履歴書の健康状態の書き方とは?良好以外の書き方の例も紹介

履歴書の健康状態

履歴書の「健康状態」欄、あなたはどのように書いていますか?恐らく「良好」とだけ書いていることでしょう。

特に持病もなく、通院も必要が無い状態の場合、「良好」と書くのが一般的なようです。

でも、本当に「良好」だけで良いのでしょうか?

この欄が何のためにあるのか、たぶん誰も深く考えたことがないのでは?

意味のない項目は書類に存在していません。採用担当者はここに書いてある情報から、何かを読み取っています。その「何か」がわかれば、この健康状態の欄に何を書くべきなのかが理解できるでしょう。

採用担当者は、「健康状態」欄から何を読み取るのか?

この「健康状態」欄から知りたいことは、「業務を遂行できるだけの体力や持久力があるか」ということです。

企業側としては、できることなら休むことなく毎日仕事に来てほしいと思っています。また、健康管理もできていれば「尚善し」と思っています。

持病がある場合は、正直に書いた方が良いのか?

健康状態が良ければいいのですが、持病があったり怪我をしていたりなどで、仕事に支障をきたす可能性がある場合には、正直に書きましょう。

通院治療をしているのであれば、月に何日休まなければいけないのか、仕事中に何に気を付けなければいけないのかなど、業務に支障をきたす恐れのあることは、正直に書いておきましょう。

但し、病状まで正直にすべて書く必要はありません。

企業側は持病があることを理由に採用を見合わせるのではなく、その持病によってどの程度業務に差し支えるのかということを判断して、合否を決定しています。

嘘は自分の首を絞める

企業によっては入社後の健康診断を義務付けているところもあります。持病を隠していても、ここで企業側にバレてしまいます。

故意に隠していることが分かった場合、採用取り消しや最悪懲戒解雇もあり得ます。

持病がある場合は、正直に書きましょう。

「健康状態」欄には何を書く?書き方のコツ

健康な方の場合の健康状態の書き方

特に病気も怪我もないのであれば、「良好」でも問題はありません。

ですが、それだけではアピールとして弱いと思うのなら、健康状態をアピールする情報を入れてみては如何でしょうか?

例えば「皆勤」です。前職で「皆勤賞を受賞しました」や、「無遅刻無欠勤」でしたなど、健康をアピールできることがあれば一緒に書いておきましょう。

持病がある場合の健康状態の書き方

持病がある場合、病状などを詳しく説明する必要はありません。但し、その病気の治療のために公休日以外にも通院が必要であるなら、正直にその旨を書いておきます。

企業側も前もってわかっていれば、業務のスケジュールなどを調整しやすくなります。

もし、持病があることを隠したまま入社した時に、その事実を言い出せず、無理をしすぎて悪化したらどうしますか?

例えば、がん治療です。たとえ手術によって幹部を摘出し、完治していたとしても、治療によって体力が落ちています。その事実を隠して無理をしすぎると、結局は医師からストップがかかり退職することになります。

企業側にとってはいい迷惑です。入社して1か月も経たないうちに退職されたのでは、手間も経費も無駄にかかってしまいます。

業務に支障をきたすかもしれない持病や後遺症がある場合の健康状態の書き方

長時間立っていられない、貧血がひどくて重労働が出来ない、腰痛で重いものを持てないなど、業務に支障をきたす場合、そのことも正直に伝えておきます。

ただ、出来ないことだけを書くのではなく、志望職種を行うには特に支障はないことも書いておきましょう。

例えば、事務職の場合は殆ど座った状態で作業を行います。貧血がひどくても、長時間立っていられなくても、座ったままの仕事であれば、特に問題なく行えます。

腰痛持ちも同じです。座ったままで問題が無いのであれば、そのことはしっかりと伝えましょう。

前職を傷病理由で辞めた場合の健康状態の書き方

履歴書の「健康状態」欄は、現在の状態を書きます。完治しているのであれば、「良好」と書きましょう。治療中であっても業務に支障をきたさないのであれば、正直に書きます。

傷病理由で前職を止めたことについては、転職活動ではマイナスにはなりません。問題となるのは、現在です。

完治している、若しくは治療中であっても業務に支障がないのであれば、そのように書きましょう。

<記入例>

  • 傷病理由で前職を退職しましたが、現在は完治しております。
  • 傷病理由で前職を退職し、現在も月に1度通院しておりますので、場合によってはお休みをいただくことになります。ですが、特に仕事に支障をきたすような症状はありません。

体調がまだ戻っていない場合の健康状態の書き方

持病の治療中で、実はまだ体調が戻っていない場合、無理をすると病状悪化につながることもあります。仕事が出来るだけの体力がない場合は、無理をせず、治療に専念してください。

通勤だけでも体力を使います。その後およそ8時間仕事をして、また体力を使いながら帰宅します。これを、5日間続け、週末だけで体力が回復できるなら、全く問題はありません。

ですが、病気治療中の方の多くは、体力が落ちている可能性が高く、フルタイムで働くことが難しかったり、毎日出勤するのが難しかったりします。

自分の体力や健康を過信せず、治療と合わせて体力や持久力を養うようにしっかりと休養を取ってから、転職活動を行っても遅くはありません。

筆者は以前、病気治療中の方を採用したことがあります。彼は、月に1度の通院と処方された薬を飲んでいるが、問題はないと言っておりました。

ですが、1か月もしないうちに休みがちになり、とうとう再入院となり、その1週間後他界されました。

残されたご家族の嘆きを思うと、不採用にすべきであったと未だ後悔しております。

病気が治っていないのであれば、決して無理をしてはいけません。

精神疾患の場合の健康状態の書き方

精神疾患の場合でも、現在完治しているのであれば「良好」とだけ書けば問題はありません。

精神疾患の中でも、特に「うつ病」と聞くと多くの企業が敬遠します。そのため、その事実を隠して就職活動をする方もいる様です。

精神病が経過観察中の場合

完治とまではいかなくても、現在は経過観察中で抗鬱剤を処方されている場合は、薬によってうつ状態を抑えているので、仕事には支障はないでしょう。

ですが、月に何度か通院するのであれば、その事実を履歴書に書かなければなりません。病名を書かなければ、面接のときに必ず病名を聞かれます。

病院の通院日時を、公休日に合わせたり仕事終わりにしたりと、仕事に支障が出ないように工夫することで、履歴書には特に何も書かなくて済みます。

病院の都合で、夜や土日などに通院が出来なければ、履歴書には通院する必要があることを書かなければなりません。

女性の場合には、「婦人病で」の一言で、大抵の面接官はそれ以上突っ込んで聞いてくることはありません。面接時に病名などを聞かれたときには、この一言で「うつ病」について話す必要が無くなります。

ですが、男性の場合にはこの一言は使えませんし、代わりになるような病名を言うわけにもいきません。

正直に言えば不採用の可能性も高くなります。

その場合は、「健康状態」という欄のない履歴書を探して、その形式を使うようにしましょう。

最近では「障碍者雇用割合」の問題もあって、働くことのできる障害のある方を探している企業も少なくありません。「うつ病」の方であっても、経過観察中で抗鬱剤を飲んでいれば仕事に支障がないのであれば、採用してくれる企業もあります。

但し、そういった前向きな企業であっても「自傷行為」をしたことがある方は、残念ながら採用出来ないということもあります。「自傷行為」については、話してはいけません。

最後に

フルタイムで週5日、継続して働き続けようと思えば、健康な体が必要になってきます。ですが、自分の持病と向き合いながら、働いていかなければならないのも事実です。

無理せず継続して働き続けるためにも、周りの方の協力も必要となってきます。

POINT
  • 通院で定期的に休む可能性がある場合は、前もって伝える
  • 病状は書かない
  • 仕事に支障が無ければ「良好」と書く
  • 嘘は書かない
  • 書けないなら、項目が無い用紙を選ぶ

入社後のトラブルを避けるためにも、話せる事実は正直に伝えましょう。

病気を治療しながら働かなければならいのであれば、無理をするのではなく、現在の自分の体力でもできる仕事や職場を選ぶことも、長く働き続けるためには必要なことです。

自分にぴったりの職場を見つけるなら転職エージェントの使用がおすすめです。転職エージェントでは様々な仕事を知り尽くしたエージェントがあなたにぴったりの職場を紹介してくれます。

インターネットでの登録で使えるので時間がない方にもおすすめです。

転職エージェントの比較 おすすめの転職エージェントの比較と失敗しないための選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。