在職中に転職活動を行うメリット・デメリットと在職中に転職活動を進めるコツ

在職中の転職活動

在職中に転職活動をすると、転職活動をする時間が上手くとれないとか、簡単に今の仕事をやめられないかもしれないジレンマを抱えてしまうこともありえます。

特に転職活動では避けて通れない「面接の日程調整」や「入社日の決め方」、いざ入社することを決めれば今の会社への「退職の伝え方」も気になるところです。

そこで今回は、在職中の転職活動で気をつけたい事や、在職中に転職活動を行う場合のメリットやデメリットについてご紹介しましょう。

これから在職したままで転職活動を始めようと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてくだされば幸いです。

在職中に転職活動をするメリット

在職中に転職活動を行ったとき、一番得られるメリットは「経済面での不安がないこと」に他なりません。

転職活動では、面接のために会社を訪問する際の交通費や就活カウンセラーなどに支払うサービス費用などが普段の生活費とは別に必要になるので、意外と費用がかかります。

もしあなたが在職中ならば収入が途切れないため、理想の転職先が見つからなくても、金銭面の不安を抱えることなく転職活動を続けられますし、しかるべきサービスを利用して確実に転職活動を成功させることもできるでしょう。

あと、転職活動時に「今も現役です」とアピールできるのも売りになります。

退職して休職中であると、仕事をしていない期間が長くなればなるほどブランクが生じてしまい、転職活動のデメリットになってしまうこともあるからです。

ですが、在職中に転職活動をすればブランクを気にするような心配をする必要もありません。

金銭的な余裕があると言うことは、焦ることなく納得できるまで転職先を探せることにつながりますし、最悪良い転職先が見つからなかったときは現職をそのまま続けて時が来るのを待つという選択もできるのです。

在職中に転職活動をするデメリット

一方、在職中に転職活動をするデメリットとしては、転職活動に充てる時間が少ないことや、面接の日程が調整しにくかったり、仕事の合間合間を縫って活動を行うことから転職活動が長期化する可能性があることです。

在職中の転職活動は、仕事もこなしつつ、自分で時間を作らないと転職活動を進められません。

実際、転職先の企業には土日祝日が休日になっているところも多く、そのため平日に面接が行われると現在の仕事を有給取得してでも出向かねばならなくなることもあり、今の会社に内緒で転職活動をしている場合はかなりやりにくくなります。

退職してから転職活動を行う場合のメリット

退職後に転職活動における最大のメリットは、転職活動に専念するための時間が十分にあることです。

企業に提出する職務経歴書などの作成はもちろんのこと、志望動機をじっくりを考えることもできますし、志望する企業そのものをじっくり腰を据えて選ぶことが出来るのはメリットと言えるでしょう。

また、転職活動の成功を確実にするために資格取得を目指す勉強の時間なども取れますから、スキルアップとキャリアアップを両方とも得たい場合には退職後の転職活動の方が十分がじっくり取れて良いでしょう。

退職後の転職活動を行う場合のデメリット

退職後の転職活動で一番のデメリットは無収入になってしまうことです。

時間は自由に手に入れることはできますが、失業手当も自己都合で退職すれば3ヶ月ももらえることはありませんから、支出に制約を感じながら転職活動をすることになります。

やはり人間誰しも収入がないことや手持ちの資金が少なくなることに不安を感じるものですから、転職活動どころではなくなってしまいます。

それに、金銭面の不安から妥協して転職してしまうことになると、当初思っていたキャリアアップの目標からも遠ざかってしまいます。

そうならないように、転職活動に費やす期間をあらかじめ決めておき、その間に必要な費用を貯蓄してから退職すると言うのも対策の1つでしょう。

ですが、仕事と言う実戦の場から離れ過ぎてしまっても、面接官に「1年間無職で何をしてきたのだろう?」といぶかしがられてしまうので、ある程度期間は絞り込んだ方がいいかもしれません。

在職中に支障なく転職活動を行う方法はある?

では、ここからは在職中であることを前提にして、仕事と転職活動を支障なく行う方法を考えてみましょう。

ここからは支障なく行う方法として考えられる方法をいくつかご紹介しますので、実際に可能な方法から実践してみてください。

その1 有休休暇を活用する

転職を決意したら、有休休暇が何日残っているかを確認してください。

そして、もし応募している企業の面接が平日の日中に決まったときは、有休休暇を使って対応するようにしましょう。

就業時間中に抜け出して面接を受けるのは就業規則違反になるので絶対にやめましょう。

まず、面接日が決まったら速やかに有給休暇の申請をしておくことと、理由を聞かれた時にどうこたえるかを考えておきましょう。

あなたが転職活動をすることを答える義務はありませんから、角の立たない程度の嘘や、今の職場のモチベーションに悪影響を与えない範囲でおブラードに包んだ理由を述べても問題はありません。

その2 入社日をいつにするか考えておく

在職中の転職活動が実って内定をもらった時、いつから入社できるかを当然聞かれることになりますが、ここではあいまいな時期を答えるのではなく、具体的な時期を答えましょう。

具体的に答えようとすれば、面接前には「現職の就業規則」と「引き継ぎに必要な期間」を必ず確認してください。

現職の就業規則は、退職する際にあらかじめ申し出る期限を定めているかを確認するもので、一般的には1ヶ月前に申し出ることになっている場合が多いのですが、稀に違う場合もあるので必ず確認してください。

あと、引き継ぎも十分にしておかないと社会人として無責任ですから、そのための期間も自分で加味します。

つまり、先方の会社に伝える入社予定の期間は「現職の就業規則の最短期間+引き継ぎのために必要な期間」と考えていいでしょう。

実際、転職が決まれば、現在勤務している企業には少なからず迷惑をかけることになります。

その迷惑を最小限に抑えるためには、応募先企業に伝える入社可能日は、現職の引き継ぎ期間は余裕を持って考慮してあげてください。

あと、残っている有休休暇を消化したいと思うかもしれませんが、優先すべきは引き継ぎであることは理解しておいてください。

その3 転職エージェントを活用する

転職エージェントは、求職者に代わって求人情報を選定したり、あなた自身の持っているスキルやあなたの希望にマッチした企業を紹介してくれます。

おまけに、あなたの代わりに先方の企業との交渉や面接時間の設定なども行ってくれますので、あなたは仕事に専念することも可能になります。

特に、自分が志望する業界に強い転職エージェントに依頼しておく、転職活動を始めるときのサポートも受けられて確実に転職を実現できるでしょう。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方 転職エージェントとは? 転職エージェントとは?他のサービスとの違いや使うのがおすすめな人を解説!

まとめ

今までご紹介したように、在職中や退職後に行う転職活動はそれぞれにメリットとデメリットがあります。

まず、自分がどのような企業や業界に転職したいのか、そのターゲットに転職を成功するためにはどの程度の時間や費用がかかるのかをしっかり見積もりましょう。

それが分かってから、実際に在職したまま活動するのか、退職して転職活動に専念するかを決めても遅くはありません。

個人的には、転職エージェントを活用して転職活動と現在の仕事を両立することをお勧めします。

その方が、金銭的な不安を感じることなく転職活動に専念できるからです。

ぜひみなさんには悔いの残らない転職活動を実践していただきたいと思います!

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。