人事を辞めたい理由とは?辞めたい時の対処法と辞めるべきタイミング

人事を辞めたい

どの企業にも必ず存在するのが、人事という職種です。採用業務はもちろん、労務や教育に関することや社内評価に関することなど、幅広い仕事内容が特徴です。

どの役職でも身近な人事ですが、その職種に就く人は、一体どういった理由で辞めたいと思うのでしょうか?
今回は、人事という職種を辞めたいと思う理由や対処法などを、ご紹介していきます。

人事を辞めたい理由には何がある?

人事を辞めたい理由①自分の業績にならない

人事という職種は、基本的に人材に関することが仕事になります。採用や教育、優秀な社員が働きやすいような労働環境の整備といった、様々な人材業務が発生します。

そのため、営業部門のような、自分の成果がはっきりとした数値で表示されません。

さらに、教育に関することも仕事なのですが、人材育成に成功したとしても、その評価は人事ではなくその人自身のものとされます。

また、会社が発展・成長した評価は、主にそこで働く社員になります。

すなわち、人事は評価がされにくい職種であると言えます。そのためやりがいをなくしてしまう人も多いです。

人事を辞めたい理由②人に恨まれやすい

人事は、社内の人事異動や賃金改定などに関与しています。人に関することがメインとなるため、他の社員から多くの苦情や文句、泣き言、恨み節などが当たりやすいといえます。

誰をどの部署に配属するのか、誰を採用するのか。明確な基準を定めるのが難しい業務なので、客観的に判断するのが難しいです。そのため主観や個人の価値観などが入り混じり、そのため人から恨みを買いやすいとも言えます。

さらに組織と個人でギャップが生じやすく、トラブルが起これば人事の責任となってしまいます。

人事を辞めたい理由③人材の見極めが難しい

人というのは、一人ひとりが違う価値観を持っています。それぞれが十人十色の性格ですから、不確定要素が多くなります。その中で人材を見極めつつ仕事をこなしていくのですから、人事の思惑通りにいかないことが多いのも当然と言えます。

特に、個人的に気に入っていた人に退職命令が出たときや、目をつけていた人が上手く成長してくれなかったときには、歯がゆい思いを抱えることになるでしょう。

それが嫌になって、人事の仕事を辞める人も多いのです。

人事を辞めたい理由④トップと現場との板挟みになる

人事は、経営者に近い場所で仕事をすることになります。トップと接する機会が多いので、企業の経営方針に深く関われます。そして実際に働く社員や現場との距離も近いので、両方の現状を把握することができます。

しかし、経営者の判断が必ずしも現場の人たちの為になるとは限りません。ときには、トップと現場の人たちとの板挟みになりながら、その軋轢を直に感じることになるでしょう。

人事を辞めたい理由⑤裏方がメインなので目立ちにくい

人事という仕事は、成果が見えにくいです。近頃話題になるハラスメント問題や、海外から来た社員のビザ手続きや入居手続きといった事務作業、社員のうつ病問題や未払い残業代問題に対し、状況や過程を秘密にしながら仕事をこなしていくのです。

その仕事はまるで、劇の最中に目立たないように仕事をこなす黒衣(くろこ)の役割に似ています。

さらに人事は、社内の人間に対して誠実な対応をしなければなりません。そのため、飲み会などで会社や社員に対する不満や愚痴を言うと、不適切だとして、社内問題にも発展するでしょう。

会社の潤滑油として大変な人事ですが、あまり目立つ仕事ではないため、他の人から「本当に仕事しているの?」なんて言われてしまえば、辞めたくなるものですよね。

人事を辞めたい理由⑥人間関係のストレスが溜まりやすい

人事は社員の人たちと関わって仕事をしていきます。その中で、問題行為のある社員というのは一定数いるのが事実です。

パワハラ管理のマネージャー、会社の噂話を広めてばかりの社員。こういった人たちと向き合って問題解決していかなければなりません。人間関係に悩んで大きなストレスとなる人事が多いのも事実なのです。

さらに、人事はプライベートな情報や機密情報を多く把握しています。

会社の人事計画や評価、社員の給与やプライベートといった情報は、漏らすわけにはいきません。そのため、社内において本音で喋れる同僚は人事内だけに限られてしまい、それゆえに孤立しやすいとも言えます。

人事を辞めたい理由⑦キャリアアップに不安がある

人事は客観的に評価がしにくい職種です。そのため自分が担当している業務が、会社にどういう風に評価・判断されているのも分からないのが事実です。さらに会社内に限定した仕事が多いので、他社でも通用するスキルを身につけるのは難しいでしょう。

特に成長意欲が強い人だと、自分が本当に成長しているのかどうか、分かりにくいとも言えます。もっと活躍したい、評価されたい、という思いが膨らんで人事をやめる人も多いです。

このように、人事という職種は

  • 目立ちにくい
  • 人に恨まれやすい
  • 人間関係のストレスが溜まりやすい

といった特徴があるため、辞めたいと思う人が多いのです。

人事を辞めたいときの対処法とは?

人事の仕事を辞めたい、と思っても早まってはいけません。一時的な感情で辞めてしまい、あとで後悔する人も多いのですから。

「本当に人事の仕事を辞めていいのか」しっかりと自分の思いと向き合ってみてください。

以下に、人事を辞めたいと思ったときの対処法をご紹介します。

人事を辞めたい時の対処法①ストレスを受け流す能力を上手に身につける

人事は、人と人のトラブルに対処することも多くあります。こうした人間関係の軋轢や矛盾を、上手にこなしながら仕事していく能力が不可欠です。

ストレスを上手く受け流し、ときには開き直る気持ちで、他人と向き合うしかありません。

トラブルに関して深く考えすぎず、むしろ割り切るくらいの気持ちであれば、諦めもつきますから、冷静な判断がしやすいといえるでしょう。

人事を辞めたい時の対処法②部長より上まで出世する

人事部長にまで出世できれば、あなたに対抗できるのは社長くらいでしょう。

このレベルにまで登りつめれば、上からいろいろと言われることも少なくなります。人材の決定権などをほぼ掌握できますから、自分の思った人材配置などが可能となるでしょう。

しかし、一人で独占して仕事をしてはいけません。ときには経営者の意見も聞き、現場の状況も理解しながら、仕事をこなす必要があります。

人事を辞めたい時の対処法③他人に頼る

人事の仕事は、人を扱う仕事です。とはいえ一人で業務を行うのは限界がありますから、周囲の協力も必要不可欠です。
同じ会社で働く者同士、お互いに協力していけば、良い相乗効果にもなるでしょう。

一人で問題を抱え込まず、ときには周囲の社員と協力しながら、仕事をこなしていきましょう。

人事を辞めたい時の対処法④給与の不満は制度改革を検討しよう

人事は、給与を改定できる立場にあります。ですから、固定残業代を増やしたり基本給を上げるといった人事制度を作成することができます。

もしもあなたが人事の給与面に悩んでいるのであれば、経営者に認め得られるまで人事の仕事で成果を出し、給与を上げてもらう努力をしましょう。

そのためにも、業務の効率化が重要です。ルーチンワークはとにかく早めに終わらせる、緊急性の高いものを迅速に解決する、といった工夫が大切となります。

特に給与計算や賞与計算といったルーチンワークは、給与計算ソフトの導入・改善を進め、仕事時間を縮めるような効率化が大事となります。

ときには社会保険に関する業務を社労士法人に委託するなど、外部の専門家に頼るのもいいでしょう。

人事を辞めたい時の対処法⑤活躍できる場は他にもある!

人のストレスが最高潮に高まるのは、どういう場面かご存知でしょうか?

それは、「この環境から逃げることが出来ない」という追い詰められた心理状況に陥ったときです。

逆に言えば、「他の会社で働くことができるから、いつでもこの会社を辞めることができる」という思いがあれば、ストレスがかなり軽減されると言えます。

筆者も、大手企業、ベンチャー企業、外資系企業の3社で働いてきました。やはり最初の大手企業が一番きつかった記憶があります。最初の企業でしたし、自分が他の企業で働けるのか不安もありましたから。

人事を辞めたい時の対処法⑥他業界へと転職する

人事職は、どの企業・業界でも存在する、必要不可欠な存在です。つまり、転職のチャンスが豊富にあるということです。

転職を考えて、実際に転職を検討してみるのもいいでしょう。そのさいには、転職エージェントへの登録をおすすめします。
自分の市場価値や転職可能性が、客観的に判断できるからです。

転職自体に踏み込めなくとも、大手の転職エージェントに無料登録してエージェントの面談を受けるだけでも、広い視野を身につけられたり、多くの選択肢を見つけることもできるでしょう。

人事に強いおすすめの転職エージェントを比較

特に登録先としておすすめなのが、業界No.1として有名な、リクルートエージェントです。

是非、活用を検討してみると良いでしょう。

人事部の転職におすすめの業界は?

上記で他業界への転職について触れましたが、では具体的に、人事部が転職するのにはどういった業界が最適なのでしょうか?
以下、一部の例をご紹介します。

メーカー

メーカーは、年間のカレンダーによって、休日がしっかりと定められていることが多いです。さらに、製造ラインに合わせて残業時間が設けられていますから、過度な残業も少ないです。

プライバシーを重視したいなら、おすすめの業界です。

IT企業

ベンチャー企業は、比較的に、若者が多いです。そして若者が多ければ、人事に対して敵意を向ける人は少ないです。

年配者が少ないので、人事部に対して攻撃してきたり、揚げ足をとってくるような社員も少ないでしょう。そのため、企画の立案や進行が比較的やりやすいと言えます。

仕事を滞りなく進めたい人には、おすすめの業界です。

銀行

銀行の人事部は、大卒が多いので、権力が集まりやすいです。そのため、人事部に歯向かう人が少ないので、仕事がやりやすいと言えます。

そして出世の道も通りやすい、とも言われています。

バリバリ仕事して出世を目指しているなら、おすすめの業界です。

人事を辞める時の注意点

問題ある社員がいたら、後任者にしっかりと引き継ぐ

人事部は、従業員との揉め事が発生したら、訴えられて首にされる可能性が十分にあります。

もしも、社内に要注意人物や問題を起こす可能性のある社員がいるなら、問題発言や証拠などを記録しておくと良いでしょう。

  • 要注意人物の名前
  • 過去の賞罰の履歴
  • 在職中の仕事の記録
  • 面接した際の従業員の詳細

後任する人事部社員が、後に大きなトラブルに巻き込まれるのを、防ぐことができるでしょう。

人事部を辞めるのにベストなタイミングとは?

人事部を退職する際には、タイミングにも気を配る必要があります。以下、その具体的なタイミングをご紹介します。

人事を辞めるタイミング①年末調整時期を避ける

毎年、12月は年末調整の時期に当たります。
年末調整では、この一年の給与や賞与の計算など、多くの事務作業の手間がかかります。そのため、この時期で退職してしまうと、周囲にとても迷惑がかかってしまいますので、避けた方が無難です。

人事を辞めるタイミング②引き継ぎに最低でも半年かけてから辞める

退職を決意したのなら、最低でも半年前には辞職の意向を知らせ、引き継ぎをした方が良いでしょう。

人事は、基本的に社員のパーソナルな部分に関わってきます。この引き継ぎがしっかりなされないと、ミスに繋がり、重大な問題を引き起こしかねます。

小さなことでも後任者にしっかりと引き継ぎをしていくようにしましょう。

給与や賞与の計算、社会保険の適用書類がどこにあるか、といった基本的なところから、仕事の計画から進め方といった情報まで、しっかりと伝えるようにするのが重要です。

まとめ

人事部を辞めたい、と思ったときに重要なのは、「今の人事部以外にも職場があることを知っておく」ことです。

人事部は外部との接触が少なく、自然と考え方が「井の中の蛙」状態となっていることでしょう。しかし、外の世界にも自分の活躍できる場があることを知るだけで、心にゆとりが持てると思います。

勇気を持って一歩外に踏み出せば、大きな世界が広がっています。もっと広い視野を持って、改めて、自分と向き合ってキャリアを考えてみるのもいいでしょう。

周囲の目を過剰に気にしたり、上司を立てることばかり優先して自分を犠牲にする必要はありません。そうすると段々、今の職場から離れにくくなってしまうでしょう。

別に辞めても問題ないんだ、自分の人生は自由に選べるんだ、と気楽な心構えでいることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。