未経験で転職するのにおすすめの職種と業種とは?未経験で転職しやすい仕事と転職成功の秘訣

未経験で転職しやすい職種と業種

転職希望者のなかには、まったく経験のない職種への就職を考えている人はたくさんいます。求人情報のなかでたまにみかける「未経験OK」「未経験者歓迎」などの文字に、心が大きく動いている人もいるでしょう。

とはいえ未経験者の転職には不安がつきものです。

経験がないのだから採用なんて無理かもしれない、たとえ採用されても仕事がうまくできないのでは…と、未経験者はほかの人以上に悩むものです。

求人のなかには、未経験者でも転職できる可能性が高い業種や職種もたくさんあります。今回は未経験業職種への転職希望者向けに、気をつけるべきポイントをまとめてみました。

未経験者でも転職可能な職種と業種 その1:専門的な知識や技術が求められない

専門的な知識やスキルがなくてもできる職種は、未経験者でも採用される可能性が高いです。営業職、事務職、製造業などが代表的です。こうした職種に関心のある人は、未経験でもおそれずチャレンジしてみてください。

営業職

やる気次第では、未経験者でも採用の可能性が高いのが営業職です。とくに個人営業や、ルーチンワーク化されているルート営業では、未経験者OKの求人もたくさんあります。

対人関係が重視される職種なので、営業職をめざす人には高いヒューマンスキルは欠かせません。熱意と同時に、コミュニケーション能力の高さをアピールできれば、未経験者でも採用を勝ち取ることは十分に可能です。

営業職の仕事内容 意外と知らない営業職の仕事内容と年収について分かりやすく解説 未経験で営業に転職 営業職は未経験者におすすめ!未経験で営業職への転職を成功させる方法

ただし営業職といっても、法人営業は未経験者には難しいかもしれません。専門的で高度な知識が必要だったり、高いプレゼン技術が求められたりするのが法人営業だからです。

法人営業と個人営業の違いとは?どっちがきつい?両者の違いを比較

事務職

事務職も未経験者が採用されやすい代表的な職種です。そのぶん応募者が増え、事務職の求人は高倍率になることがよくあります。

ですが人気のない業種や企業では、事務職への応募数も比較的少ないです。未経験者の場合は、低倍率の事務職求人を探して応募すると採用される確率が高くなります。

採用条件に書かれていなくても、パソコンの操作スキルは求められる場合が多いです。転職を成功させるには、基本的なソフトはできれば使えるほうがいいでしょう。

事務職のメリット・デメリット 事務職ってどうなの?事務職のメリットやデメリット・年収まとめ 未経験から事務職に転職する方法 未経験から事務職に転職するにはどうしたらいい?転職のプロが徹底解説

製造業:製造と品質管理スタッフ

製造業のなかの製造スタッフや品質管理スタッフは、未経験者が採用されやすい職種です。特殊技術が必要な分野以外では、業務経験が問われることはほとんどありません。

ただこれらは体力が必要とされる職場です。健康で体力に問題がなく、根気よく働ける人であれば、製造業のこうした職種で未経験者が採用される可能性は高いでしょう。

未経験者でも転職可能な職種と業種 その2:慢性的に人手が不足している

働き手が足りていない職種や業種は、未経験者が転職する上での狙い目です。最初はあまり高い給与は望めなくても、経験を積んでいくと経験ゼロからでも年収をアップさせることも期待できます。

典型的な職種として、介護職、ITエンジニア、運送ドライバーなどがあげられます。

ただし求職者の動向や景気に合わせて、人手の足りない職種は常に移り変わります。有効求人倍率などの情報から、人手不足の職種や業種を頻繁にチェックしておくといいでしょう。

介護職

高齢者の増加とともに、介護関連施設で働く人材が求められるようになりました。現在のところ、介護スタッフが足りない状況が続いています。介護職は、未経験者が応募しても採用される可能性の高い職種です。

ただ体力を求められる職場であることは確かです。夜勤にも耐えられる気力と体力がこの職種には必要です。

採用時の給与があまり高くないことも覚えておくべきでしょう。体力的にきついのに給与が低いため、採用されても短期間で離職する人が多いのも介護職の問題点です。

採用時の給与に満足できなくても、経験を積み、介護士福祉士の資格を獲得するなどの努力をすることで、昇給への道はかならず拓けます。根気よく働ける人であれば、未経験者でも介護職で満足な年収をいずれ獲得は可能です。

ITエンジニア

専門性が求められる仕事ですが、ITエンジニアも意外に未経験からでも転職しやすい職種です。しっかりした研修期間を設けることで、未経験OKの条件で求人をだしている企業は少なくありません。

ひと口にITエンジニアといっても、じつは複数の職種に分かれています。代表的なものはシステムエンジニアとプログラマですが、そのほかにもインフラエンジニア、アプリエンジニア、サーバサイドエンジニアなどがITエンジニアの職種の内訳です。

IT分野のどのエンジニアをめざすとしても、パソコンの最低限の操作ができることは転職するうえでの必須の能力です。できれば基本的なプログラミングの知識ももっておきたいところです。

教室へ通ったり、入門的なサイトを活用したりして、応募前にこの分野の必要な基礎知識を身につけておくべきでしょう。

研修期間を終えたとしても、未経験者はさいしょは補助的な仕事からスタートすることになります。昇給が遅い、長時間労働が続くなどといったデメリットもあります。

ですが働くうちに専門的スキルが身につくため、ITエンジニアは将来のキャリアアップもめざせる職種であることは確かです。

運送ドライバー

運送ドライバー職もまた、未経験者でも転職しやすい職種です。人手不足のため、普通自動車免許があり、やる気があある人なら、未経験でも採用される可能性は高いでしょう。

とくに2トン以下の小型トラックドライバー、日帰りできるような近距離対象のドライバー求人なら、未経験者でもチャレンジする価値は十分にあります。

ただし10トン以上の大型トラックドライバーに応募するには、大型免許をもっていることが必要です。経験が求められることから、業務経験も厳しくチェックされるでしょう。大型トラックドライバーだけは、初心者にはむずかしい職種だといえます。

企業が未経験OKの求人を出す理由

中途採用の場合、即戦力となる人材を企業は欲しいはずです。それにもかかわらず未経験OKの求人を出すには、企業側には隠された理由があることになります。

こうした理由は、求人情報で明らかにされることはもちろんありません。ですがその知られていない意図を読み取ることができれば、それに合わせた自己アピールを作り、転職を成功させることも可能です。

未経験の立場から採用を勝ち取るためにも、企業が未経験OKの求人をだすおもな理由をここで押さえておきましょう。

理由 1:需要は大きいのに人材が少なすぎる

需要は大きいのに、仕事に就く人材が大きく不足している場合、企業は未経験OKの求人を出します。経験やスキルをもつ人材はもちろん欲しいでしょう。

ですが条件を緩めなければ、必要な人材数が確保できない職種もあります。こういう職種では、未経験者でもいいから働いてほしいというのが企業の本音です。

製造スタッフ、介護職、運送ドライバーなどは、体力面がきついために離職者が多い代表的な職種です。また営業職やITエンジニアも、実は辞めていく人が多い職種です。スキルを身につけると、さらなる高報酬や高待遇を求めて、人材はすぐに転職してしまうからです。

理由2:事業拡大にともなって人材確保が急務

新規分野へ事業拡大の予定がある場合に、企業は未経験OKの求人を出すことがあります。未経験者でもいいから、急いで新しい人材を確保しなければ、現在の社員の仕事が大幅に増えてしまうからです。いまの社員の負担を減らすことが、未経験者OKの求人をだす理由です。

こうしたケースでは、「事業拡大にともない」「新規事業にともない」と、求人に募集理由が書かれていることもあります。

理由 3:自社のやり方に従ってくれる人材が欲しい

ただ素直に仕事に励む人材がほしいときに、企業は未経験の人でも受け入れようとします。

未経験者に対しては、自社のやり方をさいしょから教育できるというメリットが企業側にはあります。指導に素直に従ってくれるので、未経験者に対しては同僚や上司はストレスなく接することができます。

円満で穏やかな職場運営をしたいことが、企業が未経験OKの求人をだす理由になっているケースです。

長い業務経験やスキルをもっている人は、前職までの自分のやり方に強い自信やこだわりをもっていることが多いです。

こういう人を採用すると、転職先の職場の方針に馴染めず、ほかの社員との不和の原因になることがあります。指導に素直に従える未経験者のほうが、企業にとって雇用しやすい場合もあるのです。

理由 4:新卒者よりは未経験でも中途採用者のほうが教育しやすい

すべてを教えなければいけない新卒者を採用するより、未経験でもいいから中途採用者を選びたいという企業もあります。

その業種でのスキルをもっていないとしても、中途採用の人材はすでに何年かの社会人経験を積んでいます。ビジネスマナーをわきまえているため、中途採用者は企業にとって教育しやすい存在です。

事情があって転職に踏み切ったことから、中途採用者は新しい職場で熱心に働くものです。早く仕事を覚えなければという自覚もあるので、未経験者であっても、中途採用者は新卒者よりも早く業務ができるようになるケースが多いです。

別業種での経験から思わぬ提案をしてくれることも、中途採用者の魅力のひとつです。新しい視点を仕事に持ち込んでくれるので、未経験の中途採用者のおかげで、職場に新鮮な活気が生まれることもあります。

こうした4つのケース以外にも、新卒者採用をしてもまだ人材が足りない場合などに、未経験者OKの求人がだされることもあります。

未経験者が求人に応募するときに気をつけたいこと

未経験者が応募するときには、いくつかのポイントに気をつける必要があります。

未経験OKの求人には、経験者もとうぜん応募をします。スキルのある人たちといっしょに採用試験を受けるのですから、未経験者は人並み以上に準備をしてから面接に挑むべきでしょう。なにも考えずに面接を受けると、未経験者はかならず不利になります。

「業務経験がないのに応募したら、面接でなにをいわれるか心配」「未経験だから、自己アピールのしようがない」

こんな不安を抱えている人たちも、次にご紹介するポイントをおさえて、採用を勝ち取るためにしっかりと準備をしましょう。

未経験なのに、この業種や職種をあえて選んだ理由を明確にする

まったく知識のない業界で働きたいと考えたことには、かならず理由があるはずです。説得力があり、熱意の感じられる志望動機を用意しましょう。

未経験者の場合、志望動機はとくに念入りに考えておかなければいけません。未経験OKの求人には、通常よりも数多くの応募者が集まるからです。そのなかで自分に注目してもらうには、採用担当者を納得させる理由が求められます。

「新卒のときには就職できなかったが、この業界で仕事をしたいとずっと思っていた」「前職でこの業界の方と話す機会があり、いつかこちらで働きたいと思うようになった」など、これまでの経験にからめることがポイントです。わかりやすく説得力のある志望理由を作りましょう。

いままでのスキルやキャリアが活かせることを強調する

未経験OKだからといって、業務で何の役にもたたないような人材は採用されにくいです。その業界のことは知らなくても、前職で培ったなんらかのキャリアやスキルがあるはずです。自分がもつスキルで、その企業にどんな貢献ができるのかについてしっかりと説明することが大切です。

たとえば「前職ではチームリーダーをやっていた」とアピールしてみてください。チームをまとめるスキルがあれば、新しい職場でもマネジメント能力を発揮してくれそうだと採用担当者に印象づけることができます。

畑ちがいではあっても、自分のスキルは転職先の職場でかならず役立つということを、相手に具体的に伝えるようにしましょう。

数年後には優秀な人材に成長してみせるという意欲を強調する

いまは知識と経験が不足しているけれど、それは人一倍の努力でかならず補ってみせるという強い意思を、採用担当者にかならず伝えましょう。前向きで積極的な姿勢をみせることで、将来は企業に十分貢献できる人材だと思わせることが必要です。

未経験者を採用するとき、即戦力になることは企業は期待していません。むしろ2年後、3年後に優秀な人材として成長できるかどうかを担当者は判断しようとします。

意欲や熱意を伝えることで、将来性の高さを印象付けることが未経験者にとってはとくに重要になります。

転職エージェントの活用で未経験の職種へ転職しよう

未経験からのチャレンジに不安を感じるときは、転職エージェントを使ってみるといいでしょう。

様々なノウハウをもつ転職エージェントでは、未経験職種に応募する人にとってとても有益なサポートを行っています。職務経歴書や履歴書の書き方指導にくわえ、効果的な面接対策も考えてくれるのが転職エージェントです。

転職エージェントは、会員向けに数多くの非公開求人ももっています。まずは登録してキャリアカウンセリングを受けてみましょう。求職者にとって最適な、未経験OKの求人情報が転職エージェントから紹介されるでしょう。

応募に対して心細さを感じている未経験の人こそ、転職エージェントのきめ細やかなサポートを大いに活用すべきです。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

まとめ

意欲があれば、未経験の業種や職種に転職するのはむずかしいことではありません。未経験OKの求人をみつけて、積極的に挑戦してみましょう。

とはいえ何の対策もせずに応募しても、未経験者が採用される確率は低いでしょう。業種や職種をよく選ぶ、前職でのキャリアが活用できることをアピールする、面接では将来性の高さを印象付けるなどの工夫が必要になります。

ポイントをおさえた転職活動をすれば、未経験職種への転職成功の可能性はずっと大きくなります。十分な準備をして、未知の仕事にチャレンジしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。