転職するまでにどれ位の期間が必要?転職活動にかかる具体的な期間と早く転職するコツ

転職活動の期間

仕事や職場に嫌気がさし、転職を考える方は多くいますが、いざ実行する方はあまり多くはありません。

その理由の1つとして、転職するまでの期間があります。

多くの方は、「転職活動は面倒だし、時間もかかりそう」ということで、転職に二の足を踏むのです。

では、転職活動期間は、それほど長くかかるものなのでしょうか?

転職活動の一般的なスケジュールを見ながら、転職活動期間を考えてみましょう。

転職活動にかかる平均的な期間

一般的に、転職活動には3か月ほどかかると言われています。

しかし、仕事をしながらの転職活動の場合、中々時間が取れずに、半年や1年かかることもあります。また、スキルが高い方の場合には、1か月程度で転職先を決めてしまう方もいます。

転職期間は人によって長さが違ってきますので、平均的に3か月だとしても、自分もその程度で転職できると勘違いしないようにしましょう。

早期転職できる方の多くは、事前準備をしっかりと行い、応募書類も採用担当者の興味を引くような内容で作成され、面接でもしっかりと自分を売りこんでいます。

企業研究の方法 転職活動の企業研究とは?賢い企業研究の方法とやり方のコツを紹介 転職活動の業界研究 転職活動で業界研究をするべき理由と業界研究の具体的な進め方・方法

また、転職エージェント数社に登録し、転職のサポートも受けています。

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

転職活動準備をせず、無計画に転職活動を行うと、転職までに1年以上かかってしまうこともあります。

一般的な転職活動の流れと具体的にかかる期間

ここからは転職活動の具体的な流れと期間を見ていきます。

1.転職準備期間 2週間~1か月

転職活動を始める前に、準備をする必要があります。

転職活動の準備とは?
  • 転職理由を考える
  • 転職先の方向性を決める
  • 自己分析と棚卸しをする
  • スケジュールを立てる

順番に説明しましょう。

転職理由を考える

多くの企業面接などで、どうして転職するのか、理由を聞かれます。その時に、ネガティブな企業批判や上司・同僚の批判と受け取られるような転職理由は、必ずと言っていいほど敬遠されてしまいます。

また、転職したいと思った理由を掘り下げて考えているうちに、状況が好転したり、自分の気持ちが落ち着いて、転職に対し慎重になったりします。

本当に転職すべきかどうか、多少の迷いがある場合は特に、この作業によって自分の気持ちをはっきりと決めることも出来ます。

20代の転職理由 20代の転職理由は何がある?20代に多い転職理由を徹底調査 30代に多い転職理由 30代に多い転職理由には何がある?30代が転職する理由を徹底調査

具体的なスケジュールを立てる

転職することを決めたら、何時までに転職するのかという最終目標を立てます。

その最終目標に向かって、何時までに何をするのかを、逆算しながらスケジュールを立てていきます。

特に目標も計画も立てずに、思いつきだけで転職活動をしたら、準備不足で上手くいくはずもなく、何時まで経っても転職先が見つからないということになってしまいます。

何時までに、自己分析を終え、何時までに必要な資格を取得し、何時までに企業への応募を済ませ、何時会社に退職の意思を示すのか、ということまで、しっかりと計画しましょう。

自己分析とキャリアの棚卸し

転職先の方向性を決める上でも、自分のこれまでのキャリアを振り返る必要があり、一番時間をかける作業です。

多くの中途採用面接などの担当者は、その人がどの企業で働いていたかよりも、どんな仕事をしてきて、何が出来るかに興味があります。

「あなたの仕事は?」と言聞かれて、企業名を答えるといった愚かしい答えが聞きたいわけではありません。その仕事の内容を聞きたいのです。

特に、これまでのキャリアやスキルは、あなた自身の「ウリ」になるわけですから、自分が理解していなければ意味がありません。

時間をかけて、細部にわたるまで自分にできること、出来ないことなどを書きだしていきましょう。

転職先などの情報収集

気になる企業や職種があるなら、それについての情報を収集します。

企業については、企業情報を収集します。特に、従業員の口コミなど、公式HPや転職サイトなどの求人情報からは見えてこない職場内の雰囲気などを、事前に収集します。

転職口コミサイト 転職口コミサイトの情報は信用していい?信用できる口コミの見分け方とおすすめの転職口コミサイト

また、職種に就いてもしっかりと情報を集めます。特に、その職種に就くために必要な資格や、スキル経験などがあるかどうかは、転職するうえで重要なカギとなります。

また、求人情報がどの程度あるのか、特に自分の住んでいる地域にその職種の応募があるのかも、予め知っておく必要があります。

企業研究の方法 転職活動の企業研究とは?賢い企業研究の方法とやり方のコツを紹介

自己分析と並行して行えば、時間短縮になります。

転職先の方向性を考える

ある程度の自分のスキルやキャリアが判ってくると、出来ることと出来ないことがはっきりします。例えば、出来ないことでも出来るようになるために、何か努力をしているのなら、その方向で仕事を探してもいいでしょう。

ですが、特に何も努力をしていない、または、出来ないことに労力を割く気が無いのなら、出来ることで仕事を探しましょう。

自分で調べた職種で、自分の経験などが活かせるのなら、良いのですが、活かせないのなら、新たな職種を探す必要もあります。

転職サイトへの登録と転職エージェントへの登録

出来ることなら転職活動は、仕事をしながら行って欲しいものです。いくら計画を立てたとしても、その通りにならないのが、転職活動です。

現在の仕事を辞めて、1か月以内に就職出来れば、特に問題はありません。ですが、中々転職が出来ず、ハローワークから貰える失業給付金の支給も止まってしまったら、生活も出来なくなりますし、当然転職活動にも支障が出てしまいます。

ですが、仕事をしながらの転職活動だと、時間が取れず、企業面接の予定を組むのも、応募先企業との連絡も難しくなります。 在職中の転職活動 在職中に転職活動を行うメリット・デメリットと在職中に転職活動を進めるコツ

転職エージェントに登録をすれば、応募先企業とのやり取りを専任のキャリアアドバイザーがしてくれるだけでなく、あなたのスキルやキャリアに合った求人情報を紹介してくれます。

転職に関する悩みにも、相談にのってもらえます。転職活動のサポートを行ってもらえますので、仕事が忙しくても、仕事をしながら転職活動が行えます。

しかも、登録した内容を見た企業側からスカウトメールが届き、面接の予約を取ることも出来ます。仕事の方向性、転職先の方向性に悩んでいる場合、それらのスカウトメールが参考になります。

転職サイトにも、スカウトメールシステムを導入しているものがあり、同様に企業側からメールが来ますので、それらのメールなどを参考に、自分の転職の方向性を決めることが出来ます。

2.企業への応募と内定 約2か月

転職活動の準備が整ったら、いよいよ企業への応募です。

転職サイトや転職エージェントに登録をしているのなら、それらの情報を有効活用しながら、転職活動を進めていきましょう。

求人情報検索

地元に特化した求人情報を探すなら、ハローワークがおススメですが、ハローワークに登録している企業の多くは、個人経営や公式HPすら持っていないような小企業の可能性が高く、企業情報の収集が難しいという点があります。

また、ブラック企業かどうかを見極めて、求人情報を載せているわけではありません。

ハローワーク ハローワークの評判ってどうなの?注意点や活用方法を紹介

割と大手企業や有名企業からの求人情報が多いのが、大手広告代理店や就職支援企業が運営している転職サイトや転職エージェントです。

特に、非公開求人という、登録者にしか紹介しない求人情報や、登録をしないと閲覧できない求人情報などが、そのサイト保有求人情報の大半を占めていることもあります。

転職エージェントの非公開求人 転職エージェントの非公開求人とは?非公開求人のメリットと応募方法

つまり、より良い求人情報が欲しいなら、転職サイトや転職エージェントへの登録は、今や必須条件と言えます。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

応募書類作成

転職活動の中で、一番重要なのがこの応募書類作成です。早期に希望する企業への転職を決められるかどうかは、この応募書類にかかっていると言っても過言ではありません。

履歴書は、自分の学歴・職歴を、時系列で並べて書くだけなので、それほど難しくないと思っていませんか?確かに、自分の経歴を順番に書く欄が用紙のほぼ半分を占めていますので、簡単だと感じても仕方がありません。

ですが、経歴以外の部分が結構重要なのです。趣味欄や特技欄、健康状態欄など、あまり知られていませんが、採用担当者の目に留まる書き方というものもあります。

履歴書・職務経歴書の書き方のポイントは以下のページでまとめているので参考になると思います。

特に、志望動機については、応募企業ごとに書き分ける必要があります。▽志望動機の考え方はこちらを参考にしてください。

職務経歴書の志望動機の考え方 職務経歴書の志望動機はいらない?書き方のポイントと考え方

パソコンでベースとなる職務経歴書を作り、応募企業ごとに志望動機やアピールポイントを変えて、送付しましょう。

履歴書の封筒 履歴書用の封筒の書き方のポイント・郵送方法などのマナーまとめ

転職エージェントの場合は?

転職エージェントに登録をしていると、専任のキャリアアドバイザーからあなたの経歴やスキル、希望条件に合った求人情報を紹介してもらえます。

転職エージェントによって違いはありますが、ネット上で登録した経歴やスキルが、そのまま応募書類になることもありますし、紹介された求人の場合書類選考抜きで、面接ということもあります。

また、企業からのスカウトメールが届くことがあり、この場合も、応募書類は必要なくいきなり面接ということが多いようです。

応募書類が必要な場合も、キャリアアドバイザーによる添削サービスがありますので、作成した書類を添削してもらいましょう。

応募数と応募の期間

1社応募で確実に就職できるという保証は、どこにもありません。また、転職エージェントで紹介してもらった求人や、企業からのスカウトに応募した場合でも、必ず採用されるわけではありません。

その為、1社応募し、不採用だったら次の企業というようなペースで転職活動をすると、転職活動期間が長くなってしまいます。

早期に転職をしたいのなら、出来るだけ多くの企業へ応募書類を送付し、面接の予定も、あまり間隔を空けずにスケジュールを組むようにします。

応募した企業によっては、書類選考結果が1週間以上かかることもありますし、翌日連絡が来ることもあります。
出来れば、一番最初に本命企業、その後2番手、3番手と、自分なりの順位を付けた順番に応募するようにします。

書類選考と面接

応募書類を送付したら、後は書類選考に通過するかどうか、連絡を待つだけです。メールによる連絡なのか、電話連絡なのかは、企業によって違います。

就業中に電話連絡が来ることもありますので、必ず留守番サービスを使用しましょう。また、電話連絡に直ぐに出ることが出来なかった場合は、その日の内に必ず折り返しましょう。

面接日が決定したら、面接の準備をします。想定質問に対する回答を準備したり、応募書類の内容をしっかりと覚えたりします。

転職面接の対策はこちらのページで解説しているので参考にしてください。

面接官は、応募書類を参考にして、質問してきます。特に、書類だけでは判らない情報を、あなた自身から引き出そうとします。自分が書いた内容を応えられないようだと、印象が悪くなります。

また、企業についての情報も、事前にしっかりと入れておきましょう。浅すぎる情報は、興味がないと思われてしまう可能性もあります。

内定連絡を待つ

面接後の採否結果の通知が出る時期は、企業によって違います。

中々連絡が無い場合、採否結果を保留にして、他の転職者と比較検討している場合があります。比較検討する必要が無い場合は、1週間程度で採否結果が出ます。

3.内定から退職まで 1か月半~2か月

内定通知を貰ったら、後は退職手続きと新しい会社への出社です。

内定通知への返答

本命からの内定通知が来れば、即座に返答しましょう。遅くても3日以内に、返答します。

但し、労働条件や就業条件などを確認してからの返答となります。

求人情報には、「月給30万円以上」と書かれていたとしても、職種によっては残業代が付かないとか、実はインセンティブ制ということもあります。

筆者の転職経験であったのは、「試用期間3か月は正社員扱いではないので、社会保険未加入、時給制」でした。

事前に確認しておかないと、入社後に「こんなはずではなかった」と後悔することになります。

本命企業の前に、他の企業から内定通知が来た場合は、内定へのお礼を伝え、同時に保留する旨を丁寧に伝えます。相手に悪印象を与えず、保留できる期間はせいぜい3日です。

転職エージェントの場合は?

転職エージェントを通じて応募した企業からの採否結果は、転職エージェントを通じて連絡が来ます。

内定通知を貰った場合、面接などで聞くことが出来なかった、雇用条件など気になることは、キャリアアドバイザーに確認してもらうことが出来ます。

その後、内定に対しての返答をします。

退職手続き

円満退職をすることが大切です。「明日から来ません」というわけにもいきませんし、「来週辞めます」というわけにもいきません。

就業規則で、退職に関するルールも記載されていますので、必ず確認をしておきましょう。

内定をもらっていますので、出来るだけ早く辞めたいという気持ちはあると思いますが、規定通りに退職願を提出してから退職するまでに、1か月~2か月程度と思ってください。

引継ぎの準備と引継ぎ

引継ぎのための資料作成や、ファイリングなど、退職を意識し始めた時から徐々に進めておきましょう。

また、後輩へ仕事の引継ぎをするのなら、退職届を出す前から、仕事を教えていくと良いでしょう。

自分の使っていたパソコンの中も、いるものと要らないものをしっかりと分類し、必要なものは誰でもが閲覧できる場所に移動し、必要ないものは削除します。

事務手続きと、保険証等の返還

退職に当たり、事務手続きが必要となります。また、保険証などの返却と、会社から貸与されていたものの返却なども行います。

スムーズに退職手続きが済めば、会社から源泉徴収票と離職票などが送付されてきます。源泉徴収票や年金手帳など、次の企業へ提出するものが揃わないと、転職先への入社手続きが上手く進みません。

転職先への入社

いよいよ、新しい職場への初出勤です。少し早めに出社しましょう。

転職先では、謙虚さを忘れないように、自分より年下でも丁寧に接するように、判らないことは素直に聞きましょう。

特に、配属先の上司が、自分よりも年下で、スキルが低いと感じたとしても、相手の方が先輩であり上司であるということを忘れずに、謙虚であること、素直であることを忘れないようにしましょう。

また、以前の会社のルールが新しい企業では通用しないということも覚えておきましょう。「郷に入っては郷に従え」です。新しい会社のルールを覚え、そのルールの中で仕事をするようにしましょう。

転職活動期間を短縮するには

実は、転職するのに適している時期と、適していない時期というものがあります。

転職するのに適している時期に転職活動を行えば、求人情報も沢山出ていますので、転職がし易くなります。

多くの方はボーナスを貰ってから退職します。そのため、退職した方の穴を埋めるために、夏のボーナス支給後と、冬のボーナス支給後に求人が増える傾向にあります。

新卒採用者の教育時期でもある4月や、年末の忙しい時期は、会社も慌ただしく中途採用の選考を行っている余裕がありませんので、求人情報が少なくなります。

転職活動を行うなら、求人情報が増える時期に行いましょう。詳しくはこちら▽

転職に有利な時期とタイミング 転職活動に有利な時期ってあるの?転職するのに損をしないベストなタイミングを紹介

転職エージェントを活用すると転職期間を短縮できる

ここまでにも、転職エージェント利用のメリットをご説明してきました。

特に、就業中に転職活動を行うのなら、転職エージェントの複数登録は、早期転職のためにも有効です。

求人情報を探してくれたり、あなたの代わりに企業側と面接予定や入社日、条件などの交渉を行ってくれたりします。

転職活動の、自薦準備から内定後までサポートしてもらえますので、活用しない手はありません。

各転職エージェントのサービス内容やどの業界に強みを持っているのかを把握した上で、複数登録しておくことをおススメします。

転職エージェントの複数利用 【必見】転職エージェントを複数利用すべき理由と注意点・併用方法

最後に

転職活動は、思っている以上に手間も時間もかかってしまいます。仕事は一生の事でもあり、「どこでもいいから、適当に」というわけにはいきません。その為にも、事前準備にしっかりと時間をかけて行う必要もあり、また、計画を立てて行う必要もあります。

転職活動に必要な期間をある程度想定し、その中で計画を立てて実行していきましょう。予定より早く転職できるのであれば、問題はありません。

ですが、長期間かかるようでしたら、いったんリセットし、もう一度計画を立て直しましょう。

また、転職活動は必ず就業中に行うようにしましょう。収入が断たれてしまったら、転職活動どころではありません。

在職中の転職活動 在職中に転職活動を行うメリット・デメリットと在職中に転職活動を進めるコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。