人事と労務の違いとは?それぞれの仕事内容・特徴の具体的な違い

求人情報を眺めていると、「人事」と「労務」という職種をよくみかけるでしょう。どちらも人材を対象にした仕事をする、企業では欠かせない部署です。

とはいえこの2つの仕事について、内容をよく理解している人は案外少ないものです。

もしも人事や労務の求人に応募するのであれば、それぞれの仕事内容について正確に理解しておかなければいけません。ここではそれぞれの仕事の特徴や役割についてまとめます。

人事と労務の仕事上の特徴

人事と労務の仕事内容のおおまかな特徴は次の通りです。

人事:新しい社員の採用プロセスや、採用後の社員を管理する仕事。人材そのものを扱う仕事。

労務:社員が快適に働けるように、労働環境を管理する仕事。人材をとりまく組織や制度を扱う仕事。

ただし、人事部、労務部として部署が分けられている会社ばかりではありません。企業によっては、これら2種類の仕事を1つの部署内で統括して行うこともあります。

人事の主な仕事内容

人事の仕事は、人材に対して行われます。社員1人ひとりが人事の仕事の対象です。目的は、会社にとって最適な人材を選び育成することです。人事のおもな仕事内容としては、採用活動、OJTなども含む新人研修、人員配置、人事考課などがあげられます。

新規社員の採用活動は人事の大切な仕事です。選考を通して自社で活躍できる人材を見極め、どの人を採用するかを決定しなければいけません。

採用後の人材管理も人事の仕事です。1人ひとりの社員に能力を十分に発揮してもらうために、採用後の社員に教育や訓練を施したり、適材適所となる人員配置や昇進を行います。

人事の仕事内容とは?転職方法・有利な資格・向いている人を解説

労務の主な仕事内容

労務の仕事は、社員の労働環境を対象にして行われます。目的は、社員が働きやすい労働環境を整えることです。労務のおもな仕事として、勤怠管理、給与計算、各種社会保険の手続き、福利厚生、安全衛生管理、労務関係のトラブル対応などがあげられます。

企業では一般的に、厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険、介護保険などの社会保険を扱っています。給与計算を行うときには、法的控除をしたあとの基本給から、こうした保険料を差し引くことになります。そのため労務の仕事を行うには、健康保険法、税法、労災保険法などの法的知識が必要です。

長時間労働や職場の人間関係などによるストレスが原因で、精神面での健康を損なう社員が近年は増加しています。ストレスチェックを定期的に行い、問題があれば産業医との面談を勧めるなど、社員の精神衛生管理を適切に行うこともまた労務の仕事です。

人事と労務の仕事には接点も多い

人事と労務の仕事にはたしかに違いがあります。ですがこうした仕事の目的には大きな共通点があるのも確かです。それは、企業の活性化と発展のために、人材を効果的に活用するための仕事を担当するということです。

企業のなかには、ひとつの部署内で、人事部と労務の双方の仕事を行っているところもあります。労務の仕事は年間を通して減ることはありませんが、人事の仕事は時期によって大きく増減するからです。人事系担当者が労務の仕事を助けることができるように、双方の業務を同一部署内にまとめることはめずらしくないのです。

とくに中小企業では、人事部のなかで労務の仕事も行うことが一般的です。

それに対して大企業では、人事と労務を分業させ、人事部と労務部という形で業務を独立させていることが多いです。雇用する社員の数が多い大企業では、どちらの仕事量も飛躍的に増えます。それぞれの仕事を効率的に行うために、専門的に従事する部署を設置しているのが大企業です。

まとめ

人事と労務は、どちらも人材に大きく関係する仕事です。ですが仕事内容には差があることも確かです。

就職や転職をして人事か労務の仕事をしたいと考えている人は、それぞれの仕事内容と自分との適性をよく検討してみましょう。自分にはどちらが向いているのか、自分のスキルがより活かせそうなのはどちらなのかを、応募前によく考えておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。