人事のやりがいとは?人事の仕事のやりがい・魅力まとめ

みなさんは、人事部門の仕事にどんなイメージを持っているでしょうか。

人事といえば、まず社員を採用する業務を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、実際には社員の教育や出勤管理などさまざまな業務を幅広く行っている部署でもあります。

そんな人事部門での仕事にはどのようなやりがいが感じられるのでしょうか?

人事のやりがいとは?

人事のやりがい1:会社を支えている実感が味わえる

人事は、会社の成長や発展に不可欠な人材の成長と活躍を支える仕事とも言えます。

会社独自の指針で社員を評価して適正な給与を支払い、同時に若い社員に研修と経験の機会を提供して成長してもらう、これら2つが作用して会社そのものの利益も上がると言うのが、人事部門ならではの達成感と言えます。

いわば「会社を支える」ことを実感できるポジションでもありますが、短時間でその成果が見えないために仕事をしていてもモチベーションを維持できないこともあるかもしれません。

また、表舞台に立つことはあまりないものの、人事部門は企業経営には不可欠なポジションであり、そのことを誇りにモチベーションを維持できる人には向いている部門かもしれません。

人事のやりがい2:経営陣から直接評価される

ある意味人事部門は会社の経営陣と直結して関係性を持てるセクションでもありますから、経営陣から直接評価される部署でもあります。

自分自身の能力に自信がある人には理想のポジションでしょうし、自身の頑張りが直接経営陣から評価されることでやりがいを感じられる人にはうってつけの部署とも言えます。

ですが、その分他の部門の社員からやっかみを受けたりすることもあるので、それを受け流せる人でなければ人事部門にいるのは大変かもしれません。

人事のやりがい3:採用した人の成長を感じたとき

人の成長に関与できることは人事の仕事の醍醐味の1つといえるでしょう。

例えば、自分が採用や新人教育に関わった人材が、入社後に成長し能力を発揮しているのを見たときは、何ともいえない喜びと達成感を味わえます。

そのような気持ちを味わえるのは、一人ひとりの人材と密に関わっていく人事部門ならではの仕事といえます。

また、その人材から「あなたのおかげです」とでも言われて感謝でもされるようなことがあれば感無量、人事冥利に尽きると言うものでしょう。

人事のやりがい4:答えのないものを突き詰めていけること

人事の仕事は常に人と向き合うことに他なりません。

人と人が向き合うと言うことは、明確な答えがない仕事とも言えます。

答えのない仕事をすることは、考えようによってはものすごく大変なことですし、自分自身のモチベーションを維持することも大変かもしれません。

実際、どれだけ経験を積んでも、一筋縄ではいかないのが人事の仕事であり、何十年たっても過去の判断について悔んだりする人も多いのが人事部門の仕事です。

答えがないと言うことに不安になるのではなく、「答えを自分で作る!」ぐらいのモチベーションがある人であれば十分務まるかもしれません。

人事のやりがい5:企業の将来を担う仕事である

人事の仕事は「企業の将来を担う仕事」とも言えます。

特に最近は「売り手市場」ということもあり、いかにいい人材を他社より先駆けて採用することが出来るかが、人事部門の「腕の見せ所」です。

また、入社した社員を教育して成長させていくのも人事部門の腕の見せ所です。

それらの業務が実って、やがて会社の主要な事業を背負う人材になったり、会社に新たなビジネスチャンスをもたらしてくれることになるかもしれません。

これらの事務を担うためには、人事部門にいるあなた自身も日々成長するように自己研鑽をつまなくてはなりませんが、そのことに対して楽しみや意欲を持てるようであればなおのこと良いでしょう。

人事のやりがい6:企業の顔である

人事の採用に関わっていると、たくさんの学生に出会います。

人事部門であるこちら側は選ぶ立場のように思われがちですが、最近は売り手市場ということもあり、企業側が選んでもらう立場になっています。

つまり、学生たちからは自分の企業にとって必要となりそうな人材を探しているようにみえて、実際にはこの会社を「選んでもらわねば」ならないのです。

そう言う意味では、あなた自身が「この会社で勤めている人」として注目され、あなた自身の言動でその会社の社風などを判断されることもしばしばです。

実際、最近の学生たちは給与や出世などへのこだわりよりも、仕事とプライベートをそれぞれ充実させることが出来るか、自分の持っているスキルを活かせる仕事なのかなど、やりがいを重視している傾向も見られます。

会社でのやりがいを見出すには、人事担当者として目の前にいるあなた自身がやりがいを持って仕事できているかも判断されるのです。

実際、内定者のアンケートで「採用担当者が魅力的だった」との答えをもらったときは非常に嬉しく、努力が報われた気持ちになるでしょう。

人事のやりがい7:日々成長出来る

人と関わると言うことは、さまざまな人の価値観に触れることが多く、自分にとってプラスになる部分は吸収することが出来るメリットがあります。

そもそも自分を成長させようとすれば、欠点を解消することと、得意な点を伸ばすことの2つがありますが、いずれも仕事中にあえて機会があるわけではなく、自分で終業後にスクールに通って身につけるようなことでもしなければ、成長する機会には巡りあえません。

ですが、人事部門は人と関わると言うことや人を育てると言うことから、自分自身もさまざまな場面に出会い、経験を積むことで様々な人の価値観に触れ、自分が良いと思えばそれを受け入れようと考える機会に恵まれています。

人事のやりがい8:さまざまな価値観を身につけられる

人事部門ほど様々な価値観に出会う部署はありません。

価値観とは別のいい方をすれば「視野」「目線」と言い換えることが出来ます。

例えば、セクハラで悩んでいる女性社員の相談や対応に乗っているうちに、女性社員の視野に基づいた価値観でルール作りを行い、セクハラの再発を防ぐ効果をもたらすこともできるでしょう。

また、若手社員との話し合いの中であまりにも自己中心的な発想ばかりが提案されるので腹を立てようとしたのですが、それよりも「若い社員の考え方」を理解しようとして、若い社員の視野を考えるようになった、と言うのは私自身の経験談です。

さまざまな人の価値観を身につけ、理解できるようになれば、社内でのルール作りにはもちろんのこと、人材育成の面でも実りのある研修を企画することが出来るなど、そのメリットは計りしれません。

また、面接の際に様々な回答をする学生たちに対して、臨機応変に対応することもできますし、その人間の本質を追究しようとさらに質問をたたみかけることもできるでしょう。

人事のやりがい9:他部門の助けが出来る

他部門では様々な目標達成のために努力をしていますが、人事部門は他部門に対して人員の加配や研修の実施、給与や時間外手当の確保などで様々なサポートを行います。

ですので、他部門が目標を達成した時にはサポートする側の人事部門も我が事のように喜べることもしばしばです。

サポートすることの喜びを感じられること、それがやりがいにつなげられる人にはぜひ人事部門で「人を支える仕事の素晴らしさ」を実感して欲しいと思います。

まとめ

今回の記事で、人事の役割や人事担当者の仕事についてご理解いただけたと思います。

人事部門は採用業務や評価関連業務など、企業の全体的な運営にコミットすることが多い業務ですが、自然と社員との関わりも深くなるものです。

ですので、それぞれ部門が目標達成に向けて努力している中、それを直接サポートができる点などは非常に満足できる仕事だと思います。

また、対外的な仕事も多いためたくさんの人と出会うことができますから、仕事を通して多くの人と関わりたい方にとって、人事部門はうってつけな部門ではないでしょうか。

将来的には人材マネジメントに特化した仕事がしたいと思っている人は、ぜひ一度人事部門での就労経験を身につけて欲しいと思います。

また、これから人事部門への就職や転職を希望している人は、自分自身で目標設定ややりがいを見つけられるようなモチベーションを確保してからステップアップして欲しいと思います。

社員のやりがいを重視する部門だからこそ、まず自分自身のやりがいに答えられる部門であるかも、この機会にぜひ見つめ直してみてください。

人事に未経験で転職するには?転職成功のために絶対に押さえておきたいポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。