ハローワークの評判ってどうなの?注意点や活用方法を紹介

ハローワーク

ハローワークは、国内で唯一の公的な職業紹介施設で、厚生労働省の管轄下にあります。(参考:ハローワーク |厚生労働省

ハローワークは愛称で、正式名称は公共職業安定所です。さらに略して、ハロワや職安などと呼ばれることもあります。

現在、求人者向けサービスを行う私的企業ならたくさんあります。しかしハローワークほどの知名度と歴史をもつ、職業紹介施設や会社は、国内にほかにありません。

地元に密着した求人情報の紹介や求職相談などの活動を、ハローワークは各地で長年にわたって続けています。

ハローワークの長所

マイペースで転職活動をすることができる

ハローワークでは、どんなペースで仕事を探すかは、求職者自身が決めることができます。すぐに職が欲しい場合は急いで手続きを進めることができますし、ゆっくりと職探しをしたい場合は時間をかけて選ぶこともできます

民間の転職エージェントのように、担当のコンシェルジェからメールや電話がはいって、求職者が返事が求められたりすることはここではおこりません。

サポートが少ないぶん、転職活動を成功させたいという強い意欲が求職者に沸いてきます。

仕事のために必要なスキルを身につけることができる

ハローワークでは、求職者に対して職業訓練施設の紹介も行っています。これは仕事に必要なスキルを身につけてもらい、求職者に対して仕事をみつけやすい状態を作るためのサービスです。紹介されるおもな施設は、各地の専門学校や職業能力開発校などです。

こうした施設を受講するための費用は、教材費以外は国が負担します。ほぼ無料で受講できるため、必要なスキルを手軽に身につけることも可能です。

求職者のための無料職業相談サービスがある

ハローワークでは、職員が転職などに関する相談サービスを行っています。

求職者の希望や悩みをヒアリングしながら、ふさわしいと思われる求人情報を職員が紹介してくれます。履歴書の書き方や面接の心得などについて、基本的な事柄の指導も行われます。

気に入った求人があれば、その場で面接を申し込むことも可能です。面接の予約も職員がすぐにとってくれます。

さまざまな社会保証の手続きもハローワーク内でできる

転職活動中に必要なさまざまな手続きも、ハローワーク内の窓口で済ませることができます。社会保険手続きと求職活動が同じ施設内で行えます。

たとえばすでに仕事を辞めている転職希望者であれば、求職者給付などの失業者給付金受給手続きをしながら、仕事探しをしなければいけません。

別々の場所へでかける必要がないので、ハローワークを活用すると手間をかけずに転職活動を進めることができます。

地元での求人情報をたくさんもっている

各地にあることから、それぞれのハローワークには地元に密着した求人情報が数多く集まります。地元で働きたい人、シングルマザーなので自宅付近で就職したい人などには、ハローワークがもっている求人情報はとても役に立つでしょう。

地方の中小企業のなかには、大手の転職サイトなどに求人情報を掲載しない方針をとっているところもあります。なかには優良企業もあるので、地元でよい仕事を見つけたい人は、ハローワークの求人をチェックする価値は十分にあります。

ハローワークの短所

職業相談サービスの職員の対応がよくない

ハローワークは公的施設で、職員は公務員です。転職サイトや転職エージェントのような私的企業と比べると、ハローワークの職員は対応が雑だったり適当だったりすることは否定できません。対応の悪さが「口コミ」でたびたび指摘されるところもあるようです。

転職エージェントのような民間企業では、利潤を追求するためにコンシェルジェ自身も努力します。転職を成功させた分だけ、コンシェルジェ自身の評価と実績も上昇するからです。

それに対し、公務員であるハローワークの職員には、仕事に対する必要以上の熱意はありません。

もちろんハローワークにも、しっかりした職員もいます。とはいえ、民間の転職エージェントほどのサービスを、ここの職員に期待することはできないでしょう。

土日祝日に求職活動ができない

ハローワークは、土日祝日は基本的に閉館です。ここを使って仕事探しをする場合は、平日のみの活動にならざるを得ません。

転職者のなかには、いまの仕事を続けながら次の仕事探しをする人もいます。こういう方は、休日である土日祝日こそ求職のために時間を費やしたいでしょう。

しかし土日祝日はハローワークは使えません。仕事をしながら求職活動をしたい人にとって、ハローワークは利用しにくいかもしれません。

企業から自分に向けてのオファーを受けられない

ハローワークでは、求人情報を見つけるのは求職者本人です。転職エージェントや転職サイトのように、企業側やコンシェルジェから求職者へ仕事のオファーがくることはここではありません。

転職エージェントや転職サイトは、非常に発達した就職支援サービスです。プロフィールやスキルを登録するだけで、人材を探している企業からの仕事のオファーを求職者は受けることも可能です。自分で探すだけのハローワークよりも、より多くの転職の機会を与えてくれるのがこうした転職エージェントです。

無料の公的機関だけあって、民間企業と比べると、ハローワークのサービスはやや見劣りがします。

大手企業の求人情報は期待できない

ハローワークで手に入るのは、その地域の中小企業からの求人情報がほとんどです。全国に支社をもつ大手企業からの求人は、ここで見つけることはまず無理でしょう。

大企業にこだわって仕事探しをする場合は、ハローワーク以外の方法を早めに試すべきでしょう。たとえば転職エージェントや転職サイトなどには、大企業の求人情報がたくさん集まります。

規模は小さくてもいいから地元の優良企業で働きたいという人なら、ハローワークを拠点に転職活動をする価値はあります。

求人情報の内容が薄く詳細がわかりにくい

ハローワークに出ている求人情報は、内容がとても簡潔にまとめられているものが多いです。ほとんどのものは2、3行にまとめられています。仕事の詳細がわかりづらく、応募すべきかどうか判断しづらいと感じる求職者も多いでしょう。

ハローワークの求人のなかには、企業情報の紹介などはまず含まれていません。どんな会社なのかがわからなかったため、就職してからイメージとのギャップに驚く人もいます。

そうしたリスクを避けるためには、求職者は自分で追加情報を探すなどの努力もしなければいけないでしょう。

仕事をまだ続けている人にはサポートをしてくれない場合もある

現在まだ仕事をしている人、現職の退職時期が決まっていない人に対して、転職サポートをしてくれない職員がハローワークにはいます。

求職者が仕事をまだしているかどうかにこだわるのは、紹介先の企業とのトラブルをハローワーク職員側が避けたいからです。

ハローワークの求人に応募するには、ここで発行される紹介状が必要です。こうした考えをもっている職員に応対されると、仕事を続けながら転職先を見つけようとしている人は紹介状を入手できません。

ただこれについて明確な規則はなく、考え方は職員によって違います。別の日にハローワークへ出直してみましょう。たとえ就業中の人でも、ほかの職員から転職先の紹介状をもらえる可能性があります。

ハローワークに求人をだしている企業へは個人で応募はできない

ハローワークに求人を依頼している企業へは、個人で直接応募をすることは認められません。かならずハローワークを通し、その紹介状を応募書類に同封しなければいけないことがここの規則で定められています。

企業もハローワークとの連携を大切にしているため、この規則を破ることはしません。紹介状なしで応募しても、書類審査で落とされるだけでしょう。

不自由に感じるかもしれませんが、ハローワークの求人を活用したいのなら、その規則に全面的に従う覚悟は必要です。

何度もハローワークへ通う必要がある

ハローワークでいい求人情報を見つけるには、何度でもそこへ通う必要があります。ハローワークの求人は、施設内で端末を使ったり相談員と話したりしながら見つけるしかないからです。

ここの求人情報はネット公開されていません。家にいながら、暇なときに求人情報をサイト上から探すという方法は、ハローワーク利用者には使えないのです。

施設まで何度も行かなければいけないので、ハローワークで求人を見つけるまでにはかなりの手間と時間がかかります。

まだ仕事を辞めていないのであまり時間がない人、平日は通えない人などは、転職サイトを活用するほうがはるかに効率のいい転職活動ができるかもしれません。

求人票のなかの情報が少ない

ハローワークの求人票には、基本的に最低限の情報しか書かれていません。さらに情報が欲しいときは、自分で調べたり、企業へ直接電話をして問い合わせたりする必要があります。

手間はかかりますが、こうした追加の情報収集はハローワーク利用者には欠かせないものです。詳細がわからないまま応募することにはリスクがあるからです。

ハローワークを使うのなら、知りたいことは自分で調べる覚悟をもっておきましょう。

求人票の情報が不正確なこともある

ハローワークの求人を見てそこへ就職を決めたところ、雇用条件が求人票に書かれているものとは違って驚いたというケースがたまにあります。

すべての求人票が不正確というわけではありません。なかには不誠実な企業もあり、どうせ無料のサービスだからといいかげんな求人が出されることもあります。

残業なしと求人票に書いていたのに、毎日のようにサービス残業をさせるブラック企業も報告されています。

ハローワークのチェック体制はそれほど厳しいものではりません。ハローワークを利用するのなら、不誠実な企業が求人を出している可能性もあることを覚えておくべきでしょう。

求職者と企業とのマッチング率が低い

ハローワークでは、自分に合う企業を求職者が見つけるのがむずかしいという問題があります。求人票の内容が薄いうえ、企業側も情報を積極的に公開することはしません。このためハローワークの求職者は、自分にマッチする企業を見つけにくくなっています。

もちろんハローワークでも、職員が求人情報を紹介するというサービスはあります。とはいえ緻密なヒアリングが行われるわけではありません。

求職者のことは表面的にしか知らないため、ぴったり合う企業を職員が紹介できるとは限らないのです。

たとえば転職エージェントでは、求職者と担当者が綿密に話し合ったうえで転職活動が進められます。こうした場合は、マッチング率の高い転職ができる可能性が高くなります。

ハローワークは無料サービスです。これを利用するのなら、自分によく合う仕事が1度で見つかるとは限らないと思っておくといいでしょう。

好待遇の求人情報は少ない

ハローワークへ求人を出しているのはおもに中小企業です。大手と比べると、中小企業の給与や待遇はやや劣るのが現実です。大企業並みの好待遇を望む人は、ハローワークで満足な求人情報を見つけることはむずかしいでしょう。

なかには、雇う気もないのに募集だけ出ているカラ求人もハローワークにはあります。業績が低迷してもう雇えなくなっているのに、以前の求人を出したままにしている不誠実な会社がやっているものです。

ハローワークの求人は無料です。こういうシステムでは、非常な好条件の求人情報を見つける可能性は低いといえます。

ハローワークが向いている人

ハローワークが向いているのは、2種類の求職者です。まず地元企業への転職を考えている人です。次に、キャリアがあまりない人にもお勧めできます。

地元にある中小企業への就職を希望するなら、まちがいなくハローワークの活用がお勧めです。大手はむずかしくなりますが、優良な中小企業の求人情報をハローワークで探してみましょう。

またハローワークには、未経験者でもOKの求人も多くあります。これまでのキャリアを活用する気のない人や、新しい職種にチャレンジしたい人もハローワークを活用するといいでしょう。

逆にこうした方々には、転職サイトや転職エージェントはあまり使えないかもしれません。地元密着型の中小企業は、転職エージェントなどに求人情報を出さないことが多いからです。

またこうしたサービスではキャリアが重視されるため、未経験の職種を探している人向けの求人はほとんどありません。

転職活動のなかでのハローワーク活用法

転職活動を成功させるには、ハローワークと、転職サイトや転職エージェントを同時に使うことがお勧めです。

ハローワークだけで転職を進めることももちろんできます。ですが情報源がハローワークだけだと、求職者が得られる情報が限定的になることはたしかです。最適な選択をするためには、より多くの情報に触れることは欠かせません。

転職エージェントなどには、キャリアアドバイザーとよばれる人たちがいます。キャリアアドバイザーは、転職指導のプロフェッショナルです。アドバイスだけでなく、ときには企業からのオファーを求職者へ知らせてくれることもあります。

転職の可能性を大きく広げたい場合は、転職サイトや転職エージェントを、ハローワークと併用しましょう。

ハローワークと併用したい転職サイトや転職エージェント

ハローワークの弱点をカバーするなら、リクナビNEXTリクルートエージェントパソナキャリアなどの活用がお勧めです。いずれも情報量が多く、転職者に好評の転職サイトと転職エージェントです。

こうしたところでは、とても能力の高いキャリアアドバイザーと出会うこともできます。ハローワークの職員だけでは不安だという人は、こうしたプロフェッショナルの力を借りてみるといいでしょう。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

口コミサイトの『Vorkers』を使う

Vorkers

Vorkers』は、企業の実情を社員の側から評価する口コミサイトです。かつて勤めていた企業や、いまも勤めている企業に対して、社員が本音で評判を投稿しています。

ハローワークの求人にはごく限られた情報しか出されていません。社内の雰囲気や社風などを知りたいときは、『Vorkers』を使って情報を集めるといいでしょう。

『Vorkers』では、「ワーク・ライフ・バランス」「入社理由と入社後のギャップ」などの項目があります。多角的な口コミが集められているので、眺めているだけでも多くの情報を手に入れることができるサイトです。

求人情報と異なる点は面接でかならず確認

ハローワークの求人には不正確な情報が書かれていることもあります。またもともと内容が薄いため、福利厚生などについての重要な情報が求人票に書かれていないケースもあります。

気になる点については、応募後の面接時にかならず確認するようにしてください。

尋ねてもあいまいな回答しか得られなかったり、求人票記載情報と違う答えが返ってきた場合は要注意です。そうした会社はブラック企業の可能性があります。採用決定後に後悔しなくてもいいように、重要事項は面接官にかならず確認しましょう。

ハローワークの求人のなかには、ブラック企業からの募集が紛れ込んでいることがめずらしくありません。相手のペースに乗せられず、厳しい目で企業を見極めることが大切です。

いい対応のできる相談員を探す

ハローワークの相談員の能力はさまざまです。真摯に求職相談にのってくれる人もいれば、不愛想で頑なな応対しかしてくれない人もいます。転職活動をスムーズに進めるには、いい対応をしてくれる相談員を探すことが大切です。

企業への問い合わせが必要なときでも、できれば能力の高い相談員に電話をお願いしたいものです。ポイントを押さえて要領のいい問い合わせをしてもらえたら、企業へも好印象を与えることができます。

ただハローワークの相談員は担当制ではありません。窓口にいる相談員はよく変わります。もしも愛想のよくない相談員にあたってしまったら、その日の求職相談は期待しないことです。また別の日に来館して、いい相談員がいないかどうか根気よく探しましょう。

頻繁に出ている求人には注意する

ハローワークに何度も通っていると、いつもでている求人を見かけることがあります。こうした求人は避けるほうが無難です。

頻繁に求人が出されるということは、そのポストに就く人がすぐに辞めてしまうということです。仕事自体、あるいはその会社に問題がある可能性が高いといえるでしょう。

ハローワークでの応募は、求職者自身の自主性に任されています。「この求人はいつも出ているから、何か問題があるのかもしれませんよ」とは、職員はアドバイスをしてくれません。

自分で自分を守るためにも、頻繁にでている求人は要注意だということは覚えておきましょう。

まとめ

ハローワークは、多数の求人情報が得られるすぐれた無料サービスです。ですが長所と同時に、少なからず短所もハローワークはもちあわせています。

満足な転職活動を成功させるなら、転職サイトや転職エージェントもハローワークと同時活用するといいでしょう。

参考サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。