人事に強いおすすめの転職エージェントを比較

人事部門に転職したい人にとって、転職エージェントは強い味方になってくれるサービスだと思います。

特に、今の仕事をしながら転職活動を同時にしたいと言う人にとっては、転職先を探してくれたりアポイントメントをとってくれる転職エージェントは本当にありがたいサービスだと思います。

今回は人事部門職の転職に強い転職エージェントのお勧めサービスをランキング形式でご紹介します。

現在人事部門にいて転職後も人事部門で勤めたいと考えている方や、現在は別職種であってもこれから人事部門に転職したいと考えている方はぜひご覧ください。

人事部門への転職活動におすすめのエージェントはここだ!

人事におすすすめの転職エージェント1:MS-Japan

MS-Japan

MS-Japanは企業の管理部門(人事・総務・法務・経理等)への転職や、弁護士・司法書士・社会保険労務士等への転職に強い転職エージェントです。

同種サービスと比較しても、管理部門の転職では一番実績が高いエージェントであり、保有している求人の数・幅ともにトップクラスと言えます。

年齢層も、若手から経験豊富なベテランまで幅広い年代や経験をお持ちの方であっても満足できる求人情報を紹介してもらえます。

年齢層で言えば、特に30代前後で経験やスキルを持っている「キャリアアップ」としての転職を検討している方にはお勧めのサービスです。

同時に、管理職やプロフェッショナル向けの求人も数多く取り揃えていて、今後レベルの高い仕事にチャレンジしていきたい人にもおすすめの転職エージェントです。

MS-Japanは転職先企業の内情もしっかり把握しているので、応募の際に必要な志望動機の書き方や面接対策までしっかりサポートしてくれるので、転職活動に慣れていない人でも安心して頼ることが出来ます。

人事におすすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録している人は既に多いかもしれませんね。

そもそもリクルートエージェントは転職エージェント業界で最大手ですし、利用者が多い分実績と経験を蓄積しているので、きめ細かいフォローをしてくれながら転職活動に取り組むことができます。

自分のニーズを細かく聞いてくれて、それに対してきめ細かく対応してくれるので、希望がなかなか決まらない人や、自分のセールスポイントを絞り込めない人にとってはお勧めのサービスと言えるでしょう。

また、人によってはエージェントと向き合って何度も面談するような転職活動は控えたい人もいると思います。

その点、リクルートエージェントのサービスはメールや電話ばかりがかかってくることも少なく、自分自身でサイトから情報を入手して自分がリードしながら相談することもできるので便利です。

表だって転職活動をしたくない人や、今の会社に転職活動をしていることがばれないようにしたい人にはお勧めのサービスだと思います。

リクルートエージェント リクルートエージェントの評判からみた特徴や弱点、登録方法を解説

人事におすすすめの転職エージェント3:doda

doda

dodaは様々な職種に対応する総合型の転職エージェントです。

もちろん、人事・総務・法務の転職にも強く、経験の浅い若手向けの求人もたくさんあるので、20代でこれからキャリアアップを考えている人や、さまざまな職場を経験してキャリアアップしたいと考えている人にはおすすめの転職エージェントです。

もちろん、転職活動には欠かせない履歴書や職務経歴書の書き方に関する指導も行ってくれるので、はじめての転職活動でも安心して利用することができます。

また、dodaは地方の求人情報もしっかり把握しているので、転職を気に地元に帰ろうとしている人などにはお勧めのサービスとも言えます。

doda dodaってどうなの?評判からみた強み・弱点と向いている人

人事におすすすめの転職エージェント4:パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは「求職者の希望に合った求人紹介」を第一に営業していることもあって、面談後の満足度が高い転職エージェントとして評判の良いサービスです。

その証拠に「未経験で人事職に転職したい」と言う希望であっても、キャリアアドバイザーが理想の就職先を探してくれるきめの細かさには定評があります。

パソナ自身も人材派遣会社を経営していることもあり、企業のニーズはしっかりとリアルタイムに把握している企業ですから、流行の最先端の企業や、実際に人材が不足している企業の求人情報はバッチリ抑えてくれています。

パソナキャリア パソナキャリアの評判ってどうなの?口コミを調べて分かったメリットと弱点を解説

人事におすすすめの転職エージェント5:ビズリーチ

ビスリーチ

ビズリーチは正確に言えば転職エージェントサービスではありませんが、ハイクラスの企業に転職したいのであれば、ぜひ登録しておきたい転職サービスです。

ビズリーチが抱えている情報は、人事や総務、労務などのスペシャリストとしてさらにレベルアップした職場で働きたい人や、自分をプロフェッショナルと考えている人にとって最適な待遇を受けられる職場の情報が多数掲載されています。

それにビズサーチはスカウトされるスタイルの転職サイトなので、企業からだけではなく、ヘッドハンターからもスカウトが届きますから、ハイクラスの転職先を目指すあなたにとって足りないスキルやその業界の有益な情報を入手できたりもします。

それにビズサーチは無料でも十分使えるサービスなので、初期登録時の無料プランを活用して登録後30日間のお試し期間を活用して、有料プランと同じサービスを利用して満足したら有料サービスに切り替えることも容易です。

ビスリーチ ビズリーチってどうなの?口コミから見たメリット・デメリットと総合評価

人事におすすすめの転職エージェント6:マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは特に20代から30代の若手ビジネスパーソンにオススメの転職エージェントです。

何よりマイナビエージェントのキャリアアドバイザーは、他のサービスと比べても面談の回数やレスの早さなどがダントツに多いのが特徴です。

細かく連絡をくれる分、きめ細かく転職活動をサポートしてくれるわけで、実際に書類添削や面接対策まで幅広くフォローしてくれることもあり、実際に利用した人からも親身にサポートしてもらえたことへの評価が高いです。

マイナビエージェント マイナビエージェントの評判ってどうなの?注意点や特徴を解説

人事の転職エージェントの選び方

ここまで、さまざまな転職エージェントサービスを紹介しましたが、どれを選べば良いのかわからない人も多いと思います。

私がお勧めするエージェントの選び方は、次のようになります。

  1. 人事未経験者(あるいは経験者)…リクルートエージェントパソナキャリア
  2. 人事経験者…MS-Japan、ビズリーチ
  3. どちらも対応…dodaマイナビエージェント

実際に登録された後、担当のキャリアアドバイザーと面談をして合わないと感じた場合には、別のエージェントの利用を検討しても大丈夫でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。