医療事務に未経験でなるのは大変?未経験での転職を成功させるコツ

医療事務に未経験で転職

医療事務は、医療分野の仕事の中でも未経験者が就きやすい仕事でもあります。なぜなら医療事務は、特別な専門知識が必要とされているわけはありません。勤務先も、大規模な病院から開業医の小規模クリニックまで、数多くの医療機関から選択できます。

また、高齢化社会が進んでいる日本において、患者さんの数も増えてきています。病院の事務作業もその分増えることになりますから、必然として医療事務の需要は高まっています。

正しい知識を持って、すばやく診療報酬を計算できる専門家である医療事務は、将来性のある仕事とも言えます。

このような理由から、実際に未経験者や異業種からの転職者が多いのが、医療事務です。では、転職に成功させるためにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、医療事務の特徴を解説しながら、未経験者が医療事務に転職する際のポイントや注意点などをご紹介していきます。

医療事務の雇用形態について

医療事務は、医療分野の職種の中でも雇用形態が広いです。ですので、自分のライフスタイルに合った勤務形態が選択できるのです。以下に主な雇用形態を解説していきます。

正社員

正社員として医療事務に勤務した場合、一般的な会社員と同じと考えて良いでしょう。社会保険や雇用保険の加入はもちろん、交通費の支給、賞与支給もあるでしょう。

勤務時間や休日、残業は、就業規則で定められています。勤務地については転職もありええるので、その点も考慮しなければなりません。

無期雇用で安定した働き方がしたいなら、オススメの雇用形態です。

アルバイト・パート

アルバイトやパートは、シフト制のところがほとんどです。ですから、勤務時間や休日に関しては、比較的自由に取りやすいでしょう。ライフスタイルに合わせた働き方が可能ですから、子育てとの両立もしやすいです。

しかし正社員とは違い、賞与がない・手当がない、といったデメリットもあります。

派遣社員

派遣社員の場合は、勤務先と直接雇用契約を結びません。派遣会社の社員という形で、病院などの勤務先へ派遣されることになります。勤務日数や時間に応じて、派遣会社の社会保険へ加入できる場合もあるでしょう。

勤務日や勤務時間に関しては、相談しながら勤務先を決めてもらうことができます。正社員よりも時間の融通が効きやすいと言えるでしょう。

しかし、交通費の支給は原則としてないのが多いです。賞与も支給されません。かつ派遣契約が終了すれば仕事もなくなってしまうので、雇用の安定を求める人にはオススメできません。

医療事務で求められる能力は?

几帳面な人

医療事務ではミスなく迅速な作業が求められます。少しのミスでも気づけるような、几帳面な人が向いているでしょう。

柔和な人

病院の窓口も担当しますから、いろんな年代の患者さんと接することになります。思いやりの心を持ち、笑顔で対応できる柔和な人が重宝されます。

事務処理能力に長けている人

一般事務と違い、医療事務では担当する領域が広いです。数多くの業務を覚えながらも、テキパキと仕事をこなしていく能力が求められます。そのため、高い事務処理能力がある人は有利でしょう。

医療事務に未経験でなる方法は?

資格取得が手っ取り早い

医療事務への転職を未経験で成功させるのに、一番代表的な方法は、医療事務の資格を取得することです。資格を取得すれば、面接官にも「やる気がある」と評価してもらいやすいでしょう。

また資格の勉強を通じて、基本的な知識を身につけることもできます。医療事務という業務の中では、「レセプト業務」といった専門的な知識が問われることがあります。こうした専門分野も事前に予習しておけば、実際の業務に就いてから慌てることも少ないはずです。

医療事務という資格は、国家資格ではありません。民間資格となるので、就職や転職にあたって必ずしも取得しなければならないものではありません。だからこそ、資格を取得して、本気度をアピールすることが大事なのです。

資格取得に関しては、後ほど詳しく解説していきます。

「未経験者歓迎」の病院を探す

未経験者を募集している病院やクリニックがあれば、採用される可能性も上がります。積極的に応募していきましょう。

未経験者として実際に勤務することになれば、まずは先輩に教わりながら、受付や窓口業務をこなしていくことになります。簡単な業務をこなしながら、レセプト作成といった専門的な仕事も覚えていくのが一般的です。つまり未経験者でも、実際の現場で仕事を覚えていくことができるのです。

医療事務を目指す人は増えていますが、だからといって未経験者を積極的に応募している病院の数が増えているわけではありません。とにかく早く現場で仕事を覚えたいのなら、こうした応募条件の病院やクリニックを探していくようにしましょう。

契約社員やアルバイトからステップアップする方法も

医療事務の正社員を目指したいのであれば、契約社員やアルバイト・パートからステップアップする方法もありますよ。

正社員という雇用形態は安定していますから、求人にはより多くの志望者が集まります。そのため競争率が激しく、未経験者の場合だとなかなか採用されづらいです。

まずは契約社員やアルバイトで実務経験を積みましょう。それから正社員へとステップアップしていくのです。

ステップアップの利点は、実務経験やスキルを積めるので、正社員になれる頃には給与アップなどに繋がる可能性があることです。

病院によっては、契約社員からスタートして、その勤務態度を評価して正社員に登用するか検討するところもあるようです。

未経験で医療事務にトライするなら、資格を取得しよう

医療事務に関して、学歴や資格は必須というわけではありません。

ですが、上記で資格についてご紹介しました通り、資格を取得することで知識をつけたほうが、就職や転職でも有利です。専門的な知識も必要となりますから、「私はあらかじめ知識があります」と証明できるものがあれば、良い待遇で働ける例もあるほどです。

それでは医療事務の資格は、どのように取得すればいいのでしょうか。

医療事務の資格は、ほとんどが民間資格です。その種類は、非常に多くのものがあります。

以下の二つが、メジャーな資格として知られています。

  • 財団法人日本医療教育財団 「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」
  • 財団法人日本医療保険事務協会 「診療報酬請求事務能力認定試験」

資格の取得方法は?

医療事務の資格するには、専門学校やスクールに通うのが一番有効でしょう。

分からないところも相談すれば教えてもらうことができる安心感や、独学に比べて挫折しにくい点が魅力だと言えます。

実際に教室へ通うのが困難ならば、通信講座を利用するのも手です。近年は特に女性の間で人気の高い資格ですから、その種類も多くあります。よく比較検討して、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

医療事務 医療事務ってどんな仕事?やりがいや収入・有利な資格を紹介

医療事務へ未経験で転職するなら、転職エージェントがおすすめ!

医療事務は、女性に特に人気の職業です。募集数も多いため、どの転職サービスを利用しても求人を見つけられる、と考えられがちです。

しかし、未経験から医療事務へとトライするなら、専門家からアドバイスを受けるのがオススメです。

特に転職エージェントなら、業界や求人先の企業について詳しい情報を持っていますから、頼りになりますよ。自分一人ではなかなか判断が難しいことも、的確なアドバイスがあれば、転職も進めやすいでしょう。

以下に、オススメの転職エージェンをご紹介していきます。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントには、専門のキャリアアドバイザーがいます。それぞれの業界に精通しているアドバイザーがいますから、より専門的なアドバイスや、質の高い面接対策、さらに良質な企業先を紹介してもらえる利点があります。

多くの業界に幅広く対応している転職エージェントですが、もちろん医療分野にも特化しているアドバイザーもいます。エージェントに医療事務が希望である旨を伝え、自分の適正にあった職場を紹介してもらうと良いでしょう。全体の8割を示す非公開の求人も紹介してもらえますから、適正な職場を見つけやすいと言えるでしょう。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、幅の広い年齢層に向けた転職エージェントとなります。

特に事務・管理系の職種に強いのが特徴です。そして医療分野に対しても繋がりがありますから、医療事務の求人も豊富に揃っています。また医療分野に強いキャリアアドバイザーもいますから、的確なアドバイスを貰うことが可能です。

なによりも、女性の転職支援に積極的なのも、他にはない特徴です。自分のライフプランや転職先へ求めているものをきちんと理解した上でアドバイスをもらうことができます。とても心強い相談相手になるでしょう。

正社員として転職したいのならば、「マイナビエージェント」と一緒に登録しておくと良いですよ!

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

医療事務へ未経験で転職するための自己PR例

実際に、未経験者が医療事務へ応募する際の自己PR例を二つご紹介します。

未経験の自己PR①

私は現在、スクールに通って「医療事務技能審査試験」を勉強中です。○月までには取得し、実際の業務に役立てたいと考えています。

POINT

資格を取得中でなくとも、勉強中であることをアピールするだけでも十分です。その時は、「○月までに」と期限を設けると、説得力が増します。

未経験の自己PR②

前職では、飲食店で勤務していました。メニューが独特で、注文の仕方も複雑でした。

そこで私は、高齢のお客様がいらっしゃった時は、分かりやすい説明を心がけるようにしました。するといつの間にか高齢のお客様の常連も増えていき、嬉しかったです。

POINT

飲食店などで接客の経験があるなら、相手の立場になったコミュニケーションが取れることをアピールしましょう。それによって良い結果が生まれた実例があるなら、そこを強調していきましょう。

医療事務の志望動機 医療事務の志望動機の書き方のコツと例文を紹介(未経験/経験者別)

まとめ

医療事務は、とても人気の高い職業です。そのため条件の良い求人だと、1件の求人に対して応募者数が殺到しやすいです。

未経験者は、経験者と同じ土俵で戦わなければならないため、なんの対策もなしに挑むのは無謀です。

コツは、未経験者募集の求人を攻めること。そして、他の未経験者よりも優位になれるポイントを強調してアピールすること。

中小の医療機関だと、限られたスタッフ数で運営していますから、欠員が出るとすぐに求人が出ます。そこを狙っていくのもいいでしょう。

思うような求人がでなくても、焦ってはいけません。粘り強く転職活動を続けていき、医療事務を目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。