調べてみてください。自分にぴったり合った転職エージェントを見つけて、よりよい転職活動を行ってください。

IT業界に未経験で転職する方法 IT業界に未経験で転職する方法とは?未経験での転職成功の秘訣と主な失敗理由を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。