indeedの評判から見た特徴、弱点と使い方

indeed

indeed(インディード)はこれまでの転職サイト、求人サイトとは少し異なるサービスを行っています。

一般的な転職サイトや求人サイトでは、希望の年収や働きたい地域など自分の条件にあてはまる求人を検索して応募するという方法で利用しますが、indeedには「地域から探す」や「業種から探す」といった検索メニューはなく、GoogleやYahoo!検索のようにキーワード検索という手法が取り入れられています。

そのため普通の転職サイトや求人サイトに慣れている人には少しとっつきづらさが感じられるかもしれません。しかし、indeedは100万件を超える膨大な求人数を有しており、シェアを着実に拡大している人気のサイトです。この項では、そんなindeedについて詳しく解説していきます。

indeedの特徴

新しい検索の形

上述の通り、indeedでは従来の転職・求人サイトと違ったサービスを提供しています。普通、転職希望者はサイトに登録し、サイト内に掲載されている求人情報を見て応募するという手順ですが、Indeedでは登録が不要です。住所や職歴など、めんどうな入力が必要なく、毎日サイトにログインしてマイページから求人情報の更新を確認する必要もありません。

検索では希望職種と勤務地さえ入力すれば、一気に求人を閲覧することができます。検索メニューもキーワード検索という形なので、本当に自分が求めている情報だけを選別きるという特徴があります。

これまでの転職サイトでは、希望勤務地に「東京」と入れたとしても実際の勤務地が東京ではない企業も表示されていました。これは「東京」というワードだけを拾っているからで、「東京○○」「〇東京○」などといった社名の会社まで検索にひっかかることが原因でした。

これでは、検索で絞り込んだ企業の中からさらに、勤務地が東京の企業を探さなければいけないという二度手間になってしまいます。しかしindeedは登録されている情報の中から包括的で関連性のある求人のみを表示してくれるので、検索がとても簡単です。

求人の数が多い

膨大な数の求人があることも、indeedの特徴です。その数はアルバイトなら85万件以上、正社員求人は約90万件となっていて、他の求人サイトと比べても圧倒的な量です。これは様々な他社メディアの求人情報をindeedが集約しているからです。

アルバイトならバイトル・タウンワーク・マイナビバイトなど、正社員ならDODA・マイナビ転職・@typeなど、派遣ならエン派遣・アデコ・パソナなどの情報がひとつにまとまっているのです。これに加え、中小企業やハローワークの求人まで網羅されています。

つまりindeedを使えば、いろいろなサイトに登録して求人を見比べる必要がなく、とても便利なのです。自分に合った仕事も見つかりやすいでしょう。

独自のシステム

Indeed は他の転職サイトと異なるアルゴリズムを使用しています。Indeedではクローリングというシステムが使われており、インターネット上から検索条件にマッチする求人情報をIndeedのコンピューターが探し出して掲載されます。

Indeedで応募をかけると採用率がアップすると言われているのですが、これはIndeed独自のクローリング技術が求職者のニーズと企業のニーズを高精度でマッチングさせているからなのです。ただし求職者側では検索キーワードの選定が重要です。キーワード次第で検索結果が変わってしまうので、あらゆるワードで検索しなければいけません。

indeedを使うメリット

上記の三点が、indeedを象徴する特徴です。それ以外にもindeedならではの魅力があるので、細かく見ていきましょう。

シンプルで使いやすい

転職サイト・求人サイトは、ごちゃごちゃとしていて見づらいことが多々あります。おすすめの求人や急募案件などは、たくさんの人に見てもらうためにサイト内でも特に目立たせています。

これが乱立していると、サイトとしてとても見づらくなってしまいます。しかしindeedはサイトのデザインがとてもシンプル。自分が使いたい機能、自分が欲しい情報だけをさっと見つけることができます。

検索条件を指定することも可能

Indeedはキーワード検索を採用しているので、「正社員 東京 週休2日」などと入力するだけで、その条件に合った企業の求人を見つけることができます。

そこから絞り込みたい場合は「検索オプション」から雇用形態・年収・検索対象サイト・掲載期間など細かい条件を指定することもできます。

応募も手間いらず

Indeedに掲載されている求人は、DODA・マイナビ転職・@typeなど他の転職サイトから提供されたものと、indeedに直接投稿されたものの2種類に分けられます。前述の各転職サイトから提供された求人に応募したいと思った場合は、それぞれの転職サイトのページに飛んで必要な手順を踏めばOKです。Indeedに登録する必要はありません。

indeedに直接投稿された求人に応募する場合は登録が必要ですが、メールアドレスや名前、メッセージなど必要最低限の情報入力で済むので気軽に利用できます。Facebookアカウントと連携させることも可能なので、一瞬で登録が終わるのも便利な点です。ちなみにメールマガジンに登録しておくと、新着求人をメールで受け取ることもできます。

情報の鮮度がわかる

メールマガジン(ニュースレター)を受け取る設定にしておけば、自分が希望する条件の求人が掲載された際に連絡が来るので、検索をしなくてもいいという利点もあります。

掲載される求人情報は毎日更新され、掲載開始から何日が経過したのかも記載されているのもポイントです。とても条件が良いのに一年近く掲載されっぱなしの求人などは、「何かあるのかもしれない」と、求人を選別する基準にもなるでしょう。

スケジュールを一括管理

転職活動を進めていくうちに、どの会社にエントリーしたのか、面接日程はいつなのか、合否状態はどうなのかなど、進捗管理が大変になってきます。何社も同時に選考を受けていると、うっかり面接日を忘れてしまったりすることもあるかもしれません。Indeedではこのようなことがないように、転職活動にまつわる進捗を一括管理することができます。

レア求人に出会える

サイトによっては技術系に強い、正社員に強い、アルバイト求人が豊富などの特色がありますが、Indeedは総合的な求人サイトなので掲載される求人に特色はありません。そのため柔軟な転職活動が可能です。アルバイトだけど正社員より高収入だとか、自由勤務可能だとか、ほかでは知れなかったような求人に出会えることもあります。

indeedを使うデメリット

Indeedにはデメリットもあります。これを知った上で利用するか検討してください。

応募には他の転職サイトを経由しなければいけない

Indeedには他の求人サイト、転職サイトの情報も掲載されているので、気になった求人があっても応募するにはそれぞれのサイトに会員登録しなければいけません。Indeedにプロフィールを登録していたとしてもそれを転用することはできないため、他の転職サイトに再度情報を登録するという手間が必要です。

中には他のサイトに登録しなければ募集案件の詳細が確認できない非公開求人も掲載されています。気になる求人であってもIndeedだけでは知りたい情報を手に入れられないので不便を感じることもあります。

一般的な転職サイトでは、一度応募時のフォーマットを登録しておけばワンクリックで複数の企業に応募することができます。しかしindeedでは掲載元の求人が違った場合、全ていちから必要情報を入力しなければいけないので、応募にかなり時間がかかってしまいます。

特に、たくさんの企業に一気に応募したいと考えている方は面倒にかんじることでしょう。

怪しい求人も多い

膨大な数の求人が掲載されているIndeedですが、中には怪しげな内容の求人もあります。普通の場合であれば企業が募集をかける際は求人サイトに広告費を払うのですが、indeedは広告費なしで求人を掲載することができます。

そのため自社サイトがない企業や、とにかく早く人を入れたいという企業がIndeedを利用します。その結果、少し怪しいような企業の求人まで掲載されてしまうのです。求職者には、膨大な求人の中からいい企業を自分で見極める力が求められます。

エージェントサービスはない

Indeedはあくまでも検索エンジンなので、転職をサポートしてくれるエージェントのようなサービスはありません。そのため転職活動における「履歴書や職務経歴書の書き方」「カウンセリングサービス」「面接対策」などといった就職や転職をサポートするサービスは行われません。

エージェントのサポートを受けつつ転職を成功させたいという方には向いていません。また、初めての転職で何をどうしていけばいいかわからない、という方も、エージェント機能がついたサイトを利用した方が便利かもしれません。Indeedは自分で求人情報を検索するツールでしかありません。

検索制度に不安

indeedを実際に利用したことがある人の口コミで多いのが「検索精度が低い」というものです。キーワード検索なので情報が探しやすいという反面、自分が入力したキーワード次第では求めている求人にたどり着けないことがあります。

膨大な求人数が掲載されているので、ひとつひとつチェックしていくのも大変な作業です。また、「居酒屋」で働きたいと思って検索したのに「居酒屋の情報をまとめるデータ入力の仕事」が表示されることもあります。さらにはいい仕事が見つかったと思っても、募集が終了していることもあるようです。

Indeedがおすすめな人

Indeedは上述のようなメリット、デメリットがあります。その中でどんな方におすすめかというと、手軽に情報を仕入れたいと思っている方です。

様々な掲載元から膨大な求人を掲載しているので、世の中にはどんな仕事があって、どれくらいの年収が普通なのかという情報がすぐに手に入ります。

年収や年齢、性別、雇用形態などで検索することができるので、市場相場を調べるという意味で利用価値があるでしょう。Indeedは情報収集したい人向けのサイトです。

Indeedで転職する際の流れ

Indeedの使い方は、まず求人を検索して自分の条件に合う企業を見つけること。希望の求人が見つかったらその情報を提供している転職サイトに登録して、転職サイトごとのルールに従って応募します。

Indeed上では履歴書や職務経歴書の提出、面接日程の調整やフィードバック、内定通知などの企業とのやり取りはできません。ただし、どの企業にエントリーしたかという情報や面接の日程確認などは Indeed上で管理ができます。複数の転職サイトでそれぞれ選考を進めている案件があった場合は、Indeed上で一括で情報を見ることができる点も便利です。

Indeedの上手な使い方

Indeedにはメリットもデメリットもあります。デメリットとしては求人情報の正確性、信頼性がいまひとつなことと、転職についてのサポートを受けられないことが大きな部分でしょう。これを補完するためには、他の転職サイトやエージェントを併用すると良いでしょう。

Indeedで見つけた求人を他の転職サイトの担当者に確認すれば正確な情報を得られますし、エージェントに登録しておけば履歴書の書き方や面接の進め方などのアドバイスや適正な仕事を見つけるためのカウンセリングを受けることもできます。Indeedで求人情報を探し、気になる案件が見つかったら他の転職サイトやエージェントにも登録するという流れが一番便利です。

併用するのにおすすめなのはDODAです。DODAは大手の転職エージェントです。ほかにもリクルートエージェントも大手ですが、リクルートエージェントとIndeedにはともに掲載されている求人数が多いという特徴があります。

つまり、特徴がかぶってしまうのです。それに対してDODAは求人数ではなくキャリアアドバイザーの質が高いことが特徴の転職エージェントです。ですから求人件数の多いIndeedとキャリアアドバイザーの質がいいDODAを併用すると、最高の転職活動ができるでしょう。

まとめ

他の求人サイト、転職サイトとは違った特徴を持っているindeed。業界でもトップクラスの求人を掲載しているため、Indeedを使えばたくさんのいい企業と出会える可能性があります。ですが転職エージェントとは違って、仕事に関してのアドバイスやサポートを受けることはできません。

また、他の転職サイトに掲載されている求人をまとめているだけなのでスカウト機能やマッチング機能にも期待はできません。ですが検索がしやすいことと、求人件数が多いことを考えれば、自ら転職活動を積極的に進めていけるタイプの人にとってはとても便利なサイトでしょう。

特にDODAと併用すれば、かなり有利に転職活動を進めることができるでしょう。もちろんそれ以外の人も、市場の相場を知ったりどんな仕事があるのかなどを知るために有効活用してください。登録は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。