医療事務への転職におすすめの転職エージェント

医療事務におすすめの転職エージェント

医療事務が活用すべき転職エージェントとは?

折角医療事務の資格を取ったのに、上手く転職が出来ないという方、転職エージェントを使ったことはありませんか?

今回は、医療事務の方の転職に役立つ、転職エージェントについてご紹介します。

どうして医療事務の転職に転職エージェントを使うのか?

ここからは、ハローワークと転職エージェントの違いを交えながら、転職エージェントについてご紹介します。

プロのキャリアアドバイザーの転職アドバイス

転職エージェントに登録をすると、キャリアアドバイザーが1人担当として付いてくれます。

彼らに転職についての悩みや問題を相談することで、アドバイスをしてもらえます。

このキャリアアドバイザーの中には資格を持っている方もいますし、中には医療業界出身者もいますので、専門的な内容を相談しても、業界の内容を分かったうえでアドバイスをしてくれることもあります。

ハローワークの場合

資格を持ったキャリアアドバイザーはいますが、必ずしも専任というわけではありません。また、業界内の事を知らない方も多いので、一般的なアドバイスしか期待出来ません。

求人情報を紹介してくれる

転職エージェントに登録をすると、その登録内容と希望条件を考慮して、あなたに合っていると思われる求人情報を紹介してもらえます。

特に、キャリアアドバイザーは独自の非公開求人というものを持っていますので、ネットで検索しても見つからないような特別な求人情報を紹介してくれます。

自分で求人を検索する必要もありませんし、その手間も省けます。

ハローワークの場合

求人情報を紹介してもらうことはありません。あくまでも、自分で莫大な情報の中から条件を設定して、検索します。

そして、その検索した求人情報を持って窓口に行き、応募したいと申し出ます。

この時初めて、窓口の職員が動きます。

面接日の調整と、条件交渉をしてくれる

転職エージェントの場合、紹介してくれた求人情報に申し込みをすると、面接日の調整を担当のキャリアアドバイザーがしてくれます。

この時、面接対策もしてもらえます。

また、面接後等に条件面で気になることがあれば、あなたに代わってキャリアアドバイザーが企業側に確認を取ってくれます。時には、条件交渉もしてもらえます。

自分でしなくても良いので、かなり気が楽です。

面接後の合否連絡が遅い場合も、キャリアアドバイザーが代わりに問い合わせをしてくれます。

ハローワークの場合

窓口へ求人情報に応募したいと伝えれば、その場で企業に問い合わせをしてくれます。

企業の場合、求人情報に年齢制限が書いていなくても、ひそかに年齢制限を設けていたり、未経験の場合には年齢制限を決めていたりします。

そのため、窓口で問い合わせをしてもらうことで、応募が出来るかどうかを確認してもらえます。

その他の、面接日の調整や条件交渉は、基本的にはしてもらえません。

全てのサービスが無料

転職エージェントで受けられるサービスは、全て無料です。

転職エージェントによっては、適職診断や仕事志向診断など、独自の診断テストを受けることが出来ます。

また、履歴書や職務経歴書の書き方についての指導やアドバイスをしてくれたり、面接対策をしてくれたりします。

当然、キャリアアドバイザーへの相談も無料で行うことが出来ますし、求人情報の紹介も無料なのです。

これらにかかる費用は全て、求人情報を出している企業側からもらっているので、転職者でもある利用者が利用料を払う必要が無いのです。

ハローワークの場合

国の機関でもあるハローワークの利用料は全て無料です。

これらは全て、税金で運営されています。

応募書類の添削と面接対策をしてもらえる

転職エージェントによって、添削の回数や面接対策の回数に制限がありますので、確認は必要です。

ですが、担当しているキャリアアドバイザーが履歴書の添削や職務経歴書の添削を行ってくれますし、書き方のアドバイスもしてくれます。

また、企業面接の前には、面接対策をしてくれます。特に、企業情報を持っているキャリアアドバイザーの面接対策ですので、どのような内容を聞かれるとか、どのような答えを言えばいいのかなど、一般的なアドバイスではなく、企業に合わせた対策をしてくれます。

ハローワークの場合

ハローワークによっては、転職セミナーなどを定期的に実施して、応募書類の作成方法や面接についての講義を行ってくれます。

そのセミナーの内容によっては、模擬面接なども行ってもらえます。

但し、複数の転職者と一緒に行うことになりますので、質問したいことが出来ない場合もあります。

また、企業に合わせた面接対策はしてもらえません。

医療事務への転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の転職エージェントです。

最大手名だけあり、求人数は圧倒的です。また、利用者も多く歴史も古いことから、登録されているキャリアアドバイザーの質も高いことで定評があります。

医療事務の求人数も、公開求人だけで100件を超えています。

非公開求人も含めると、かなりの選択肢が増えることが解ります。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

doda

doda

dodaは、業界2番手の転職支援企業です。

リクルートとともに成長してきた企業でもあります。

医療事務の公開求人数はリクルートに及びませんが、全体的な求人登録数は業界トップです。

また、多くの大手企業が利用していることもありますので、全国的または、地元でも有名な医療法人などの求人が多く登録されています。

非公開求人数は、全体の80%以上あります。公開求人数から考えると、膨大な求人情報を有していることが解ります。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

マイナビエージェント

マイナビエージェント

テレビCMでもよく知られている、就職支援企業が運営している転職エージェントです。

特に、20代、30代の若年層の転職に力を入れている転職エージェントです。

初めて転職活動をする方や、初めて就職をする方にはおススメの転職エージェントです。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

パソナキャリア

パソナキャリア

女性の転職に特に力を入れている転職エージェントです。

派遣業界でもトップクラスの企業が運営しています。

派遣やパートなどの非正規で働きたい女性におススメの転職エージェントです。

正社員求人も多いのですが、元々が派遣企業ということもあり、派遣やパートでの求人も少なくありません。

また、懇切丁寧な支援を受けられると、評価も高い転職エージェントです。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

女性専用の転職エージェントは意味があるのか?

事務系職種と言えば女性のイメージがあります。そのため、医療事務も女性の仕事のイメージが強いのですが、実際には大手総合病院などでは男性の事務員も働いています。

そのせいもあるのか、女性専用の転職エージェントでは医療事務の求人登録はあまり多くありません。

医療事務の求人を探すのであれば、大手転職エージェントを活用することをお勧めします。

どの転職エージェントを選べばいいの?転職エージェントの選び方

大手転職エージェントを4社紹介しました。

では、この中のどこに登録をすればいいのでしょうか?

実は、公開求人に限っては誰でも検索することが出来ます。そのため、登録前に自分の地元の求人があるのかを探すことが出来ます。

ここで紹介していない転職エージェントなども含めて、まずは求人情報を検索してみましょう。

気になる求人情報を持っている転職エージェントに登録をすればいいのです。

因みに、2~3社ほど登録をしておきましょう。

複数のエージェントに登録をしていることを、担当してくれているキャリアアドバイザーに報告をすれば、積極的に転職支援をしてくれることも。

ハローワークでも医療事務に転職は出来る?

ハローワークは、国が運営している職業紹介所です。

転職希望者や就職希望者が、仕事を探すために訪れる施設です。

ハローワークでは、地域によって違いはありますが、職業訓練を紹介していたり、失業保険の手続きをしたり、転職や就職のための応募書類作成のアドバイスをしたり、面接対策をしてくれたりします。

ハローワーク利用のメリット

  • 自分に足りないスキルを勉強するための職業訓練を紹介してもらえる
  • 地元の小さな企業などの求人が多い
  • 全国的に見れば求人数は圧倒的に多い
  • 自宅でも、ネット検索で求人情報を見ることが出来る
  • 窓口の職員が親身に相談にのってくれる
  • ハローワーク主催の転職セミナーなどを紹介してもらえる

ハローワーク利用のデメリット

  • 職業訓練を受けたからと言って就職が決まるわけではない
  • 地元密着の企業が多いが、待遇面で合う企業が少ない
  • ハローワーク内では1日に求人情報を印刷できる件数が決まっている
  • 常に求人が出ている企業はブラックの可能性が高い
  • 職員によって対応が違う
  • とにかく待たされる

 

ハローワークに登録されている求人情報は、地元密着の中小企業が殆どです。そのため、地方在住の方にとっては、転職のためにはなくてはならない施設です。

ですが、実はハローワークの職員はあまり転職市場について詳しくありません。

相談をして、親身にアドバイスをしてくれることもありますが、政府側の希望的観測で話をしていることも多いので気を付けましょう。

医療事務の場合、大手総合病院だけでなく個人病院でも必要とされる職種です。そのため、特に地方の個人病院などは求人広告をハローワークにのみ、掲載していることも有りますので、活用しない手はありません。

ハローワークと、ネットなどの大手転職サイトや転職エージェントを併用して、転職活動を行うのが良いでしょう。

ハローワーク ハローワークの評判ってどうなの?注意点や活用方法を紹介

最後に

転職エージェントを上手に活用して、最適な転職先を見つけましょう。

特に、自分がどのように働きたいのか、どんなところで働きたいのかといった希望は、キャリアアドバイザーにしっかりと伝えて、転職を支援してもらいましょう。

関連記事のIDを正しく入力してください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。