外資系に向いている人はこんな人!外資系企業に勤めるのに向いている人の特徴

外資系企業に向いている人の特徴

外資系企業は、日本企業に根付いている企業文化や仕事のやり方など、大きく異なっています。

もしもあなたが外資系企業への転職を考えているのなら、まずは外資系企業の特徴についてしっかりと知り、自分が向いているのか考えてみるのが重要です。

外資系企業は、日本の企業文化とは大きく異なりますから、感じ方は人それぞれでしょう。ですから、絶対に外資系企業のほうが仕事がやりやすい、とは言えません。

この記事では、外資系企業に向いている人、向いていない人について解説していきます。是非参考にして、外資系企業への転職を考えてみましょう。

外資系企業に向いている人の特徴とは?

外資系企業に向いている人の特徴を、以下でご紹介していきます。

外資系に向いている人①効率的に仕事ができる

外資系は外国の特徴が色濃く反映されています。その特徴とは、「自動化・効率化を好む」ことです。

なるべく手作業は自動化して時間の無駄を減らしたり、機械化させることによって社員の労働時間を減らしながら、人間にしか出来ないような生産的な仕事に集中する、といったことを好むのです。

そうした業務を回し、展開していくことで、新しい業務を生み出しながら結果を出していると言えます。

一方の日本企業は、非効率な作業や仕事が目立っているのが現状でしょう。必要でもない部署が存在していたり、仕事よりも無駄話が多かったり…。改善しようと自主的に動いたとしても、人の仕事を奪うことになるので反感を買うのがオチでしょう。

外資系企業では、業務の効率化を提案したり行動するのは自由で、評価してもらいやすい環境でもあります。

むしろそうした行動ができる人ほど、昇進しやすいとも言えます。

外資系に向いている人②負けず嫌いで向上心がある

外資系では、成果主義が主流です。日本の年功序列とは正反対で、成果を出せば出すほど、年収も上がります。

それはつまり、後輩が自分よりも上の立場にいったり、年収が上をいくこともある、ということです。

そうしたときでも「負けるものか!」と不屈の精神で立ち上がれる人ほど、外資系企業に向いていると言えます。

また、
「早く上の立場にいきたい!」
「年収を上げて金持ちになりたい!」
といった、向上心のある人も外資系企業に向いています。

「年功序列はバンザイ!リスクは少ない方がいい!リストラされなければなんでもいい!」なんて気持ちを持っている人は、日系企業の方が良いでしょう。

外資系企業では自分の発案した企画やアイディアが採用されやすいです。つまり評価もされやすいということなので、向上心を持って行動することによって、簡単に昇進・昇格できるのです。

「今はこの会社にいるけれど、チャレンジできる場所があればいつでも移動してやろう」くらいの気持ちを持てば、スキルアップをして、成功しやすいでしょう。

外資系に向いている人③上の立場の人に気遣いできる

外資系のイメージとして多いのが、

  • 思ったことを口にして議論が激しい
  • 気さくで風通しの良い環境

といった、映画やドラマでよく見る場面を思い浮かべる人が多いのではないかと思います。

しかし実態は、真逆と言ってもいいでしょう。外資系企業では、上司の命令は絶対です。

日本の文化でも「ごますり文化」と言われるような、上司に媚びを売るような文化もありますが、外資系企業にも存在します。むしろ日本人も驚くほど、上司に対して気遣いしているのが多いものです。

上司に気に入られないと、一気に働きにくい環境となってしまうのです。

つまり外資系企業では、自分が働きやすいよう、上司に対して気配りしてストレスを感じさせないのが重要となるのです。

外資系に向いている人④臨機応変力がある

外資系企業では、文化の違う人間同士が同じ仕事をすることもあります。当然、言語や文化・習慣などが異なりますから、そうした人たちの意見を柔軟に取り入れつつ、臨機応変に対応しなければなりません。

さらに、日系企業と比較すれば、外資系企業は組織変更が多いです。

ときには何十とある組織を改変して一つの組織として誕生することもあるほど、環境の変化が激しいとも言えます。

今まで上司だった人が降格したり、後輩がいきなり上司になったり…、といった立場上の変化も普通にあります。

こうした、人間同士のやりとりや環境の変化に、臨機応変に対応できる!と自信がある人は、外資系企業に向いているといえるでしょう。

特に大切なのが、失敗をすぐにリカバリーする強さです。

なにかトラブルが発生した際に、フレキシブルに対応することができれば、頼りがいのある人材だと認めてくれるでしょう。

外資系に向いている人⑤自分を管理できる

外資系企業は基本的に、成果主義・個人主義です。すなわち、自分自身を上手にマネジメントする能力が問われるのです。

日系企業のように、上からの指示を待って仕事をするようではいけません。自主的に動きながら、スケジュールも自分で管理しながら仕事をするのが得意な人なら、外資系企業に向いているでしょう。

外資系に向いている人⑥自分の意見をきちんと主張できる

外資系企業では、様々な国の人たちが働いています。同じ日本人ばかりの環境とは違います。

そのため、どのような立場であっても、自分の意見をしっかりと持って主張する能力が問われます。何も主張しなければ、埋もれてしまうだけです。

積極的に、自分の実績などもアピールするようにすれば良いでしょう。何も言わなければ、「仕事はやっているけれども積極性がない」と評価されてしまうだけです。

自分の意見を主張しながら、周囲とのコミュニケーションをとっていける人なら、外資系企業に向いているといえるでしょう。

外資系に向いている人⑦語学力がある

外資系企業で働くならば、語学力は必須です。

上司や同僚が日本人なら、日本語でコミュニケーションすれば問題ないケースもあります。しかし昇進して海外チームや外国人の方とやりとりする際には、語学力が必要です。

単にコミュニケーションが取れればいいだけではなく、折衝のないように、ネイティブレベルの語学力が求められるのです。

この先役職を目指すのであれば、現在の語学力に自信がなくとも、スキルアップし続ける努力が必要となります。

特に英語力は必須です。英語が話せないことで仕事に支障が出てしまったケースもあるほどですから、英語は特に力を入れて学習しておくと良いでしょう。

外資系企業に向いていない人の特徴とは?

では次に、外資系企業に向いていない人をご紹介していきます。

外資系に向いていない人①異文化に対して柔軟性がない

異文化に馴染みにくい人にとっては、外資系企業は難しいと思います。

たとえば、外国人の場合、相手の質問に回答した際に「ありがとう」とお礼が返ってくることは少ないです。丁寧な人であれば返すかもしれませんが、ほとんどが何も返さない=了承した、という意味になります。こうした文化に馴染みがなければ、戸惑うかもしれません。

また、メールで連絡しようとしたら、相手が長期休暇で一切の連絡が取れなかった、ということもよくあります。

さらに安定を望み、リストラされない安心感に浸りながら、プレッシャーの少ない環境に慣れていると、異文化のこうした刺激に弱いかもしれません。

こうした事例は外国ではよくあることですから、日本の文化を基準にして考えてしまうと、戸惑うことが多くなってしまうでしょう。

外資系に向いていない人②受け身である

外資系企業は、何度もご紹介したように、成果主義・個人主義です。

そのため、日系企業のように、受け身で仕事を待っている姿勢の人は、評価が低くなりがちです。

現在勤めている日本の会社で、周囲と比較して成果を出していないと自覚があるのなら、外資系企業は難しいでしょう。

指示をもらわないと仕事ができない人、保守的で受け身な言動が目立つ人は、外資系企業では不要とみなされる可能性が高いです。

日系企業では、仕事ができなかったとしても、給料がそこまで下げられることはありません。しかし外資系企業では、できる人とできない人の差が明確に出てしまいます。

積極的に自分で仕事を取りに行く、あるいは仕事を作り出す能力がなければ、外資系企業で生き残るのは難しいといえるでしょう。

外資系に向いていない人③英語ができない

外国とのやりとりが多い外資系企業にとって、英語ができないのは致命的です。もちろん企業にもよりますが、ほとんどのところは英語が使用されています。

英語があまりにもできないと、キャリアを積むのは難しいでしょう。

英語に苦手意識があったとしても、入社後2ヶ月くらいまでには、英語を基本レベルには上達させる努力が必要であるといえます。

外資系に向いていない人④仕事に対して意欲が低い

日系企業であれば、仕事をしていなくとも給料がもらえる上司や役員の人は多いでしょう。そのような人たちを見て、「いいなぁ、羨ましいなぁ」と考え、将来的にはあのポジションを狙っている、なんて人であれば、外資系企業は向いていません。

外資系企業では、年功序列や終身雇用の考え方はありません。年齢が高かろうが低かろうが、経験があろうがなかろうが、全ては成果次第です。決して、楽して給料がもらえる環境ではないのです。

安定をのぞみ、楽して仕事がしたいなら、日系企業にい続けた方が良いでしょう。

まとめ

以上、日系企業とは違う外資系企業の特徴や向いている人の特徴などをご紹介しました。

これらは一般的な事例であり、企業によっても傾向は変わります。自分が転職を希望する企業がどのような特徴があるのか、特に日系企業寄りの会社なのかどうかを、しっかりと転職前に調べるようにしましょう。

事前準備を怠ると、実際に外資系企業に入れたのに働き方が合わずにすぐに辞めてしまった、なんてことにもありうるのです。

外資系企業への転職を成功させたいのなら、外資系に強い転職エージェントを活用するようにしましょう。

外資系企業の求人は、大半が非公開です。ですから、転職エージェントからそうした非公開の求人を紹介してもらったほうが、効率が良いのです。

さらに転職エージェントであれば、キャリアの相談に乗ってくれたり、履歴書の作成や面接の練習に付き合ってくれる、といったサポートも充実しています。

なによりも、自分の適性に合った企業を紹介してもらえるのも、大きな強みでしょう。

ぜひ、転職エージェントを上手に活用して、外資系企業への転職を成功させましょう!

外資系企業に強いおすすめの転職エージェント 外資系企業に強いおすすめの転職エージェントを業界別に徹底比較 外資系企業に未経験で転職する方法 外資系企業に未経験でも転職できる?未経験で外資系に転職する方法と裏技

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。