医療事務ってどんな仕事?やりがいや収入・有利な資格を紹介

医療事務

医療事務は、若い年代や子育て世代の女性に人気のある職業です。その人気ぶりは、転職・就職に役立つ資格講座のランキングにおいて常にトップ3に入るほどです。

医療事務は、なぜこれほどまでに人気が高いのでしょうか。今回の記事では、医療事務の仕事内容、年収、おおまかな1日の流れややりがいなどをご紹介します。

医療事務への転職・就職を目指す方の参考になれば幸いです。

医療事務が人気なのはなぜ?

医療事務は、正社員・契約社員・アルバイト・パートといった、多様な雇用形態が選択できます。勤務時間の調整がしやすいですから、特に子育て世代の女性には、仕事との両立ができるでしょう。

さらに医療事務の資格は、全国どこでも有効です。たとえブランクがあったとしても、経験やスキルがあれば、再就職も容易なのです。

このように、結婚や出産といったライフイベントや、夫の転勤による移動にも対応できるので、女性にとっては働きやすい仕事なのです。

医療事務の仕事内容

医療事務とはどういった仕事なのでしょうか。以下で詳しく説明します。

受付窓口業務

病院の入口や窓口でよく見る、受付の人です。初めての人には診療申込書の記入をお願いしたり、保険証・診察券の確認、診察の予約確認などを行います。診療後には、診察料の精算や処方箋の簡単な説明をします。まさに「病院の顔」として、患者さんを案内していきます。

クラーク業務

クラーク業務とは、受付業務や電話対応といった病院の事務作業に関わる仕事のことです。クラーク業務には、「外来クラーク」と「病棟クラーク」の二種類があります。

「外来クラーク」は、患者さんと医師・看護師とを繋ぐ役割があります。具体的には、

  • 受付業務
  • 電話応対
  • 患者さんの呼び出し
  • カルテ、レントゲンの準備
  • 検査データの準備

などがあります。

一方の「病棟クラーク」は、入院病棟にて発生する一般事務業務を指すと考えるといいでしょう。

  • 患者さんの入退院手続き
  • 食事伝票の管理
  • 手術、検査スケジュールの管理

などが仕事の代表例です。

ナースステーションで常に仕事をこなしているので、患者さんとの距離も近いです。そのため患者さんやその家族から、治療内容についての質問を受けることも多いでしょう。

レセプト作成業務

「レセプト」とは、「診療報酬明細書」のことを指します。簡単に言えば、医療保険制度に基づいて、患者さんの自己負担費用を計算した明細書です。

医療事務は、患者さんのカルテを見ながら、コンピュータへ入力するのが主な仕事となります。

医療事務の給料は?

医療事務の給料は、その人が所有するスキルや、勤務先の病院やクリニック、地域によって変わります。

平均の月収

全国平均でおよそ「10万円~20万円」程度。

地方の病院であれば、「10万円~15万円」と、都心部と比較すれば低めの給料になりがちです。

専門的な知識が求められますが、給料は一般事務のものとそこまで変わらないのが現状です。

平均の年収

ボーナスや諸手当の支給によって変動があります。個人経営型のクリニックの場合、ボーナスは出ても少額な場合が多いようです。また、勤続年数やスキル、地域によっても変動があります。

平均の年収は、初年度でおよそ「250万円」程度。

全体の平均年収は、「300万円~400万円」程度とされています。

医療事務の仕事は、残業や早出などはそこまで多くありません。しかし正社員の場合、月末になるとレセプト請求業務が多くなるため、その期間は残業が多くなります。残業手当がきちんと支給されるのであれば、その分だけ給料も上がるでしょう。

医療事務は年々求職者数が増えている人気職業なので、今後、待遇が大きく改善するのを期待するのは難しいかもしれません。

ですが、長いスパンで業務を経験してベテランの域に達すれば、昇給が望みやすいでしょう。病院側としても「この人材が欲しい!」と思ってくれますから、給与の相談にも応じてもらいやすい、ということです。

給与の額を第一に考えたいのなら、残業手当は支給されるのか・ボーナスはどれくらい支給されるのか、といった待遇をきちんと確認しておくと良いでしょう。さらに働く中でスキルアップを目指していけば、収入アップを狙うことが可能でしょう。

医療事務のメリット・やりがいは?

患者さんに感謝される

多くの医療事務が答えるやりがいの一つは、「患者さんから感謝されること」です。

会計を終えて「お大事に」と声をかけた際、患者さんから「ありがとうございます」と言われたりすることが多いです。また、入院していた患者さんが元気な姿で退院していく姿を見ても、とても大きな喜びを感じられるようです。さらに医療事務によって得たやりがいや喜びを糧として、他の難しい医療系資格へチャレンジする人もいますよ。

看護師や医師の仕事は国家資格ですから、職業として目指すのはとてもハードルが高いです。しかし医療事務なら資格取得が容易ですから、医療の世界で人の役に立ちたいと考えている人には、ピッタリではないでしょうか。

全国どこでも就職・転職できる

少子高齢化を迎えている日本では、病院や診療所の数が、全国的に見ても増え続けています。どの医療機関であっても、医療事務は必要です。つまり医療事務の求人も、衰えることはないということです。実際、医療事務の募集は年間行われています。

医療事務の最大の強みは、医療機関のどこでも仕事をすることができる、という点です。その職場が気に入らなければ、他の職場へ移ることも容易です。

さまざまな職場の選択肢から、自分に合う職場を選べるのです。これは、医療事務の大きな魅力の一つといってもいいでしょう。

子育てや仕事が両立しやすい

働く女性は、出産や育児といったライフイベントがあると「家庭と仕事の両立はできるのだろうか」と悩んでしまうと思います。そういった女性にも医療事務はオススメです。

雇用形態を選択できますから、勤務日数やシフトの時間などを調整しやすいです。正社員から派遣、アルバイトやパートが可能ですから、パートを選べば、週に数日・数時間だけ、といった働き方も可能なのです。

もちろん正社員としてバリバリ働くことも可能でしょう。自分の希望する生活スタイルに、仕事を合わせることができるのです。

実際に、医療事務の女性の中では、結婚したり子供が産まれた後でも、身につけたスキルや資格を武器にして長く働いている人が多いのです。

まさに医療事務は「一生の仕事」なのです。

専門スキルが身につく

医療事務の現場では、健康保険や診療報酬・診察知識などが求められます。こうした知識は日々の生活でも役立ちますし、特に診療報酬の知識は、自分自身の医療費や領収書の計算をする際にも大いに役立つでしょう。

さらに経験を積んでスキルアップしていけば、給料アップも見込めますし、なによりも患者さんの為になります。患者さんからもらえる「ありがとう」という感謝の気持ちは、医療事務として働くうえでなによりの糧となるでしょう。

医療事務で有利な資格はある?

通信の資格講座の上位ランキングでは、常に医療事務があります。しかし医療事務は、国家資格などの資格が必須の職業ではありません。資格がなくても仕事することはできます。

けれど資格を持っていれば「知識がスキルがある」という証明になるので就職しやすくなります。特に未経験の人が資格を取得すれば、仕事に意欲があると見なしてくれるでしょう。面接や履歴書では強くアピールすると有利です。

医療事務の資格の種類

医療事務の資格と言っても、その種類は豊富です。以下に例を記載していきます。

合格率は、全体でみて5割から8割程度で推移しています。難関資格だと「診療報酬請求事務能力認定試験」で、合格率は3割程度です。

これだけ種類があると、一体どれを取得すればいいのか迷ってしまうでしょう。「絶対にこれだけは取得しないといけない」というものはありません。

ですが近年は、医療事務の人気が高まっていることを受け、求人応募条件にて「医療事務資格の取得必須」となっているところも増えています。特に新卒者にとっては、医療事務は人気のため競争率が高いので、取得したほうが有利だと言えます。

しかし、一つの分野に特化した資格を取得するのは、専門分野なので難しいでしょう。オススメは、医療事務業務について勉強できる「医療事務技能審査試験」を最初に取得することです。医療事務の基礎知識が身につけば、その後に一つの分野に絞って勉強もしやすくなります。また実際の業務でも、全体を俯瞰しながら働くことができるでしょう。

医療事務の需要や今後は?

近年の日本は、世界的にも珍しい「超少子高齢化」が進んでいます。そのため保健医療分野は注目が年々高まっています。医療の分野が拡大していけば、病院やクリニック、介護施設も増え、その分医療事務の活躍できる場も増えていきます。

しかし一方、業務の効率化を目指したIT化も進んでいます。IT化により、医療事務の仕事も電子化されてきています。たとえば重要業務である「レセプト作成」も、今やほとんどが電子化です。事務処理スキルの一つとして、コンピュータの扱いに長けた人も求められていると言えます。

なによりも、IT化によって、医療事務の仕事が奪われる可能性もなきにしもあらず、です。医療事務として長く活躍していくためには、専門知識やスキルを高めながら、患者さんとのコミュニケーションをスムーズにできる人材になる必要があります。

まとめ

医療事務に関して、その仕事内容や給与、メリット・やりがいや資格について、おおまかに解説していきました。

医療事務の一番の魅力は、患者さんと直接触れ合うことができ、感謝されることでしょう。人を支える喜びを糧に、自分のライフスタイルに合った勤務形態が選べるのは、なによりもメリットではないでしょうか。

給与に関しては、他の分野の仕事と比較すれば、少ないかもしれません。しかし残業が多く多忙ということもないので、業務後に勉強することが可能です。レセプト業務といった専門的な知識が求められる仕事ですから、時間確保ができるのは大きな魅力とも言えます。

医療事務という仕事に興味があるのなら、まずはパート・アルバイト・派遣といった、採用されやすい雇用形態からチャレンジしていくといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。